EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

EVE Online Japan Wiki

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

exploration:worm-hole

Worm Hole

ワームホール(WH)とは、突発的に発生する「スターゲート以外の、他のシステムへの入り口」です。
その行き先はHigh Secだったり、Low Secだったり、はたまたNull Secだったりします。

そして、これが重要なのですが、「WHを通過することでしか到達できない、スターゲートを持たないソーラーシステム」というものが存在します。
これをW-Space(Wormhole-Space)またはJ-Space1)と呼びます。

とはいえ、日本人プレイヤーの間ではもっぱらW-Spaceの方をワームホールと呼び、入口となるワームホールのことは「穴」と呼ぶことがほとんどです。
一応、混同を避けるためここでは「W-Space」「WH」で記述していきます。


W-Spaceの特徴

固定のスターゲートがない

上記の通り、固定のスターゲートが無いため安定した航路を構築できません。
しかし、W-Spaceはそれぞれ個別に「固定穴(Static)」というものが設定されており、常に特定のID(後述)のWHが発生するようになっています
そのため、「常にHigh SecとつながっているW-Space」や「常にLow Secや他のW-Spaceに繋がっているW-Space」などがあり、W-Spaceごとに交通の便に差があります。

セキュリティステータスが0.0以下

つまりNull Sec同様、いかなる行動によってもカプセラのSSが下がることがありません。
バブル、ボム等の使用も可能です。

ローカルチャンネルのメンバーリストが完全遅延式

ある意味これがW-Space最大の特徴。
ローカルチャンネルで発言しない限り、ローカル一覧に名前が出ません。

これが何を意味するかというと、「そのシステムに誰がいるかを明確に認識できない」ということです。
上記のSSの件も相まって、適切な警戒を取っていなければ「いつ誰から撃たれるか全くわからない」ということになります。

W-Spaceごとに環境に差がある

W-Spaceには「クラス(C)」という概念があり、C1~C6の6段階に分かれています。
クラスごとに発生するシグネチャ・サイトが変化し、クラスの数字が高いほど強力なNPCが出現します。C5、C6になるとキャピタル艦が必要になってくるくらいです。
またC2とC4に関しては、固定穴が2つあるという特徴があります。

一部のW-Spaceでは特殊天体と呼ばれるものがあり、それによってシステム全体の艦船に特殊なステータス変化が発生します。
これにより、リモートリペアにボーナスが掛かったり、武装の射程が短くなったり、様々な種類の効果が存在します。
これらのエフェクトは、クラスが高いほどボーナス・ペナルティ両方が大きくなる傾向があります。

あまり一般的ではありませんがC1~C6以外にC12~C18という区分があり、C12はThera、C13はSmall-Ship Shattered WH2)、C14~C18はDrifters WH3)となっています。

非常に儲かる

WH内での金策はいくつか手段があります。

・戦闘サイトでのNPC狩り
High・Low・Null Secでのラッティングとは異なり、バウンティは得られません。SSの回復もないです。
ただし、ドロップ品が高額でNPC買い取りされたり、サルベージ品がT3CLの原料となったりするなど、処理に手間はかかりますがなかなかいい収入になります。
難易度が低く収入も安いとされるクラス1~3のWHでも、High SecのL4ミッションより時間あたりの収入は高くなります。

データ/遺物サイトの攻略
W-Spaceのハッキングサイトでは、T3CLの原料が得られます。これらももちろん値段が高いです。
ただしHigh Secなどのハッキングサイトとは異なり、NPCが大量に出現します。

採掘
アステロイドベルトはないものの、鉱石サイトはそれなりに発生し、Null Secと同等の鉱石が採掘できます。

PI
Null Sec以上に惑星の資源が豊富で、PIに関してはWHが一番儲かります。
税関の建て替えも比較的容易なため、かなりの収入が期待できます。

建造物運営
建造物が自由に建てられることと、ある程度能動的に侵入を制限できることを利用し、生産や研究用建造物を稼働させることも多いです。
燃料搬入がネックにはなりますが、Wardecの対象になりにくくなるというメリットは大きいです。
※Null Secとは違い、衛星に資源が存在しません。
そのためいくらセキュリティステータスが低いとはいえ月資源採掘を行うことは出来ません。


WHの特徴

突如発生し、ある条件で消失する

「固定穴」の場合を除き、基本的にWHの発生は予知できません。
一応Null Secの領有権アップグレード次第では、WHの発生率を高めることは可能のようです。

WHの消失条件は2つあり、
「WHを開封した(誰かがそのWHシグネチャに初めてワープ開始した)ときから一定時間経過する」(寿命条件)
「WHを通過した累積の質量4)が、そのWHの質量上限を超える」(質量条件)
この2つのどちらかを満たした場合、そのWHは消失します。

WHの行き先、それとWHが消失条件に近づいているかどうかは、そのWHの「情報」画面で確認することが出来ます。

接続先 「このワームホールは○○宙域へ繋がっているようです。」 ・High Security、Low Security、Zero Security:文字通りの意味
・未知の宙域:クラス1~3のW-Space
・危険な未知の宙域:クラス4、5のW-Space
・非常に危険な未知の宙域:クラス6のW-Space
寿命条件 「このワームホールは寿命による自然崩壊がまだ始まっていません。少なくともあと 1 日はもつと思われます。」 消失までの時間が24時間以上あるということ。
多くのWHの寿命設定が24時間以下であるため、あまり見られない表示。
「このワームホールは自然崩壊が始まっています。おそらくあと 1 日ももたないでしょう。」 残り寿命が24時間以下、設定寿命の25%以上であるときの表示。結構な頻度で見ることになる。
寿命設定は最短でも16時間なので、最低でも消失まで4時間はあるということを示している。24時間穴ならば6時間以上である。
「このワームホールは寿命が近づいています。」 残り寿命が設定寿命の25%以下であるときの表示。
こうなっていると、もういつ消失するかわからない。開封時刻などを管理できているのでなければ、遭難の危険がある。
質量条件 「このワームホールは、船が通過しても安定性が大きく揺らぐことはありませんでした。」 累積通過質量が、消失上限の50%以下であるときの表示。
「このワームホールは、船が通過したため安定性が損なわれたものの、大事には至りませんでした。」 累積通過質量が、消失上限の50~90%であるときの表示。
「このワームホールは、多数の船が通過したため安定性が大きく損なわれ、崩壊しつつあります。」 累積通過質量が、消失上限の90%を超えている時の表示。

また、累積通過質量が50%を超えた時と90%を超えた時は特殊な環境音が発生し、WHのグラフィックが変化します。
これらを一般的に、それぞれ「一次縮小」「二次縮小」と呼びます。

WHにはIDがある

この場合「D845」というのがID
WHには、IDというものが設定されています。
これはOV上でWHを見た時に確認できるもので、同じIDのWHは上記の「接続先」「設定寿命」「消失までの合計通過質量」と「最大通過質量上限(そのWHを一度に通過できる質量の上限)」が同じになっています。
W-Spaceには常に同じIDのWHが存在します。これらが固定穴と呼ばれるのは上述のとおりで、その数は最低でも1つあり、C2とC4には2つあります。

詳しくはID一覧を参照してください。

WHには「表」と「裏」がある

K162
WHは、開封(WHのシグネチャにワープ開始)するまで、出口となる反対側のWHが存在しないということが知られています。
つまり、WHは開封するまで裏側から通過できない一方通行であると言えます。

この出口となる、あとから発生するWHのIDは常に「K162」で一定です。入り口側のIDがなんであれ、出口のIDはこれです。
K162のWHのことを一般的に「横穴」「裏穴」と呼びます。
これらが発生しているならば、そのWHは向こう側から誰かが開封したものだと判断できます。

K162は開封後即生成され寿命のカウントダウンが始まりますが、最初は不可視状態で裏側から特定・進入することは出来ません。
K162が可視化する条件は、

  • 誰かが表側からWHを通過する。
  • 不可視状態のままWHの寿命が15時間以下になったあと、数時間が経過する。

のどちらかが満たされることです。

何度も連続して通過できない

極性タイマー
あるWHを通過してから5分以内に再度同じWHを通過した場合、最初にWHを通過してから5分経過するまで、そのWHを通過できなくなります。
この性質により、スターゲートでは可能な「何度もゲートバックして敵の攻撃をしのぐ」といった戦術は使用できません。


Shattered Worm-hole

Shattered Worm-hole(砕けたワームホール)は2014年12月9日のRheaアップデートで追加された101のワームホール群の総称です。
これらは以下のような特徴を持ちます。

  • 存在する全ての惑星が砕けており、また衛星は1つも存在しない。この影響で、システム内に建造物を設置することができない。
  • ランドマークサイトが存在する。
  • 通常のW-Spaceに比べ、システムのクラスに対応するアノマリとシグネチャが多少出現しやすい。
  • アステロイドベルトの一種の、デブリ地帯というセレスティアルが存在している。これはほとんどのアステロイドベルトより大きく、豊かなものである。
  • 採掘可能なアイス地帯が存在する。
  • 通常の固定穴に加えて、既知領域5)への固定穴も持っている。

Shattered Worm-holeは大きく3つに分類されます。

  • 1つはStandard Shattered Wormhole Systemsで、75個存在する。
  • 2つはSmall Ship Shattered Wormhole Systemsで、25個存在する。
    • これに発生するWH及びこれに接続するWHは、全て小型艦しか通れないものになる。
    • クラス区分はC13と呼ばれる特殊なものになる。
      • C1からC3水準のアノマリ及びシグネチャが発生する。
      • 全てでC6相当のWolf-Rayetエフェクトが発生している。
  • 3つ目はThera

応用知識

1)
ソーラーシステム名が必ず“J”で始まるため
2)
通過上限質量が非常に小さいWHのみが発生するWHシステム。FG、DD、HICのみ進入可能。25個存在する。
3)
強力なNPC、Driftersの巣穴となっているWHシステム
4)
船本体+装備MODによる増加分の合計。カーゴの中身などは計算に入らない。
5)
W-Space以外の領域、つまりHigh/Low/Nullのこと
exploration/worm-hole.txt · 最終更新: 2017/06/29 00:38 by bartlett