EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

backstory:the-sarpati-family

サーパティ家

原文:Chronicle:The Sarpati Family

Copyright © CCP 1997-2017
原文はCCPに著作権があります

sarpati.jpg


かつては、すべての国が神経ブースターの未来に多くの期待を寄せていた。それが人類の進化の次なる一歩であると信じて。各帝国は、抱える課題を克服する素晴らしい物を作り出すことを夢見て独自にブースターの研究を開始した。その夢は、ある日崩れ落ちることとなった。不幸な副作用を神経ブースターが持つことが発見されたことによって、熱狂は公衆衛生危機に一変した。

Once upon a time every nation had high hopes regarding the future of the neural boosters. Many believed they were the next natural step for humankind in improving itself. Each of the empires started their own booster research, dreaming of creating a wonder brew that would propel their subjects to greatness. These dreams came crashing down one day when it was discovered that neural boosters had some very unfortunate side-effects that turned them in a heartbeat into public health hazards.

有能なガレンテ人研究者イギル・サーパティによって所有・運営されていたブースター研究所は、あまり有名でない研究所の一つであった。シンプルに「サーパティス」と名付けられたサーパティの研究所は、ブースター研究の契約をガレンテ連邦と結んでいた。深刻な副作用が見つかり、連邦がブースターを禁止したことで、契約は打ち切られ、彼の研究所はすぐに破産した。ブースター事業に携わっていた他のほとんど全ての会社も同様であった。数年後、イギル・サーパティは死に、研究所は閉鎖された。サーパティ家は忘れ去られ、歴史上の数多の失敗の一つとして名を残すのみだった。

One of the less well-known booster research firms was that owned and run by Igil Sarpati, a competent Gallente scientist. Sarpati’s firm, simply named Sarpatis, was contracted by the Gallente Federation to lead booster research. When the Federation banned boosters following the discovery of the fatal side-effects the rug was pulled from beneath the company’s feet and it quickly went under, sharing the fate of almost all other companies that built their operation on boosters. A few years after the company closure Igil Sarpati died. The Sarpati family passed into obscurity, seemingly destined to go down in history, alongside thousands of others, as failures.

イギルの死後、彼の養子のカルダリ人、ヴァージ・サルバドール・サーパティが当主となった。彼は父の失敗の影で育ち、それは彼に消えない傷を付けた。彼が自分自身の会社を立ち上げたとき、ファミリーネームの古い形式と、彼の父の会社の名前に因んで、それをサーペンティスと名付けた。サーパティ家に遺されていた資産は昔のブースターの製法だけだったが、ブースターは禁止されており、その製法に価値はなかった。V.サルバドール・サーパティ(彼はこう呼ばれることを好んだ)は、父のような製薬業を始めるのではなく、ハイテク研究開発に焦点を当てた。少しずつ、しかし着実に、彼の会社は力をつけていった。ガレンテ発祥の企業というのが建前上だったこと、そしてすぐに国際的存在になったこともあり、いかなる政府にも縛られないと考えるようになった。かつての出来事から、組織上層部との接触をカルダリ企業及びカルダリ当局にのみ許可するなど、サルバドールは徐々にガレンテヘ敵対的になっていった。

Igil's adopted child, a Caldari named Virge Salvador Sarpati, became the head of the family after his father's death. He grew up in the shadow of his father's failure and this experience marked him for life. In time he founded his own company and called it Serpentis, an older form of the family name and a tribute to his late fathers' company. The only assets of Sarpati junior were the old booster formulas of his father, but as boosters were banned the formulas were worthless. So instead of going into the pharmaceutical business like his father V. Salvador Sarpati (as he likes to be called) instead focused on hi-tech R&D. Slowly, but surely, the company gained strength. Although it began nominally as a Gallente-based company it had from early on a very cosmopolitan character, considering itself unattached to any government. Due to his past experience Salvador became increasingly antagonistic to the Gallente, to the point where he only allowed Caldari corporations and Caldari officials access to the higher echelons of his organization.

30年前、サーパティはフェニックス星系にある一つの太陽系を購入し、それをサーペンティスと名付けた。そしてサーペンティスプライムの軌道上に荘厳なステーションを建造し、そこで彼の会社を経営した。彼の力と財産が増すに連れて領土は拡張していき、今ではEVE世界各地で十数の施設を稼動させるに至っている。サーペンティスのステーションは公式には研究施設ということになっているが、実際には悪名高き海賊の住処となっている。これは、そうなるように彼自身が仕向けたことであり、彼の会社の無力さによってもたらされたというよりも、むしろ彼の邪悪な長期的戦略を示唆している。実際、彼が事業を起こした際に父の古い製法を再利用し、研究施設で稼働させているのではないかと噂されてきた。

Three decades ago Sarpati bought a system in the Phoenix constellation and named it Serpentis. He built himself a magnificent space station orbiting Serpentis Prime and runs his company from there. As his power and wealth grew he has expanded the territory he owns and now runs a dozen space installations around the world of EVE. Although all the Serpentis stations are officially termed research stations they have in time grown into notorious pirate havens. Sarpati himself encouraged such development, hinting at a more sinister long-term strategy than offered by his innocent-looking company. Indeed, it has been rumored that once Sarpati had set himself up he dusted off his father’s old formulas and turned his research facilities on them.

ステーションを海賊やアウトローに開放することは諸刃の剣だが、サーパティには自身を守るだけの機知があった。彼はエンジェルカルテルと取引し、彼らが全てのサーペンティスのステーションを保護する代わりに、見返りとしてステーション内交易から生じた利益の分け前と、サーペンティス社のあらゆる研究成果を得られるようにした。この取引は双方にとって利益があるものだった為、エンジェルはガーディアンエンジェル部門全体をサーペンティス領域の警護に当たらせ、サーパティ家は比類なき栄華の中で暮らしている。DEDはこの状況に全く気づいていないわけではなく、いくつかのサーパティ家の施設に近づこうと何度も試みているが、成功には至っていない。

Opening one’s stations to pirates and outlaws can easily become a double-edged sword, but Sarpati was smart enough to get himself a protection. He made a deal with the Angel cartel that it would provide protection for all Serpentis stations. In return the Angels would get a cut of all trade on these stations and access to any research breakthroughs the Serpentis corporation makes. This deal has been so lucrative for both parties that the Angels have devoted their entire Guardian Angels division to protecting Serpentis space and the Sarpati family lives in unprecedented luxury. The DED is not wholly unaware of the situation and has made numerous attempts to close some of Sarpati’s establishments, but to no avail.

V.サルバドール・サーパティは、サーペンティス星系に少数の側近を集めて住まわせており、そこで彼らは外の世界の心配をすることなく怠惰に遊んで暮らしている。サーパティ自身もそのような暮らしをしているが、彼の無限の活力と野心が、彼の小さな帝国を管理するために時々発揮される。軽薄な側近は彼とともに暮らし、わがままな者は他のサーペンティスのステーションに散らばって望むことをやっている。サーパティの養子家族の中で唯一人、彼の妹のサンティモナは、サーパティの裏社会との密接なつながりも、そのような怠惰なサーペンティスプライムでの生活も拒んだ。彼女は現在シスターズオブイブのメンバーで、機会があるたび「蛇の王とサーペンティスプライムの宮廷」と言って、彼女の兄とその生き方を嘲っている。

V. Salvador Sarpati has gathered a small retinue to dwell at his side in the Serpentis system. There they spend their days in idle games and frolics without a worry in the world. Sarpati himself is an active participant, although his boundless energy and ambition allows him to break out of it every once in a while to take care of his small empire. The more frivolous of Sarpati's retinue live with him, while the more headstrong are scattered around the other Serpentis stations running things. Only one member of Sarpati's adopted family, his sister Santimona, has rejected both the indolent life at Serpentis Prime as well as Sarpati's close links to the underworld. She is now a member of the Sisters of EVE order and mocks her brother and his lifestyle at every opportunity, calling him King Serpent and Serpentis Prime his royal court.

backstory/the-sarpati-family.txt · 最終更新: 2019/04/18 01:45 by bartlett