EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

EVE Online Japan Wiki

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

structure

建造物

ここで説明する建造物は、2015年11月に設立された“Upwell Consortium”(アップウェル コンソーシアム)によって開発された、という設定から「アップウェルストラクチャ」と呼ばれます。

機能等については説明ページを参照のこと。


Citadel

シタデル。防衛・勢力拠点用の建造物。
Mサイズでサブキャピタル、Lサイズでキャピタル、XLでスーパーキャピタルまでドック可能。
その為、Keepstar内ではMS/Titanをマーケット及び契約で売買できる。

サイズ 名称 スロット
(H(Launcher)/M/L/Service)
ボーナス
ファイター(Tube(L/S/H))
M Astrahus
アストラハス
4(2)/4/3/3 ・ Combat Rig の効果 +25%
・ Citadel Service Mod の燃料消費量 -25%
3(3/1/0)
L Fortizar
フォータイザー
6(3)/5/4/5 ・ Combat Rig の効果 +25%
・ Citadel Service Mod の燃料消費量 -25%
5(5/2/2)
XL Keepstar
キープスター
8(4)/6/5/7 ・ Combat Rig の効果 +25%
・ Citadel Service Mod の燃料消費量 -25%
5(5/5/5)
サイズ 名称 スロット
(H(Launcher)/M/L/Service)
ボーナス
ファイター(Tube(L/S/H))
XL Upwell Palatine Keepstar
アップウェルパラタインキープスター
8(5)/8/6/8 ・ Combat Rig の効果 +25%
・ Citadel Service Mod の燃料消費量 -25%
・ New Eden に1つしか存在できない
5(5/5/5)

Engineering Complex

製造施設。その名の通り製造及び研究用の建造物。
入港制限がCitadelよりも厳しく、Lサイズでもキャピタルの入港が出来ず、XLでもスーパーキャピタルは入港できない。
ただし内部で製造した場合はその限りではなく、Lサイズで建造したキャピタル艦、XLで建造したスーパーキャピタルは出港させるまで内部で保管可能。
価格はCitadelと比較してかなり安い。

サイズ 名称 スロット
(H(Launcher)/M/L/Service)
ボーナス
ファイター(Tube(L/S/H))
M Raitaru
ライタル
3(1)/2/1/3 ・ 製造に必要な資源量 -1%
・ 製造及び研究に必要な時間 -15%
・ 製造及び研究に必要なISK -3%
・ Engineering Service Mod の燃料消費量 -25%
0(0/0/0)
L Azbel
アズベル
4(2)/3/2/5 ・ 製造に必要な資源量 -1%
・ 製造及び研究に必要な時間 -20%
・ 製造及び研究に必要なISK -4%
・ Engineering Service Mod の燃料消費量 -25%
3(2/3/0)
XL Sotiyo
ソティヨ
6(3)/4/3/6 ・ 製造に必要な資源量 -1%
・ 製造及び研究に必要な時間 -30%
・ 製造及び研究に必要なISK -5%
・ Engineering Service Mod の燃料消費量 -25%
5(5/3/0)

Refinery

精錬施設。その名の通り再処理にボーナスを持つ。
もっとも重要な特性は、月資源採掘及び月資源合成のサービスモジュールを装備できるのがRefineryだけという点にある。

いずれも主力艦は入港不可。ただしTataraにはRorqualが入港可能。

サイズ 名称 スロット
(H(Launcher)/M/L/Service)
ボーナス
ファイター(Tube(L/S/H))
M Athanor
アタノール
3(1)/3/1/3 ・ 鉱石とアイスの精錬効率 +2%
・ Reprocessing/Reaction Service Mod の燃料消費量 -20%
・ Reaction Service Mod を装備可能
・ Moon Drill Service Mod を装備可能。特定の場所に設置された場合、月採掘を実行可能
0(0/0/0)
L Tatara
タタラ
5(3)/4/3/5 ・ 鉱石とアイスの精錬効率 +4%
・ Reprocessing/Reaction Service Mod の燃料消費量 -25%
・ 月資源合成に必要な時間 -25%
・ Reaction Service Mod を装備可能
・ Moon Drill Service Mod を装備可能。特定の場所に設置された場合、月採掘を実行可能
4(3/3/0)

建造物用Mod

特記なければ艦船用Modと大きく違いはありません。

Electronic Warfare(電子戦)

Standup Variable Spectrum ECM 強度が極めて高い。
専用のスクリプトを装填することで1属性特化に変更できる。
Standup Remote Sensor Dampener
Standup Stasis Webifier
Standup Target Painter
Standup Weapon Disruptor
Standup Warp Scrambler 強度が高い。
攻撃可能時間にしか使用できない。

Electronics and Sensor Upgrades(エレクトロニクスとセンサー強化)

Standup Co-Processor Array
Standup Signal Amplifier

Engineering Equipment(電気工学系装備)

Standup Energy Neutralizer 対サブキャピタル用と対キャピタル用とがある。
Standup Point Defense Battery 射程は短いが、テザーされていない周囲の物体全てにダメージを与える。
要はスマートボム。そのためハイセクでは使用できない。
Lサイズ以上の建造物にのみ装備できる。
Standup Reactor Control Unit

Service Module(サービスモジュール)

建造物特有の装備。
これを装備することで様々な機能を発揮するようになるが、引き換えに燃料を消費する。

Citadel Service Module(シタデルサービスモジュール)
Standup Cloning Center クローン設備を利用可能になる。
Standup Market Hub Lサイズ以上で利用可能。
建造物内にマーケットが展開され、アイテムの売買が可能になる。
Engineering Service Module(エンジニアリングサービスモジュール)
Standup Capital Shipyard Lサイズ以上で利用可能
スーパーキャピタル以外のキャピタル艦を製造可能になる。
Standup Invention Lab 発明が可能になる。
Standup Manufacturing Plant 製造が可能になる。
Standup Research Lab 研究が可能になる。
Standup Supercapital Shipyard Sotiyoでのみ利用可能。
スーパーキャピタルの製造が可能になる。
所属アライアンスがI-Hubを保有し、かつSupercapital Construction Facilitiesがインストールされている必要がある。
Resource Processing Service Module(資源処理サービスモジュール)
Standup Reprocessing Facility 再処理と鉱石圧縮が可能になる。
Standup Moon Drill 月資源採掘が可能になる。
Refineryのみ装備可能。
Standup Composite Reactor 複合反応(Composite Reaction)(T2製造用)が可能になる。
Refineryのみ装備可能。
Standup Hybrid Reactor 重合反応(Polymer Reaction)(T3製造用)が可能になる。
Refineryのみ装備可能。
Standup Biochemical Reactor 生化学反応(Biochemical Reaction)(ブースター製造用)が可能になる。
Refineryのみ装備可能。

Structure Weapon(建造物武装)

Missile Launcher(ミサイルランチャー)
Standup Missile Launcher 対サブキャピタル用と対キャピタル用とがある。
艦船用とは弾薬が異なる。
Weapon Upgrade(兵器強化)
Standup Ballistic Control System
Standup Missile Guidance Enhancer
Doomsday Device(ドゥームズデイデバイス)
Standup Arcing Vorton Projector Keepstar及びUpwell Palatine Keepstarのみ装備可能。
ターゲットに指定した艦船だけでなく、その周囲20km以内にいる別の艦船にも反射して命中し絶大なダメージを与える。
反射回数はデフォルトで5回だがリグによって増やすことが可能。反射するたびにダメージは減衰する。
また反射先はランダムで敵味方の区別はされず、キャピタル/サブキャピタルの区別もされない。
Guided Bomb Launcher(誘導ボムランチャー)
Standup Guided Bomb Launcher 目標(=爆心点)を指定できるボムを発射する。
ランチャーハードポイントは使用しないが、1つしか装備できない。
通常のボムランチャーと同様にハイセクでは使用不可能。
structure.txt · 最終更新: 2017/10/25 20:43 by bartlett