EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

EVE Online Japan Wiki

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

exploration:worm-hole:thera

Theraについて


Theraとは、2014年12月のRheaリリースで追加された一つのWHシステムの名前。
現状唯一のステーションがあるWHシステムであり、High/Low/Nullとも、また他のWHシステムとも異なるルールに基づく第5の領域となっています。

Theraの特性

基本的な仕様はWHシステムのものと同一ですが、通常のWHシステムと異なる点も数多くあります。

通常のWHに近い点

  • スターゲートはなく、WH経由でのみ進入可能。
  • ローカルメンバーリストが完全遅延式1)
  • 常に特定の領域に繋がるWH(固定穴)がある。Theraの固定穴はHigh/Low/Nullに繋がるものが複数あり、WH領域への固定穴はない。
    • TheraでのWH発生状況を監視し情報を共有するサイト「EvE-Scout」がある。
      • ここの情報を見る限り、常時十数個のWHが発生しているようである。大半はHigh/Low/Nullに繋がっているため、Theraを経由して遠出するといったことも(安全性を考慮しなければ)容易。WH領域へのWHも、数は少ないが発生している。
    • キャピタル艦が通過可能なWHは発生しないフレイターは通過できる場合がある。
  • WH特有のアノマリ及びシグネチャサイトが発生する。
    • 通常のWHで言うところのクラス3~4相当のアノマリ/シグネチャが発生する。ただしガスサイトのみ、最高でクラス6相当のサイトが発生する。
  • 特殊天体はない。
  • Stealth Bomberのボムランチャーは使用可能。

Theraの特徴的な点

  • WHシステムでありながら、ステーションが存在する。
    • システム内に4つステーションが存在する。どのステーションもサービスが完備されており、ジャンプクローンの設置・使用も可能
      • Thera内から既知領域へのクローンジャンプはできるが、Thera内からThera内へのクローンジャンプ及び既知領域からThera内へのクローンジャンプはできない。
      • Pod破壊によるスキルクローンへの移動は通常通り可能。
    • ステーション内でキャピタル艦を製造することは出来ない。
  • 極めて広大なソーラーシステムであり、300kmしか離れていない一組のステーションを除き、それぞれのステーション間の距離が300AU以上ある。
  • システム内の惑星に衛星が一切存在しない。そのためPOSの設置が不可能。(Theraを含むShattered WHの特徴)
    • また、Citadel系建造物の設置もできない。(これもShatteredと同じ)
    • キャピタル艦進入不可かつ製造不可であるため、Thera内でキャピタル艦を使用することは不可能
  • InterdictorのWarp Disrupt Probe及びHICのスクリプトなしWarp Disruption Field Generatorは使用できるが、Mobile Warp Disruptor(係留式バブル)は設置できない。
1)
発言した人のみローカルリストに表示され、ローカルキャラクター総数は常に表示されない
exploration/worm-hole/thera.txt · 最終更新: 2016/12/24 12:42 by bartlett