EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

EVE Online Japan Wiki

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

pvp:solo

Solo PvP

EVEにおけるPvPでは、フリートを組んで戦う事が一般的ですが、1人で戦うスタイルであるSolo PvPも盛んに行われています。
特に、Low secのFWサイト(国家間戦争サイト)でのFG戦であれば、船自体も安価のため、初心者の方にお奨めです。

ただし、元々Solo PvPは、自分以外に頼れるものがないシビアなバトルで、勝つためには、Fleet PvP以上に個人のスキルや知識、経験等が求められます。
まずはFleet PvPを通して戦いの流れを一通り理解したり、可能なら、経験者の方に直接稽古を付けてもらってから挑戦する事をお奨めします。
勝つも負けるも、全ては自分の実力次第ですが、戦闘時の高揚感や、勝利の達成感はFleet PvPとはまた違った味わいがあります。

また、勝ったにせよ、負けたにせよ、戦闘が終わった際にはローカル上に「gf」、「gg」といったメッセージが流れる事があります。
これは、「good fight」や「good game」の略で、互いの健闘を称え合う挨拶であり、一種の礼儀作法です。
心に余裕があるなら、是非返しましょう。思わぬ友人と出会えるきっかけになるかもしれません。


基本的な戦い方

PvPにおける戦い方は大別すると、近距離型(至近距離・近距離kite)遠距離型(遠距離kite)の2つに分けられます。この2つの戦術には、各種武装の射程距離Warp Jammerが深く関係しています。
Warp Scrambler(ワープスクランブラー)でpointできる半径9000m(オーバーロード時は10km)の範囲は「Scram range(スクラムレンジ)」と言われ、戦い方を決める上で重要な要素の1つとなっています。

Solo PvPに際してfitを組む時は、自分がスクラムレンジの中・外どちらで戦うのかという事を考えた上で、船や武装を選択していくと良いでしょう。


近距離型

スクラムレンジ内で戦う戦術で、Mid Slotに

  • Warp Scrambler(ワープスクランブラー)
    • 相手のMWDを止め逃さないようにする
  • Afterburner(アフターバーナー)
    • 相手からScramを受けても自分の速力を落とさない
  • Stasis Webifier(ステイシスウェビファイヤー)
    • 相手の速力を落とし速度面での優位を得る

を搭載している事が基本形になります。
特に、ステイシスウェビファイヤーを2つ搭載したDual web仕様であれば、自分より足の速い船に対して、速度の面で逆転する事も出来ます。
また、同じ近距離型の船と戦う事が基本となるため、防御力に一定の比重が置かれる事も特徴的です。

至近距離型

敵に対して0~2000m程度の至近距離から高ダメージを叩き込む戦法で、Blaster(ブラスター)Autocannon(オートキャノン)といった至近距離で威力を発揮する武装を用います。
基本的には相手に対して「接近」するか、1000~2000m台で「一定距離を保持」します。
相手の武装によっては500mで「オービット」し、トラッキング性能で勝負に出る事もあります。
攻撃志向の強い戦術とも言え、いかに相手に接近するかが重要になりますので、元々足の速い(あるいは足を速くした)船や、Dual web仕様が好まれます。

  • 特徴
    • 高DPS
    • 短期決戦型
  • 弱点
    • 距離を開けられると、攻撃がほぼ通らなくなる。
    • ニュート艦に対して相性が悪い。
    • 至近距離で戦う関係上、いざという時すぐに逃げられない。

近距離kite型

5000~9000m台のスクラムレンジ内で「一定距離を保持」、または「オービット」する戦い方で、至近距離での攻撃を得意とする船に対して強みがあります。
主にRailgun(レールガン)Beam Laser(ビームレーザー)Artillery(アーティレリ)Rocket(ロケット)Drone(ドローン)といった武装を用います。
特に、ロケット艦やドローン艦の場合、自分が有利になるように状況をコントロールしていく立ち回りが必要となりますが、敵との距離によって火力が変化することがない分、様々な状況に対応できる柔軟性があると言えるでしょう。
一方で、タレット艦の場合は、至近距離型と同様、元々足の速い(あるいは足を早くした)船や、Dual web仕様が好まれます。

  • 特徴
    • 射程距離が短い敵に対して強い。
    • ロケット、ドローン主体の船の場合、速度さえ勝っていれば、全てのタレット艦に対して勝ち筋がある。
    • ニュート艦に対して、ある程度耐性がある。
  • 弱点
    • 自分より足が速い or Dual web仕様の高DPS艦に対して、相性が悪い。
    • タレット艦でこの戦術を用いる場合、500mオービットされるとトラッキング性能の関係上、ダメージがほとんど入らない。

遠距離型(遠距離kite)

敵に対して「一定距離を保持」または「オービット」して、約18~24km台のスクラム圏外(≒攻撃範囲外)から敵を攻撃する戦い方で、Mid Slotに

  • Microwarpdrive(マイクロワープドライブ)
    • 相手よりも高い速度を保ち相対距離を維持する
  • Warp Disruptor(ワープ妨害器)
    • スクラム範囲外から相手を捕まえる

を搭載している事が基本形になり、主に、Drone(ドローン)Beam Laser(ビームレーザー)Light Missile(ライトミサイル)等が主流の武装となります。
Imperial Navy Slicer(帝国海軍仕様スライサー)の場合は、例外的にPulse Laser(パルスレーザー)を装備している事が多いです。

敵に対して凧のように一定の距離を保つ戦闘スタイルから、「Kite(カイト)艦」とも言われています。
通常の近距離艦相手であれば、スクラム圏内に捕らえるどころか攻撃自体が届かないこともあるため、うまく決まれば敵を完封する事も出来ます。場合によっては、FAC艦や海賊艦、あるいは自分よりも大きなクラスの敵に勝つ事も出来ます。

ただし、高速で移動しつつ一定の距離を保持し続ける必要があるため、操艦が難しいです。
一度失敗すればあっという間にあらぬ方向に船がすっ飛んでしまい、せっかくのキルを逃がすどころか自分が倒される可能性もあるので、初めてkite艦に乗るという方は事前に何度も練習してから実戦に臨みましょう。
また、速度に比重を置く分防御力が犠牲になりがちであるため、一度でも近距離艦にスクラムでポイントされると、MWDが起動出来なくなり一気に叩き落される可能性があります。これを克服するために、自分の船より同格サイズ以上のアフターバーナーを搭載するfitもありますが、これは旋回性や加速力が落ち、キャパシタ消費も激しく、最高速度もMWDと比べて劣るため、かなり歪な船になる事が多いです。
さらに、ドローンやビームレーザー、レールガンなどの射程距離が長い武装からはダメージを受ける事もあり、決して過信は出来ません。

テクニカルな戦術ですが、本当に腕のあるKite艦の使い手ともなるとほとんどの同クラス艦に勝ってしまうほどの圧倒的な戦闘力を持った恐ろしい存在となりますので、交戦にあたっては細心の注意を払いましょう。

  • 特徴
    • 高機動、低タンク。
    • 近距離艦全般に対して強い。
    • 自分が不利でも簡単に逃げられる。
  • 弱点
    • スクラム圏内に入ると、MWDが止まり、一気に撃墜される。
    • 操艦が難しい。
    • カイト艦を倒すための船(fit)=アンチカイト艦が存在する。

索敵の基本

『孫子・謀攻』より

「彼を知り己を知れば百戦殆からず。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し。」
(敵と味方の実情を熟知していれば、百回戦っても負ける事はない。敵情を知らないで味方の事だけを知っているのでは、勝ったり負けたりして勝負がつかず、敵のことも味方の事も知らなければ必ず負ける。)

PvPを行う、または避ける上で、システム内の状況を把握する事はとても重要です。
システム内の状況を把握する情報源は大別すると

の3つになります。
これらの情報を組み合わせることで、「敵の位置情報」「その船に乗っているプレイヤーは誰なのか」「単独行動なのか、フリート行動なのか」「どんなfitの船なのか」といった事さえも、おおよそ分かるようになります。


Dスキャン(指向性スキャン)

Dスキャン(指向性スキャン)とオーバー・ビューを使えば、自分の周囲の状況を詳しく確認することが出来ます。
PvPを行う、または避ける場面においては、必ず必要になる機能の一つです。
スキャン角度は「5度~360度」まで変更出来、スキャン出来る範囲(距離)は「0.1(0.0)~14.3AU」までとなっています。

使用例

範囲 角度
1. 14.3AU(最大) 360度(最大) 主に「どんな艦船がシステム内にいるのか」といった、全体の状況を把握する際に使う設定です。
2. X AU(自由) 5度(最小) 主に、戦闘サイトやST、ゲート、AB、惑星、恒星といった、艦船がいそうな場所に向けてスキャンして、相手の現在位置を特定する際に使用する設定です。
3. X AU(自由) 360度(最大) 主にアウトポスト内で敵を待ち伏せている際や、周囲を警戒している時に使う設定です。
また、戦闘中でもスキャン範囲を1AU程度に設定して定期的にスキャンしておくことで、敵の増援や第3勢力の介入を接敵前の段階で察知することもできます。


参考動画
 


ローカルリスト

ローカルを見ることで把握出来る情報は、多岐に亘り、ローカルリストを見ただけで判る情報と、キャラクターを見ることによって判る情報の2つがあります。
これらの情報とDスキャンから得られた船の情報を総合して推察していく事で、システム全体の状況を知る事が出来ます。

  1. ローカル内の人数
    • Solo PvPを行う場合、基本的にシステム内に7~10人以上のプレイヤーがいれば、敵との交戦は避けるべきです。
      あまりにも数が多いと、状況把握に時間が掛かる上に、フリートを組んでいる敵と戦うことになる可能性があります。
      また、仮に交戦した相手がソロプレイヤーだったとしても、第三者の戦闘介入によって、こちらが不利になってしまう可能性もあります。
    • 容疑者フラグが1つ、2つ立っている場合、どこかで戦闘が行われている、もしくは、戦闘直後である可能性があります。
      容疑者フラグを持つプレイヤーが多く居たり、犯罪者フラグを持つプレイヤーが多く居る場合、複数人でフリートを組んでいたり、どこかのゲート前でゲートキャンプを行っている可能性が高い為、安易に戦闘を仕掛けたり、どこかへワープするのは禁物です。
  2. 所属コーポ、アライアンス
    • 複数人のキャラが同一のコーポ、もしくはアライアンスのメンバーであった場合、フリートである可能性が非常に高いです。
  3. キャラクターの作成年月日
    • キャラクターが作られたのが昔であるほど、スキルや経験に差がある可能性が高くなるため、自分と相手との力量をある程度比べることが出来ます。
      最近はSkill Injectorの登場によって完全にこの通りとはいかなくなりましたが、基本的にキャラクター年齢とスキルポイント総量は比例すると思って良いでしょう。
    • LowsecでPvPを長く続けているプレイヤーはセキュリティステータスが著しく低い傾向にあります。相手がどれくらいのPvP経験を積んでいるのか、この時点である程度予測することが出来ます。

zkillboardの活用

ローカルチェックと同時に、外部HPであるzkillboardを使用することで、システム内のプレイヤーの戦績を確認することが出来ます。
先ほどのDスキャンや、ローカルの情報と組み合わせる事で、「誰がどんな船に乗っていて、誰と組んでいるのか」といった様々な事を事前に把握する事が出来ます。
ここでは、索敵時に重要な項目に絞って紹介します。

  1. Destroyed/Lost
    • 生涯撃墜数、及び、生涯被撃墜数が表示されます。この部分の数字が多いほど、PvPの経験が豊富であると言えます。
  2. Points
    • Destroyed/Lostに対するポイント数が表示されます。
      ポイント数とは、zkillboard独自の数値で、船やfitに対して予め決められています。
      なお、複数人が戦闘に関与していた場合、その人数分だけポイントが山分けされ加算される仕組みとなっていますので、勝率が良いにも関わらずこの部分のポイント数が低い場合、Fleet PvPを中心に活動しているプレイヤーである可能性があります。
  3. Eff. %(勝率)
    • 勝率、ポイント、撃墜した船の総額がパーセンテージで表示されます。
  4. Gangs/Solo
    • 共同撃墜扱いとなったキルと、単独撃墜扱いとなったキルの比率を表します。
      ここを見ることで、そのプレイヤーが「フリートを組んで戦う事が多いのか、単独で戦う事が多いのか」といった事が分かります。
  5. Loses
    • 撃墜された船のfitを確認する事が出来ます。
      zkillboardにおける最も重要な項目の1つで、詳細を見る事でそのプレイヤーが「普段どんなfitの船に乗っているか」把握する事が出来ます。
      中には複数のfitを使い分けて意識的にfitを読まれづらくしているプレイヤーもいるので、可能であれば、1つのロスを見て早合点せずに複数のロスを見ておくと良いでしょう。
  6. Top ships
    • そのプレイヤーが最近乗っていた艦種が表示されます。
      なお、表示される船はプレイヤーの撃墜に関与した際に搭乗していた船のみとなり、過去1週間分のデータのみが表示されます。
      2~7人程度のプレイヤーがいるローカル内で、Dスキャンを掛けながら各キャラクターのTop shipsとスキャン結果をつき合わせていくだけでも、「誰が何の船に乗っているのか」をかなり正確に把握する事が出来ます。
      Losesの情報と組み合わせれば、「誰がどんなfitの船に乗っていて、誰とフリートを組んでいるのか(ソロなのか)」といった情報を、相手と接触せずに把握する事が出来ます。
      経験を積んだプレイヤーなら、7~8割以上の正答率を叩き出す事も出来るでしょう。
  7. Involved
    • その船の撃墜に関与したプレイヤー、搭乗艦、攻撃時に使用したモジュールの一部が表示されます。
      戦闘直前、あるいは戦闘中にInvolvedに載っているプレイヤーがローカルに現れたり、戦闘前からすでにローカルにいる場合、高確率でフリートを組んでいると見るべきです。

その他

  • フリートを組んでいる可能性が高いキャラクターの特徴
    • 共同撃墜比率が高い。
    • 当日に同じシステム内のキャラクターと共同撃墜した記録がある。
    • ローカル内に同じコーポ、アライアンスのメンバーがいる。
  • ソロの可能性が高いキャラクターの特徴
    • 単独撃墜比率が高い。
    • 最近の撃墜スコアが単独扱いである。
    • ローカル内に同じコーポ、アライアンスのメンバーがいない。
  • PvPをしないキャラクターの特徴
    • ロスした船がScram/DisruptorといったPvP用モジュールを装備していない。あるいはワープコアを搭載している。
    • ロスした船が輸送艦や探検用の船ばかりである。
    • 勝率が極端に悪い。
    • zkillboard上に戦績そのものが存在しない。

Solo PvPで戦闘を避けるべき状況

  1. ローカルの人数が7~10人以上居る場合、戦闘を避けましょう。
  2. 自分がT1艦に乗っている場合、基本的にFAC艦・T2艦・自分が乗っている船より大きいクラスの艦船との戦闘は基本的には避けましょう。
  3. Fitが予想できない艦との戦闘は避けましょう。
pvp/solo.txt · 最終更新: 2017/05/14 22:58 by bartlett