EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

EVE Online Japan Wiki

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

alliance-tournament

Alliance Tournament

Alliance Tournament
アライアンストーナメント(※以下、ATと略す)とは、毎年秋に開催されているCCP公式のPvPトーナメントのこと。
対戦形式は多数対多数のフリート戦で、大手から少数精鋭の強豪まで多くのアライアンスが参加している。

EVEそのもののゲームシステムが随時更新されている関係上、レギュレーションは毎年変わっているものの、ルールの大枠はさほど変わっておらず以下のようになっている。

  • 対戦フィールドは特定のビーコンを中心とした半径数百kmの空間。
    • 試合中のワープは禁止。また、範囲外に出た艦船は即座に破壊される。
  • 参加人数は最大で12人ほど。
    • もちろんそれより少ない人数でも問題ない。
    • 出場できるのは、特定時点(大会の数ヶ月前)からそのアライアンスに所属していたメンバーのみ。
      • それさえ満たしていれば、試合ごとに出場メンバーを変更しても問題ない。
      • RvB(RED FederationとBLUE Republic)のように、複数アライアンス合同で参加ということもある。
  • 艦級ごとにポイントが設定されている。
    • チームの出場艦船のポイント合計が100を超えないようにしなければならない。
      • BC/BSといった大型艦船ほどポイントが高く、またT1よりT2/Facの方がポイントが高く設定されている。
    • 敵を全滅させた、あるいは試合終了時の残存艦船のポイント合計が高い方のチームが勝ちとなる。
    • なお、同一艦船の同時使用数には制限がある。
  • Logi艦の使用数に制限がある。
    • T1/T2LogiCLを1隻、あるいはT1/T2LogiFGを2隻までなら出場させて良い。
    • 1チーム内において、上記の艦あるいはT3CL1隻にのみ、Remote Armor Repairer/Shield Transferを装備することが許される。
    • RRドローンは使用しても良い。
  • 使用できるMOD等に制限がある。
    • 通常、T1/T2MODのみ使用が許可され、Fac/DED/OfficerMODは使用できない。リグはT1のみ使用できる。
      • 各チーム1隻のみ、上記のMOD制限が大幅に緩和される「Flagship」を指定することができる。大会中にFlagshipが撃墜されたチームは、以後の試合においてFlagshipを使えなくなる。
    • インプラントは低レベルのもののみ使用でき、Facインプラントなど強力なものは使用できない。コンバットブースターも使用できない。
      • 総じて、性能よりもプレイヤーの技量が求められる仕様になっている。
  • 試合ごとに、「使用できない船」が変わる。
    • 試合直前に、双方のチームが2種ずつ、計4種の艦船を「BAN Ship」に指定する。指定された艦船は、その試合において双方とも使用することが出来ない。
    • ATXVからはトーナメント後半で3隻ずつ6隻がBANされるようになった。
      • これに対応できるよう、各チームは多数のフリートコンセプトを用意しておくことが推奨される。

上位に入賞したチームには、賞金(PLEX)の他、限定版の超強力な艦船が配布される。
これらの艦船を普段ゲーム内で見ることは極めて稀だが、ATでそれを使用する光景はむしろよく見られる。毎回ATで上位に入っているような強豪アライアンスがここぞというときに使うことが多い。
なお、ATはテストサーバーではなくTranquilityのJove(GM)エリアで行われているため、キルボードにもきちんと反映されるし、限定版艦船がATで撃沈されてもそれが補償されることはない。

艦船ポイント推移

艦種 XV XIV XIII XII XI
海賊仕様BS 23 21 19 20 20
Marauders 22 21 19 26 19
海軍仕様BS 21 19 17 19 19
指定BS1) 202) 193) 204)
Black Ops 20 19 17 17 17
Tech1 BS 19 18 16 17 17
Command Ships 18 18 16 16 16
Strategic Cruisers 18 18 16 16 16
Logistics Cruisers 17 15 13 13 13
海軍仕様BC 13 13 12 14 14
HIC 13 13 11 11 12
Recon Ships 12 13 13 14 14
Tech1 支援型CL 12 11 10 10 10
Tech1 BC 11 12 11 13 13
HAC 11 12 12 12 12
海賊仕様CL 11 11 11 12 12
海軍仕様CL 9 9 9 12 12
指定CL5) 86) 97) 148)
艦種 XV XIV XIII XII XI
Tactical Destroyers 6 6 6 未実装
Command Destroyers 6 6 未実装
Tech1 電子戦型CL 6 5 6 6 7
EAS 5 5 5 6 5
Logistics Frigates 5 5 未実装
Tech1 CL 4 5 6 6 7
海賊仕様FG 4 4 4 4 4
Assault Frigates 4 4 4 4 4
Covert Ops 4 4 4 4
Interdictors 4 4 4 4 3
海軍仕様FG 3 3 3 4 4
Tech1 電子戦型FG 3 3 3 4 4
Stealth Bomber 3 3 3 4 5
Interceptors 3 3 3 3 3
Tech1 DD 3 3 3 3 3
Tech1 Industrial Ship 2 2 2 3 3
指定FG9) 210) 211)
Tech1 FG 2 2 2 2 2
海賊仕様Rookie Ship 2 2 2 2 2
Rookie Ship 1 1 1 2 2

過去のAT

AT XV(2017/Jul)

Flagship一覧
ルール詳細
予選動画集1日目2日目
本戦動画集1日目2日目3日目4日目5日目6日目7日目8日目(決勝)

主なレギュレーションの変更

  • Ship Pointの調整。また、Serpentis艦がポイント上の優遇を得る。
  • 3週目以降の試合に関してはShip BANが各チーム3隻ずつになる。
  • T2コンバットドローンが許可された。
  • T3CLがRRモジュールを装備することが禁止された。
  • 送電MODが再度許可される。ただし各船に1個まで。
  • 八百長の厳罰化。アカウントBANもありうる。

BS系のポイントが軒並み上がったことでTyphoon Fleet Issueなどはあまり見られなくなった。
代わって台頭したのが海軍仕様BCで、予選からして4隻以上投入されることも珍しくなかった。優勝したVYDRA RELOADEDと準優勝したHYDRA RELOADEDが共通して「海軍BC2隻・BC3種6隻・Vexor2隻」というフルアタッカーコンセプトを多用したのも印象的だった。
T2コンバットドローン許可によってドローン艦中心コンセプトも多く見られた。後半ではあまり目立たなかったが、サブアタッカーにGilaを起用したり、前述のように低コスト枠でVexorを入れるところは多かった。
FlagshipにはほとんどがBhaalgornを指定したが、前回よりもポイントが大幅に高いだけでなく、BC中心の起用に合わせてアーマーLogiが徹底的にBANされたことで、前回ほど多くは見られなかった。なお、第三のT2アーマーLogiであるRabisuが前回のATシップとして実装されたことにより「GuardianOneirosがBAN? じゃあRabisu出すわ」ということもよくあった。

成績
1位 VYDRA RELOADED
2位 HYDRA RELOADED
3位 L A Z E R H A W K S
4位 Northern Coalition.

前回に引き続き今回もSAMURAI SOUL'd OUTが出場。予選を勝ち抜いての出場であった。
初戦こそ敗北したものの、2戦目では(ほとんど不戦勝のようなものであったが)勝利した。
3戦目で敗北して脱落となった。

SAMURAI SOUL'd OUTの成績
1回戦 The Clown Car 敗北
2回戦(Losers) Good at this Game 勝利
3回戦(Losers) Ghost Legion 敗北

AT XIV(2016/Oct)

Flagship一覧
ルール詳細
動画集123
前回から引き続きTyphoon Fleet IssueBarghestが人気。アンチMODが実装されたことに伴い、Missile Guidance Computer自体の性能が前回より更に強化。ピンポイントで対策されない限り前回よりも強いという状態に。
その他、以前から安定した強さを誇るSleipnirの他、前年末に大幅な強化を受けた海軍BCが非常によく見られた。特に海軍BCは性能に比してコストがかなり低かったため、海軍BCを2種2隻ずつ投入されることも多かった。
Flagshipは前回と同様7割がたがBhaalgorn。Bhaalgornに限らず、Blood艦は全てポイント面で同クラスより優遇されていたためよく使われた。
T2ロジドローンが禁止されたこと、RR自体の射程短縮に加え送電が禁止されたことから全体的に回復力が低下。その結果Megathron系やBrutix系を主力とした火力重視の速攻コンセプトが多く見られた。

成績
1位 The Tuskers Co.
2位 Pandemic Legion
3位 WE FORM V0LTA
4位 Northern Coalition.

日本人勢では、Vox Populi.の流れをくむSAMURAI SOUL'd OUTが出場。残念ながら、初戦のFREE GATES COALITION、2戦目のRvBに連敗し敗退した。

SAMURAI SOUL'd OUTの成績
1回戦 FREE GATES COALITION 敗北
2回戦(Losers) Red vs Blue 敗北

AT XIII(2015/Aug)

Flagship一覧
公式データ
ルール詳細
動画集

レギュレーションの大きな変化としては、

  • 同一艦種制限が3隻から2隻に縮小された。
  • T2コンバットドローンが使用できなくなった。
  • Bastion Moduleが使用できなくなった。
  • RSDにスクリプトを使用できなくなった。

の3点。

T2コンバットドローンが禁止されたため、1年に渡って徹底的なナーフを受けたIshtarだけでなく、ドローン艦そのものがほとんど使われなくなった。
それに代わって、Rapid Heavy Missileが使われるようになった。Missile Guidance Computerの出現でミサイルが大幅にバフされたことも追い風になった。特にTyphoon Fleet Issueが台頭し、次いでBarghestScorpion Navy Issueも多く見られた。
また、この年から実装されたT3DDがアンチスモール兼タックラーとして極めて有効だったことで、多くのチームがこれを投入していた。

決勝戦において八百長が発生し、優勝したWarlords of the Deepと準優勝したCamel Empireが共に失格となる、という事件が起こった。

当初の成績 最終的な成績
1位 Warlords of the Deep 1位 Pandemic Legion
2位 Camel Empire 2位 Exodus.
3位 Pandemic Legion 3位 The Tuskers Co.
4位 Exodus. Nulli Secunda

(参照:公式フォーラム"AT XIII FInal Placings")

日本人勢力として初めてVox Populi.が出場。2勝し、24位に入賞した。

Vox Populi.の成績
1試合目 404 Alliance Not Found 勝利
2試合目(Winners) Test Alliance Please Ignore 勝利
2試合目(Winners) Tactical Narcotics Team 敗北
2試合目(Losers) Hard Knocks Citizens 敗北

AT XII(2014/Aug)

Flagship一覧
ルール詳細
動画集
Maraudersの性能変更が成されてからの初の大会。恐ろしいことにBastion Moduleが禁止されていなかった。Maraudersだけポイントがやたら高いのはそのため。当然のように各チームが投入し、特にPaladinGolemが人気だった。

前回に引き続きドローン艦の人気が非常に高く、全盛期真っ只中のIshtarの他、RattlesnakeGilaVNIVexorなどあらゆるドローン艦が使われ、あるいはBANされた。性能が落ち着いたことと、T1BSで1隻だけポイントが高く設定されたこともあり、Dominixはほとんど使われなくなった。
EWARではMaulusを始めとしたRSD艦が大暴れし、次回から規制されることとなった。

この大会で勝利したCamel Empireは、Fanfest2015で行われたWorlds CollideにTQ代表として出場し、Selenityサーバー代表の“City of Angels”に勝利。TQのアクティブアカウント全てにVictorieux Luxury Yachtが配布された。

成績
1位 Camel Empire
2位 Nulli Secunda
3位 Pandemic Legion
4位 The Tuskers Co.

AT XI(2013/Jul)

Flagship一覧
ルール詳細(EVE-J様による和訳版)
動画集
セントリー艦化当初の最強Dominix12)が君臨。大会初日はそうでもなかったが、あからさまに強かったため2週目以降は高確率でBANされ、されなければ間違いなく3隻投入されるという有様だった。そうでなくてもドローン艦が強く、VNIなどでチームの8割が占められるという光景もザラにあった。

この大会からダブルエリミネーション方式が採用された。

成績
1位 Pandemic Legion
2位 HYDRA RELOADED
3位 Exodus.
4位 The R0NIN

それ以前

おまけ

1) , 5) , 9)
1種だけ同クラス艦とは違うポイントが指定されている艦船
12)
射程/トラッキングボーナスが+10%/Lv、しかもOmnidirectional Tracking Linkがパッシブモジュールかつ射程/トラッキングとも効力が現行のスクリプト使用時並というぶっ壊れ性能だった
alliance-tournament.txt · 最終更新: 2017/08/30 19:19 by bartlett