EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

EVE Online Japan Wiki

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

technic:stacking-penalty

Stacking Penalty

参考文献:UNI Wiki - Stacking penalties

スタッキングペナルティとは、Fitに関して設けられた一種の制限です。
主に性能向上系のMOD及びリグに対して働くもので、「一つの性能数値に対して複数のMODが作用する場合、MODが本来の性能を発揮しなくなる」というものです。

スタッキングペナルティの倍率は、以下の計算式で算出されます。

S(u+1) = e^{-(u / 2.67)^2}

具体的に示すと、

1個目 100.0%
2個目 86.9%
3個目 57.1%
4個目 28.3%
5個目 10.6%
6個目 3.0%

と言った具合に、それぞれのMODの効果に倍率がかかっていきます。
このため、1つの性能に特化させるよりもバランスの取れている船のほうが強力になりやすくなっています。

簡単な例として、Heat Sink II(ダメージ乗数+10%、サイクル時間-10.5%)を3つ装備した場合、それぞれの性能は以下のようになります。

Heat Sink ダメージ乗数 サイクル時間
1つ目 +10%(1.1倍) -10.5%(0.895倍)
2つ目 +8.7%(1.087倍) -9.1%(0.909倍)
3つ目 +5.7%(1.057倍) -6.0%(0.94倍)

仮に4つ目を装備した場合、4つ目は元々の3割弱しか性能を発揮できません。
1つの性能を上げるために使うMODは普通は3個まで、多くても4個がいいところでしょう。

また、上の倍率修正は、その性能に対して効果の大きい順に適用されます。
Armor Explosive Hardener II(Expレジスト+55%)、Energized Explosive Membrane II(同+37.5%)、Explosive Plating II(同+26.4%)をそれぞれ1つずつ装備した場合、実際の性能値は以下のようになります。

MOD 基本性能 修正値 実際の性能
Armor Explosive Hardener II +55% 100.0% +55%
Energized Explosive Membrane II +37.5% 86.9% +32.6%
Explosive Plating II +26.4% 57.1% +15.1%

のようになります。


詳細な仕様

第一に、スタッキングペナルティが働くのは、性能に対してパーセンテージで強化をするものだけです。ワープコアスタビライザーによるワープコア強度増加やアーマープレートによる質量の加算など、元々の性能値に対して倍率を掛けない純粋な加算に関してはスタッキングペナルティの対象になりません。

第二に、スタッキングペナルティは、MOD/リグ本体ではなくその効果に対して発生します。
例えば、オーバードライブ(最高速を向上するMOD)とナノファイバー船体構造(機動性と最高速を少しずつ向上するMOD)を1つずつ装備している場合、ナノファイバー船体構造の最高速向上効果はスタッキングペナルティを受け86.9%の倍率修正がかかりますが、機動性向上効果はスタッキングペナルティを受けず100%効果が発揮されます。
同様の現象は各レジスト値(全属性強化と単体強化)等でも起こります。

第三に、スタッキングペナルティはあくまでMOD/リグに対して働く仕組みなので、カプセラのスキル、Spaceship Commandスキルによるシップボーナス、インプラント及びコンバットブースター(麻薬)特殊天体はスタッキングペナルティの対象になりません。

第四に、1つの性能に対するプラス効果とマイナス効果は別々にスタッキングペナルティが発生します。これはEWAR等による外部からの効果も含みます。
例えば、オーバードライブを1つ装備した船がステイシスウェブを1つ受けている場合、それぞれの効果はどちらも100%発揮されます。この状態からステイシスウェブを追加で1つ受けた場合、追加分のウェブの効果だけが元々の86.9%になります。

また、そもそもスタッキングペナルティが発生しないステータスもあります。
スタッキングペナルティ発生の有無をまとめたものが、以下の表になります。(なお、全部の性能を網羅しきれているわけではありません)

性能値 スタッキングペナルティの有無
PowerGrid1)
CPU2)
カーゴ容量
キャパシタ容量
キャパシタ回復時間
シールド回復時間
シールド/アーマー/船体HP
シールド/アーマー/船体レジスタンス 3)
シールドブースト量/アーマーリペア量ボーナス
センサー強度
ECM強度
スキャンプローブのセンサー強度 4)
スキャン解像度
最大ロックオン距離
シグネチャ半径
最高速度
慣性修正乗数
質量
(火器を除く)サイクル時間 5)
ミサイルランチャーの発射間隔
ミサイルのダメージ
ミサイルの爆発速度
ミサイルの爆発半径
ミサイルの飛行時間
ミサイルの最高速度
タレットの発射間隔
タレットのダメージ乗数
タレットのトラッキング速度
(MOD及びタレットの)最適射程距離
(MOD及びタレットの)精度低下範囲
採掘量(採掘ドローンを含む)
ドローンダメージ
1)
PG消費軽減効果を含む
2)
CPU消費軽減効果を含む
3)
Damage Control(ダメージ制御)及びReactive Armor Hardener(リアクティブアーマーハードナー)は通常のスタッキングペナルティの対象になりません。詳細はレジスタンス計算にて。
4)
MODの説明には書いていないが、Gravity Capacitor Upgrade(重力キャパシタ強化)リグ、Scan Rangefinding Array(スキャン距離測定アレイ)及びSisterとT2のプローブランチャーは全てスタッキングペナルティの対象になる。
5)
Nanobot Accelerator Rig(ナノボットアクセラレーターリグ:アーマーリペアラのサイクル時間短縮リグ)の説明にはスタッキングペナルティの対象になると書いてあるが、これは間違い。
technic/stacking-penalty.txt · 最終更新: 2017/03/16 22:43 by bartlett