EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

structure:encounter-surveillance-system

Encounter Surveillance System

Encounter Surveillance System
Encounter Surveillance System(対戦監視システム)、通称「ESS」は、領有可能なNullsecに標準で設置されているストラクチャです。
ラッティングで稼いだISKが第三者に奪われるリスクを負う代わりに、より多くの収入を得るチャンスをもたらす建造物です。かつてはプレイヤーで設置するストラクチャでした。
PvP志向のプレイヤーにとっては、PvP機会を得られる上に収入になる可能性を生む建造物、という見方もできます。

これが展開されているソーラーシステムでは、NPCを撃沈した時に支払われる懸賞金の約40%がESSに蓄積されます
ESS内部でISKを蓄積する口座は2つ存在します。
ESSに送られるISKの大部分を蓄積するのがMain Bankで、ここに蓄積されるISKは3時間おきに自動で分配されます。分配先は懸賞金を稼いだプレイヤーです。
もう一つはReserved Bankで、蓄積量はMainに比べて少額で、こちらは自動での分配はありません。

ESSアクセス画面
ESSに蓄積されているISKは、第三者が総取りすることができます。
ESSから10km以内に接近すれば、だれでもESSにアクセスすることができます。
Main Bankの中身は、「Link」ボタンを押してから5分間、ESSから10km以内に居続ければ、蓄積されている懸賞金を総取りできます。
Reserved Bankの中身を強奪するには、専用のアイテムが必要になります。また、強奪完了までの時間は蓄積されているISK量に比例します。
なお、総取りの際の支払いはISKではなく、ISKへの換金可能なアイテムとしてです。そのため、ハイセクまで持ち出す必要があります。また、総取りしてプレイヤーに渡るのは総額の7割だけです。3割は失われます。(つまり、自分ひとりだけがラッティングして、強奪を避けるために引き出そうとすると損をする)

ESS周囲の環境は以下のようになっています。

  • ESSはグローバルビーコンで、CL~BSのみ通過可能なアクセラレーションゲートの奥に設置される。
  • ESSを中心に75kmの範囲で以下のルールが適用される
    • ワープ不能1)
    • MWD/MJD/クローク/サイノの起動不可
    • フィラメントの使用不可
    • 建造物の射出不可
  • ESSへ誰かがアクセスし、「Link」ボタンを押した際に、ソーラーシステム全域に通知が送られる

引き出し開始時の通知

1)
バブルが展開されているように見えるが、アクセラレーションゲートからのランディング位置はESSのの直ぐ側で、バブルの中心になる
structure/encounter-surveillance-system.txt · 最終更新: 2020/11/16 04:36 by neplus