EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

pve:incursion:headquarters

Sansha Headquarters

Sansha Headquarters
インカージョンの最高難易度サイト群、Headquarter(通称「HQ」)について解説する。
ここでは、HQ攻略のパブリックフリート、「Warp To Me Incursions」(WTM)及び「The Ditanian Fleet」(TDF)による攻略方法を基本としている。
(この他に有名なパブリックフリートとしては、ロシアンコミュニティの「New Galaxy Age」(NGA)が存在する)

概要

HQは参加人数40人までで最大報酬を得られるため、40人構成での攻略が基本となる。
最大報酬は1サイト31.5M+CONCORD LPで、1サイトあたりの攻略所要時間は最短で約5分、長くても15分程度で、200M前後の時給が期待できる。

WTMもTDFも参加までの流れは同じで、

  1. Discord(WTM/TDF)にてフリート募集開始告知が流れる
  2. 参加希望プレイヤーが専用フォーム(WaitList)(WTM/TDF)で参加申請
  3. フリート構成を考慮した上で先着順で40人選抜される
  4. 残りは予備メンバーとなり、欠員が出るたびに呼び出され、順次フリートに参加していく

という形式でメンバー数を確保しており、長時間の連続した攻略を行っている。

それまでの準備として

  • 推奨Fit(WTM)1)の艦船の準備
  • インゲームチャンネル2)やDiscord内で示されている集合場所への移動
  • ボイスチャット用ソフトウェアのTeamSpeak(TS)の導入
  • その他ガイド(WTM/TDF)で示されている事項の実施と読み込み

が必要となる。

また、日本語プレイヤー特有の問題になるが、初回参加時には攻略に関する各種ガイドの内容を理解しているかどうかの確認がTSで行われるため、質問内容を聞き取り(できなければテキストに起こしてもらうなどして)、(喋れるに越したことはないが)ボイスチャットかテキストチャットで返答できるようにしておかなければ参加を許可してもらえない可能性が高い。
とはいえ、質問内容自体はガイドを読んでさえいればそこまで難しいものではなく、もし不安があれば参加経験のある日本人に補助を依頼すればなんとかなるだろう。

フリート構成・使用艦船とロール

フリート構成と使用艦船
WTM TDF
DPS 15-20名程度 Vindicator Hyperion Tempestなど Vindicator Megathron
Kronos Kronos
Sniper 10-15名程度 Nightmare Machariel Bhaalgornなど Nightmare
Paladin Vargur Golem Paladin
Logi 7-10名程度 Basilisk Scimitar Loki Nestor Guardian Oneiros
Booster 数名(募集なし)3) Claymore Eos Damnation
WTMでマローダーを使用する場合、マニュアルを熟読し、専用フォームで申請した上で、フリート参加に際してWTMのFC要員による観察(backseat)を要請し、2人のFC要員から安全にマローダーを運用できるパイロットとしての承認(sign-off)を受けなければならない。
承認されたパイロットには、TS上でのバッジが付与され、以後自由にマローダーを扱えるようになる。
TDFの場合はNestorの使用にsign-offが必要となる。
マローダーのsign-offは必要ないが、インプラントの指定とスキル要件が存在する。

フリート編成後、以下の役割を担うプレイヤーが募集される。

フリート内ロール
VVV いわゆるDPSアンカー。
TPPH最終層とNRFにおいてDPS艦を先導し、敵の次のポップ位置へ誘導する役割。
FCによってはこれを指定せず各自の操艦に任せることもある。
DDD 通称「ドローンバニー」
味方のライトドローンのアシストを集中して引き受け、フリゲートサイズの小型艦に対処する役割。
ダメージの通りを良くするため、Vindicatorパイロットがこれを引き受ける。
WTMの場合、1人ではアシスト数の制限に引っかかるため、セカンドDDD(DDD2)も募集される。
HHH 通称「ヘビードローンバニー」
味方のヘビードローンを引き受け、クルーザークラスの敵に対処する役割。
WTMの場合HHHは1人だが、TDFの場合は逆にDDDが1人で、HHHは複数募集される。
MTAC TCRCにおいて、ギミック解除のためMTACの投入を行う役割。
トラクタービームが必要で、本隊から少し離れるため射程も必要なことからNightmareやPaladinパイロットがこれを引き受ける。
MJD失敗などの不測事態に備えるために複数指定されることもある。
MS Meat Shieldの略。
TCRCにおいて、先行して単独で進入しプライマリーアグロを引き受ける役割。Boosterの中から指定される。

用語集

Newbro Speech 初めてWTM/TDFの攻略フリートに参加する人に対して行われる諮問のこと。
マニュアルを理解しているか、事前の設定はできているか、ブロードキャストは出せるか、といったことが確認される。
TSを聞いている必要はあるが、必ずしもマイクで喋る必要はない。
Spinning 「(ハードナーなど)回せる物は回せ」の意。
出港直後によく言われる。
Staggering 同タイプのモジュールを、同時ではなく1/4から半サイクル程度ズラして起動すること。リモートリペアラとシールドハードナーで実施する。
リペアラの場合はオーバーリペアを起こしにくくすることを、ハードナーの場合はニュートによる完全停止を遅らせることなどを目的とする。
Gate Status アクセラレーションゲート起動の許可・不許可の指示のこと。
起動してよい場合は「Gate is GREEN」、起動してはいけない場合は「Gate is RED」となる。
TSで「FC, Gate status?」と聞けば、現在のGate statusを教えてもらえる。
Natural Phenomena 「You cannot warp there because natural phenomena are disrupting the warp.」という警告文。
メンバーが後から本隊に合流する際はまずFCにワープするが、アクセラレーションゲート前で再度メンバーワープを試行しこの警告文が出れば、フリートがこのサイトを攻略中であることが確認できる。
これは別のサイトに誤って単独で進入してしまうことを防ぐための手順で、「Gate is GREEN if you got Natural Phenomena.」(Natural Phenomenaが表示されるならゲート進入許可)という使われ方をする。
Leeroy リローイ。Gate StatusがREDで、フリート全員がゲート前で待機しているにもかかわらず、ゲートを起動して中へ進んでしまうこと。
見捨てるわけにもいかないためフリートとして進入していかざるを得なくなる。
元ネタのように統制が乱れて損害が出る原因となる行為であり、これを避けるためにFCの指示はきちんと聞かなければならない。
特にTCRCの初動は「Meat Shieldは進入するが他の船はGate is RED」であり、ゲート起動エフェクトに釣られてLeeroyしてはならない。
Anchoring サイト攻略中の移動・位置取りのこと
Bounce バウンス。今いる攻略前のサイトから、別のサイトへ移動すること。
TPPH攻略中にNRFやTCRCがスポーンした場合、より短時間でクリアできるそれらへバウンスすることが割とよくある。
Contest コンテスト。1つのサイトに複数のフリートが進入すること。
その場合、そのサイト内で与えたダメージの合計が最も多いフリートのみが報酬を得られ、それ以外のフリートは何も得られない。
WTMとTDFではTDFの方がより理想的なフリート構成になっている場合が多く、コンテストになった際の勝率はTDFの方が高い。
TCRC Rule フリート離脱予告の際に添える文言で、「次にTCRCを攻略するなら、TCRCの攻略が終わってから離脱する」という意図を示す。

HQ攻略における基本的な作法

  • サイトへの進入はFCの指示に従う。独断で進入を開始してはならない。
    • メンバー(特にLogi)が不足しているためにサイトへの進入をしばらく待つということはよくある。
    • アライン4)してもよいが、場合によっては船を完全に停止させる指示がされることもある。
  • 途中参加する場合、本隊を追いかけてアクセラレーションゲートを起動する場合は必ずFCにGate Statusを確認する。
    • Gate StatusがREDになるのは、敵の新しいWaveがまもなくポップする場合。
      • ポップ直前にランディングしてしまった場合、本隊がランディング位置から遠く離れているため、もし新Waveのアグロが後から入ってきた1隻に集中してしまったら、Logiの圏外にいるためリペアが間に合わず沈没する、という事態につながる。
    • 新Waveがポップし、本隊の誰かにアグロが集中したことが確認されれば、Gate StatusはGREENになる。
  • DPS艦は数字のタグが割り振られた敵を順に攻撃し、Sniperはアルファベットのタグが割り振られた敵を順に攻撃する。
    • WTMの場合、X,Y,ZはDPSの攻撃対象となっている。また、Jのタグは攻撃してはならない対象に割り振られる。
    • Xのタグは優先して攻撃すべき目標に使われたり、攻撃してはいけない目標に使われたりする。
  • なるべく、敵の攻撃を受け始めてからではなく、敵からイエローボックスを受けた段階でリペア要請のブロードキャストを行う。
    • WTMの場合、Outuniからのイエロー/レッドボックスを受けた場合はキャパシタ要請のブロードキャストも行う。
    • WTMの場合、敵からの攻撃が止みレッドボックスからイエローボックスに変わった場合、「In position at(現在地)」のブロードキャストを出す。
  • マローダーを使用する場合は、Bastionの使用は慎重に行う。また、味方のリペア要請にも注視する。
    • 味方が沈んだり敵Waveが全滅したりしない限り、敵のアグロの移行は基本的に約1分間隔で起こる。そのため、自分以外へのアグロが確認できた場合そこから1分間は安全ということであり、Bastionを2サイクル回しても安全と判断できる。
      • もちろん、30秒以内にWaveが全滅しそうならば、Bastionを起動してはならない。
    • Bastion起動中でもアグロをもらった場合はまずリペア要請を出し、Bastion終了後再度リペア要請を出す。
      • Bastion終了まで後何秒残っているか、Bastionが今終了したなどをボイスチャットで通報しても良い。
    • TCRCでは一部の敵だけがアグロしてくるということも起こるので注意が必要。
    • FCからBastionの使用許可/不許可の指示がされることもあるので聞き逃してはならない。
      • サイトのクリアが近い場合、速やかに次のサイトに向かうため、Bastionの使用は不許可になる。
  • 途中でフリートから抜ける際には、その旨をフリートチャットで宣言する。
    • 基本的にサイトクリア前(TPPHのタワーバッシュ中など)に宣言しておき、次のサイト攻略開始前に欠員補充ができるようにする。
    • 「-1 Kronos」といった感じで十分。フリートやFCへの謝辞も忘れずに。
      • 「-1 Vindi/DDD」「-1 NM5)/mtac」などのように、もしフリート内ロールを引き受けていたならその旨も添える。

WTMとTDFの違い

Warp To Me The Ditanian Fleet
フリート構成 シールドフリート アーマーフリート
使用可能艦船 そこそこ多い 比較的少ない
スキルチェック なし あり6)
インプラント Ascendancy推奨 Amulet推奨7)
練度 スキルチェックがあるためかTDFの方が高め
活動時間帯 どちらもほぼ全タイムゾーンをカバー
その他 WTMのみ、サイトによってはMWD/MJDの換装が必要となる場合がある

WTMのFC要員がTDFに参加していることなども普通にあり、掛け持ちも珍しくない。


サイト情報

Nation Rebirth Facility

攻略詳細ページ
通称「NRF」。日本語名は「サンシャクローン製造施設」。
最もシンプルなサイト。建造物を攻撃する必要はなく、サイト内のサンシャ艦を殲滅することでクリアとなる。
初期配置以外の全ての増援が2箇所に分かれてポップするため、片方を近接DPS、他方をSniperが攻撃する形で攻略していくことになる。

True Creations Research Center

攻略詳細ページ
通称「TCRC」。日本語名は「トゥルークリエーション研究センター」。
最も早く攻略できるが、最も危険が大きいサイト。
早く攻略できる理由は、クリア条件が初期配置の建造物「Sansha Battletower」を破壊することであり、艦船を殲滅する必要がないため。
ただし初期配置の敵が多く、これらの攻撃を凌ぎながら建造物を破壊しなければならない。

True Power Provisional Headquarters

攻略詳細ページ
通称「TPPH」。更に略して「PP」などとも。日本語名は「トゥルーパワー仮本部」。
内部にアクセラレーションゲートが2つある、3層構造のサイト。
最終ルームの3波目の敵艦を殲滅することで出現する建造物「True Power Mobile Headquarters」8)を破壊することでクリアとなる。

ゲート移動があるため攻略に時間はかかるが、これといった難所もなく、一番安定して攻略できるサイトとなっている。

The Kundalini Manifest

いわゆるMotherShip(MS)サイト。侵略度が0%まで低下すると出現する。
攻略推奨人数が倍の80人であることと、何よりこのサイトを攻略してしまうとそのコンステレーションでのインカージョンが終了してしまってそれ以上稼げなくなるため、基本的にこれを攻略することはない。

仮に攻略する機会があった場合、流れとしては以下の通り。

  1. Lirsautton Parichaya(Fighter Bomber)をまず全力で殲滅する。DPSはそこまで高くないもののボレーダメージが極めて大きく、集中攻撃を受けてしまうと沈没の危険性がかなり高い。
  2. Arnon Epithalamus(ECM), Outuni Mesen(Heavy Neut)を排除する。
  3. The Kundalini Manifest(MotherShip)を攻撃する。なおこれはRemote ECM Burstを持っているため、定期的に全てのロックオンが強制的に解除されてしまうことは頭に置いておく。

ローセクの場合、サイト名は「Uroborus」であるが、内容は一緒。


Enemy:Headquarters

  • Outuni Mesen ワープ妨害:強度1キャパシタ中和:3000GJ/24secWeb:60%減速
    サイズ:BSクラス
    基本的に優先して沈めるべき敵艦。
    Neutが極めて強力で、数発喰らえばBSでもキャパシタがすっからかんになってしまう。
    シールドフリートではハードナーが止まってしまうことは沈没に直結するので、脅威評価は最も高い。
  • Niarja Myelen ECM:強度6キャパシタ中和:450GJ/10sec
    サイズ:FGクラス
    ECMとDeltole以上の強度のNeutを持っているため、フリートに深刻な問題を引き起こす可能性がある。
    DDDがプライマリターゲットとして処理する。
  • Arnon Epithalamus ECM:強度12
    サイズ:CLクラス
    Niarja以上のECM強度を持つため脅威評価だけは高い。
    NRFとTCRCでは出現せず、TPPHでは最終層最終ウェーブで出現する。攻略方針としてOutuniより先に対処することになっており、そのためこれ自体が問題となることはまずない。
  • Auga Hypophysis ワープ妨害:強度2Web:60%減速
    サイズ:CLクラス
    DPSは高いがEHPが低いため、TPPH第一層ではOutuniより先に対処する(プライマリがAuga-Auga-Outuniの順)。これはAugaのほうが足が速く、先にこちらの有効射程内に入ってくるため。OutuniのNeutレンジに入ってしまう前にAugaは処理できる。
  • Mara Paleo リモートリペア:700HP/5sec *3Target
    サイズ:CLクラス
    基本的にポップ位置が遠いうえに近づいてこず、厄介な能力持ちでもあるため、Sniperのプライマリターゲットとなる。
  • Intaki Colliculus リモートリペア:380HP/5sec *3Target
    サイズ:BSクラス
    BSサイズのRR艦。火力も出せるが火力自体は低く、代わりにHPが高め。
  • Deltole Tegmentum ワープ妨害:強度1キャパシタ中和:360GJ/12secターゲットペインター:37.5%
    サイズ:BSクラス
    Neut強度はさほど高くないが、高い火力とTPも持っている。
    TCRCではこれが初期配置で7隻出現し、これらの集中砲火を受けることは特にLogi艦にとっては危機的状況になりかねない。
    その他のサイトではあまり問題にならない。
  • Romi Thalamus
    サイズ:CLクラス
    Augaほどではないがそこそこ火力があり、Augaほどペラペラでもない。
  • Antem Neo
    サイズ:CLクラス
    これといった特徴のないCL。固さもそこそこ。出現位置が遠いのでSniperが対処する。
  • Yulai Crus Cerebi
    サイズ:BSクラス
    BSであるということ以外はAntemと同じ。こちらもSniperが対処する。
  • Ostingele Tectum
    サイズ:BSクラス
    これも特徴のないBSだが、これはDPSが対処する。
  • Vylade Dien
    サイズ:CLクラス
    元々はWarfare Linkにより周囲のSansha艦のシールドレジストを増加させる機能を持っていたが、コマンドバーストへの仕様変更が適用されなかったため、現在はただただ固いだけのCLになっている。
  • Uitra Telen
    サイズ:CLクラス
    何か外部エフェクトを発しているらしいが、詳しいことはよくわからない。
  • Schmaeel Medulla ワープ妨害:強度1Web:60%減速
    Tama Cerebellum ワープ妨害:強度1
    Renyn Meten Web:60%減速
    Eystur Rhomben
    サイズ:FGクラス
    これらはDDDが対処する。特にTamaは火力が高いので、大量に群がってくると危ない。

諸元

参照:UNIWIKI:Sansha's Manual

NPC 通常速度:MWD速度 旋回距離 DPS EHP
Antem Neo 205m/s : 1,350m/s 60km 168DPS タレット攻撃 88k
Arnon Epithalamus ECM:強度12 210m/s : 1,300m/s 50km 164DPS ミサイル攻撃 65k
Auga Hypophysis ワープ妨害:強度2Web:60%減速 170m/s : 1,100m/s 6km 480DPS タレット攻撃 52k
Deltole Tegmentum ワープ妨害:強度1キャパシタ中和:360GJ/12secターゲットペインター:37.5% 118m/s : 850m/s 12km 818DPS ミサイル攻撃 179k
Eystur Rhomben 560m/s : 3,360m/s 11km 120DPS タレット攻撃 9k
Intaki Colliculus リモートリペア:380HP/5sec *3Target 140m/s : 980m/s 50km 282DPS ミサイル攻撃 316k
Mara Paleo リモートリペア:700HP/5sec *3Target 310m/s : 2,050m/s 60km (攻撃兵装なし) 30k
Niarja Myelen ECM:強度6キャパシタ中和:450GJ/10sec 405m/s : 2,760m/s 15km (攻撃兵装なし) 4k
Ostingele Tectum 118m/s : 850m/s 40km 528DPS タレット攻撃 290k
Outuni Mesen ワープ妨害:強度1キャパシタ中和:3000GJ/24secWeb:60%減速 110m/s : 790m/s 18km 352DPS タレット攻撃 215k
Renyn Meten Web:60%減速 410m/s : 2,550m/s 9km 192DPS タレット攻撃 9k
Romi Thalamus 205m/s : 1,520m/s 18km 320DPS タレット攻撃 106k
Schmaeel Medulla ワープ妨害:強度1Web:60%減速 640m/s : 4,000m/s 12km 50DPS タレット攻撃 9k
Tama Cerebellum ワープ妨害:強度1 355m/s : 2,100m/s 12km 300DPS ミサイル攻撃 8k
Uitra Telen 260m/s : 1,500m/s 30km 132DPS タレット攻撃 132k
Vylade Dien 170m/s : MWDなし 60km (攻撃兵装なし)9) 275k
Yulai Crus Cerebi 118m/s : 800m/s 60km 397DPS タレット攻撃 118k
1)
TDFの推奨Fitはゲーム内のメーリングリストで配布されている
2)
「Warp To Me Incursions」「TDF-Official」
3)
FCが用意している
4)
ゲートの向いている方向へ手動で船を動かし、即座にゲートを起動できる状態にすること
5)
Nightmareの略
6)
最低要件自体はそこまで高くない
7)
Bastionマローダー使用のためには必須
8)
初期配置で同名のオブジェクトが存在するが、これは破壊不能
9)
以前はWarfare Linkにより周囲のSansha艦のシールドレジストを20%増加させる効果を持っていたが、コマンドバーストへの置き換えに際してこちらは更新されず、現在は何の機能も持っていない
pve/incursion/headquarters.txt · 最終更新: 2022/01/11 18:49 by Osat Bartlett