EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

backstory:the-seyllin-incident

セイリン事変

翻訳:Walter Islands

Copyright © CCP 1997-2017
原文はCCPに著作権があります


気象衛星の故障による交通障害発生
AD2009年3月10日10時19分 Svarthol

セイリン0843発-太陽監視サービスが中断したため、セイリン星系において交通の乱れが生じている。
衛星ネットワーク「カサンドラ」は現地時間0840からオフラインになっており、当星系への進入路は一時的に通行止め。

セイリン1に置かれている観測施設の研究員は通信機能の故障が原因だとしている。
監視サービスはまもなく復旧するものと思われる。

WEATHER SATELLITE GLITCH CAUSES TRAVEL DISRUPTION
2009-03-10 10:19 By Svarthol

SEYLLIN 0843 - A disruption in solar weather monitoring services has forced travel delays in the Seyllin system. The satellite network known as “Cassandra” is reported to have dropped offline shortly after 0840 local time, temporarily locking out traffic attempting to enter the system.

Researchers at the base monitoring facility on Seyllin I are attributing the incident to a communications glitch, and expect service to be restored shortly.


速報:セイリン星系との通信途絶
AD2009年3月10日10時23分 Svarthol

ルミネール0901発-連邦管理局はセイリン1と全く連絡が取れなくなっていることを明らかにした。
通信復旧の試みは継続中だが、ガレンテ海軍による即応部隊の派遣と、CONCORDがガレンテ海軍に全面的な協力を申し出たことをスコープは確認した。

更なる情報が入り次第、第二報を配信する。

BREAKING NEWS: ALL CONTACT LOST WITH SEYLLIN
2009-03-10 10:23 By Svarthol

LUMINAIRE 0901 - Federal Administration has reported that all contact with the planet Seyllin I has been lost. Attempts to restore communications are ongoing, but SCOPE has learned that the Federation Navy has diverted a task force towards the area, and that CONCORD has offered “the full scope and breadth of its capabilities” in assisting them.

This is a breaking news story. More information will be posted as it becomes available.


報告:セイリン星系の液体ルータ
AD2009年3月10日10時23分 Svarthol

ルミネール0909発-当惑星をよく知る技術者の話から、セイリン1とガレンテ連邦の間のLTE通信網は、不毛な鉱業地区から地下数キロの位置に埋設されていることが分かった。
磁気浮上鉄道によって接続された4つの地下都市にはセイリン1の人口の大部分が集中しており、彼らの大部分が採掘作業に従事している。
セイリン1は極端に高温になる日中の表面温度を防ぐため、地表へ通じる出入口は少なく、宇宙港へのアクセスや軌道エレベータの運行も乏しい。
いくつかの掘削現場は地表から100キロ以上の深さに達しているため、消費電力の大部分は地熱発電か核融合発電に頼っている。

スルド群における純鉱石採掘量の4分の1を占め、国内の重金属産出の大部分を担っているセイリン星系は、ガレンテ連邦にとって大きな経済的価値を有する重要な地域である。
今のところ、今回の通信障害が「カサンドラ」の停止と関連しているかどうかは分かっていない。

REPORT: SEYLLIN FLUID ROUTERS LOCATED KILOMETERS BENEATH SURFACE
2009-03-10 10:23 By Svarthol

LUMINAIRE 0909 - The FTL communications link between Seyllin I and the Federation is located several kilometers beneath the surface of the barren mining world, stated engineers familiar with the planet. Four main subterranean cities linked by underground magrails hold the bulk of the planet's population, whose residents mostly support mining operations. Access points to the surface are limited due to extreme daytime surface temperatures, but robust thermal shielding methods allow for spaceport access and limited space elevator operations. Most of the power generation for the planet is conducted through geothermal or aneutronic fusion means, as some excavation sites have reached depths of more than 100 kilometers below the surface.

The economic value of Seyllin to the Federation is significant, accounting for a quarter of all raw ore production in the Thoulde Constellation, and making up a significant fraction of the Federation's supply of key heavy metals. It is unknown if the communications outage is associated with the earlier reported loss of the planet's Cassandra weather monitoring system.


ガレンテ海軍が国境地帯に集結;カルダリ海軍も反応
AD2009年3月10日10時23分 Svarthol

カルウ0912発-フォーリタン大統領は「トリップワイヤ」計画の発動を承認した。
トリップワイヤ計画はガレンテ連邦とカルダリ連合を隔てる国境線に沿って、防衛艦隊を可及的速やかに展開する戦争準備の一環である。
この行動は突然に奇妙な形で連絡を絶ったセイリン1に影響されており、連邦当局は「予防的措置」と呼んでいるが、大艦隊が互いに接近して行動するなど無謀で危険な行為以外の何物でもないというのが大方の見方だ。

軍事評論家は、セイリン1の通信途絶が攻撃の結果だという可能性を否定できないと述べた。
液体ルータは軌道爆撃や特殊部隊による破壊工作の優先目標だ。

カルダリ海軍も国境線へ艦隊を展開しているが、純粋に防御的な姿勢を見せている。
この状況に対処するため、連合指導者タイバス・ヘスが数時間以内に何らかの声明を発表する可能性が高い。

FEDERATION NAVY RUSHES SHIPS TO BORDER ZONE; CALDARI NAVY RESPONDS IN KIND
2009-03-10 10:23 By Svarthol

CARROU 0912 - President Foiritan has authorized the immediate mobilization of “Tripwire” defenses along the constellation border separating the Gallente Federation and the Caldari State, escalating tensions between the two warring nations. The act follows the sudden and mysterious loss of contact with the planet Seyllin I. Although the measure is being called “precautionary” by Federation officials, many view the act as reckless given the dangers inherent to such large war fleets operating in proximity to each other.

Analysts have stated that the lack of communication with Seyllin I means an attack on the planet cannot be ruled out, as fluid router hubs are typically the first targets of any orbital bombardment or commando-style operation.

The Caldari Navy has responded in kind, mobilizing its forces along its border in what appears to be a purely defensive posture. State Executor Tibus Heth is expected to issue a statement to address these developments within the hour.


ヘス「連合はセイリン星系で軍事行動を起こしていない」
AD2009年3月10日10時24分 Svarthol

ニューカルダリ0920発-カルダリ連合の指導者タイバス・ヘスは、国境地帯の緊張状態を緩和するため、フォーリタン大統領へ向けたメッセージを発信した。
ヘスはセイリン星系の非常事態についてカルダリ連合は何ら責任を負うものではないが、挑発行為が行われれば自衛のための行動を起こすと述べた。全文は次の通り。

「カルダリ連合は、自国の利益を擁護する目的でさえ、軍を動かそうとしたことはありません。しかしながら、現状は例外を正当化するもののように思われます。
連合はセイリン星系どころか、スルド群において一切軍事行動をとっていません。
国境地帯におけるフォーリタン大統領の攻撃的な姿勢は残念に思いますが、この行動はセイリン1に関する情報不足が原因でしょうから、やむを得ないことだと理解できます。
とはいえ、連合は常に警戒態勢をとっています。軍に動員命令を発し、連合の国土を防衛する準備を整えるよう命じました。
挑発されない限りカルダリ軍は戦闘を始めません。同時に、セイリン1問題を解決するための支援と、問題再発を防ぐための技術的手段の提供を申し出ます。
我々にできることはこの程度ですが、こういった形でルミネールとの信頼を築ければと思います。連合はセイリン1、そして連邦市民に対して一切敵意を抱いていないのです。
今日のような試練が迅速かつ平和裏に解決されるよう願います。以上です」

HETH: NO MILITARY OPERATIONS IN THE VICINITY OF SEYLLIN
2009-03-10 10:24 By Svarthol

NEW CALDARI 0920 - Caldari State Executor Tibus Heth has issued a message directed at President Foiritan, intended to diffuse escalating tensions along the border zone. In the address, he states that they are not responsible for instigating the crisis in Seyllin, but will defend themselves if provoked. The full statement is as follows:

“The Caldari State does not ever discuss the deployment of forces necessary to defend our interests. However, I feel that the current situation warrants an exception to the rule. As of now there are no military operations in the vicinity of the Seyllin System, or in fact the entire constellation of Thoulde. Although we regret the aggressive posturing by President Foiritan in the border zone, I believe that his actions stem from a lack of information regarding the fate of the planet Seyllin I, and are therefore tolerable-for now. “However, we are always vigilant. I have therefore ordered our armed forces to mobilize and prepare to defend the sovereign territory of Caldari State. They will not attack unless provoked. At the same time, I offer our assistance to the Gallente Federation in determining not only the cause of the communications disruption in Seyllin, but in providing the technical means of ensuring it does not happen again. Such is the least we can do, considering the bond we share in Luminaire. We mean no ill will towards these or other citizens of the Federation, and wish a speedy and safe resolution can be found in these trying times. Thank you.”


速報:セイリン星系との通信復旧、緊急チャンネルは救難要請が氾濫
AD2009年3月10日10時24分 Svarthol

セイリン0936発-復旧した液体ルータはセイリン1の主要四都市からの遭難信号で溢れかえっている。
通信機能は外部からの脅威に備えて自主停止し、自動的に再起動した模様。
緊急チャンネルは惑星そのものからの脱出を求める救難要請で圧倒されているが、原因や被害規模については未だ公式なコメントが出されていない。
CONCORDとガレンテ海軍がセイリン1へ向けて緊急出動したことは確認されている。

更なる情報が入り次第、第二報を配信する。

BREAKING NEWS: SEYLLIN COMMUNICATIONS RESTORED, EMERGENCY CHANNELS FLOODED WITH PLANETARY DISTRESS CALLS
2009-03-10 10:24 By Svarthol

SEYLLIN 0936 - Fluid router traffic restored with Seyllin I has opened to a flood of distress signals originating from all four primary cities of the Federation planet. It is believed that the communications system was restarted autonomously following a self-imposed shutdown to protect itself from an external threat. Emergency channels have since been overwhelmed with distress calls, many with specific requests for an evacuation from the planet itself. There is no official word on the cause of this calamity or the extent of damage incurred. CONCORD and Federation vessels are reported to be scrambling towards the planet at this time.

This is a breaking news story. More information will be provided when available.


最初の救難要請「誰か助けてくれ」
AD2009年3月10日10時25分 Svarthol

セイリン0940発-ガレンテ連邦の緊急サービスが受信した最初のメッセージは、セイリン1の昼側、ロードコア近郊から発信された。
これまでに受信した救難要請は数千に及ぶが、1つは貨物積み込み用の地下格納庫から発信されている。
格納庫は爆発で崩落し、大勢の労働者が瓦礫の下に閉じ込められている状況である。

予備的な被害報告によると、被災者の大多数が致死的な放射線に曝されており、死因は重度熱傷と放射能中毒がほとんどだ。
惑星昼側の大部分は依然として沈黙したままであり、大半の救難要請はロードコアと、惑星夜側のサザンクロスから発せられているとスコープが報じている。

ある軍事評論家はセイリン1が攻撃を受けた可能性に言及し、被害報告は大規模核攻撃がもたらす結果に酷似していると分析した。

FIRST SEYLLIN DISTRESS CALL: 'SOMEBODY PLEASE HELP US'
2009-03-10 10:25 By Svarthol

SEYLLIN 0940 - The first message received by Federation emergency services originated from the daytime side of Seyllin I near the city of Loadcore. The desperate plea-one of thousands received already-originated from a freight loading hangar just below the surface, where a group of workers are reportedly trapped beneath rubble brought down by an explosion.

Preliminary injury reports suggest that the victims were exposed to a lethal radiation blast, as an overwhelming number of cases consist of acute burns and radiation poisoning. SCOPE News has learned that a communications blackout remains over the day side of the planet, and that all transmissions originating from the cities of Loadcore and Southern Cross have been routed underground to the night side.

Analysts cannot rule out the possibility that this was an attack of some sort, as injury reports are consistent with the aftereffects of a massive nuclear strike.


セイリン1の救難信号が核攻撃を警告
AD2009年3月10日10時25分 Svarthol

セイリン0944発-先ほど、軍当局はセイリン1が核攻撃を受けた可能性について報告を受けた。
唯一地上に設置されていた警備システムの遅延放出緊急信号から、核攻撃の警告を受けたのである。
特に核爆発に耐えるよう設計された緊急プローブは辛うじて軌道上へと逃れ、レーダーから消えるまで、周辺の情報収集施設へ向けた警告を送信していた。

軍は様々な疑問点が残っていることを挙げて、攻撃が実際に行われたと断定することは控えた。
ガレンテ海軍の緊急サービス管理官エレッテ・ドゥケは、
「まずは冷静さを保つようお願いしたいと思います。複数の可能性を考慮しつつ調査を進めているので、間もなく皆さんに十分な報告を行えるはずです」
核攻撃だと判断するには情報量が十分ではないとも彼女は付け加えた。
「警告は自律的な早期警戒システムの一部です。確かに核攻撃に対して反応するよう設計されていますが、自然現象がプロープ発射を誘発した可能性もあります」

SEYLLIN I DISTRESS CALL WARNS OF NUCLEAR ATTACK
2009-03-10 10:25 By Svarthol

SEYLLIN 0944 - In what looks like an alarming confirmation of earlier suspicions, military authorities just moments ago received a warning of a potential nuclear attack underway in Seyllin. The warning came as a delayed-release emergency signal from the only ground-level security installation on the planet. Specifically designed to withstand the effects of a nuclear blast, the emergency probe escaped into orbit just barely, transmitting its message to regional listening posts before disappearing off radar.

Military officials have refused to confirm the attack, stating that various questions remain. “We firstly ask that people remain calm during this time. We are seeking answers through multiple lines of investigation and will be able to more fully report on the situation in a very short amount of time,” said the Federation Navy's Emergency Services Manager, Elette Decaix. She added that the distress call alone was not conclusive enough to confirm a nuclear attack. “The distress call was part of an autonomous early-warning system. The system appears to have activated as designed, but there are any number of other environmental events that may have triggered the probe launch.”


報告:サッカー商隊がグレートワイルドランドで行方不明に
AD2009年3月10日10時26分 Svarthol

SL-YBS,0952発-スコープはサッカー部族の商隊がグレートワイルドランドで行方不明になっていることを確認した。
サッカー部族は共和国サンマター(指導者)のマレアツ・シャコールと協議し、商隊が最後に確認されたのはSL-YBS星系だと特定した。
通常、数百隻の艦船で構成されているサッカー商隊は、彼ら特有の遊動文化で知られている。
商隊は多くの民間人を含んでいるが、大抵は良く武装されており、十分な自衛能力を持ち、寄港するためにステーションを探すことは稀である。

REPORT: THUKKER CARAVAN REPORTED MISSING IN GREAT WILDLANDS
2009-03-10 10:26 By Svarthol

SYSTEM SL-YBS 0952 - SCOPE News has learned that a Thukker caravan has been reported missing in the Great Wildlands region. The elusive tribe consulted with the Republic's Sanmatar Maleatu Shakor a short time ago, stating in confidence that the caravan's last checkpoint was a transit waypoint through the SL-YBS system.

Known for their nomadic culture, Thukker caravans typically consist of hundreds of vessels. Though home to large numbers of civilian tribesmen, they are generally well-armed and entirely self-sufficient, rarely if ever seeking port in stations.


アウアスレアト星系でパニック
AD2009年3月10日10時26分 Svarthol

アウアスレアト1002発-アウアスレアト3軌道ステーションの商業港における騒動を受けて、治安部隊と医療初期対応隊が出動した。
目撃者によると、セイリン星系の通信障害を報じるニュースがパニックの発端だった。ターミナルにいた乗客が星系外へ脱出しようと停泊中の船舶へ殺到、混乱の中で相当数が負傷した。
現在は治安部隊が船舶を確保しているが、乗客はターミナルへ戻ることを拒否していると輸送業者が伝えている。

PANIC IN OURSULAERT
2009-03-10 10:26 By Svarthol

OURSULAERT 1002 - Security forces and medical first responders aboard the Federation Navy Testing Facilities in orbit around Oursulaert III have responded to reports of a deadly stampede in the commercial docking bays.

Eyewitness reports indicate that the panic was sparked by the news of communications failures in the Seyllin system. Passengers waiting in the commercial transportation terminal attempted to storm a waiting vessel in order to secure passage out of the system. A report from the transportation provider indicates that the vessel is currently locked down and secure, a significant number of passengers have been injured during the stampede, and the mob is currently refusing to peacefully disperse back into the terminal.


研究者「セイリンの大惨事は異常な太陽活動が原因」
AD2009年3月10日10時26分 Svarthol

ブーリンズ1003発-ケイル大学で研究者の緊急会議が開催され、今もなお続くセイリン1の大惨事は、太陽が発した「太陽放射線パルス」が原因だと結論づけられた。
被害は核攻撃を含む軍事的な攻撃によるものを凌駕する規模であり、
「これほど広範かつ深刻な破壊を短時間でもたらす兵器は、ニューエデンのいかなる国家も所有していない」と研究者は語っている。

より不吉なことに、少なくとも数百万年は猶予があるはずだが、セイリン星系のO型恒星が超新星爆発を起こす可能性を否定できないという意見も出ている。
紫外線エネルギーの大規模爆発や、x線・γ線のような高エネルギー粒子を浴びたセイリン1の状況は、超新星爆発の予兆と一致している。
地下深くに潜るか惑星夜側にいれば熱から逃れることは可能だが、放射線は星系全体に影響を与えるだろう。
この規模の放射線パルスを直に浴びた施設では、生存者の存在は望み薄である。

SCIENTISTS: SOLAR RADIOLOGICAL PULSE EVENT TO BLAME FOR SEYLLIN CATASTROPHE
2009-03-10 10:26 By Svarthol

BOURYNES 1003 - An emergency conference of scientists arranged by University of Caille has concluded that a “solar radiological pulse” originating from the blue sun of the Seyllin system is to blame for the ongoing catastrophe on its innermost planet. They ruled out the possibility of a military attack - including a potential nuclear strike - based on the size and scale of the devastation, stating that “no arsenal in the possession of any nation-state in the cluster is capable of delivering such widespread and deep devastation in such a short period of time.”

More ominously, the conference reported that the possibility of a supernova still cannot be ruled out, despite the fact that the local Seyllin sun (a powerful O-class star) was not expected to do so for at least another million years. The symptoms of Seyllin I appear consistent with a post-main sequence event, as the planet has been doused in massive bursts of ultraviolet energy and high-energy particles such as x- and gamma rays. Those deep beneath the surface or on the night-side of the planet might be spared the brunt of any thermal effect, but radiological damage would be felt across the entire world.

The scientists warned that for any installation or outpost on the surface of the side directly facing a radiological pulse of that magnitude, the probability of survival is zero.


OREが測量調査隊の遭難を確認
AD2009年3月10日10時27分 Svarthol

3HQC-6,1007発-アウターリング発掘会社(ORE)は3HQC-6-1で活動していたディープコア測量調査隊が遭難したことを確認した。
OREは救助を試みたが、調査隊から惑星に接近しないよう警告を受け、捜索活動を中止した。遭難時に地下にいた調査隊が通信を復旧させ、短い警告を送った模様。

4C-B7XのORE本社で勤務する従業員が、匿名を条件に調査隊の最後の通信内容を明かしてくれた。
彼らは「数分以内に自分達が全滅する」と考え、「核兵器か放射線パルス兵器」が地表で爆発したと推測した。
ほぼ同時刻に酷似した現象がセイリン星系でも発生しており、調査隊の最期はセイリン星系の犠牲者を連想させる不気味なものである。
OREは惑星が「放射能で輝いていて」、惑星昼側の地表温度は「通常時の数倍に達している」とコメントしている。

ORE本社はガレンテ連邦と連絡をとり、ブーリンズの学会と情報を共有していると述べた。

ORE CONFIRMS SURVEY EXPEDITION TEAM IS LOST
2009-03-10 10:27 By Svarthol

SYSTEM 3HQC-6 1007 - Outer Ring Excavations (ORE) has confirmed that the deep core survey expedition operating on the planet 3HQC-6 I has been lost. The mining corporation suspended rescue efforts after being warned by the team not to approach the planet. The deep core surveyors, who were below the surface when contact was first lost, reestablished a temporary link before going offline for good.

An anonymous ORE employee with the corporate HQ in 4C-B7X stated that the last transmission sent by the team predicted “they would all be dead within minutes” and that they believed a “possible nuclear strike or other radiological pulse weapon” had detonated above their location. The team's final moments are being described as eerily reminiscent of the fate suffered by victims in Seyllin, who reported a nearly identical event at almost the same time. ORE reported that the planet is “shimmering with radioactivity” and that the daytime surface temperature of the world is “several times hotter than usual.”

ORE officials stated that they are in contact with the Gallente Federation and are sharing information with the scientist consortium in Bourynes.


ガレンテ海軍、CONCORDの艦隊がセイリン1に到着
AD2009年3月10日10時27分 Svarthol

セイリン1008発-CONCORDは「かつてない規模の自然災害が発生した」ことを確認、まもなくフォーリタン大統領との共同記者会見を行うと発表した。
被災地には数百隻の主力艦…現在も増加中…が到着し、史上最大規模の救出活動が始まろうとしている。
ガレンテ海軍の広報官は、主力艦が負傷者を避難させるための降下艇を、輸送艦が物資や軌道上救護施設を輸送中だと述べた。
応急処置を受けた負傷者は「ありとあらゆる手段」を使ってガレンテ連邦全域の集中治療室へと搬送されることになる。

FEDERATION NAVY, CONCORD WARSHIPS ARRIVE AT SEYLLIN I
2009-03-10 10:27 By Svarthol

SEYLLIN 1008 - CONCORD has confirmed that “a natural disaster of unprecedented scale and consequence has occurred” and that a joint press conference with President Foiritan will be announced shortly. Dreadnoughts, carriers, and freighters have arrived by the hundreds at the stricken planet – with even more en route – to begin one of the largest mass rescue efforts in modern history.

A Navy spokesman stated that capital ships are ferrying dropship squadrons to be used in surface runs to evacuate the wounded, whereas freighters will provide fuel, supplies, and orbital triage centers. Stabilized patients will be transported from freighters to intensive care units throughout the Federation using “any and every means possible.”


特別報告:CONCORD、ガレンテ連邦による共同記者会見
AD2009年3月10日10時28分 Svarthol

ルミネール1014発-先ほど、CONCORDのキバス・オダカ局長(映像)とソウロ・フォーリタン大統領が共同記者会見を行った。会見冒頭のフォーリタン大統領による演説全文は次の通り。

「CONCORD職員諸君、そしてニューエデン市民の皆さん、まずは貴重な時間を割いていただけることに感謝します。
EST8時41分、セイリン1の気象観測施設が衛星ネットワーク「カサンドラ」のサービス停止を報告しました。
EST8時49分、主要地下都市であるサザンクロス、メタルシティ、ヴァリモール、ロードコアの液体ルータが予防的に自主停止。
EST8時59分、サザンクロスとの通信が復旧。放射線パルスによって惑星全体の通信システムが無力化されていたことを確認。
加えて、電力系統も惑星全域にわたって無力化されました。地下20メートル未満で稼働していた電気設備は、パルスの熱と放射エネルギーによって損傷ないし破壊されました」

「このパルスの発生源はセイリン星系の太陽であって、他国から攻撃を受けたわけではありません。
このような太陽活動を招いた原因は定かではありませんが、特異的な現象だと思われます。現時点では更なる爆発的現象が発生する可能性は僅かです。
が、基幹設備が深刻な損傷を負っている点、広範囲が高濃度放射線で汚染されている点を鑑み、セイリン1から市民を避難させるよう大統領命令を発しました。
医療支援が必要な人々にそれを提供するため。捜索救助要員を被害の深刻な地域へ派遣するため。状況を評価する時間と、基幹設備を復旧するための行動計画を技術者に提供するため。以上が発令の理由です」

「私はアンテソン・ランチェル大提督を救出活動の監督者に任命しました。彼の能力には絶対の信頼をおいております。
軍司令部はセイリン1の危機管理担当者と連携して、秩序だった安全な避難活動を実施するための情報を提督へ提供しています。
被災者は財産を持たず、サザンクロスかヴァリモールの宇宙港へ向かうよう勧告中です。CONCORDの支援のおかげで、まもなく軍降下艇による移送も始まります。
主要都市間を結ぶ磁気浮上鉄道はほとんどの区間が予備電源で稼働中です。宇宙港への移動手段として利用するよう、被災者に呼びかけています」

「皆さん、この災害による死傷者数は理解の範疇を超えていると言っても過言ではありません。私達は試されています。正解のない状況に遭遇し、残酷な選択を迫られるかもしれません。
そのような時はあなた自身の安全を確保した上で、救える人々の為に行動し、愛する人々の為にできることをしてください。ご静聴ありがとうございました」

SPECIAL REPORT: CONCORD-FEDERATION JOINT NEWS CONFERENCE TRANSCRIPT ISSUED
2009-03-10 10:28 By Svarthol

LUMINAIRE 1014 - A joint press conference has been concluded just moments ago with President Souro Foiritan (present) and CONCORD Chief of Staff Kivas Odaka (virtual). The following is a transcript of the opening remarks by Federation President Souro Foiritan:

“Ladies and gentlemen, members of CONCORD, fellow citizens listening throughout New Eden, thank you for your attention. At 08:41 EVE Standard, a weather monitoring outpost on Seyllin I reported a service outage of its Cassandra satellite system. At 08:49 EST, fluid router communications at the primary underground cities of Southern Cross, Metal City, Valimor, and Loadcore were suspended following a self-imposed preventive shutdown. At 08:59 EST, contact with Southern Cross was reestablished, at which point it was confirmed that a radiological pulse event had disabled the communications systems of the entire planet. In addition, global electrical grids have been incapacitated, and the combined thermal and radioactive energy of the pulse has damaged or destroyed any equipment operating above a surface depth of 20 meters.

“The source of this pulse was the local sun. It was not an attack by any sovereign nation. The cause of this solar activity is not known, but appears to be a singular event. We do not anticipate any subsequent bursts at this time. However, given the extent of damage to vital structures and the high levels of radiation saturating the planet, I have issued an executive order to evacuate citizens from the planet. This is to provide medical assistance for those in need, to deliver search and rescue crews to critical sites, and to provide engineers with time to assess the situation and recommend an action plan for restoring vital services.

“I have appointed Grand Admiral Anteson Ranchel to oversee this operation, and I have absolute confidence in his abilities. Federation authorities reporting to him are coordinating with planetside emergency management personnel to provide an orderly and safe evacuation. Citizens are advised to leave physical possessions behind and head towards the nearest spaceports in the cities of Southern Cross and Valimor. With the assistance of CONCORD, Federation dropships will be available for transport at all times. Most of the primary intercity magrail lines linking these locations with Loadcore and Metal City are still operating on backup power. Citizens are advised to use these lines to reach Southern Cross and Valimor.

“Ladies and gentlemen, the toll in human life and injury from this tragedy will be too great to comprehend. Everything that we know about ourselves will be tested. Some of you will have to make some cruel choices, as you will encounter circumstances for which there are no right answers. I ask you to make way for those who can be saved, and to put your best foot forward for the safety and well-being of your fellow man. Thank you.”


ガレンテ市場の鉱業株、セイリン事変を受けて暴落
AD2009年3月10日10時29分 Svarthol

ルミネール1022発-セイリン1が危機的状況に突入しつつあることを受けて、ガレンテ鉱業界の株価は劇的に下落している。
未だ災害の詳細は不明だが、市場の混乱は拡大すると予想される。

ガーロン投資銀行は現況に関する臨時報を発行した。
「セイリン星系はガレンテの工業にとって重要な星系であり、ある種の危機が進行中なのは明らかです。
現時点では状況の深刻さを推定することはできませんが、動揺が他業界にまで広がるのではないかと危惧しています」

GALLENTE MINING STOCKS TUMBLE AS SEYLLIN CRISIS UNFOLDS
2009-03-10 10:29 By Svarthol

LUMINAIRE 1022 - Share prices in the Gallente mining sector have tumbled dramatically as the situation on the planet Seyllin I is developing into a full-blown crisis. Although virtually no details of the incident are available yet, the market turbulence is expected to increase.

A news bulletin just released by the Garoun Investment Bank says: “Seyllin is a very important system for the Gallente industry. It is clear that some sort of crisis situation is rapidly developing there. Although we cannot yet estimate its severity, we expect the volatility to spread across other market sectors in the Federation”.


軌道上救護施設の設置完了、救出活動が進行中
AD2009年3月10日10時29分 Svarthol

セイリン発-輸送艦が病院船へと転用され、セイリン1夜側の軌道上で負傷者を受け入れている。
異常現象それ自体ではなく、建造物の崩壊などの二次災害で熱傷や外傷を負った人々がほとんどだ。
フォーリタン大統領の言葉通り、負傷者を脱出させた降下艇は給油が終わると即座に地上へ引き返している。

セイリン1は大気を持たないため、限られた場所でしか被災者を回収できず、救出活動は難航している。
技術者の報告によると、サザンクロスとヴァリモールには37の宇宙港があり、それぞれに垂直離着陸用の乗降施設を20基ずつ備えている。
今回のような状況を想定して各施設には保護シールドを必要としない加圧式搭乗口が用意されているが、最大の降下艇でも500名を収容するのが限界だ。

サザンクロスは8000万、ヴァリモールは1億1000万の人口を有している。

ORBITAL TRIAGE CENTERS ESTABLISHED, RESCUE OPERATIONS UNDERWAY
2009-03-10 10:29 By Svarthol

SEYLLIN - Freighters converted into medical wards have established orbits over the night side of Seyllin I and are accepting injured survivors. The overwhelming number of cases are severe burns and trauma caused by secondary splash-effect damage from local structures after the original event. As promised by President Foiritan, dropships have been returning full loads of people onto these floating hospitals nonstop, pausing only to take on fuel and returning immediately to the surface.

The lack of atmosphere limits the number of landing sites to recover passengers, thus restricting the rate of retrieval. Engineers have reported that there are a total of 37 spaceports between the cities of Southern Cross and Valimor, each with up to 20 hex-pads to accommodate vertical landings. Each pad is equipped with pressurized boarding gantries in case the spaceport's protective shield dome is retracted, which seems likely to be the case in this situation. In stripped configurations, the largest dropships can accommodate up to 500 passengers.

Southern Cross and Valimor have populations of 80 million and 110 million, respectively.


報告:サーペンティスとOREがセイリン星系を支援
AD2009年3月10日10時38分 Svarthol

セイリン1035発-1時間前、ガレンテ海軍に足止めされていた非武装のサーペンティス船団がセイリン星系への進入を許可された。
長年にわたって連邦と衝突してきた海賊勢力だが、今回は医療機器と被災者救出のための人員を運んでいる。
更に、船団はOREが開発した特殊な掘削機も運びこんでおり、「降下艇の新たな着陸地点造成や、救助を妨げる障害物の除去」に利用できるとサーペンティスの広報官は語っている。
セイリン1の異常かつ悲惨な状況を考慮し、フォーリタン大統領はサーペンティス社に対して謝辞を述べながらも、
「このような行動は高潔だが、犯罪組織としての悪行の償いにはならない」と警告した。
これに対し、サーペンティス社CEOサルバドール・サーパティは「思うところがあるのはお互い様だが、セイリンに閉じこめられている生存者を助け出すまでは一時休戦といこう」と返した。

また、サーペンティス艦を利用するのがセイリン星系へ向かうための最速手段だったこと、アウターリングでの調査隊の遭難に影響されていること等を示唆する声がORE関係者から聞かれた。

REPORT: SERPENTIS AND ORE SEND ASSISTANCE TO SEYLLIN
2009-03-10 10:38 By Svarthol

SEYLLIN 1035 – After a brief confrontation with Federation Navy warships, unarmed Serpentis vessels were in the last hour allowed to pass through to Seyllin I. The pirate faction, a longtime rival of the Federation, has delivered medical equipment and personnel to help assist victims rescued from the planet. In addition, they have brought specialized excavation equipment provided by ORE which can be used to “create new access points for dropships or clear major obstacles to rescue operations,” according to a company spokesperson.

<p>As a sure sign of the extraordinary and dire situation on Seyllin I, President Foiritan thanked the cartel but warned that “such actions, though noble, do not exonerate the criminal organization from past misdeeds.” Serpentis CEO Salvador Sarpati remarked that “the sentiment is mutual, and in the interest of saving those trapped beneath the surface of Seyllin, our differences have been temporarily set aside.”

Separately, ORE stated that using Serpentis to dispatch the equipment was the fastest way to get it to Seyllin, and that the loss of their survey team in Outer Ring makes their own participation in the Seyllin rescue effort “deeply personal to them.”


セイリン星系にて降下艇の衝突事故発生
AD2009年3月10日10時41分 Svarthol

セイリン1040発-生存者を救出していた2隻のガレンテ軍降下艇が離陸時に衝突、およそ4000名が犠牲となった。
どちらの降下艇も定員を200名以上オーバーした状態で飛行していたと報告されている。
現在は海兵隊が搭乗口周辺で非常線を敷き、被災者の流れを管理しようと努めている。

DROPSHIP COLLISION ON SEYLLIN
2009-03-10 10:41 By Svarthol

SEYLINN 1040 - Two Federation Navy dropships carrying survivors from Seyllin have collided on take-off, with the resulting wreckage killing an estimated 4000 people. The dropships were both reported to be carrying well over the two hundred permitted personnel for such vessels.

Armed Marines have placed a cordon around the loading bays in an attempt to limit the amount of refugees being allowed to board.


カルダリ市民が避難所入り
AD2009年3月10日10時43分 Svarthol

ペリメーター1042発-厳戒態勢の艦隊が展開している国境地帯で混乱が発生している。
多くのカルダリ植民地において、市民が主要都市および居留地の郊外に設置された緊急避難所へと殺到中だ。

避難所には少数の兵員と災害救助担当者のみが詰めており、今まで市民の間で大きなパニックは起きてはいなかった。
しかし多数の市民が押し寄せたことで、群衆の整理にあたっていた駐留部隊や検問所が状況を処理しきれなくなっていった。

避難活動は恐慌状態にこそ陥っていないものの、既に圧死等による犠牲者が数件報告されている。
学会は異常な太陽活動が原因だと分析し、セイリン星系が軍事攻撃の標的となった可能性を否定しているが、避難所を目指す市民からは不信の声が聞かれた。
避難所へ向かう市民の1人は不安の声を漏らした。

「どうなるかなんて誰にも分からないじゃないですか。ガレンテは、彼らがそう望むなら、科学的云々なんて無視して攻撃の理由に使えるでしょう。私は家族を守らなくてはならないのです」

CALDARI CITIZENS TAKE TO SHELTERS
2009-03-10 10:43 By Svarthol

PERIMETER 1042 - Numerous Caldari colonies along the Federation border, now teeming with war fleets on high alert, are reported to be flocking to the emergency shelters on the outskirts of the major cities and settlements.

Early reports from these shelters, manned mostly by minimal military and disaster relief personnel, indicate little panic among the civilians so far. However, the sheer number of people flooding the shelter entry points has overwhelmed the staff who have called on local military positions for assistance in crowd control.

Despite the calm nature of the exodus, several deaths have already been reported, attributed to trampling. Recent scientific theories of a Solar Radiological Event notwithstanding, decreasing the likelihood that Seyllin was the target of military attacks, many heading for the shelters commented on their lack of trust.

“This could still break into fresh hostilities,” remarked one of the refuge seekers heading for the shelters. “The Gallente could ignore this all they wish and use to as an excuse to attack us anyway. I have to get my family to safety.”


救助を求める声でセイリン1が混沌の坩堝と化す
AD2009年3月10日10時52分 Svarthol

セイリン1052発-降下艇の支援を受けられず、地下都市に閉じこめられている被災者が必死の救難要請を発している。
3個星系以内の軍用艦と民間通信網が受信している救難要請は数十万件に登り、惑星上から状況を伝える通信も混在している。

全ての通信に存在している酷い共通事項は「酷暑」だ。
数百万以上の人々が恐怖の中に取り残されていて、彼らができることといえば、誰かが聞いていること、もしかしたら誰かが助けてくれることを祈りながら嘆願し続けることだけなのだ。

セイリン1のホログラフィック通信網は、サザンクロスのある講堂に接続されていた。
地方都市の行政官が秩序ある避難活動を行うためにこの講堂を利用したが、絶望的な被災者達が放送機器を見つけ、既に講堂に入っていた数千人が我先にと駆け寄ってきた。
混乱の中で放送は切断されてしまったものの、その乱れた短い映像には、放射線熱傷や放射能中毒で苦しめられ、恐怖にあえぐセイリンの人々がはっきりと映し出されていた。

CHAOS ERUPTS IN SEYLLIN'S CITIES AS CITIZENS PLEA FOR HELP
2009-03-10 10:52 By Svarthol

SEYLLIN 1052 - Unable to receive assistance from Federation dropships, citizens trapped in the underground cities of Seyllin have taken to transmitting their pleas for help in any way they can. Military vessels and civilians alike are now receiving distress calls numbering in the hundreds of thousands from as far as three systems away. Others stuck on the planet are simply capturing and transmitting the surrounding chaos.

One terrible theme has been present throughout each recounting of the events that lead to this disaster: intense heat. As millions more remain desperate to leave the horror, all they can do is plead and hope to whoever will listen, and what few who can help.

One of Seyllin's own holovid networks was rerouted to an auditorium in Southern Cross, where local city administrators tried to use it to organize an orderly evacuation. The broadcast quickly attracted the attention of desperate residents however, and the feed was eventually cut off amidst the chaos of thousands more rushing the already-packed arena. Although badly distorted, pictures captured during the brief transmissions showed firsthand the horror visited upon the people of Seyllin, who were clearly suffering from radiation burns and poisoning.


フォーリタン大統領から生存者へ「我々があなた方の元へ行くことはできない。あなた方から我々の方へ来てほしい」
AD2009年3月10日10時57分 Svarthol

ルミネール発-セイリン1における救出活動について、スコープはフォーリタン大統領からメタルシティおよびロードコアの被災者へ向けたメッセージを確認した。
それは「今いる場所で救助を待とうとしないでください。磁気浮上鉄道を利用し、安全に救出地点まで移動してください」というものだ。
両市は太陽からの放射線パルスを浴びた昼側都市であり、降下艇が接近できない。

限られた着陸地点という制約を課されているが、ガレンテ海軍関係者曰く「救助活動は計画通りに進んでいる」。これまでに25万人が避難を完了したと推計されている。

ガレンテ連邦国勢調査局はセイリン1の総人口を約5億人と推計している。

FOIRITAN TO SURVIVORS: 'WE CAN'T COME TO YOU; YOU HAVE TO COME TO US' 2009-03-10 10:57 By Svarthol LUMINAIRE – SCOPE News has obtained link feeds of the rescue operation on Seyllin I, in which President Foiritan implores the people of Metal City and Loadcore to “not wait where you are to be rescued” and to “use the magrail system to move yourself to safety.” Both cities were on the day side of the planet when the solar radiological pulse struck, and neither is approachable by dropship.

According to Federation Navy officials, the rescue effort is “going as well as can be expected” given the constraint of having limited landing sites. An estimated quarter-million people have been evacuated thus far.

Federation census officials have stated that the total population of Seyllin I is estimated to be over half a billion people.


アマー人団体が声明を発表
AD2009年3月10日11時12分 Svarthol

ヘディオン発-アマーの原理主義団体が、セイリン星系の壊滅的な太陽活動を「神の浄化の炎」とする声明を発表した。
原理主義者達の怒りと狂信に満ちた声明は、「神の義の集会場」によって数分前に送信されたものだ。

「セイリンで起きた出来事は、以前から聖典が予言していたことだ。神の意志を否定する者、異端を支持する者は彼によって裁かれる。
セイリンの太陽が発した怒りは神の浄化の炎であり、異端的国家に対する正義の復讐である。もはや結論は明らか、正統の道が示されたのだ!」

AMARRIAN MOVEMENT RELEASES STATEMENT
2009-03-10 11:12 By Svarthol

HEDION - Calling it “God's cleansing fire,” a vocal Amarr fundamentalist group has released a statement in the wake of reports of the catastrophic solar event in Seyllin. The statement, released by the God's Righteousness Conclave, was transmitted minutes ago, drawing a mixture of support and ire from populations.

“The event in Seyllin has long been foretold by the scriptures. Those who deny God's will and those who support heresy are subject to His judgment. The fury and the wrath of the Seyllin star is God's cleansing fire, brought down on the heretic nation with a righteous vengeance. Consequences have been made clear, and the path of safety is clear!”


レニン救済機関が緊急援助を発表
AD2009年3月10日11時13分 Svarthol

レニン発-影響力あるガレンテ系慈善団体のレニン救済機関は、セイリン1のために緊急援助を行うと発表した。
レニン機関は利用可能な船舶と物資をセイリン星系へ派遣し、緊急募金活動を開始している。

レニン機関の広報官コリン・ラガルドによるコメントは次の通り。
「恐ろしい出来事が私達の心を悲しみで満たしています。レニン機関は助けを必要とする人々のために、全ての利用可能な船舶と、医薬品の最後の一滴まで被災地へ投入しました。
全職員が高度かつ最大限に訓練された能力をもって援助活動に従事します。責任ある連邦市民の皆さんも、この機会に応え、社会に貢献していただくよう求めます」

レニン機関の輸送艦第一陣は1時間以内に到着するものと思われる。

RENYN RELIEF ANNOUNCES EMERGENCY AID RESPONSE
2009-03-10 11:13 By Svarthol

RENYN - Renyn Relief, an influential Gallente charity, has announced an emergency aid response for the disaster-stricken planet of Seyllin I. The charity has dispatched all its available vessels and supplies to the system, and is currently conducting an emergency fund raising effort.

Kolin Lagarde, a spokesperson for Renyn Relief, said: “These horrible events fill our hearts with grief. Renyn Relief, committed to the assistance of those in need, has allocated every available vessel and every last drop of medicine to the Seyllin system. Every member of Renyn Relief is putting their maximal, highly trained effort into this response. We call upon other responsible citizens of the Federation to respond and contribute.”

The first Renyn Relief freighter is expected to reach Seyllin in the next hour.


速報:セイリン星系の太陽を調査していたCONCORDのプローブが消滅;記者がDEDに拘束される
AD2009年3月10日11時18分 Svarthol

ユーライ発-スコープは、CONCORDによるセイリン星系の太陽の調査が行き詰まっているという報告を確認中だ。
O型恒星に向けて展開されていた調査プローブは行方不明になっており、既に破壊されたようである。
この件を報じた記者は、取材内容をスコープ報道部へ送信した後、正式な手続きを踏まずにDEDにより拘束された。
CONCORD当局はプローブについての質問に答えることを拒否しており、記者の拘束については肯定も否定もしていない。

BREAKING NEWS: CONCORD PROBES ATTEMPTING TO REACH SEYLLIN SUN VANISH; REPORTERS DETAINED BY DED
2009-03-10 11:18 By Svarthol

YULAI – SCOPE News is attempting to verify reports that efforts by CONCORD scientists to investigate the radiological event possibly generated by the Seyllin sun have reached an impasse, as research probes deployed towards the Class-O star have vanished and were allegedly destroyed. The reporter who broke this story was detained by DED officials after delivering this information to the SCOPE News Bureau desk and is being held without formal charges. CONCORD officials refuse to answer questions about the incident, and will not confirm nor deny that the reporter is in their custody.


報告:シンジケートのインタキ人所有ステーションが放射線パルスを受ける
AD2009年3月10日11時18分 Svarthol

35-RK9発-35-RK9星系のインタキ・シンジケート所有ステーションが強力な放射線パルスを受けた。これで本日3件目の同種の出来事が確認されたことになる。
ステーションは太陽から16AUの距離でパルスを受け、その時刻は他の主だった異常現象と同時刻だ。
死傷者は報告されていないが、シンジケートの広報官リン・ドーベイルはステーションの電力系統が一時的に停止するほどパルスが強力だったと述べた。
シールドもほとんど完全に削りとられたが、なんとか持ちこたえたという。広報官はステーションの人間が助かったのは太陽との距離に負うところが大きいだろうとも付け加えた。

REPORT: INTAKI STATION IN SYNDICATE STRUCK BY MAJOR RADIOLOGICAL PULSE
2009-03-10 11:18 By Svarthol

SYSTEM 35-RK9 – The Intaki Syndicate Bureau station in the 35-RK9 system has been struck by a powerful radiological pulse—the third confirmed event of its kind today. Impacting at 16 AU's from its sun, the timing of the blast coincides with other reported main-sequence anomalies. There are no reported casualties, but Syndicate spokesman Rhin Dovaille stated that the pulse was powerful enough to temporarily knock out electrical grids. Shielding systems were also brought down nearly to zero but held. He added that their distance from the local sun was what likely spared their lives.


ガレンテ連邦において反カルダリ運動が激化
AD2009年3月10日11時27分 Svarthol

ケイル発-学会はセイリン1の大災害が自然現象によって引き起こされたと示しているが、多くのガレンテ連邦市民はカルダリ連合の仕業だと考えているようだ。
自発的な反カルダリ運動が連邦中で発生しており、現時点では警官隊との衝突は報告されていないものの、いつ本格的な暴動に転じてもおかしくない状況である。

数千人のデモ隊はプラカードを掲げながらケイル市議会ビルへ集結した。
市当局は群衆を落ち着かせるためにデモ隊と接触しているが、依然として興奮状態が続いている。
デモ隊の1人、社会福祉士ジェナ・リオーズはスコープ記者に対して次のように語った。
「我々はカルダリ人がどれだけ邪悪になれるのかを嫌というほど見てきた。この件の黒幕なのは間違いない。ケダモノどもとの平和なんてありえない!」

ケイルの警官隊は数時間前から警戒レベルを引き上げているが、群衆とは衝突していない。ガレンテ連邦当局もルミネール等に存在するカルダリ連合の外交施設の警備を強化している。

ANTI-CALDARI DEMONSTRATIONS FLARE UP ACROSS THE FEDERATION
2009-03-10 11:27 By Svarthol

CAILLE - Although the recent reports indicate that the Seyllin I catastrophe was triggered by natural causes, lots of Gallente citizens seem to put the blame on the Caldari State. Spontaneous anti-Caldari demonstrations are breaking out across the Federation planets, and although no clashes with the police were reported yet, many fear that the situation may escalate to full-blown rioting.

Thousands of protesters, waving signs and shouting 'Murderers!', have gathered at the municipal council building in Caille. The city officials have approached the protesters, trying to calm the crowd down, but the tensions still remain high. One of the protesters, a social worker Jenna Riousse, has told The Scope: 'We have seen before just how devious can the Caldari be – I am sure that they are behind this now. There can be no peace with these animals!'

The riot police in Caille were put on heightened alert several hours ago; no clashes with the civilians were reported so far. Gallente authorities have also tightened the security around the Caldari State diplomatic facilities in Luminaire and other Federation planets.


アマー海軍哨戒部隊との連絡途絶
AD2009年3月10日11時30分 Svarthol

コウルモネン発-軍関係者は、アマー海軍主力艦隊に随行していた偵察・哨戒部隊が連絡を絶ったと明らかにした。

艦隊は最近ブリークランド-ヘイマターの国境地帯で活動しており、哨戒部隊がコウルモネン星系の外周部で行方不明になったのは確かだ。
隊の所在は不明だが、スコープは現地で救難信号を受信したと報じている。艦隊司令官はコメントを拒否しながらも、麾下の艦隊を最高度の厳戒態勢におき、暗号通信を命じている。

CONTACT LOST WITH AMARR NAVY PATROL
2009-03-10 11:30 By Svarthol

KOURMONEN – An Amarr Navy scout patrol attached to the main battle fleet has gone silent, according to military personnel.

Recently mobilized near the Bleak Lands-Heimatar border, the battle fleet lost contact with the patrol somewhere outside of the Kourmonen system. The patrol leader is unknown, although the Scope is reporting a distress comm picked up in the region. The Amarr fleet commander has refused to comment on the situation, instead preparing his fleet for maximum alert. The fleet has also been ordered to scramble all local comms frequencies.


フォーリタン大統領が国境地帯のガレンテ海軍を撤退させる
AD2009年3月10日11時50分 Svarthol

ルミネール発-フォーリタン大統領は国境地帯のガレンテ海軍に対して即時撤退を命じた。
艦隊は今朝早く、セイリン星系との連絡途絶直後、カルダリ海軍の侵入に備えて展開していた。

救出活動が進行しているセイリン星系の状況を確認し、フォーリタン大統領は両国間の緊張を緩和させるために撤退を選択した模様。

カルダリ連合の指導者ヘスは、カルダリ海軍も同様に撤退するかどうかについてコメントしていない。

PRESIDENT FOIRITAN RECALLS FEDERATION SHIPS ON CALDARI BORDER
2009-03-10 11:50 By Svarthol

LUMINAIRE - President Foiritan has issued an immediate recall of Federation ships along the Caldari border. The vessels were mobilized early this morning, shortly after reports of lost contact in the Seyllin system, and intended as a protective measure against a possible Caldari incursion.

With the situation in Seyllin assessed and rescue operations underway, Foiritan has ordered the ships away from the border as a means to diffuse the day's tensions.

State Executor Heth did not comment if the Caldari Navy would mirror the relaxation of force.


行方不明のアマー海軍哨戒部隊が発見される
AD2009年3月10日11時53分 Svarthol

コウルモネン発-行方不明になっていたアマー海軍の偵察・哨戒部隊が、コウルモネン星系近郊で発見された。
通信が再確立したことで哨戒部隊の復帰が可能となり、現時点では特に目立った被害もなく、通信にも明瞭に応答している。
艦隊は哨戒部隊と合流するまで暗号通信を続けるよう指示を受けた。

アマー艦隊が厳戒態勢に突入した直後、ミンマター海軍もオーガ星系へ艦隊を展開し、哨戒部隊への関与を否定しつつ国土防衛の意図を強調した防御的姿勢をとっていた。
現在、アマー海軍は公式なコメントを出していない。艦隊は厳戒態勢と暗号通信を維持したままコウルモネン星系に留まっている。

MISSING AMARR PATROL FOUND
2009-03-10 11:53 By Svarthol

KOURMONEN - The missing Amarr Navy scout patrol has been recovered near the Kourmonen system. After re-establishing communication, the patrol was able to return to their position with the fleet. At this moment, the patrol has sustained no discernible losses, and has issued several benign comms in local channels. The fleet was instructed to use only scrambled communications until the patrol was found.

In the moments following the Amarr Navy alert, the Republic Fleet deployed ships in the Auga system and declared a defensive stance, denying any involvement in the missing Amarr patrol while emphasizing their intent to defend their space.

No official response has been issued from the Amarr Navy. The Navy remains at maximum alert in Kourmonen, and all communications are now scrambled.


磁気浮上鉄道が故障、数千人が幽閉状態に
AD2009年3月10日12時4分 Svarthol

セイリン発-状況は更に悪化している。
セイリン1のロードコアとサザンクロスを接続していた磁気浮上鉄道が故障し、数千人の被災者が地下に閉じこめられた。

惑星からの避難活動はサザンクロスおよびヴァリモールの宇宙港を通じて行われており、ロードコア、メタルシティの2都市は昼側にあるため降下艇が接近できないでいる。
そのため、フォーリタン大統領が昼側都市からの脱出が不可能なことを伝えた後、多数の被災者が鉄道駅へ殺到していた。

だが、数時間もしない内に主要な磁気浮上鉄道の誤作動が報告され、乗客は身動きできない状態になってしまった。

デュボーレ研究所の上級技術者ジューノ・ウォリッドは復旧の可能性についてコメントした。
「磁気浮上鉄道はこのような状況下での運用を想定されていない。損傷具合によるが、運行を再開するには何時間もかかるだろう」

故障箇所へは緊急通路を通って行くしかないため、避難活動の大きな妨げとなる可能性がある。

THOUSANDS TRAPPED AS SEYLLIN MAGRAIL LINK FAILS
2009-03-10 12:04 By Svarthol

SEYLLIN - In yet another disastrous turn of events, the magrail link between the cities of Loadcore and Southern Cross on Seyllin I has failed, trapping thousands of refugees underground.

Planetary evacuation is currently being conducted through the spaceports in Southern Cross and Valimor, as the other two major cities, Loadcore and Metal City, are located on the day side of the planet and are inaccessible by dropship. Thousands of refugees in Loadcore and Southern Cross had rushed to the magrail stations, after President Foiritan had confirmed that the cities on the day side of Seyllin will not be evacuated.

However, shortly thereafter a malfunction was reported on the major magrail link between Loadcore and Southern Cross, trapping a number of overcrowded trains underground.

“The system just wasn't designed to handle the load of such magnitude,” said Jouno Wallid, senior engineer at Duvolle Laboratories. “Depending on the severity, it could take hours to get the magrail system up and running again.”

Although the failed link is accessible via emergency tunnels, the malfunction is likely to severely hamper the already strained evacuation efforts.


ミンマター共和国はサッカー商隊を捜索中;セイリン事変への満足な対応は不可能
AD2009年3月10日12時19分 Svarthol

パター発-サンマター・マレアツ・シャコールは、グレートワイルドランドで消息を絶ったサッカー商隊をミンマター共和国とサッカー部族が共同で捜索中だと発表した。
サンマター・シャコールは苦しい国内事情を明らかにし、セイリンへの支援が乏しいものになるとも述べている。
「我々は全ての船をグレートワイルドランドにおける捜索と救助に割り当てねばならない。
だが、ほとんどの船は移民船団、交易任務、そして国境防衛で手一杯だ。医者や日用品も国内の移民が必要としている。
残念ながら、商隊を見つけるまではセイリンへの援助は最小限のものにせざるをえない。」

「兄弟たるサッカーを助けることが現在の最優先事項なのだ」

MINMATAR SEARCH FOR THUKKER CARAVAN; UNABLE TO RESPOND SIGNIFICANTLY TO SEYLLIN DISASTER
2009-03-10 12:19 By Svarthol

PATOR – Sanmatar Maleatu Shakor has disclosed that a Minmatar Republic search effort for the Thukker caravan missing in Great Wildlands is underway in co-operation with the Thukker Tribe. “We have sent all the Fleet search and rescue vessels we have available to the Great Wildlands,” said Sanmatar Shakor. “However, much of the patrol capacity is tied up with immigrant convoys, trade missions and border duties. We also have considerable call on our medical and aid capacity at home with the immigrant population. Regrettably, our ability to respond to the appalling tragedy of Seyllin is minimal while we divert all resources to the Caravan search.”

“The search for our Thukker brothers must be our top priority at this time.” concluded the Sanmatar.


サッカー商隊捜索のためトラストパートナー社が協力
AD2009年3月10日12時20分 Svarthol

M-MD3B発-サッカー商隊が最後に確認されたSL-YBS星系では懸命の捜索が続いている。
トラストパートナー社はグレードワイルドランド内で活動していたミンマター船とサッカー商隊の仲介役を務めていた。
現在は商隊の通過地点を中心に4分割した宙域で、同業者や共和国商船が分担した捜索活動に従事している。

サンマター・マレアツ・シャコールの命を受けて、ミンマター海軍からも数個戦隊が派遣されている。
彼らはあらゆる形でサッカー部族に協力するよう命じられているらしく、更に数個戦隊が捜索を支援するためにグレートワイルドランドへ向かっているようだ。

TRUST PARTNERS CO-ORDINATE SEARCH FOR MISSING THUKKER CARAVAN
2009-03-10 12:20 By Svarthol

SYSTEM M-MD3B – In the frantic search for the Thukker caravan last known in SL-YBS system, the Trust Partners corporation has stepped in to act as the co-ordinating agency among the caravans and any Minmatar Republic craft present in Great Wildlands. A volume of space centered on the missing caravan's last checkpoint is being quartered by ships from many different caravans and numerous Republic trade convoys.

Several squadrons of Republic Fleet ships have been ordered to co-operate with the search in any way possible by Sanmatar Maleatu Shakor. It is believed several more squadrons are making their way to Great Wildlands to offer further assistance.


アマー帝国から支援の申し出
AD2009年3月10日12時28分 Svarthol

アマー発-アリッツィオ・コル・アゾールからガレンテ連邦へ向けて、公式に支援が提案された。

「ジャミル1世陛下は、窮状極まる連邦への支援を準備するよう帝国に命じられた。
両国の間には多くの不和があるが、このような状況では救いの手を差し伸べることが唯一正しい行いである。
自然現象は神の御業であり、我々の信仰と意思が試されていると言えよう。帝国はこの試練を過たない」

アマー海軍は支援活動のためにカドール家直属艦隊を移動させ、フォーリタン大統領からの公式回答があるまで帝国領内で待機させている。

AMARR EMPIRE OFFERS AID
2009-03-10 12:28 By Svarthol

AMARR - An official communiqué from the office of Aritcio Kor-Azor has offered assistance to the Gallente Federation.

“Empress Jamyl I has ordered the Empire to stand by in offering aid to the Federation at this difficult time. Regardless of the differences between our nations, at a time like this it is only right for us to provide assistance. Natural phenomena are the work of God, and we see this as a test of our faith and our intentions. Amarr will not fail this test.”

The Amarr Navy have placed the fleet recently removed from Kador's direct control on thirty minutes' notice to move, with the order to remain inside Amarr sovereign space awaiting an official response from President Foiritan.


地元メディアによるセイリン市民へのインタビュー
AD2009年3月10日12時30分 Svarthol

セイリン発-ニコラス・サングエ(32)は元軍属の警備員、セイリン1昼側、サザンクロスから350kmの地点に常駐していた。
彼は最初に降下艇で脱出できた、数少ない幸運な人間の中の1人である。九死に一生を得た脱出劇と、セイリン1で進行中の救出活動について語ってくれた。

「1時間ほど眠っていたんだ。まず覚えているのは、空気が燃えてるように熱くて目が覚めたことだ。息ができなくて、目の前に手を持ち上げると水ぶくれができていた。
それで心臓発作にやられたわけじゃないと分かった。心臓を悪くしてるもんでね」

「それから覚えているのは、起き上がって、必死に走って、地下室へ駆けこんだこと。
危険物対処用薬品を飲んで、防護服を着て、発煙筒を抱えて…それからどこをどう走ったのか覚えちゃいないが、降下艇の方で俺を見つけてくれた。
どれだけ港で待ったか分からない。港がすっかり崩れ落ちてたことは覚えてる。熱で溶けてる入り口なんかもあったな。
鉱山は何もかも燃えてたが、まぁ無事なようだった。とにかく地上から伝わってくる熱が凄いんだ。隔壁や防護服を通り越して伝わってくるようだった」

「他の人間を探して降下艇はしばらく飛び回ってたと思うよ。そこで気絶しちまって、気がついたらこの船の中さ。
たぶんサザンクロスの方へ向かってたと思うんだが、そこからは覚えてないな。なにはともあれ、助けられるだけ助けたら、さっさと逃げ出したほうがいいと思う」

LOCAL MEDIA INTERVIEWS SEYLLIN CITIZEN
2009-03-10 12:30 By Svarthol

SEYLINN - Nicholas Sangue was a 32 year old ex-military security guard residing on Seyllin about 350km from Southern Cross, towards the daylight side. He was one of the lucky first few to make it aboard a dropship headed off planet. He shared his tale of a narrow escape and the ongoing rescue efforts on Seyllin I.

“I'd been asleep for about an hour. The first thing I remember was being woken by this heat, like the air was on fire. I couldn't breathe, I raised my hands in front of my eyes and saw my skin beginning to blister. That's when I knew it wasn't a heart attack. I knew it was something happening around me.

“I just remember getting up, and running like hell, straight down to my basement. I took some hazmat meds, got suited up, grabbed a flare, and I don't know how, but a dropship managed to find me out there eventually. I don't know how long I waited at the port. It was a wasteland, that's all I remember. Some entrances had just fused shut in the heat. Mine was okay even though everything looked burned. The heat coming off the ground was so strong, even through the portal walls and my own suit.

“We flew for a while looking for others, I think. I passed out, and the next thing I knew I was here on board this freighter. I think we were headed down towards Southern Cross, but I can't remember. I guess we filled up real fast and then got out.”


警官隊がビロア7の暴徒を解散させる
AD2009年3月10日12時50分 Svarthol

ビロア発-ビロア7のカルダリ外交施設周辺で、反カルダリデモ隊と警官隊が衝突した。ガレンテ国内の興奮状態は頂点を迎えつつある。

デモ隊数千人は在外公館を包囲し、反カルダリスローガンを叫びながら出入口を封鎖。
警察の応援部隊が数時間前に到着していたが、デモ参加者による投石を阻止することはできなかった。

暴徒が制御不能になることを恐れた警官隊は催涙ガスと音響手榴弾を使用、実弾を用いず速やかにデモ隊を解散させた。

デモ隊に対処したビロア警察本部長クロナル・ガタルドのコメント。
「今日は関係者全員にとっての凶日です。しかし、カルダリ連合とカルダリ市民が責を負うべき点は一切ありません。
私も悲しいが、これだけは言っておきましょう。我々は治安を乱す行為に対して極めて厳格に対処します」

RIOT ON VILLORE VII DISPERSED BY THE POLICE
2009-03-10 12:50 By Svarthol

Villore – Escalating tensions in the Gallente Federation have led to the first confrontation between the anti-Caldari protesters and the riot police outside the Caldari diplomatic building on Villore VII.

Thousands of protesters have gathered around the diplomatic mission, shouting anti-Caldari slogans and blocking entry to the building. Additional police units had been deployed to the area several hours before, but the law enforcement squads had failed to abate the conflict as several protesters started hurling stones at the building.

Fearing that the mob will get out of control, the police employed tear gas and sonic grenades against the protesters. No shots were fired, and the riot was quickly dispersed.

Kronal Gattard, Villore police commissioner, had addressed the marchers: “Today is a black day for all of us, but there is absolutely no indication that the Caldari State or any of its citizens are to blame. I share your grief, but I have to say this to you: my people and I will deal with any breach of peace with utmost severity.”


ガレンテ連邦証券取引所が取引停止
AD2009年3月10日12時50分 Svarthol

ルミネール発-朝方の乱調を受けて、連邦証券取引所は全ての株式と金融派生商品の取引を停止した。

情報収集に熱心な投資家へもたらされたセイリン星系からの第一報は、鉱業株の暴落を招いた。
詳細が明らかになると、今度は市場全体がこれまでにないような混沌とした相場を経験する番だった。

ガーロン投資銀行の仲買人ロイタ・エクシオは呟いた。
「狂気の沙汰だ。戦争が始まって以来こんな光景は見たことない。まるで理性を失ってしまったようだ。正直に言えば、気持ちが分からんでもないのだが」

今後の予定が発表されていないため、取引停止は明日まで続くものと思われる。

FEDERATION STOCK EXCHANGE HALTS TRADING
2009-03-10 12:50 By Svarthol

LUMINAIRE - After a turbulent morning, Federation Stock Exchange have halted all trading in shares and derivatives until further notice.

The first reports from Seyllin had sent the Gallente mining shares down, as investors attempted to get to grips with the current situation. As details emerged, it became clear the market had experienced one of the most volatile and chaotic trading sessions to date.

“It was insane,” said Loita Exaio, a broker at Garoun Investment Bank. “I have not seen anything like that since the start of the war. People were acting without any semblance of rational behavior, and, frankly speaking, I can understand that.”

Although no timeline was given, trading is not expected to resume until tomorrow.


救助隊「まるで地獄だ」
AD2009年3月10日12時57分 Svarthol

セイリン発-セイリン1における救出活動は、近年では最大の人道主義的行為と言っていいだろう。
ガレンテ連邦、サーペンティス社、CONCORD、ORE、その他の有志艦船による共同部隊。
本来ならあり得ない光景だが、放射線の嵐に襲われた惑星から5億人を助け出すため、彼らは最善を尽くしている。

2時間30分にわたる救出活動から帰還したばかりの、ガレンテ海軍所属インコリ・ナドゥー軍曹から話を聞いた。

「救難要請が届き始めて、我々はサザンクロスの長期滞在向け宇宙港へ派遣されました。
部隊の任務は、特に深刻な状況だと報告されていた、宿泊施設からの避難を支援することでした」

「多くの戦闘を見てきましたが、こんな悪夢のような光景は見たことがありません。地獄ですよ。
しかし、これほど多くの人々が組織を超えて共闘している光景も見たことがないのです。
サーペンティスのMTAC分隊は子供たちを救うために溶けた金属の池を進んでいました。全くの他人を助けようと、皆が火の海に身を投じているんです」

サザンクロスで2時間を過ごした後、重装備にも関わらず、ナドゥー軍曹の部隊は酷い放射線熱傷を負った。
彼らは軌道上へ帰還するよう命じられ、CONCORD戦艦「リダウト」の医療区画に閉じこめられたが、休息は望んでいない。

「放射線対策が終わったら、すぐに戻ります」

RESCUE TEAM MEMBER: 'IT IS HELL DOWN THERE'
2009-03-10 12:57 By Svarthol

SEYLLIN - Evacuation of the suffering population of Seyllin I is likely to be the biggest humanitarian effort in recent years. The assembled host of Federation, Serpentis, CONCORD, ORE and independent vessels - an unlikely sight under normal circumstances - is doing its best to rescue as many as 500 million people from the surface of the radiation blast-stricken planet.

Inkori Nadoux, a Federation Navy sergeant who spent the last two and a half hours on Seyllin I, agreed to speak to The Scope news team.

“We were dispatched to Seyllin as soon as the distress calls started pouring in, and my team got deployed to a residential spaceport in Southern Cross. Our task was to assist the evacuation of a residential quarter that was reportedly hit worse than the others.”

“I've seen my share of fighting, but I have never witnessed such nightmare. It is hell down there. But I have this to say - I have also never witnessed so many different people working together. I have seen a Serpentis MTAC squad wading through pools of molten metal to rescue a bunch of kids; I have seen people throwing themselves into the fire to save complete strangers.”

After two hours in Southern Cross, Sergeant Nadoux's team was pulled back into orbit, suffering severe radiation burns despite heavy protection. They had been confined to the healthcare ward onboard CONCORD battleship Redoubt, but they are not willing to rest.

“After we get our rad treatment, we are going back in.”


ガレンテ連邦緊急サービスが過負荷に備える
AD2009年3月10日13時00分 Svarthol

セイリン発-生存者を乗せた輸送艦がセイリン1を離れ始め、周辺の医療施設は大量の負傷者に備えようとしている。
地域の危機管理室は管轄下施設にトリアージを実施するよう指示しているが、セイリン1で行われている救出活動と、周辺リージョンの医療施設との間の連携は上手くいっていないようだ。

最も厳しい状況におかれているのは、緊急手術を必要とするような致命傷を負った負傷者と、それほど緊急性を要さない生存者が輸送されている場所である。
主要医療施設、スタジアムのような大型公共施設、そして自治体ホール等の周辺に災害避難所が設置されているが、このような場所では混乱が起きやすい。

迅速な治療を必要とする大量の被曝者も、緊急サービスにとって喫緊の課題だ。地域病院からは放射線治療薬と除染施設は被曝者に対応できる規模ではないという報告が上がっている。
負傷者の分別も難しい課題だ。緊急サービス管理官は被曝者を船内に留めたまま治療を施し、それから上陸許可を出して診療を受けさせるという苦肉の策で乗り切ろうとしている。

サーペンティス社が鎮静剤や麻酔薬を含む医薬品の提供を申し出たという未確認情報もあるが、現時点では当局および危機管理室からの確認は取れていない。

GALLENTE EMERGENCY INFRASTRUCTURE PREPARES FOR OVERLOAD
2009-03-10 13:00 By Svarthol

SEYLINN - As the first survivor freighters begin to leave the planet of Seyllin I, Gallente medical facilities near and far are preparing for an overload of the wounded. Local emergency management offices have issued triage instructions for the facilities under their control, however already signs point to unclear co-ordination between the central relief efforts in Seyllin, and the numerous facilities around the region.

The largest struggle has been where to ship those in need of critical and immediate care, and those in need of less intense medical attention. Disaster shelters are being erected around major medical facilities, and nearby large public facilities such as sports stadiums and even local government halls are being prepared to receive the wounded.

One major item of concern for the emergency services is the large number of irradiated people who will require quick treatment if they are to survive. Local hospitals already report their stocks of radiation treatment drugs and scrubbing facilities will be inadequate to handle the large volumes of people requiring treatment. Patient separation is also of concern to the medical services, and plans are being frantically drawn to confine irradiated survivors to ships in space, and bring the treatment to them before allowing them passage to the surface to receive medical attention for other wounds.

Unconfirmed reports also state that the Serpentis organization, usually accustomed to keeping a low media profile, has offered support in the form of various medical supplies, including sedatives and anesthetics. No official confirmation of this approach, nor a reply from the emergency management offices, has been issued at this time.


「彼らはもう死んでいるんだ、本人達も気がついていないだろうが」
AD2009年3月10日13時7分 Svarthol

セイリン発-救出活動に携わる当局者から惑星昼側を絶望視する声が聞かれたことで、セイリン星系では混乱が広がっている。
報告によると、急性放射能中毒らしい生存者がロードコアから到着した際はどう対応すべきかという問い合わせに対して、
救助司令部からは「彼らはもう死んでいるんだ、本人達も気がついていないだろうが」という返答があったという。

'THEY'RE DEAD ALREADY, THEY JUST DON'T KNOW IT YET'
2009-03-10 13:07 By Svarthol

SEYLLIN – Panic has further gripped relief convoys in Seyllin after a Federation disaster relief official was overheard dismissing the chances that there will be any survivors from the day side of Seyllin I. According to reports, a voice on the relief command channel said 'they're dead already, they just don't know it yet,' when asked what to do about a number of survivors from Loadcore who were showing signs of acute radiation poisoning.


ヘスが国境地帯の戦力を削減
AD2009年3月10日13時7分 Svarthol

ニューカルダリ発-フォーリタン大統領が国境地帯からの撤退をガレンテ海軍に命じたことを受けて、連合指導者タイバス・ヘスもカルダリ海軍に後退を命じた。
両国はセイリン事変を発端とした迎撃態勢をとっていたが、放射線パルスが軍事攻撃ではなく太陽活動に由来すると判明し、緊張状態は緩和していた。

両軍とも全面撤退してはいないが、事変以前の状況が戻りつつあるようだ。連合プロテクトレイトの広報官は、セイリン星系の被災者を支援したいというヘスの意向を再度発表している。

HETH REDUCES MILITARY PRESENCE ON FEDERATION BORDER
2009-03-10 13:07 By Svarthol

NEW CALDARI – In response to President Foiritan's order to pull Federation forces off the Border Zone, State Executor Tibus Heth ordered the Caldari Navy to stand down. The two nations were poised for a standoff as the crisis in Seyllin unfolded, but tensions eased following confirmation from scientists that the system’s local sun was responsible for the radiological pulse, and not a military strike.

Though not lowering its readiness entirely, both forces appear to have resumed pre-crisis levels. A spokesman for the State Protectorate has restated Heth’s offer of assistance to the victims of Seyllin.


特別報告:CONCORDがセイリン1へ向かう「巨大な熱源体」を確認
AD2009年3月10日13時14分 Svarthol

ユーライ発-スコープは、CONCORDがセイリン1直撃コースをとる大規模プラズマ流を追跡中だと確認した。
熱源体は太陽方向から接近中であり、関係者によると「驚くべき早さで加速しつつ時速数百万マイルで接近中」。
CONCORDとガレンテ海軍がゼロ・アワーを設定していること、星系で活動中の艦船はゼロ・アワーまでに退避するよう命令を受けていることもスコープは確認済みだ。

編注…当記事を発表したため、私を含む数名の報道関係者がCONCORDとガレンテ当局によって不当に拘束されました。
真実を伝える事こそスコープが誇る長年の伝統であり、我々が信頼を獲得してきた所以でもあります。
世界がニュースを正しく受け止められるかどうか、それは我々が判断することではありませんし、おそらく誰が判断することでもないでしょう。
愛する人がセイリンに囚われている人間は、我々の中にもいます。そして、我々がスコープ創立以来の大原則に従って活動している間にも、被災者の最期の時が近づいているのです。
だからこそ、誰もが来るべき未来を知るべきであり、別れを告げるための貴重な機会を許されるべきだと信じます。

スコープ・ニュース編集長 ラース・キオーメン

SPECIAL REPORT: CONCORD TRACKING A 'LARGE, SUPERHEATED MASS' HEADING TOWARDS SEYLLIN I
2009-03-10 13:14 By Svarthol

YULAI – SCOPE News has learned that CONCORD is tracking an immense wave of superheated plasma currently on a direct collision course with Seyllin I. The mass is approaching from the direction of the sun and, according to the officials who are aware of its existence, “moving at several million miles per hour and accelerating at an alarming rate.” SCOPE has also learned that CONCORD and the Federation Navy have established a “zero hour,” or approximate time for impact, and that ships operating in the system are on standing orders to leave the system well ahead of this time.

Editor's Note: Several reporters were illegally detained by CONCORD and the Federation government while bringing you this story, myself included. SCOPE has a long-standing tradition of doing what is necessary to deliver the truth to our audience; this is precisely the reason why we have earned your trust. It is not our place—nor, do we feel, is it anyone else's — to decide what news is or isn't too much for the world to bear. For we have loved ones trapped on Seyllin as well, and they will likely die while upholding this founding principle of our firm. Thus, we believe that all those who remain should know the truth of what is coming, and be allowed the precious opportunity to say farewell.

Lars Kiormen, Chief Editor, SCOPE News


イシュコネウォッチがガレンテ政府へ援助を提案
AD2009年3月10日13時29分 Svarthol

マルカレン発-イシュコネ社が可能な限りの支援を行うことをフォーリタン大統領に連絡した。イシュコネ社CEOメンス・レッポラは、マルカレン星系のイシュコネ本社で記者に語った。
「これは連邦だけの問題ではない。全世界的な悲劇だ。イシュコネはスルド群に資産を有していないが、エッセンスやシンクレゾンの社有施設には負傷者や避難民を受け入れるよう指示した」

ISHUKONE WATCH OFFERS ASSISTANCE TO FEDERATION GOVERNMENT
2009-03-10 13:29 By Svarthol

MALKALEN – Mens Reppola, Ishukone Watch CEO, spoke to reporters at Ishukone's Malkalen headquarters, telling them that he had spoken to President Foiritan and offered any assistance he could render. “This is not a Federation problem, this is an international tragedy,” said Reppola. “While Ishukone has no assets in the Thoulde constellation itself, our facilities elsewhere in Essence and Sinq Laison have been ordered to accept secondary casualties and refugees in the coming hours and days.”


セイリン1上が騒擾状況、救出活動は中断される
AD2009年3月10日13時31分 Svarthol

セイリン発-大規模プラズマ流に対する非公式な警告を受けて、救出活動が不可能になるほどのパニックが巻き起こっている。
我先に逃げ出そうとする群衆が宇宙港へ押し寄せ、降下艇が引き返さざるをえない事態も発生した。

スコープはサザンクロスおよびヴァリモールに閉じこめられた記者と連絡を維持している。
現地の記者によると、地下都市の住民は生き延びる望みを捨て、残り僅かな時間を静かに過ごしている。
都市の大部分は停電しており、脱出するチャンスが完全に潰えたことで不気味な静けさに包まれたという。

非公式な数字ながら、現時点で避難を終えた人数は84万3000名。CONCORDおよびガレンテ海軍は報道機関への協力を停止中。

SEYLLIN: PANIC GRIPS PLANETSIDE INSTALLATIONS, RESCUE OPERATIONS DISRUPTED
2009-03-10 13:31 By Svarthol

SEYLLIN – Mass panic has all but halted rescue operations following an unofficial warning of a possible world-shattering plasma wave approaching the planet. Several spaceports have been forced to turn away approaching dropships as the boarding gantries have been overrun with panicked residents fighting for space aboard the next transport.

SCOPE News has maintained contact with several reporters trapped in the cities of Southern Cross and Valimor. They have sent word that many residents within the vast underground caverns have made no attempt to leave, peacefully enjoying what could possibly be their final moments alive. Despite the lack of power in many parts of the cities, they report that there is an eerie calm in the deepest levels, forged perhaps from the resignation that there is little chance of escape.

The unofficial rescue count currently stands at 843,000 residents. CONCORD and the Federation Navy have ceased cooperating with news agencies at this time.


CONCORDがスコープ・ニュースを非難
AD2009年3月10日13時33分 Svarthol

ユーライ発-CONCORDは編集長ラース・キオーメンを出頭させ、セイリン星系についての報道が「衝動的かつ扇動的、無責任なものだ」と批判した。
このような厳しい反応を招いたのは、大規模プラズマ流がセイリン1を直撃する可能性と、セイリン1に囚われた記者へ宛てた感情的な別れの挨拶を含んだ記事である。
CONCORDは、記事が「落ち着きと冷静さが最も必要される時に扇情主義を悪用した、衝撃的かつ利己的な試み」だとして、強い言葉でスコープを非難している。

なお、CONCORDはスコープ関係者の違法な拘束と、「セイリン1に対する時間制限やカウントダウンといった想像上の存在」を固く否定している。

CONCORD LASHES OUT AGAINST SCOPE NEWS
2009-03-10 13:33 By Svarthol

YULAI – CONCORD blasted the SCOPE News corporation, calling Chief Editor Lars Kiormen's last report on the crisis in Seyllin “impetuous, inflammatory, and irresponsible.” The harsh reaction follows Mr. Kiormen's report that a potentially world-shattering solar mass was heading towards the planet, plus an emotional farewell to SCOPE reporters trapped on Seyllin I. CONCORD angrily dismissed the report as a “shocking, selfish attempt to exploit sensationalism during a time when composure and calm are needed most.”

CONCORD adamantly denies the unlawful detention of any SCOPE personnel, “or the fictitious existence of any timers or countdowns for Seyllin.”


研究者は高熱源体の分析に忙殺される
AD2009年3月10日13時42分 Svarthol

ブーリンズ発-研究者達はセイリン1へ向かう高熱源体についての情報収集に忙殺されている。
限られた情報から導き出された推論は、巨大な艦船から重力の歪みまで様々なものを高熱源体の正体として推測しているが、この現象に対する意見の一致は見られていない。

ケイル大学の研究者は、何かしら情報を持つ人間は今すぐ連絡してほしいと呼びかけている。彼らは類似現象が発生した星系からの情報も必要としている。

SCIENTISTS RUSH TO ANALYZE MASS IN SEYLLIN
2009-03-10 13:42 By Svarthol

BOURYNES - Scientists are rushing to collect data about the superheated mass heading toward Seyllin. Despite limited information, several theories have emerged, ranging from a massive vessel heading toward the planet to a gravitational distortion in the system; no consensus has been reached to completely explain the phenomenon, however.

University of Caille scientists have urged anyone to contact them immediately with any data related to these events, including any information from systems affected by similar phenomena early today.


海兵隊が被災者へ発砲
AD2009年3月10日13時49分 Svarthol

ガレンテ海兵隊が「降下艇へ殺到した」人々へ発砲したという未確認情報を入手した。

このような状況でも数十万人の被災者がセイリン1からの脱出を求め、宇宙港へ流れこみ続けている。

MARINES OPEN FIRE ON REFUGEES
2009-03-10 13:49 By Svarthol

We have unconfirmed reports that Federation Navy Marines have opened fire on a crowd of refugees who were “rushing the dropships”.

Despite this heavy-handed approach, hundreds of thousands of refugees are still pouring into the evacuation centers in a desperate bid to escape Seyllin.


脱獄囚への怒りと英雄的行為
AD2009年3月10日14時00分 Svarthol

セイリン発-メタルシティから囚人が脱獄しているという報せを聞き、宇宙港に集まった被災者は苛立ちを隠せないでいる。
刑務所の損傷は激しく、重罪犯が逃げ出したという報告もある。

ある輸送艇は避難を支援していたが、囚人の確保と移送のために転用された。
それを知った被災者の間では怒りと不安の渦が広がっており、高熱源体のニュースとともに、暴動やパニックを誘発する一因となっている。

しかしながら、囚人仲間を助けるだけでなく、刑務所周辺の救出活動にも力を貸そうとする軽罪犯が現れたという報告も入っている。

HEROISM AMONG OUTRAGE AS SEYLLIN PRISONERS EVACUATED
2009-03-10 14:00 By Svarthol

SEYLLIN – Throngs of people at the evacuation points were outraged to hear that the prison population of Metal City was being evacuated amidst security fears following several escapes reported. The facility was reported to have taken heavy damage and already suffered the escape of several high security prisoners.

Military transport ships aiding the evacuation were recently diverted to the scene to secure the prisoners and evacuate them to prevent further escape attempts. Word of this has sparked a wave of anger and unrest among those still waiting to be lifted from the planet surface. News of the superheated mass heading for the planet has contributed to crowd panic, with riots reported at the evacuation points.

However, early reports from the prison evacuation detail indicate that lower-security prisoners have offered to assist with the evacuation effort of their fellow inmates, as well as providing additional manpower to dig survivors out of the damaged areas of the prison.


シャコール「サッカー商隊は壊滅した」
AD2009年3月10日14時2分 Svarthol

イルーイン発-サンマター・マレアツ・シャコールは、グレートワイルドランドにおいて行方不明だと報じられていたサッカー商隊が壊滅していたことを確認した。
シャコールは具体的な死傷者数を明らかにしていないが、「重大かつ悲劇的な規模の人命が失われた。彼らはセイリンやシンジケートで確認されたものと同様の、異常な太陽活動によって死に追いやられた」と述べている。

シャコールの発表は4つの大規模異常現象がほぼ同時に発生したことを示しており、全宇宙的な終末が訪れるのではないかという噂まで飛び交っている。

SHAKOR: THUKKER CARAVAN WAS DESTROYED
2009-03-10 14:02 By Svarthol

ILLUIN – Sanmatar Maleatu Shakor confirmed that the Thukker caravan reported missing in the Great Wildlands has been destroyed. While declining to provide specific numbers, Shakor stated that a “significant and tragic loss of life was incurred” and that “they perished as a direct result of an anomalous solar event similar in scale and power to those described in Seyllin and the Syndicate region.”

Shakor's announcement brings the total number of reported near-simultaneous mass-sequence anomalies in the last few hours to four, stoking popular fears that a widespread celestial armageddon is underway.


「神の義の集会場」が新たな声明を発表
AD2009年3月10日14時4分 Svarthol

アマーの原理主義団体「神の義の集会場」が新たな声明を発表した。
「我々は異端と関わることの危険性を指摘してきたが、何千もの人間が彼らに手を貸している。」

「不正と罪に対する神の警告が受け入れられなかったのだ。その結果は今に明らかになるだろう。我々は多くの人々が亡くなったことを悼んでいるが、死者達は神の栄光と力を示すため、やがては正真正銘の徴として仕えることになる。 それは異端と、異端の支持者が罰せられることによってのみ実現する」

アマー政府はこの声明について言及せず、女帝ジャミルの声明文を繰り返した。

GOD'S RIGHTEOUSNESS CONCLAVE RELEASES NEW STATEMENT
2009-03-10 14:04 By Svarthol

God's Righteousness Conclave, an Amarrian fundamentalist group, released a follow-up statement moments ago. “We warned of the dangers of associating with heretics, and yet thousands responded to help.

God's warning against iniquity and sin was not heeded, and the consequences shall now be paid. While we mourn any loss of life, those lost in the Seyllin system shall serve as a stark reminder to both the glory and power of God. It is through that sole path of purity that heresy and its support are punished.”

Amarr government officials would not comment directly on the group's statement, directing reporters to Empress Jamyl's previous statements regarding the situation in Seyllin.


特別報告:SoEがニューエデン全域でワームホールが形成される可能性を警告
AD2009年3月10日14時14分 Svarthol

X7O-MU発-SoEは「ニューエデンを旅する人々」に対して、ニューエデン全域で複数のワームホールが形成されようとしているという前例のない警告を発した。
史上稀に見る悲惨な自然災害が進行している最中に、隠遁的な人道主義団体が発した声明は多くの注目を集めている。

高度に技術的な警告によると、「時空構造における欠陥介助乱流がニューエデン中の様々な場所で検出されており」、
目撃情報は「多くが報告されていないが、不安定な反応という点が共通している」。

声明は次のような言葉も含んでいる。
「かくも強力な位相的乱流は時空構造の欠陥部分を破壊する可能性があり、その結果として出現する点欠陥乱流は、既存の走査技術によって容易に検出可能である」

SoEはCONCORDにも必要な対応を取るよう強く働きかけている。
「あらゆる船舶が全力でそれらを回避できるよう、直ちに航行危険情報を発信すべきだ。
点欠陥に対する安全な距離は理論上無制限、どの程度の期間は安定しているかを予測するための信頼できる手段もない」

もし警告が現実のものとなれば、1万5000年以上前のイブ・ゲート崩壊以来、最初に自然発生するワームホールをSoEが予測したことになる。

SPECIAL REPORT: SISTERS OF EVE WARN OF POSSIBLE WORMHOLE FORMATION THROUGHOUT CLUSTER
2009-03-10 14:14 By Svarthol

SYSTEM X7O-MU – The Sisters of EVE have released an unprecedented general warning to “all space faring travelers of New Eden” that they are forecasting the imminent formation of multiple wormholes throughout the cluster. The claim from the reclusive humanitarian organization comes amidst one of the most deadly natural catastrophes in modern history, as Seyllin and at least three other systems have been devastated by a main-sequence anomaly within the last several hours.

The highly technical warning states that “multiple instances of defect-mediated turbulence in the fabric of spacetime have been detected in various locations throughout the cluster,” and that the sightings “coincide with the erratic behavior of multiple star systems, many of which are unreported, all throughout New Eden.”

The statement adds that “such intense topological turbulence has every potential to collapse into pairs of defects, and that the resulting point-defect turbulence would be readily detectable using existing starship scanning technology.”

Addressing CONCORD directly, the Sisters are strongly advising that “travel warnings be issued with immediate effect warning spacecraft to avoid them all costs, as there is theoretically no limit to the distance separating pairs of defects, or any reliable means of predicting how long such pairs will remain stable.”

If true, the Sisters of EVE will have foreseen the appearance of the first naturally occurring wormholes since the collapse of the EVE gate more than fifteen thousand years ago.


セイリン星系の企業保有施設は営業続行
AD2009年3月10日14時17分 Svarthol

セイリン発-軍がセイリン星系からの避難を急がせる一方で、ローデン造船所とクレオドロン社は、ステーション管理者が安全だと判断する限り保有ステーションを開放し続けるという共同声明を発表した。
プラズマ流を前にしてステーションが安全なのかどうか、CONCORDとガレンテ海軍のどちらもコメントしていない。

声明文は次の通り。
「我々は可能な限り多くの船を受け入れます。何らかの理由で星系を脱出できない船もあるでしょう。
我々は安全な避難所を提供するためにここにいるのです。近隣の施設同様、我々のステーションも過密と緊張状態にありますが、人命救助のために更なる努力を行うつもりです」

シールド出力を強化し、港を閉鎖することでステーションの耐久力を向上させることは可能だが、そのためには全ての入出港を禁じる必要がある。
ステーションが異常現象で受けた損傷ははっきりしていないため、ステーション関係者もその点には言及しなかった。

SEYLLIN CORPORATE FACILITIES REMAIN OPEN
2009-03-10 14:17 By Svarthol

SEYLLIN - While forces rapidly evacuate the Seyllin systems, both Roden Shipyards and CreoDron announced in a joint statement that their facilities would remain open to new docking for as long as station managers deemed it safe. Neither CONCORD nor Federation Navy officials would comment on the safety of the stations from the plasma event threatening Seyllin I.

“We are still accepting as many ships as our docking bays can hold. For those ships that can't get out-system for whatever reason,” the statement read, “we are here to provide a safe haven. Our facilities, like many others, are crowded and strained, but we are ready to go the extra mile in order to save lives.”

The stations' defenses can be considerably hardened, but doing so requires all docking bays sealed and shield integrity boosted, preventing inbound and outbound traffic from passing through. As the extent of the damage potential from the system event is not known at this time, station officials could not comment on the extent of potential damage to the station.


CONCORD、ガレンテ海軍の艦船がセイリン1から離脱;スターゲートも封鎖される
AD2009年3月10日14時33分 Svarthol

セイリン発-遂に恐れていたことが起こった。セイリン1軌道上で活動していた艦船はその場を離れ、スターゲートへ向けて離脱を始めた。
避難命令を無視したスコープ船はガレンテ海軍から砲撃されたが、離脱する前に、宇宙港に降下艇が残っていないことをを確認できた。

アポルリー、アン、メッセレル星系からセイリン星系へ通じるスターゲートはCONCORDによって封鎖されている。
封鎖が解除されるまで、セイリン星系で何が起きているか確認できない状況が続きそうだ。

FEDERATION, CONCORD SHIPS PULLING BACK FROM SEYLLIN I; STARGATES BLOCKADED
2009-03-10 14:33 By Svarthol

SEYLLIN – In an apparent confirmation of New Eden's worst fears, the flotilla of rescue ships above Seyllin I has left orbit and are pushing towards the system’s stargates. SCOPE News vessels attempting to defy system-wide evacuation orders were fired upon by Federation Navy warships. Before leaving the Seyllin System, SCOPE was able to confirm that no dropships remained at any of the spaceports.

CONCORD warships have blockaded the entry points into Seyllin from the Aporulie, Ane, and Metserel Systems. SCOPE News will be unable to report on events on the far side until the blockade is lifted.


セイリン星系との通信途絶
AD2009年3月10日14時38分 Svarthol

メッセレル発-セイリン1からの全通信が途絶。
液体ルータの自動再起動は失敗、遭難信号も沈黙した。

現時点ではスコープは詳細を確認していない。

ALL CONTACT WITH SEYLLIN LOST
2009-03-10 14:38 By Svarthol

METSEREL – All communications with the planet Seyllin I have ceased. Automated efforts to restart fluid router transmissions have failed, and distress signals emanating from the system have gone silent.

SCOPE is unable to obtain any additional information at this time.


第一報:セイリン星系から発せられたサーペンティス艦の遭難信号
AD2009年3月10日14時54分 Svarthol

セイリン発-セイリン星系を封鎖していた艦隊が、サーペンティス輸送艦からの遭難信号を受信した。
関係筋によると、輸送艦は機械的故障が原因でスターゲートへ辿りつけず遭難したらしい。
艦長はワープドライブに応急処置を施し、ゲートへ向かわずセイリン1へ引き返そうとした。遭難信号には次のような音声記録が含まれていた。
「誰でもいい、この通信を聴いている者へ。セイリン1はもはや存在しない。聞こえるか?セイリン1は消えてしまった。近づこうとするな…」

この音声を最後に遭難信号は停止した。CONCORDとガレンテ海軍は封鎖を続けており、詳細は不明。

FIRST CONTACT: SERPENTIS MAYDAY RECEIVED FROM SEYLLIN
2009-03-10 14:54 By Svarthol

SEYLLIN – A distress call from a Serpentis freighter stranded in Seyllin has reached the blockades surrounding the system. According to sources, a mechanical failure dropped the vessel out of warp before it could reach the nearest stargate. After a partial repair of the drive, its captain attempted to return to Seyllin I rather than warp out of the system. In a voice transcript of the distress call, the Serpentis captain states “To anyone who’s listening, Seyllin’s not there anymore. You hear me? Seyllin-one is gone, do not attempt to approach…”

The transmission stops after that. No additional information is available as CONCORD and the Federation Navy continue to maintain a blockade of the system.


CONCORDがセイリン星系の封鎖を解除
AD2009年3月10日15時35分 Svarthol

メッセレル発-CONCORDとガレンテ海軍はセイリン星系の封鎖を解除し、星系への進入を許可した。
進入を試みる艦船は、「現在進行中の非常事態に関係しているため」、セイリン1へ接近しないよう警告されている。

数時間以内にフォーリタン大統領が何らかの声明を発表するものと思われる。

CONCORD TO DROP BLOCKADE ON SEYLLIN
2009-03-10 15:35 By Svarthol

METSEREL - CONCORD and Federation Navy authorities have announced that the blockade of the Seyllin System has been dropped, allowing starship traffic to enter the system. Starships are warned not to travel to Seyllin I “due to circumstances related to the ongoing crisis.”

President Foiritan is expected to make an announcement within the hour.


フォーリタン大統領はセイリン1消失を確認したと発表
AD2009年3月10日15時37分 Svarthol

ルミネール発-フォーリタン大統領はニューエデン全域に向けた全世界的な放送演説を行った。 演説文は次の通り。

「連邦市民の皆さん、そしてニューエデンの友人諸君」

「私は、このような報せをもたらさねばならないことに、言いようのない無念さと悲しみを覚えます。
私達はこの瞬間を覚悟していたかもしれませんが、それでも尚、この大惨事は最悪の悪夢が実現した結果だと思わざるをえません」

「私の指示によって全ての救出活動が中断されました。復旧作業も許可していません。異常現象のために、セイリン1は完全に壊滅しました」

「プラズマ流に関する情報を公開しなかったのも、それらを公開した報道関係者を拘束したのも、全て私の指示によるものです。
限られた時間で多くの人々を救うため、可能な限り秩序だった避難活動を維持することが最優先事項でした」

「僅かとはいえ、救うことが出来た人々がいるのは小さな慰めです。ですが、救うことが出来なかった人々を思うと、私は生涯にわたって悩み続けることになるでしょう」

「何が起きたのか突き止めるため、研究者は懸命な努力を続けています。どんな説明であれ、この悲しみを乗り越えるための助けとなるはずです」

「この危難に際して、援助を申し出てくださった全ての方々に感謝します」

「新たな事実が判明した場合、広く公開していきたいと考えています。しかし今は、どうか皆さん、この世を去った5億人の魂のために黙祷を捧げてください」

PRESIDENT FOIRITAN ADDRESSES NATION, CONFIRMS THE LOSS OF SEYLLIN I
2009-03-10 15:37 By Svarthol

LUMINAIRE - President Foiritan has just issued an internationally broadcast address to New Eden. The transcript is as follows:

“Citizens of the Federation, fellow souls of New Eden.

“It is with unspeakable regret and sorrow that I must deliver to you the news that we had hoped to never hear. Though we may have hoped that we could have prepared ourselves for this moment, I believe I speak on behalf of us all in saying that this catastrophe is the realization of our worst nightmares.

“By my order, all rescue efforts have been suspended, and no recovery efforts will be permitted. It is true that the main-sequence anomaly of Seyllin has caused the effective destruction of the planet.

“The decision to withhold that information and detain the reporters who sought to deliver such news was my own. Given the limited amount of time we had to pull people out, maintaining as orderly an evacuation as possible was given the highest priority.

“It is a small consolation that we were able to save some people. But it will haunt me for the rest of my days that we could not save them all.

“Scientists are still struggling to understand exactly what has happened. My instincts tell me that any explanation will provide little comfort.

“I would like to thank all those who offered their assistance in our time of need.

“As we have more information, we will share it. But if you'll please join me in a moment of silence for the half billion souls who just perished, I would be most grateful.”


スコープがセイリン1軌道上から映像中継
AD2009年3月10日16時2分 Svarthol

セイリン発-スコープの映像中継がセイリン1を捉えた。
映像からは辛うじて球体を維持している惑星の姿が見てとれるが、地獄のような光景である。
周囲には巨大な欠片が漂っており、それらを調査するカプセラも目撃されている。

CONCORDは惑星周辺が依然として極めて危険だとして、慎重に接近するよう呼びかけている。

SCOPE ESTABLISHES LIVE FEED FROM ORBIT OF SEYLLIN REMAINS
2009-03-10 16:02 By Svarthol

SEYLLIN - SCOPE News has established a live feed of the remnants of Seyllin I. The hellish scene confirms that a plasma wave passed through the area, and that the planet's remains are coalescing back into sphere. Massive fragments are still orbiting the world, and capsuller traffic has been sighted inspecting the remains.

CONCORD maintains that the area surrounding the planet is extremely dangerous, and should be approached with caution.


CONCORDは「位相欠陥」がワームホールだと確認、「法的強制力のない渡航禁止」を発令
AD2009年3月10日16時25分 Svarthol

ユーライ発-CONCORDはSoEの予測していた「位相欠陥」がニューエデン全域で出現していることを確認した。
ワームホールは艦船の進入に耐える安定性を備えているものの、いつ消滅するか予測不可能だと報告されている。

また、CONCORDが保護できるのは高セキュリティ宙域で出入りする艦船のみであり、「法的強制力のない渡航禁止」を発令したのはワームホールへの進入を防止するのが目的だとも述べた。

ワームホールで発射されたプローブは母艦との通信を維持できるが、正確に位置を測定できないという噂が流れている。

CONCORD CONFIRMS “TOPOLOGICAL DEFECTS” ARE WORMHOLES, IMPOSES “UNENFORCEABLE TRAVEL BAN” FROM PORTALS IN REGULATED SPACE
2009-03-10 16:25 By Svarthol

YULAI - CONCORD has just confirmed that the “topological defects” predicted earlier by the Sisters of EVE have begun appearing throughout the New Eden cluster. The wormholes are reported to be structurally stable enough to traverse, although they cannot predict the duration that they will remain open.

In addition, CONCORD has stated that they can only protect those who enter or leave from portals within hisec space, and have thus declared an “unenforceable travel ban” in an attempt to discourage pilots from entering.

Rumors have begun circulating that probes sent through wormholes can maintain contact with their deployment platform, but cannot determine their location on the far side.


CONCORDがワームホールについて再警告
AD2009年3月10日18時12分 Svarthol

クレオドロン社が安定ワームホールへの進入を計画していると報じられ、同様の試みが続かないよう、CONCORDが再び警告を発した。

声明全文は以下の通り。 「CONCORDは全ニューエデン市民に対し、ワームホールへの進入は極めて危険だと再度警告します。ワームホールには十分な試験が行われておらず、永続的な安定性は保証できません。
また、どのような種類の危険が存在しているかを判断することもできません。事実上の一方通行で、二度と戻れなくなる可能性もあります。
繰り返します。ワームホールへの進入は極めて危険です」

CONCORD RESTATES WARNINGS
2009-03-10 18:12 By Svarthol

With news that a CreoDron research team is planning to enter a stable wormhole, CONCORD has once again issued a warning intended to discourage others from attempting the same.

The entire statement can be found below: “CONCORD reminds all residents of New Eden that entering into these wormholes is highly dangerous. Sufficient testing has not yet been carried out on the wormholes, and their enduring stability cannot be guaranteed. In addition, it cannot be determined what potential dangers are present on the other side. Anyone who travels through [the wormholes] risks being stranded on the other side with no way back. Anyone traveling into these wormholes does so at extreme risk to themselves.”


クレオドロン社がCONCORDの警告に反論
AD2009年3月10日18時16分 Svarthol

CONCORDによる渡航禁止命令を受けて、クレオドロン主任天体物理学者リアンダ・ビューローは安定ワームホールの発見を発表した。

ビューロー博士はワームホールの安全性を信じ、CONCORDの警告が「不必要に誇張されたもの」だと証明するため、自らワームホールへ進入すると語った。
博士が付け加えて言うには、この実験は無謀な行いではない。既に長距離用の自律型偵察ドローンがワームホールへ進入しているので、予期せぬ危険について事前に確認できるのである。

博士はクレオドロン社CEOロニ・ダリューと取締役会から全面的な信頼を置かれているようだ。
ガレンテ連邦当局からコメントは得られていないが、科学者も、市民も、そして当局さえも、実験の成果を耳にすることを心待ちにしている。

CREODRON DISCOVERS WORMHOLE, REFUTES CONCORD ADVISORY
2009-03-10 18:16 By Svarthol

Following on the heels of the travel ban established by CONCORD, Creodron's lead Astrophysicist Lianda Burreau announced the discovery of a “stable wormhole” in an undisclosed system.

Speaking to The Scope from an undisclosed location, Prof. Burreau has staked a claim on the safety of the wormhole, stating that she is so confident of the “needless overstatement” in CONCORD's travel warnings that she will travel through to the other side herself. She added that the excursion would not be pursued recklessly, and that long-range autonomous scout drones had already been deployed ahead of her to warn of any unforeseen risks.

Prof. Burreau is understood to have the complete confidence of CreoDrone CEO Roni Darieux and the Board of Directors. No comment has been forthcoming from Federation officials, as they, the scientists, and millions of citizens alike wait to hear back from the scout drone expedition.


クレオドロン社のドローンが最初の発見を報告
AD2009年3月10日18時40分 Svarthol

クレオドロン社によって安定ワームホールから送りこまれた偵察ドローンが、最初の情報を送信した。

最初に受信した情報には5枚のぼやけた画像が含まれていた。画像は今まで見たこともないような星系のもので、馴染みない深紅色星雲を背景にした、空虚な暗い惑星が写っていた。

ワームホールの調査を担当するビューロー博士は会合の場を設け、これらの情報について協議した。

「このような奇妙な星雲を見る限り、画像に写っている星系はニューエデンではなく、遠い遠いどこかでしょう。
ワームホールの向こう側に存在する銀河団ガスを検討した結果、星系は他の銀河系に存在している可能性が高いのではないかと推測されます」

「その他の点は既知星系と似通っているようです。
惑星は太陽を中心とした軌道をとっており、その環境もニューエデンのそれと似たものだと思われますが、電磁場の変動性は特異な部分があります」

危険はあるが、ビューロー博士は有人探査計画を毅然として進めていくつもりだと語った。
「我々は謎を恐れてはなりません。謎は解き明かすべきものなのです」
彼女は会合をそう締めくくった。

CREODRON SCOUT DRONES TRANSMIT INITIAL FINDINGS
2009-03-10 18:40 By Svarthol

CreoDron scout drones, sent through a “stable wormhole” discovered by CreoDron astrophysicists, transmitted the first images from the other side of the wormhole.

The first pieces of data received included five blurry image captures. The images clearly depict another system unlike any seen before, with darkened, empty planets set against an unfamiliar, crimson nebula.

Prof. Burreau, the woman responsible for the wormhole's discovery, conducted a brief conference from an undisclosed location thought to be near the site of the wormhole.

“Despite the strange nebulae, we believe what we are seeing here is a system not unlike those familiar to us in New Eden, although it is far, far away. Initial data gathered from intracluster medium analysis on the other side has led us to strongly consider the possibility that this system resides in a galaxy other than our own.

“Aside from that, everything about this system appears to be typical of our own. We are encouraged by early signs. The planets are in heliocentric orbit, which suggests that the environment there should remain similar to ours, although some abnormalities in the readings suggest a level of volatility in this system's local electromagnetic fields.”

Prof. Burreau remained resolute that a manned excursion into the unknown system would proceed, despite the risks. “We must not fear the unknown, we must understand it,” she said before calling the conference to an end and excusing her team to prepare.


応用知識学校「クレオドロン社の発見は全人類に捧げられるべき」
AD2009年3月10日18時54分 Svarthol

トダキ発-クレオドロン社の驚くべき発表を受けた応用知識学校は、調査結果を自社のみの財産とせず、ニューエデンのあらゆる研究機関と共有すべきだと訴えた。

応用知識学校の天体物理学部長エイネッタ・ビッコ教授は、次のように語った。
「道徳的にも実用的にも、この現象の背後に隠された膨大な知識を誰かが独占するのは間違いです。個人、企業、政府、誰であってもです。
ワームホールへの進入を計画したクレオドロンの決断力と勇気には拍手を送りたいと思いますが、そこで得られた情報を経営陣が隠すようなことはしないでほしいものです」

クレオドロン社は特にコメントしていないが、評論家はこの訴えが理想主義的で甘い考えだと評している。

インサイダー・ビュー通信のマーク・イングロ編集長は肩をすくめて言った。
「全ての発見はクレオドロンによって成し遂げられたのだから、何よりもまず企業利益のために用いられるのは言うまでもありません。
クレオドロンにとって不要な情報なら提供されるかもしれませんが、彼らに慈善活動の真似事をさせようとするのは馬鹿げた話ですよ」

SAK: CREODRON'S FUTURE DISCOVERIES BELONG TO ALL HUMANITY
2009-03-10 18:54 By Svarthol

Todaki - Following today's sensational announcement by CreoDron, the School of Applied Knowledge urged the Gallente corporation not to regard the potential findings as their property, but rather to share with all scientific organizations in New Eden.

Speaking for the School, Professor Aineta Bikko, head of the astrophysics department, said, “It would be wrong, both from a moral and practical standpoint, to think that the vast wealth of knowledge hidden behind these phenomena can belong to any single entity - be it an individual, a corporation, or a government. We applaud the CreoDron's determination and courage to be one of the first to travel through one of these wormholes, but we also ask the corporation's management not to withhold the information from us or anyone else.”

CreoDron representatives did not comment on the appeal, but some commentators think the gesture to be noble in form and naïve in principle.

“It goes without saying that any and all discoveries made by CreoDron will be first and foremost used for the corporation's benefit,” said Mark Ingro, editor-in-chief of the Insider View newsletter. “Whether they will share the leftovers with anyone is another question, but it would be insane to expect any philanthropic motivations from them.”


多くの艦船が悲劇のセイリン星系へ
AD2009年3月10日18時54分 Svarthol

セイリン発-燃え尽きたセイリン1が悲劇の象徴として注目を集めている。
最初に到着したカプセラは自身と船の安全を顧みず、他の船を被災地へ辿り着かせるために艦隊を編成していたようだ。

真っ先に現場へ駆けつけたカプセラの1人であるMkah Mvetは、自身の位置へ直接ワープできるよう、20隻以上を艦隊に編入した。
「デブリ帯から脱出しようと多くの船がサブワープを試みていた。私はデブリ帯の向こう側に調度良い目標物を見つけたから、ワープしてブックマークを取ったんだ」
艦隊の他のメンバーも座標をアップロードしたので、後続する艦船は容易に被災地へ到達することが可能となった。
実際、我々の船はMkahの助けを借りて、迅速に被災地へ接近できたのである。

艦隊の一員だったKiwwaは、ニューエデンにとって脅威となりうるワームホールの位置を組織的に特定しようとした。その時点では脅威の規模が不明瞭だったにも関わらずだ。
「今夜まで話したこともなかったんだけどな」とKiwwaは僚艦へ言った。「この星系を調査するため、一緒に行動することにしたんだ」
脅威を調べ上げ、誰かの助けとなるため、この種の艦隊が至る所で編成されている。ここでは見ず知らずの23名が行動を共にし、ニューエデンの最初の防衛線になろうとしているのだ。

被災地上空で最も沈痛な感想を漏らしたのは、Scaldari Anitobaだった。 「…こんな悲しい日は、ブラスターをホルスターに収めておくべきだと思うね」

この記事を編集している時点では、ワームホールが発見されたという情報は入ってきていない。

続報が入り次第お伝えします。

MANY FLOCK TO SEYLLIN AS TRAGEDY STRIKES
2009-03-10 18:54 By Svarthol

Seyllin - The burned out husk of the planet Seyllin I quickly drew attention as word of the tragedy started to emerge from the system. The first capsulleers on the scene seemed to put personal safety for themselves and their spacecraft secondary as fleets were formed to assist others trying to get quickly to the affected areas.

Debris Floating Around The Planet

Mkah Mvet, one of the very first -if not the first- on the scene, quickly formed a fleet of 20+ ships to allow them to warp directly to his location. Says, Mkah, “It looked like people were trying to get out to the debris field on sub-warp. I noticed the debris field was aligned with some celestials so I warped, dropping bookmarks.” The others in the fleet were then able to upload the coordinates and reach to location quickly. Indeed, it was with the assistance of Mr. Mvet that the IC was able to quickly enter the affected area.

Others, such as Kiwwa, kept the fleet together, organizing attempts to locate any of the reported Wormholes which pose a very real threat to all in New Eden. At this at this time, however, the level of this threat is undetermined. “We haven't [spoken] before tonight”, says Kiwwa of his fleet-mates, “We joined together to search this system.” It appears that many fleets such as this exist, people banding together to find and assess the threat and to help others. Twenty three pilots who have never before flown together, united to do their part as the first line of defense of New Eden.

One transmission clearly echoes the feelings of most on site after the disaster, Scaldari Anitoba states, ”…on this day of tragedy, I think we should keep our blasters holstered.”

As of the writing of this article, there have been no reports coming out of any found wormholes.

Clearly, there will be more news to follow as it becomes available.


ミンマター宗教指導者「我々の祖先へ通じる道」
AD2009年3月10日18時54分 Svarthol

パター発-クレオドロン社の実験を受けて、セビエスター部族の宗教指導者ヴルト・ハウプトが声明を発表した。

「我々は史上稀な希望に満ちた岐路に立っている。数千年の時を越え、祖先へ通じる道が現れたのだ。我儘な兄弟姉妹達よ、主義主張の違いは捨てよ。故郷へ帰る時が来た」

更にハウプトは、すぐにも探検隊を組織し、数日中にワームホールへ進入したいと述べた。

この声明は1年前に行われた「輝ける星」の悲惨な調査を彷彿とさせるもので、各方面からの批判を集めている。
ケイル大学の研究者セヴェリン・モンフォールは次のようにコメントした。
「我々の宇宙にとって重大な事件が、今まさに起きているところなのです。根拠のない宗教的な憶測に基づいた中途半端で準備不足の探検隊を放りこむつもりですか? 学術的調査は科学界に任せてください」

MINMATAR RELIGIOUS LEADER: THE PATHS OF OUR ANCESTORS
2009-03-10 18:57 By Svarthol

Pator - Sebiestor religious leader Vuld Haupt issued a statement in the wake of the CreoDron expedition.

“We stand at a hopeful crossroad in human history. Stretching out before us for the first time in millenia are the paths of our ancestors,” noted the Minmatar figure. “The time has come to cast aside our differences such that we, humanity's wayward brothers and sisters, may once again return home.”

Haupt further stated that he would immediately organize an expedition into the wormholes, to be conducted in the next few days.

This statement drew criticism throughout New Eden and has already been compared to the disastrous expedition that set out in search of the “bright star” nearly a year ago. Severin Montfort, a researcher with Caille University, commented on the statement. “Important things are happening in our universe right now, and we need more than baseless religious speculation and half-baked, unprepared expeditions led into the unknown. Leave discovery to science.”


クレオドロン社の後を追う企業達
AD2009年3月10日19時5分 Svarthol

クレオドロン社の驚くべき発見を自分達でも成し遂げようと、ニューエデン中の大企業が半狂乱で準備を進めている。

チェマルテック社からは匿名証言が寄せられた。
「可能な限り速やかに調査隊を出発させるため、我が社の研究開発部門は他部門から数十億iskを回された」

ローデン造船所の関係者からも同様の証言が得られた。
「幹部会はいくつかの計画を打ち切って、浮いた金で調査隊を組織するつもりだ。会議室はワームホールの話題で持ちきりだよ」

現時点では、クレオドロン社以外にワームホール発見を発表した企業はない。

CORPORATIONS SCRAMBLE TO REPEAT CREODRON'S SUCCESS
2009-03-10 19:05 By Svarthol

Major corporations across New Eden are frantically allocating resources in order to repeat CreoDron's amazing discovery.

According to an anonymous source inside Chemal Tech, “The R&D department in our firm had just received a lump sum of several billion ISK, taken from another project, in order to launch an expedition similar to CreoDron's as soon as possible.”

Another source states a similar situation at Roden Shipyards. “The executives axed several R&D programs, freeing some cash for the new expedition. The new wormholes are on everyone's lips in the boardroom.”

As of now, no corporations except CreoDron have reported any positive wormhole discoveries.


有名探検家が偵察ドローンに頼る危険性を警告
AD2009年3月10日19時10分 Svarthol

異常天象の専門家にして高名な深宇宙探検家でもあるジュリアン・シロックが、ケイルの自宅から警告を発した。
彼はクレオドロン社のワームホール調査隊が偵察ドローンに過度に依存することを危惧している。

「ビューロー博士には偵察ドローンの報告結果を極めて慎重に評価してもらいたい。よく知られた地域でさえ、情報を誤って解釈する可能性があるのだ。
もし彼女が正しくて、あの場所が別の銀河なのだとしたら、控えめに言っても何が待ち受けてるか分からん場所だということなのだから」

10年前、不運な「エレメンツ探検隊の死亡宣告」から3分の2の隊員を生還させ、大いに名を上げた探検家は続けた。
「数ヶ月とは言わないまでも、この銀河を探検するのにさえ数週間かけて準備したものだ。セイリンのことがあるから急いでいるのは分かるが、用心しなければ誰も生きて還ってこられんぞ」

EXPERIENCED EXPLORER WARNS OF THE RISKS OF RELYING ON SCOUT DRONES
2009-03-10 19:10 By Svarthol

Speaking from his home in Caille, Julien Sirrok, the famed deep space explorer and expert on astronomical anomalies, warned the CreoDron wormhole exploration team on the over-reliance of scout drones.

“I would suggest that Professor Burreau be extremely cautious in her assessment of scout drone telemetry,” said Sirrok. “The data can be misleading even in relatively well-understood local space. If she is right and the explored system is in another galaxy, then it is quite possible that conditions local to that space are unusual to say the least.”

The explorer - who is perhaps most famous for bringing two-thirds of his crew back alive from the ill-fated “Cord of the Elements Expedition” a decade ago - continued. “An expedition into an entirely new region of space in this galaxy would take weeks, if not months, to prepare for. I realize the events at Seyllin give urgency to this effort, but they've got to take care, or none of them will come back alive.”


サニ・サビク派が新たに発見された深紅色星雲に反応
AD2009年3月10日19時31分 Svarthol

アマー発-ワームホールで撮影された見慣れぬ深紅色星雲は、奇妙な反応を引き起こした。
普段はアマー帝国各地に潜伏しているサニ・サビク派が、儀式用のローブを纏い、街頭で祈祷文を唱えているのだ。
このような異端派を取り締まろうと帝権保安省は躍起になっている。

サニ・サビク派は非合法な異端派であり、通常は極めて慎重に行動している。
だが、彼らのような血液を信仰する集団にとっては、深紅色星雲が実に重要なものだったらしい。ある異端派は世界が終末を迎える証だと見なしていた。

ケイル大学で比較宗教学を教えるアルバサル・スィロ博士は次のように語った。
「帝国内の他の異端派同様、サニ・サビク派も極秘に儀式を行ってきました。
私の知るところによりますと、サニ・サビクは世の終わりに『血煙が宇宙を覆う』と予言しているのですが、彼らは深紅色星雲をそれと同一視しているようです」

アマー政府はサニ・サビク派の出現についてコメントすることを拒否している。帝権保安省の報道官は、「アマー法に則り、不穏分子が公共の場から排除された」と発表した。

SANI SABIK CULTS REACT STRANGELY TO NEWLY DISCOVERED CRIMSON NEBULA
2009-03-10 19:31 By Svarthol

Amarr – The unfamiliar crimson nebula in the images from the wormhole system has provoked a strange reaction among the normally stealthy Sani Sabik cults of the Amarr Empire. On planets and stations across the Empire, Sani Sabik cultists are going out on the streets, wearing ceremonial robes in concourses, and chanting prayers. The Amarr Ministry of Order is suppressing any cultists revealing themselves in this manner.

Outlawed as heretics, the Sani Sabik are usually extremely cautious, but some among the blood-oriented cults see significance in the crimson nebula. Some cultists view this phenomena as a sign of the endtimes.

“These are people used to carrying out their rites in utmost secrecy, like any heretic in the Amarr Empire,” said Doctor Arvasal Szillo of the University of Caille's Department of Comparative Religious Studies. “From what I can tell, they are considering the crimson nebula as confirmation of a Sani Sabik prophecy detailing a 'cloud of blood blanketing the universe' at the end of all things.”

The Amarr Empire refused to comment on the activities of those Sani Sabik who have revealed themselves. A spokesman for the Ministry of Order stated, “Troublesome elements have been removed from our streets in line with Amarr law.”


クレオドロン社の偵察ドローンが未知の文明の痕跡を発見
AD2009年3月10日19時48分 Svarthol

クレオドロン社の偵察ドローンが、ワームホールの向こう側で人工物らしきものを発見した。
知性を有する生命体によって建造された可能性も示唆されている。

数分前、エッセンス・リージョンはバーリレ群の液体ルータ放送を通じて、リアンダ・ビューロー博士がこの驚くべき報せをもたらした。
当地域はガレンテ海軍の管理下に置かれつつある。

スコープはこの放送を確認することが出来なかったが、バーリレ群からは数十件の目撃情報が寄せられている。
ある目撃者はビューロー博士が「急いでいる」ようだったと話した。
「何言ってるのか理解する前に放送が終わっちゃったよ。何かを見つけて…後は向こう側から伝えるとか、何とか」
別の目撃者は次のように語った。
「彼女はとにかく反抗的でしたね。きっと皆が彼女を止めようとしてたんだと思います」

SIGNS OF UNKNOWN CIVILIZATIONS FOUND BY CREODRON SCOUT DRONES
2009-03-10 19:48 By Svarthol

CreoDron scout drones have identified “non-natural deadspace signatures” while currently exploring an unknown system on the other side of a wormhole, suggesting they were designed by intelligent lifeforms.

This startling news was delivered moments ago by Prof. Lianda Burreau, this time via a local fluid router broadcast in the Balrille system. This system is in the process of being heavily locked down by local Federation Navy pilots.

Although the news cannot be confirmed at this time, dozens of eyewitness reports from Balrille all relate the same story. Those present to hear her communication claim that Prof. Burreau seemed “hurried” with the news. “She just opened up in local comms before I could make sense of what she was saying. Something about discovering signatures, that she was going, and that she would transmit from the other side,” said one anonymous witness. “She seemed defiant, more than anything. I think people were trying to stop her,” stated another.


SoEがワームホール調査計画を発表
AD2009年3月10日20時5分 Svarthol

X7O-MU発-クレオドロン社が文明の痕跡を発見したことを受けて、SoEもワームホールへ調査隊を派遣する計画を発表した。

報告によると、SoEは彼らの本部近郊に別のワームホールを発見している。SoEの広報官は次のように語った。
「ワームホールの向こう側に文明が存在しているとしたら、私達はより一層慎重に接近しなければなりません。
建造物が稼働中なのか、それとも放棄されているのか、それを建造した文明がどうなっているのか、何も分からないのです」

SoEはワームホールの向こう側に住民が存在する可能性を考慮し、平和的な接触を図るため、外交官、言語学者、科学者、各方面の第一人者と議論を重ねている。
調査船に加えて、建造物に敵対的な住民が生息していた場合に備え、モードゥ部隊の護衛艦も同行する。
「調査隊を守るため、あらゆる準備を整えています。穏やかな姿勢で調査に臨むつもりですが、武器を取る用意もあります」

SoEは数日以内に調査隊を派遣し、更なる情報を発表するものと思われる。

SISTERS OF EVE ANNOUNCE WORMHOLE EXPEDITION PLANS
2009-03-10 20:05 By Svarthol

X-70MU -The Sisters of EVE announced their plans to launch an expedition into the wormhole, following CreoDron’s discovery of civilization in that area of space.

According to reports, the SSoE discovered a wormhole in an unidentified system near their headquarters. “If there is a civilization on the other side of these wormholes, then it is imperative that we approach with even more caution than before,” said a SSoE spokesperson. “We do not know if these structures are inhabited or abandoned, nor do we know the disposition of the civilization that built them.”

The Sisters are taking several top diplomats, linguists, and scientists in an effort to make peaceful contact with any possible inhabitants in the wormhole space. In addition to the scientific vessels, Mordu's Legion escort ships will accompany the expedition in the event that the structures are inhabited by hostile entities. “We are taking every effort to protect our people. We will go in with an open heart, but ready arms.”

The Sisters expect to launch the expedition within the next few days, and they will provide updates as they come.


癒えぬガレンテ連邦の心
AD2009年3月10日20時41分 Svarthol

ルミネール発-ガレンテ中の人々がセイリン事変の遺族に同情し、支援の輪が広がっている。
だが、報道機関が世界を揺るがす悲劇を蔑ろにし、クレオドロン社の発見を報じている現状を苦々しく思う遺族も多い。

連邦当局によると、遺族への寄付金はかつてない金額に上っている。銀行の前にはガレンテ市民の長い列ができているほどだ。

軌道上建築作業員オーラ・ミールも、地方銀行から出てきた市民の1人だ。
「遠い親戚がメタルシティにいたの。親しくすることはなかったけど、その人達について考えずにはいられない。私は貯金を全て寄付してきたけど、友達もみんな同じようにしてくれてるわ」

このような悲劇にとってはクレオドロン社の調査も喧騒でしかない。ホログラフィック放送を見て、数十万人の市民がガレンテ連邦の街々に溢れた。

銀行の外では怒りに震える女性が叫び声を上げた。
「こんな馬鹿げたことってある?友人や親戚が大勢亡くなったのに、メディアは何事もなかったように振る舞ってる」

しかしながら、全国規模で比較すると、このような抗議はクレオドロン社への期待に比してあまりにも小さい。
スコープが取材した青年マーク・アフォードも、熱心にホログラフィック放送を見ている。
「死んでいった人達は気の毒に思うよ。マジで。でも今俺達が見てるのは未来を完全に変えちまう出来事なんだ」

FEDERATION HELD IN THE GRIP OF RECENT EVENTS
2009-03-10 20:41 By Svarthol

Luminaire - People from all across the Federation are expressing their sympathy and support to the families of victims of the Seyllin disaster. Many families are also complaining that the media attention had instead turned to recent discoveries by CreoDron instead of focusing on the world-shaking tragedy.

According to Gallente authorities, the amount of donations to families of the victims has surpassed any previous relief drives by an extensive margin. Federation citizens also formed large queues in front of the banks in order to contribute as much as they can.

“I had some distant relatives in Seyllin's Metal City,” said Orla Meale, an orbital assembly worker, as she exited the branch of a local bank. “We were never close, but now I can't stop thinking about them. I have donated all my savings to help the victims' families, and a lot of my friends have done the same.”

Emerging from this disaster is the news of CreoDron's expedition. Hundreds of thousands of people gathered on the streets of Gallente cities, watching the holovid systems broadcast real-time news on the expedition's progress.

“It is a travesty,” shouted an outraged woman outside the bank. “Our friends and relatives have died, and yet the media act as if nothing has happened!”

Compared to the nationwide interest in the CreoDron expedition, these complaints are far and few between. Mark Ufford, a teenager eagerly watching the holovid broadcast, told The Scope team, “Don't think I'm not sorry for those who died today - I really am. But what we are seeing now can change our lives forever.”


アマー海軍が遠征隊を編成
AD2009年3月10日21時7分 Svarthol

異常現象に関する情報と物品を収集するため、アマー海軍は遠征隊を緊急招集した。
遠征隊は調査船、走査装置、そして戦闘艦で構成された混成艦隊であり、安全にワームホールを調査できるのではないかと期待されている。

遠征隊副長レン・カレッタは準備文書の中で次のように語っている。
「我々は新時代の夜明けに立っています。未知の星系へ通じる道と、クレオドロン社が報告した知的生命体の可能性。
これらの発見は我々の信仰と献身を試すものです。セイリンその他の星系が強大な力で引き裂かれ、驚嘆すべき数の人命も失われました。
暴動と狂乱のために傷つき、恐怖に震えている人々もいます。ですが、かすかな希望もあります。我々はそれを調査するつもりです」

「もし推測が的中していたなら、新たな文明が我々の世界の一角を占めることとなります。主は彼らを通じてどのような教訓を垂れようとしているのでしょうか。
我々は平和と知識をもたらし、光輝に満ちた浄化の光で暗闇をはらわねばなりません」

アマー星系へ集結中の遠征隊を見るに、既存の艦隊が動員されたのではなく、周辺地域の動員可能な艦船から編成されたと見るのが妥当なようだ。
現時点では最終的な予定表は発表されておらず、アマー海軍からの回答もない。

AMARR NAVY FORMING EXPEDITIONARY FLEET
2009-03-10 21:04 By Svarthol

In an effort to gather further information about the anomalies and items contained within, the Amarr Navy announced the hasty muster of an expeditionary fleet. Carrying a mixture of scientific vessels, scanning equipment, and naval firepower, the fleet expects to be able to safely track down, explore, and document the newly-appearing wormholes.

“We stand at the dawn of a new era,” said Admiral Ren Karetta, Deputy Chief for Exploratory Reconnaissance, in a prepared statement. “Links to undiscovered systems, and the reports from the Federation corporation CreoDron regarding the potential for the existence of intelligent life; these are discoveries that will test our faith and commitment. There have been staggering losses today. Millions dead in Seyllin and elsewhere as systems were torn apart by powerful events. Tragic rioting and panic have left thousands injured and in fear. But there is now a glimmer of hope; one which we intend to investigate.

“If the suggestions prove true, new civilizations may exist in corners of the universe that we are just discovering today. It falls to us to seek out what lessons the Lord has provided us in them. We must bring peace and knowledge, shining our purifying light as we scatter the darkness.

Reports of Navy vessels forming up around stations in the Amarr system seem to confirm speculation that fleet elements were being immediately assembled from nearby available assets, instead of using an existing fleet structure. At this time, no final timetable has been released to the public, nor have requests for further information from the Imperial Navy been answered.


ライダイ社がワームホール調査隊の結成を発表
AD2009年3月10日22時18分 Svarthol

アイルキオ発-クレオドロン社による知的生命体発見の可能性が報じられ、ライダイ社もまもなく本格的な調査を開始すると発表した。

ライダイ社CEOアラコニ・イシャノヤは利害関係者との緊急電話会談で次のように述べた。
「今日の出来事はニューエデンに大きな希望をもたらします。同業者であるクレオドロン社は、誰にとっても等しく壮大な機会を発見してくれました。私達もワームホール調査隊を結成できることを誇りに思います」

報道発表によると、ライダイ調査隊の中核となるのは研究所を兼ねるよう改造されたレイブン級戦艦、3隻のドレイク級巡洋戦艦、そして多数の小型護衛艦である。
実際に安定ワームホールを発見したかどうかは言及されていないが、おそらく既に発見しているか、まもなく発見できる公算が高いのであろう。

最近の出来事は株式市場の専門家を唖然とさせている。カルダリ・ファンド・アンリミテッド関係者は諦めたように笑った。
「現状だと、株価予想に頼るよりコインを投げたほうがマシかもしれませんよ。未知変数が多すぎるんです。
誰も彼もワームホールに手を伸ばしてるから、ライダイも一緒になって手を伸ばす以外に選択肢がなかったでしょう」

LAI DAI ANNOUNCES ‘WORMHOLE SPACE’ EXPEDITION
2009-03-10 22:18 By Svarthol

Airkio - Following the news that CreoDron have possibly discovered intelligent life in the uncharted regions of space, Lai Dai Corporation have just announced their own full-scale expedition will commence shortly.

At an emergency conference call with the corporation’s stakeholders, Alakoni Ishanoya, Lai Dai CEO, said: “Today’s events bring great hope to New Eden. Our colleagues at CreoDron had uncovered magnificent opportunities for us all, and, therefore, we are proud to announce our first expedition to the ‘Wormhole Space.'”

According to the press release, the core of the Lai Dai expedition force will comprise a Raven-class battleship retrofitted as a scientific laboratory, three Drake-class battlecruisers and a number of smaller escort craft. Although no announcement was made by Lai Dai about the discovery of an actual stable wormhole, it can safely be presumed they have found one or intend to soon.

The recent events have left stock market experts dumbfounded. A source at Caldari Funds Unlimited says: “In the current conditions, forecasting stock performance can be compared to flipping a coin – there is just too many unknown variables. Personally, I think that once everyone started scrambling for so-called ‘wormhole space’, Lai Dai just didn’t have a choice but to follow - to compete.”


ガレンテ海軍分遣隊がバーリレ群を封鎖
AD2009年3月10日22時56分 Svarthol

セイリン星系へ向かっていたガレンテ海軍分遣隊が、クレオドロン社有施設およびバーリレ群全域のインフラを掌握するよう命じられた。
この中には偵察ドローン制御施設も含まれている。
ガレンテ海軍の報道官は地元メディアに対し、現在進行中の措置が「生命と財産の更なる損失を防ぐための」予防的なものだと発表している。

リアンダ・ビューロー博士と調査隊の居場所について、軍関係者は「かなり前に」ワームホールへ進入してしまったと明かした。
その際、「脅迫や強制によらない彼女自身の意思で進入した」と強調し、彼女自身だけではなく「罪のない順法的市民」を危険に晒したと批判している。

ガレンテ海軍は異常現象が発生している星系を回避するよう全艦船へ警告し、同時にそれらの報告を奨励する声明を発表している。

FEDERATION NAVY DETACHMENT LOCKS DOWN BARILLE CONSTELLATION
2009-03-10 22:56 By Svarthol

The Federation Navy has ordered a reserve detachment, destined for Seyllin, to seize control of the CreoDron site and all key system-wide infrastructures across the Barille constellation, including the receiving station for the scout drones. Eager to pre-empt negative speculation, military spokespeople have already pressed their case to local media that all measures currently underway are precautionary and “designed to limit any further loss of life and property.”

When questioned about the location of Prof. Lianda Burreau's research team, military officials revealed that she had left through the wormhole “long ago.” They stressed that the professor “had in no way been threatened or coerced” and that she “entered the wormhole out of her own accord.” They added that her decision to enter the system risked not only her life, but potentially that of “many other innocent and law-abiding citizens.”

The Federation Navy issued a statement warning interstellar travelers to continue avoiding any system disturbances and has encouraged starship captains to report any unusual sightings.


ケイル大学がバーリレ群制圧に不快感を示す
AD2009年3月10日23時17分 Svarthol

ガレンテ海軍によるバーリレ群のクレオドロン社有施設制圧に対し、ケイル大学の広報担当エリン・エンストロムは衝撃と怒りの意を示した。
この日の早朝、ケイル大学はセイリン事変の原因調査と再発防止のための学会を招集していたため、海軍の行動に深く関わることとなった。

「クレオドロン社に対する妨害行為は科学的研究の基盤を脅かすものです。
同社の活動は探検家と科学者を兼ねたものであり、このような努力を行う自由が確保されないならば、科学を推進する意思が衰えることは避けられません」

ガレンテ海軍はあくまで市民への脅威に対処していたという主張に対しても、エンストロムは強く反論した。
「問題事が起きていたのは認めますが、異常現象がニューエデンの人々にとって脅威となるという報告は一切確認していませんでした。
今や軍はワームホールの観測情報を管理できるようになったのです。これから目にする情報はすべて疑ってかかったほうが良いでしょう」

エンストロムは科学の将来について手短に語り、発表を締めくくった。
「私達はクレオドロン社とビューロー博士、そして調査へ同行した人々に尊敬の念を表します。同時に、気概を試されていたにも関わらず、過保護な本能のために機会を逸した自分達を恥ずかしく思います」

UNIVERISTY OF CAILLE DISPLEASED WITH FEDERATION SEIZURE OF BALRILLE
2009-03-10 23:17 By Svarthol

Sparked by the Federation Navy's lockdown of Creodron operations within the Balrille constellation, University of Caille Press Officer Ellyn Enstrom responded with shock and outrage. The University has been heavily involved with the day's events, convening a meeting of top scientists early this morning in order to determine the cause of the “Seyllin Pulse”, as well as attempting to diagnose and mitigate the disastrous occurrences thereafter.

“With the Navy's interdiction of CreoDron infrastructure,” said Enstrom, “the very foundation of our scientific research is threatened. CreoDron was operating as explorers and scientists, and if we are not free to pursue those endeavors without fear of government intervention, science will falter and fade.”

Enstrom also responded to allegations stating that the Federation Navy was reacting against another threat to its citizens. “We understand that it's been a trying and difficult day, but at no point have we seen any reports that these spatial anomalies pose any threat to any person in New Eden. The Federation Navy now controls not only the data feeds from the portal, but those in charge of reading those data feeds. Any data we see now is suspect at best.”

Enstrom ended her presentation to the assembled press with a short statement on the future of discovery. “We respect and honor the work done by CreoDron and Professor Burreau, as well as those other entities putting together expeditions. It would be a shame for their collective bravery, especially on a day that has tested all of our mettle, to be lost because of an act of overprotective instinct.”


応用知識学校「ビューロー博士のために祈るが、調査は継続すべき」
AD2009年3月10日23時20分 Svarthol

トダキ発-応用知識学校の代表者によると、ガレンテ海軍はクレオドロン調査隊が危機にあることを確認した。
だが、研究者は国家による統制の下で調査を継続すべきだと主張している。

応用知識学校の天体物理学部長エイネッタ・ビッコ教授は、次のように語った。
「ガレンテ海軍によるバーリレ群の制圧のおかげで、調査は酷い結末を迎えようとしています。
私は同僚と共にビューロー博士の無事を祈りますが、生還は難しいかもしれません。それでも調査は続けたいと、いや、続けるべきなのです」

情報が錯綜しているが、現時点でワームホール調査を中止しようとしている組織はない。チェマルテック社関係者からは次のような証言も寄せられた。
「もう中止できないほど多額の投資を実行してしまったんだ。良くも悪くも、お偉方は採算度外視で調査を続けることになる」

エイネッタ・ビッコもワームホールの危険性には同意している。
「新世界は明らかに危険です。しかし、ニューエデンの国々は信じられない程の科学力、工業力、そして軍事力を擁しています。
この力が勇敢なカプセラを支援すれば、開拓は十分に可能ではないでしょうか」

SAK: WE PRAY FOR BURREAU, BUT EXPLORATION MUST GO ON
2009-03-10 23:20 By Svarthol

Todaki - According to School of Applied Knowledge representatives, the recent Federation Navy announcement indicates that the CreoDron expedition may have met a grim fate. However, the scientists claim that the exploratory initiatives should continue under strict international regulation.

“The constellation lockdown measures undertaken by the Federation Navy can only imply that somewhere, somehow, the expedition went horribly wrong,” said Professor Aineta Bikko, head of the School's astrophysics department. “My colleagues and I pray for the safety of Professor Burreau. We do hope that despite the possible tragedy, the exploration can continue. In fact, it must do so.”

Despite the turmoil on the media networks, other New Eden corporations currently exploring the wormhole space are not likely to back off. “We have invested too much at this point to just walk away,” said a source at Chemal Tech. “Whatever the cost, the big bosses will keep the expeditions going - for better or for worse.”

Aineta Bikko agrees. “The newly-discovered space is evidently dangerous. However, our nations have amassed an incredible scientific, industrial, and military wealth. We have the resources to push forward, and I, for one, hope that our brave capsuleer pilots will spearhead the effort.”


ガレンテ海軍がクレオドロン調査隊との連絡途絶を報告
AD2009年3月10日23時54分 Svarthol

バーリレ群のクレオドロン社有施設制圧から間もなくして、ガレンテ海軍がクレオドロン調査隊と連絡が取れなくなったと地元メディアに伝えていたことが分かった。
軍はビューロー博士と調査隊が進入したワームホールの位置座標以外の情報を持たないと主張している。

ガレンテ海軍の報道官は次のように述べた。
「施設を確保した後、即座にビューロー博士と連絡を取ろうと試みました。ですが、調査隊と偵察ドローンのどちらとも接触できていません。今できることは調査隊の無事を祈りつつ待つことだけです」

NAVY REPORTS LOSS OF CONTACT WITH CREODRON TEAM
2009-03-10 23:54 By Svarthol

Only moments after seizing a CreoDron facility somewhere in the Barille constellation, Federation Navy officials have reported to local media that contact with the CreoDron team cannot be established. The Navy is claiming to have only just recently located the site of the wormhole, which they believe Prof. Burreau and her team have entered, aiming to explore the other side.

“Immediately upon securing the facility, we set about establishing a priority commlink with Professor Burreau,” stated one military official. “We have not yet been able to make contact with her team, nor the drones that initially entered the system. For now, the best we can do is wait and hope.”


ワームホールに関する様々な噂
AD2009年3月11日0時23分 Svarthol

クレオドロン社その他の後に続こうと、ニューエデン中の組織が独自にワームホール探検の準備を進めている。
個人の探検家から軍のような巨大組織まで、猫も杓子も調査隊を組織している状況だ。だが、どの調査隊も今日の異常現象を解き明かそうとしている点は同じである。

既にカプセラ界隈からワームホールの向こう側での交戦が伝えられており、希少資源が眠っているという噂も聞こえてくる。
治安当局の目がある場所で声高に発表しようとする者はいないため、これらの噂に対する反応は色々だ。
ある者はカプセラ海賊と知的生命体を見間違えたのだろうと噂を退けた。
ある者はカプセラが共謀して資源を独占するため、非カプセラに嘘をついているのだと憤った。
どの国家も噂について肯定も否定もしておらず、代わりに調査隊の準備に全力を注いでいる。

LTE通信で交わされている戦略的資源や潜在的脅威の話を総合すると、各国は海軍を警戒態勢で維持しておくつもりらしい。
セイリン事変以来、どの国も不測の事態に備えてそれなりの準備を整えている。
噂と事実が入り乱れた混沌の中、莫大な資力とクローン技術に恵まれたカプセラこそ、ワームホールから何らかの答えを引き出す希望なのではないかという期待が大きくなりつつある。
その時までは、各国とも未知の存在に備える以上のことはできないかもしれない。

EXPEDITIONS UNDERWAY ACROSS NEW EDEN, RUMORS ABOUND
2009-03-11 00:23 By Svarthol

Following in the footsteps of others such as CreoDron, numerous organizations across New Eden have begun to prepare themselves for expeditions of their own. From small, private endeavors to larger entities such as the Imperial Navy, people are mobilizing exploratory squads en masse, all in the hope of finding some answers to today's extraordinary events.

Various rumors of hostile encounters on the other side have been filtering down from the capsuleer class already, almost as often as whispers of rare new resources have surfaced. Reactions to these claims have been mixed so far, with nobody yet willing to state any definitive facts in a politically-charged public arena. Some have brushed the talk of hostility aside as a mistaken case of capsuleer piracy. Others have charged the capsuleer class with conspiring against the baseline populations and lying about the threat as they try to monopolize resources that they, above all others, would have the easiest time accessing. None of the empires have confirmed or denied these claims, preferring instead to focus on their own expeditions and defensive deployments.

With talk of strategic resources and potential threats flying around FTL comms, the Empire navies appear to have decided to maintain their current state of alert. Prepared now after the events of Seyllin, they stand more ready to guard against any number of unforeseen eventualities. In amidst a chaotic mixture of rumor and fact, the growing sentiment seems to be that the capsuleers of New Eden, with their immense resources and access to cloning technology, will be the best hope for some answers in the near future. Until that time, each of the Empires seems content to simply brace themselves for the unknown.


ワームホール探検家がコントロールタワーを建設
AD2009年3月14日16時19分 Svarthol

ニューエデン発-セイリン事変とワームホール出現を経て、冒険心と探究心が新世界へのコントロールタワー設置を成功させた。

あるカプセラの報告によると、ワームホールの生物は非情に攻撃的な性質を備えており、カプセラ海賊も潜伏しているため、ちょっとした実業家が事業を興せるような場所ではないという。
このことを念頭に置き、「第五軍団(Legio V Fidelus/LFS)」は慎重に計画を立て、資材を投じた。
そして彼らは危険をものともせず、コントロールタワーの建設に成功したのである。

この計画はLFSメンバーのWelsh Atlantianが発案し、首脳部の承認を得て実行に移された。
タワーを完成させるまでに2週間を要し、多くの燃料と建材を費やしたが、得られた結果は期待以上のものだった。将来の大規模計画へ向けた貴重な情報も手に入った。
Atlantianは「素晴らしい。次のワームホールを探検する計画もある」と語り、更なる開拓事業への意欲を見せた。

未知の星系と往復する方法はまるで予測不可能、果たして拠点は機能するのか。多くのカプセラがそんな疑問を抱えている。
この点についてLFSのCEOであるLupus Aureliusに尋ねた。
「コントロールタワーを拠点として利用できるのか、どう運営していけばいいのか。全てが実験のようなものだった。
明確なルートが存在していないから、ワームホールを出入りするだけでも厄介だ。もちろん、招かれざる客をもてなす方法も考えなきゃならなかった」

この成果は巨大組織でなくてもワームホールを開拓できるという好例だが、Aureliusは「生き延びるためにはチームワークが重要だ」と警告している。
初期の調査で判明した事実は、1人のパイロットでも何かを発見することはできるが、ワームホールの外まで持ち出すのは難しいということだった。

Aureliusは「忍耐が鍵だ」とも言っている。多くの大計画と同様に、ワームホールにも処理すべき問題が山積みだ。
必要なときに燃料を補給することが出来るだろうか? スリーパーの脅威はどの程度のものか? 気まぐれな連中から攻撃されたり、脅迫を受けるかも?
これらの疑問の答えが明らかになるのは、それが現実のものとなった時なのである。

WORMHOLE EXPLORERS DEPLOY CONTROL TOWER
2009-03-14 16:19 By Svarthol

New Eden - Days after the tragedy at Seyllin and the appearance of Wormholes throughout New Eden, the spirit of adventure and Man's quest for knowledge has produced what may be one of the first successes in a wave of capsuleer tower deployments in wormhole space.

Capsuleers have reported that the extremely aggressive nature of the inhabitants of the wormholes and the attacks on hapless explorers by professional pirates may deter the casual industrialist from exploiting any opportunities in the wormhole space. With that in mind, and having the resources and energy to put their plan in motion, members of the Legio V Fidelus [LFS] Corporation have braved the dangers and erected a control tower within a wormhole.

This project was the brain-child of LFS member Welsh Atlantian, who initially decided to move forward with the project after gaining Corporate approval. The end result was more than two weeks worth of fuel and resources at the newly erected structure, which will provide valuable data and insights for larger projects in the future. “The possibilities are brilliant,” states Mr. Atlantian, “I've got ideas for my next wormhole expedition.”

Many capsuleers have wondered whether a structure could survive in unknown space, as the routes to and from the unknown systems seem to move in an unpredictable way. When asked what sparked the expedition, Legio V Fidelus CEO, Lupus Aurelius, commented, ”…it has been kind of an experiment - could a [tower] be set up as a base as it were, and what would be involved. Also, without a 'clear' route, what would be involved in getting in and out over time, and of course, the occasional [stranded Capsuleer].”

This expedition is proving that wormhole space exploration is not just for the extremely large Corporation or Alliance, but Mr. Aurelius cautions that this is something that ”…requires significant teamwork to survive.” One thing that has been learned in these early explorations is that a single pilot may discover something great, but he or she is not going to bring it out of a wormhole alone.

Mr. Aurelius also states that, “patience is the key.” As with any major project, there a lot of variables that must be worked through. Logistically, will fuel be available when needed? How significant of a threat will the sleepers pose? Will opportunistic corporations try to mount some sort of offensive to remove or ransom structures placed in wormhole space? These questions will be answered, but only with time.


サッカー商隊がミンマター共和国に協力
AD2009年3月14日17時34分 Svarthol

パター発-サッカー部族はミンマター共和国と緊密に協力しながらワームホール探索を進めていく意向を明らかにした。
クレオドロン調査隊が発見した人工物は全ミンマター部族の興味を惹いており、何名かの商隊長が探索任務に関心を示している。
異常現象のために大商隊を失ったサッカー部族は、熱心に他部族と連携を取っているようだ。

ミンマター海軍のエリアス・ゴルトフ提督は次のように説明した。
「これは単なる探検ではなく、安全保障上の問題でもある。
我々の走査装置は国内に不安定ワームホールを検出しており、潜在的脅威がどのようなものなのかを特定しなければならないのだ」

サッカーミックスは科学分野と探検技術に造詣の深い、経験豊富な商隊長を集めている。ミンマター海軍は戦闘、電子機器、サルベージ作業の専門家を提供する予定だ。
安定ワームホールを見つけるため、まもなく複数の探検隊が共和国領内とグレートワイルドランドで活動を開始するだろう。

THUKKER CARAVANS TO TAKE LEAD AS MINMATAR WORK TOGETHER ON WORMHOLE EXPLORATION
2009-03-14 17:34 By Svarthol

Pator – The Thukker Tribe announced their intentions to collaborate closely with the Minmatar Republic in any effort made by the tribes to explore wormholes. With several caravan masters expressing interest in exploratory missions, the news of “non-natural signatures” in the wormhole system explored by the CreoDron team has heightened the interest of all the Minmatar tribes. The Thukkers are especially keen in teaming with the other tribes, having recently lost an entire Great Caravan to a solar event.

“This becomes not only a matter of exploration but also of security,” explained Admiral Elias Gortf of the Republic Fleet. “Our latest scans indicate wormholes of varying stability are cropping up in our home regions, and we must determine what the potential threat may be.”

The Thukker Mix corporation is drawing up a list of the most experienced captains from the science and exploration-oriented caravans; the Republic Fleet and other Minmatar tribes will provide experts in security, electronic systems, and salvage operations. Multiple expeditions are expected to set out very soon from Republic and Great Wildlands ports in search of stable wormholes in the name of exploration.


探検家を狙うワームホール海賊
AD2009年3月19日0時29分 Svarthol

ニューエデン発-神秘的かつ予測不可能なワームホールは、研究事業と探検の一大流行を巻き起こした。
これに伴い、海賊や傭兵による襲撃も急増している。

海賊行為の脅威は日々増大していると言ってもいい。
迂闊なパイロットを罠にはめようと、数多の海賊や傭兵がワームホールに隠れ潜んでいる。迷いこんでくる艦船を襲うため、ワームホールに本拠地を構える海賊さえいる。
四大国領における海賊行為はCONCORDが取り締まっているが、ワームホールは無法地帯であり、用心を欠いたパイロットはただ犠牲になるばかりだ。

以前からCONCORDの管理下にない宙域に住まうパイロットは多かった。そのようなパイロットの大部分は、犯罪歴のために高セキュリティ領域から追放されたも同然だ。
だが、今ではワームホールを通じて四大国領へ忍び寄ることも可能となった。ワームホールへ手を出す実業家や探検家は準備万端かもしれないが、海賊も牙を研いで待ち構えている。

「異端軍(Heretic Army)」のCEO、MirrorGodが上首尾に終わった仕事について話してくれた。
「GalNetを通じてワームホールのことを知ると、すぐさま私達はプローブを取りに走った。そして1時間後には近所のやつを見つけ出していた。
ワームホールに入ったのは20人くらいだ。邪魔なスリーパーどもを片付るのは大仕事だったが、探検家諸君は血祭りに上げさせてもらった」

どのように標的を探すのかと尋ねると、「異端軍」の一員であるRedSplatから答えが返ってきた。
「艦隊で動いてない船がスキャンに引っかかったら、プローブで特定、後は殺すだけ。
ワームホールを封鎖して身代金を取ることもあるし、通行料代わりに収穫を置いていってもらうこともある」

ワームホールを探検する者は不安定ワームホールの性質に悩まされるだろうが、海賊には無縁な話だ。
彼らは奇妙な環境を巧みに利用し、気まぐれな空間と上手く付き合う方法を編み出している。

MirrorGodはワームホールの将来について次のように語った。
「ワームホールは遊撃戦を旨とする海賊の性に合っている。この奇妙な空間を巡る馬鹿騒ぎが落ちついたら、スターゲートの後ろに隠れている連中を驚かすために使うとしよう」

PIRATES TARGET EXPLORERS IN WORMHOLE SPACE
2009-03-19 00:29 By Svarthol

New Eden - With renewed interest throughout New Eden on research and exploration sparked by the emergence of the mysterious and unpredictable wormholes, there has been an increase in acts of aggression upon ‘Targets of Opportunity' by pirate and mercenary corporations.

The threat of piracy is growing daily. Pirate and Mercenary corporations all over New Eden are roaming within the boundaries of these new cosmic signatures, using their shadow to trap the unwary. Some of these are even choosing to make these places home, preying on those who enter the uncharted systems. The threat of piracy in Empire space has been tempered by CONCORD in the past, but with the emergence of wormholes, the threat has been renewed and the unwary are falling victim.

There are pilots who inhabit the vast expanse of space not protected by CONCORD. Many must live in these regions because their crimes have made it impossible to enter CONCORD protected space without dire consequences. Some of these pilots may now be as close to Empire as the entrance to the nearest wormhole. Even as those Industrialists and explorers who would explore the wormholes were preparing to do so, these pirates were making preparations as well.

According to MirrorGod, CEO of Heretic Army, “When the first news from GalNet came in of these cosmic appearances, only minutes later were our pilots producing the launchers and probes necessary to find them, within the hour, we'd found our first wormhole next door.” He continues, ”…20 odd of our pilots attended [entering the wormhole]. We did quite a job against the sleeper resistance and managed to strike blood on the other explorers as well.”

RedSplat, a member of Heretic Army, replies when asked about how targets are identified, “If ships are identified on scan that aren't in fleet, they are probed out and eliminated…” He continues, ”[the wormholes] have been bubbled, [capsuleers] ransomed and offered a route out for ISK if their fleet's covops ship [is destroyed].”

While it appears that some who would explore the wormholes, and harvest the treasures that lie therein, are uneasy and in some cases ill-prepared for the unpredictable nature of wormhole entry and exit points, these pirates do not share these concerns and in fact, are quite comfortable with the phenomenon.

“Wormhole operations came natural, we're well adjusted to a nomadic brand of piracy.” states CEO MirrorGod. When asked about the future of wormhole exploration, he concludes, ”…as time goes on and as the hype surrounding these new cosmic anomalies settle, I certainly intend on using them to make things less safe for those who believe they can hide behind a secure star-gate.”


セイリン事変への支援を誓うカプセラ
AD2009年3月19日21時50分 Svarthol

セイリン発-セイリン事変を受けて、カプセラ有志は被災者支援の準備があることをGalNet上で発表した。

多くのカプセラが被災者へ支援物資を届け、当局に協力を申し出ている。
最初に動いたのはガレンテ連邦に忠実な「武装フクロウ隊(Strix Armaments and Defence)」のDamith d'Estelasだった。

D'Estelasは救出活動に関わった人々を賞賛し、特にサーペンティス社の行動が予期せぬものだったこと、彼らが迅速に支援を決断したことを評価した。

Strixの申し出は、連邦支持者仲間であるPlacid RebornのFellowelly Brightanによってすぐに広がった。Placid Rebornは被災者の救援に尽力したコーポレーションであった。
「今日の10時頃、Placid Rebornは2隻のイタロン級輸送艦を動員したんだ。Essenceに飛ばしてセイリン1からの避難に協力するためにね…加えて超大型輸送艦も差し向けたんだが、残念ながら間に合わなかったんだよ。」

サンシャ国への忠誠で知られている「白薔薇協会(White Rose Society)」も、CEOのVikarionが「個人的な頼み」に応じる形で支援を始めている。
「多くの生存者が苦しい状況にあることは認めよう。というか、まぁ、死体置き場になりつつあるようだな。
抗生物質や水、食料が必要なのだろう。我々の現在地からはかなりの距離があるが、必要なものを知らせてくれれば喜んで手助けする。今ちょうど輸送船団を編成しているところだ」

今回の災害は全く凄まじい物だった。5億人のセイリン1市民がプラズマ流によって命を奪われ、冷酷な現実は救出活動が無意味なものだと教えている。
救助隊も生存者の存在を疑問視しており、活動を終え始めている隊が多い。

「フォージテック工業(ForgeTech Industries)」のVerin “Stitcher” Hakatainも諦めを滲ませた。
「傍観者でいるのは嫌だったが、もう災害は終わってしまったも同然だ。出来ることはない」

セイリン1の人口は約5億人と推計されているが、脱出に成功したのは100万人に満たない。

CAPSULEERS PLEDGE SEYLLIN AID
2009-03-19 21:50 By Svarthol

Seyllin, Essence - In the aftermath of the Seyllin I disaster, capsuleer organisations and independent pilots voiced their readiness to assist survivors of the incident via GalNet.

Many capsuleers volunteered to assist authorities directly, or to supply aid and resources for the survivors. One of the first pledges of supplies and assistance came from Damith d'Estelas on behalf of Strix Armaments and Defence, a corporation loyal to the Gallente Federation.

Ms. D'Estelas also spoke briefly to commend the efforts of all involved with the evacuation effort, making specific mention of the assistance rendered by the Serpentis Corporation, and their unexpected and quick response to the disaster.

Strix's pledge was quickly echoed by fellow Federation loyalist Faraelle Brightman of Placid Reborn, who volunteered her corporation's assistance with the evacuation of personnel: “At about 10:00 today, Placid Reborn mobilized two Iteron class haulers to fly to Essence and assist the evacuation of Seyllin I…Attempts were made to additionaly mobilize a freighter that unfortunately could not happen in time.”

White Rose Society, a capsuleer corporation known to have loyalties with Sansha's Nation, also extended their hands in the form of a 'Personal Request' by CEO Vikarion urging an end to speculation over the disaster, and pledging supplies to the survivors ”…Now, while I grant that the situation does not lend itself to a large number of survivors, or even to a collection of the dead, certainly there must be some need in the system for such things as antibiotics, food, water, and so forth. I am quite a distance away, but if anyone could please list the needed items, White Rose Society would love to help. I'm trying to put together some shipments now.”

Due to the nature of the disaster, and the deaths of some half a billion people on the surface of Seyllin I due to the plasma event, the chilling reality soon set in that relief was likely no longer required. Many of the rescue efforts were apparently directed to stand down as it appeared doubtful that anybody was left alive on the planet to save.

Verin “Stitcher” Hakatain of Forge Industries agreed: “I hate being a spectator as well, but the crisis is over, effectively. There's nothing more to be done…”

Of the estimated half a billion inhabitants of Seyllin I, only half a million were successfully evacuated.


ある病院船の物語
AD2009年3月25日16時16分 Svarthol

アポルリー発-プラズマ流がセイリン1へ接近すると、救出活動も生き残りを賭けた逃走劇へ一変した。
だが、そんな中でも冷静さを失わず、可能な限り手を尽くした人々もいた。
スコープ取材班はレニン救済機関のオベリスク級輸送艦「グライディング・スター」に同乗し、死にゆく惑星の最期を目の当たりにした。

セイリン事変が報道されると、グライディング・スターは即座にセイリン星系へ派遣された。ジャック・デュガール艦長は次のようにセイリン事変を振り返った。
「グライディング・スターが病院船として機能するよう設計されていたのは幸運でした。今までそういう目的のために使われたことはありませんでしたが、しっかり働いてくれました。
プラシッド向けの物資を積んでいたので、時間を無駄にせず、すぐにセイリンへ出発できたのも良かった」

グライディング・スターがセイリン1軌道上に達すると、乗員は被災者の収容準備に追われ、惑星から避難した被災者も続々と到着し始めた。

「ほとんどの人が火傷と放射能中毒で苦しんでいました。医薬品はいくらあっても足りなかったし、収容した時には既に亡くなっている負傷者もいました。
被災地の状況が悪化すると、今度はレーザーや銃撃を受けた負傷者まで到着するようになったのです」

「2時間もすると医療区画が限界に達しましたので、セイリンが封鎖された時にはアポルリーへ向かっていました。
プラズマ流の到来を知った時は、何か解決策があるに違いないと思いました。」

「しかし、いざその時が訪れると、我々は軌道上から手をこまねいて見ていることしかできなかったのです。
『出来る限りのことをした』という言葉も今日は慰めにはなりません」

STRUGGLE AGAINST THE ODDS: A HOSPITAL SHIP STORY
2009-03-25 16:16 By Svarthol

APORULIE - With the giant ball of overheated gas approaching Seyllin I, the evacuation effort had turned into a frantic scramble for survival. Still, some people remained calm, trying to do as much as possible within the short timeframe. The Scope crew was present onboard the Obelisk-class freighter Gliding Star, operated by Renyn Relief charity fund, during the last hours of the doomed planet.

The Gliding Star was dispatched to Seyllin as soon as news of the disaster emerged. According to Captain Jacques Dougard: “The Gliding Star was originally designed with hospital functions in mind, and that turned out to be a real blessing. Although we thankfully never had to employ for that purpose before, it operated well throughout its mission. Luckily, we had a large shipment onboard for a relief operation in Placid, so we did not waste any time and were able to arrive to Seyllin in an hour.”

As the freighter swung into Seyllin I orbit, frantic conversion work began, and the first refugees started to arrive from the planet's surface.

“Almost everyone from the planet was suffering from radiation burns and poisoning. We did not have nearly enough of the necessary medicines, and many people died in the first hour. As the situation planetside got increasingly dire, we started receiving many patients with laser burns and gunshot wounds.

“In just under two hours, the freighter medical bays were full and we set course for Aporulie when the blockade was imposed on Seyllin.

“Even when we found out about the plasma wave, we were hoping to be able to make another run,” says Captain Dougard. “But all we could do was sit in orbit helplessly. With so many people dead, saying 'we did everything we could' is not a consolation.”


backstory/the-seyllin-incident.txt · 最終更新: 2020/11/10 13:51 (外部編集)