EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

EVE Online Japan Wiki

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

backstory:malaetu-shakor

マレアツ・シャコール

転載元:EVEonlineJP Wiki
原文:Chronicle:Malaetu Shakor

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

blind.jpg


この何億何兆とも知れぬ数のこのEVE世界の住人の中にあっては個人の行動による影響など無いに等しい、そんな思い込みに救いを見出す者も居るかもしれない。己の技術、忍耐、運を駆使して世界を変革し、その名を歴史に残した人々もまた無数にある。だがその中の多くは単に多数の人が縋る哀れな希望から生まれた単なる作り話なのかもしれない。マレアツ・シャコールの話もそんな中の一つだ。

One would be forgiven for assuming that with the countless billions of inhabitants in the world of EVE the acts of an individual count for little. Yet there are equally countless tales of individuals that through skill, perseverance or luck shaped the world around them and made their mark on history. Maybe most of these tales are only fables, kept alive with forlorn hope by the insignificant many. One of these tales is that of Maleatu Shakor.

ブルートーのデファイアント族1)に生まれたシャコールだったが、生まれた直後にデファイアント一族を苦しませてきた目の病気を発病させてしまう。代々アマー人の手によって酷使され続けてきた結果表れたこの目の病気は緑内障に似ており、発症すれば5歳になるまでには確実に視界を完全に失う事になるものであった。アマー人の支配下に居た頃とは違い現在のミンマター共和国にはその病気を治す方法が知られているのだが、ブルートー族の内部ではこの病気によって白濁化した眼を持つ者が尊敬される風習があるために多数が治療を拒んでいたのが現状だった。当時未だ10代であったシャコールは視界を回復させるための手術を拒む事を決意する。驚くべきことに、それは仲間たちから尊敬されたいと言った理由からでは無く、アマー人による身の毛もよだつ「人間持続計画」の為の人体実験の犠牲となって健康を害し、あまつさえ命までも奪われた人々に対する個人的な尊敬の念から来たものであった。

Born a son of a Brutor Defiant, Shakor soon showed the signs of the eye disease that plague so many descendants of Defiants. The eye disease, a result of the harsh treatment the Defiants received at the hands of the Amarrians, is similar to glaucoma and invariably results in a complete loss of sight before the age of five. Unlike when under the yoke of the Amarrian occupation the Minmatars today have access to cures for the disease, but many decide against a cure as the white eyes associated with the disease have become a sign of respect amongst the Brutor clan. Shakor decided as a teenager not to undergo an operation to regain his sight. He did this not to gain respect from his fellow Brutors, but out of personal deference to those Defiants that lost their health and even their life as human guinea pigs in the gruesome Human Endurance Program of the Amarrians.

シャコールが成人する頃にはミンマターの反乱が始まってから久しかったが、それでも彼はアマー人に対して立ち上がる事を止めなかった。アマー人領域の目と鼻の先で活動する、くたびれた武闘派の反乱集団と合流したシャコールはすぐさま稀代の名艦長として有名になる。彼は数か月のうちにその戦闘集団を統率するようになり、彼らを戦闘特科集団として鍛え上げた。彼の名を冠し熟練パイロットによってのみ使用可能な、かの悪名高き大胆不敵な近接反撃戦法である「シャコール螺旋陣」はこの頃に考案されたようだ。

The Minmatar Rebellion was long over when Shakor came of age, but still he decided to take up the fight against the Amarrians. Joining a raggedy band of fighters (rebels in the eyes of the Amarrians), Shakor soon proved himself as an outstanding ship captain. Within a few months he had taken control of the rebel band and organized them into an expert combat squad. It was at this time that Shakor devised his infamous battle formation that bears his name: Shakor’s Spiral - a daring close counter assault tactic that only the most skilled pilots can pull off.

シャコール団は他の反乱軍と同じくミンマター共和国とアマー帝国の国境線、俗に言うアマター宙域周辺で作戦を展開していた。だがその悪名が急速に広まるにつれてアマー側は彼らの精鋭部隊を繰り出してシャコール団を狙い始める。今まで以上に苦戦を強いられ始めた他の反乱軍指揮官達はシャコールとその仲間を国境圏から追い出し、ミンマター辺境へと向かわせたのだった。だがシャコールはそんな事で落ち込むような風では無く、グレートワイルドランドの奥深くの秘密基地を拠点にアマー帝国と戦い続けた。彼の波乱万丈な一生の中で最も不可思議な事が起こったのはそんな時だった。

Shakor’s squadron operated on the borders of Minmatar and Amarr (actually Ammatar) space, like other rebel squads. Its notoriety grew in leaps and bounds, prompting the Amarrians to start targeting the squad with their elite forces. Pressure from other rebel leaders (who were taking a licking from the Amarrians) forced Shakor to leave the border regions with his squadron and set up his base of operation away from Minmatar space. Far from deterred, Shakor continued fighting the Amarrians from his isolated station hidden deep within the Great Wildlands. It was there that the strangest incident of his eventful life occurred.

ある日シャコールとその仲間は、界隈では最強と名高い戦闘集団、アマー帝国防衛隊によって戦闘からの帰還中に奇襲される。そして激しい戦闘が始まった…。即座にシャコールは螺旋陣形を組み、帝国防衛隊は螺旋陣対策のために開発されたアロー陣形で迎え撃つ。経験豊富なシャコール団であったが損害が増加するにつれ混乱に陥り、逃げ出そうとする者まで現れだした。帝国防衛隊はそんな敵を容赦なく狩りたて、抹殺し、一匹として残す事は無かった。無抵抗なカプセルまでも潰し回り、確実に生存者が居なくなるまで徹底して掃討を続けた。だが彼らがついにシャコールのカプセルに砲口を向けたその時、突如ジョヴ艦が遮蔽を解除しそのカプセルの真横に出現する。容易く全てのアマー艦のレーダーを無効にしたジョヴ艦はシャコールのカプセルをカーゴの中に回収し再び姿を消した。アマー側は追跡を試みるが、その痕跡すら見つけられずに終わったのだった。

Returning one day from the hunt, Shakor and his men were ambushed by the Amarr Royal Guard - universally regarded as the best fighting unit around. A fierce battle ensued. Shakor’s men quickly formed a Spiral, the Royal Guard responded by forming an Arrow formation, designed to counter the Spiral. Despite their experience, Shakor’s men panicked once their casualties began mounting and tried to retreat. They were hunted down and slaughtered to the last man by the Royal Guard. The Guardsmen wanted to make sure there were no survivors and systematically began destroying the defenseless capsules floating around. But when they locked their weapons on Shakor’s capsule a Jovian vessel uncloaked itself next to the capsule. Jamming the Amarr vessels with ease, the Jovian ship leisurely moved Shakor’s capsule into its cargo hold before disappearing again. The Amarrians tried to track it down, but found no trace of it.

その後マレアツ・シャコールの名が聞かれる事の無いままに2年の月日が流れ、先の事件でジョヴの干渉に腹を立てていたアマーは当初、彼を死んだと断定していた。だが彼はミンマター共和国に人々の驚愕とともに帰国したのだった。かつての理想に燃え世間を騒がせていた獰猛だった様子とは違い平静で落ち着いた姿を見せる彼だったが、ジョヴの何かしらの陰謀かと疑う彼の家族によってDNA検査が行われた、結果間違いなくシャコール本人であると確認された。だがシャコール本人はジョヴ人と一緒に過ごした時間に関しては決して話そうとしなかった。そして未だにアマー人によって奴隷化されているミンマター人の解放の為シャコールは共和国において政治的な立場を背負い、再び立ち上がったのだった…以前のように宇宙戦艦隊を用いてでは無く、今度は厳しい言論と政治的謀略によって。彼の先祖達がかつてアマーの支配に反抗した時のように、マレアツ・シャコールもまた外交において、このEVE世界中そこかしこでアマー人に反抗を続けているのだ。

For two years nothing was heard of Maleatu Shakor. The Amarrians, initially vexed over the Jovian interference, assumed he was dead. Thus his return to the Minmatar Republic came as a total surprise. Where Shakor had once been fierce, driven and highly agitated he now seemed unusually calm and collected. Fearing some foul Jovian plot Shakor’s family insisted on DNA tests; they confirmed his identity. Shakor himself has remained silent about his time with the Jovians. He assumed a political position with the Republic and soon resumed his fight for freeing Minmatars still enslaved by the Amarrians, with the difference that his arsenal now consists of sharp words and political machinations instead of a fleet of space ships. Just as his ancestors defied the Amarr rule all those years ago Maleatu Shakor continues to this day defying the Amarrians at every opportunity in the halls of diplomacy all over the world of EVE.

1)
かつてアマーの下で奴隷にされていたブルートー族の一団。後述の「人間持続計画」の対象となった
backstory/malaetu-shakor.txt · 最終更新: 2017/09/23 20:54 by bartlett