EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

backstory:lost-stars

ロスト・スターズ

翻訳:Walter Islands
原文:Lost Stars

Copyright © CCP 1997-2017
原文はCCPに著作権があります

loststars.jpg


送信者:ダシーヌ・オラート、内部監査部、クァフェ・コーポレーション
受信者:ポイア・ビラディレット、CEO、クァフェ・コーポレーション
件名:不良品「クァフェ+」についての事後調査

閣下、
監査部は発売に失敗した商品「クァフェ+」についての調査をほぼ完了しました。初期調査と予備資料を添付してあります。
我々はこの商品が我が社に打撃を与える前に生産を停止させました。全ての関係者にも適切な処置をとってあります。
当局には通報されていません。ゲーア・アイヨンは既にクァフェ社とは何の関係もない人間です。
来週、この件に関して責任を負う者を再招集して、全調査を終える予定です。以下は調査の核心に迫る文書です。お読みください。

From: Dasegne Oleart, Internal Affairs, Quafe Corportion
To: Poire Viladillet, CEO, Quafe Corporation
Subject: Post-Mortem Investigation of Failed Product “Quafe+”

Sir, We have concluded our research pertaining to the failed launch of the product “Quafe+.” Enclosed are initial research and preliminary documents for your perusal. We have stopped production of this product before it could hit distribution. All implicated parties have been dealt with in proper fashion. The authorities have not been contacted. Gheyr Aillon is no longer with the company. The investigation will conclude in the next week after the guilty parties have been re-massed. Please find below the investigation’s core documentation:


ヨシフ・ベロアの日記、YC111年9月12日より引用

遂に売り払ってしまったが、良い気分になれそうもない。ビラディレットが送ってきた新しい提案を突き返すことができなかった。
私のオンボロ船団には過ぎた申し出だったんだ。ロクデナシのクァフェは損をしてでもバイオマスをかき集めたいらしい。
きっと「クァフェ+」の開発だって遅れてるんだろう。それにしても、なんで奴らは私達をこの死体置き場で働かせ続けたがっているんだ。
まぁ、私ができることといえば、あの大企業の嫌らしい獣どもに愛想笑いし続けることくらいだが。

From the journal of Yosif Veaulore, Sept. 12, YC 111

I sold out today, and I could not be happier. Viladillet’s office sent me their newest offer, and I couldn’t turn them down. It was more than generous for my fleet of junkers. Those Quafe bastards are losing their touch the bigger they get; either that or they’re desperate for the biomass. Quafe+ must be behind schedule. I don’t know why they want us to keep at the morgue runs. All I can gather is that it’s to keep an emotional face on that lumbering beast of a conglomerate.


即時発表用原稿

クァフェ・コーポレーション、ロスト・スターズ株式会社を吸収合併

リアサトン発-クァフェ・コーポレーションが関連企業クァフェ・エンタープライズを通してロスト・スターズ社との合併を完了した。
ロスト・スターズ社はガレンテ連邦全域を対象に、宇宙船の交戦による戦場跡の処置に特化した連邦ベースの葬祭サービス代理店である。
合併契約に同意したクァフェ・エンタープライズは無数の企業で構成されており、急成長ビジネスの集合体と言える。

ロスト・スターズ社はYC106年にヨシフ・ベロア氏が彼の息子ペリメ氏と共に起ち上げた。
デッドスペース空間を漂う宇宙船乗組員の遺体を回収する、たった1隻のフリゲートから出発して、現在のロスト・スターズ社は深宇宙探索任務用に設計された2000隻以上の艦船を保有している。
この買収劇によって、ロスト・スターズ社はクァフェ・エンタープライズの新たな産業サービス部門で大きな役割を果たすことになるだろう。
「私達はクァフェ・ファミリーの一員であることを誇りに思います」ロスト・スターズ社の社長ベロア氏は語る。「クァフェに後れを取らない人材を提供していきたいものです」

FOR IMMEDIATE RELEASE

Quafe Corporations Merges with Lost Stars, Inc.

Lirsautton – The Quafe Corporation, through its affiliated development group Quafe Enterprises, has completed their merger with Lost Stars, Inc., a Federation-based funerary services agency that specializes in cleaning up the aftermath of starship engagements throughout the Gallente Federation. The companies agreed to a merger agreement in which Lost Stars will join the myriad companies comprising Quafe Enterprises’ burgeoning business conglomeration.

Lost Stars, Inc. was founded in YC 106 by Yosif Veaulore, who started the business with his son, Perime. From the corporation’s beginnings as a single frigate retrieving the bodies of crew members from deadspace pockets, Lost Stars, Inc. currently maintains a fleet of over 2,000 ships, many custom designed for deep space retrieval missions. Through the deal, Lost Stars will provide an important role in Quafe Enterprise’s new Industrial Services division. “We are proud to be a part of the Quafe family,” says Lost Stars’ president Veaulore. “We hope to provide a human element to Quafe to show that there’s more to the corporation than beverages.”


ヨシフ・ベロアの日記、YC112年3月20日より引用

ペリメのことが心配だ。私はペリメがこの新しい環境で良くなるだろうと思っていた。
だが、彼のメッセージは短いし、不機嫌な内容だ…少なくとも普段よりずっと苛立っている。
クァフェの背広組がペリメの情報をチェックしそこねていることが分かったので、新しい船へ移すことにした。
ペリメをトラブルから遠ざけ、安全にしておくために、できることは全てしておきたい。私はなにか間違ったことをしているだろうか?

ペリメは私を説得しようとしてきた。これは酷い仕打ちで、もし実行しようものなら自分は傷つくと言って。
残念ながらペリメは私を説得できるだけのものを持っていない。前回彼がトラブルを起こしたとき、ペリメは自分の株を私に売ってしまったのだ。
これが彼を静かにさせておく唯一の方法だろう。この事業は彼が思いついたものだ。偽名さえ使って彼を雇い続けているのは、それが理由だ。
私は彼を手元においておきたい…私は彼を愛しすぎているのだろうな。これはペリメにとって良い変化になる。間違いない。

From the journal of Yosif Veaulore, March 20, YC 112:

I’m worried about Perime. I thought that maybe he’d get better in this new environment. His messages are sullen and terse to me – at least, much more than usual. I made sure the Quafe suits didn’t audit his files, and I transferred him to a new ship. I’ve done all I can to keep him safe and out of trouble. What am I doing wrong?

Perime tried to convince me that this was a bad deal, that I’d hurt him if I went through with it. He doesn’t have much to stand on. He sold me his shares the last time he got in trouble. It was the only way I could keep his problems quiet. This business was his idea. That’s why I still keep him on staff, even if he’s under an assumed name. I have to keep him close to me; I love him too much. This will be a good change for him, I know it.


ロスト・スターズ株式会社、クァフェ・コーポレーション株式会社-新バイオマス回収計画進捗報告からの抜粋

YC112年第2四半期

要求量を40%下回っているが、本四半期開始時からのバイオマス回収量は、昨年の第2四半期と比較して200%増加している。
デッドスペースや戦場から回収されたバイオマスの大部分は社内で利用するため再処理され、微量(5%)が連邦全体のクローニング施設へ売却されている。

推定値:
デッドスペースから回収された死体の平均数:5000
カプセラ交戦跡(30隻が破壊された)から回収された死体の平均数:1000
戦場跡で返還を求められる死体の平均数:100

このような場所から回収されるバイオマスの大部分は戦闘で死亡した乗組員に由来している。彼らが脱出ポッドへ逃げこむ前に船体が断裂した結果である。
回収したバイオマスは真空に曝されていたため、判別がつかないことが多い。このような残骸から個人の死体を引き渡すよう要求された場合は通常の葬儀費用を上回る価格となる。
そのため、ロスト・スターズ社の顧客の圧倒的多数が、戦死した家族を適切に埋葬したいと願う高所得者層遺族で占められている。
資力のない遺族のために回収費や葬儀費を支払うサーバント・シスターズ・オブ・イブも主要な顧客である。

An excerpt from the New Acquisition Progress Report – Lost Stars, Inc., a Quafe Corporation company.

Q2 YC112

From the start of the quarter, biomass retrieval operations have increased 200% over Q2 last year, though the number of retrieval requests has gone down by 40%. Most of the biomass collected from deadspace locations and battle sites is reprocessed for use within the company, though a small percentage (5%) of the collected human biomass is sold to cloning facilities throughout the Federation.

Estimated numbers:

Average number of bodies retrieved from deadspace locations: 5,000
Average number of bodies retrieved from capsuleer engagements (30 ships destroyed): 1,000
Average requests for individuals to be retrievals per engagement: 100

Most biomass retrieved from these locations consists of starship crew members who did not survive the engagement: Their ship’s hull was breached before they could escape through escape pods. This recovered biomass is often unrecognizable, exposed as it is to the vacuum of space. When requests to retrieve individual bodies from this wreckage come through, the price is often well above normal for funeral costs. Upper-income families are the overwhelming majority of clients for Lost Stars, as they wish to give their relatives lost to starship engagements a proper burial. The Servant Sisters of EVE are also major clients, providing donations to under-privileged families to pay for retrieval and funeral costs.


ヨシフ・ベロアの日記、YC112年4月10日より引用

クァフェの奴らは私の船団に驚くようなことをやってのけた。全ての船を修理し、新しい乗員を割り当て、新品の装備を取り付けた。
新しい回収用ドローンもある(今のところは船団の半分だけだが)。もう宇宙空間を歩き回る必要もない(乗組員から「死の行進」なんて呼ばれていた)。
これからは作業員を送り出す代わりに、ドローンに取ってこさせればいいだけだ。ガレンテが言う自由ってのは、危険な作業から解放されるって意味だったのか?
今年中に全艦が新しい装備に換装されるに違いない。そうなれば大規模なリストラも起きるだろう。安全の対価というやつだな。

From the journal of Yosif Veaulore, April 10, YC112

They’ve done wonders with my ships: repairs on all the ships, new crews, new equipment. Like new salvage drones (for about half of the ships, at least). No more space walks (“death marches,” as the crews used to call them). Now they can send those drones out to fetch the corpses instead of sending my men out there. Gallente liberty means freedom from dangerous work, right? I’m expecting that within a year we’ll have all the ships fitted with these new modules. That’ll probably mean massive layoffs at that time. That’s the price of safety.


人事ファイル:「クァフェ+」計画総括責任者ゲーア・アイヨンの経歴

アイヨンはマンナー星系の大洞窟鉱業地で働く鉱山労働者一家に生まれた。8歳の時に爆発事故で両親が他界。
それから18歳になるまで親戚や家族の友人を頼りながらマンナーを転々としていた。苦労の多い少年時代だったが、彼には生来の学習能力と、歳に似合わぬ雄弁さが備わっていた。
やがて全額支給制の奨学金を貰ってケイル大学に入学、マーケティングの学位を取得して首席で卒業。
卒業後は波乱のガレンテ実業界に飛びこみ、小さな企業をいくつか設立して立て続けに成功させた。
アイヨンの手を離れた途端にそれらの多くは破産してしまったが、クァフェ・エンタープライズの一部となったものもあった。3年後、アイヨンは31歳にしてクァフェ社史上最も若い総括責任者になった。

Personnel files: biography of Gheyr Aillon, Project Lead for Quafe+

Aillon was born to a family of miners in a deep-cavern mining community on Mannar. Both of his parents were killed in a deep-core explosion when Aillon was eight years old. He lived with relatives and family friends throughout Mannar until he turned eighteen. Though impoverished throughout his childhood, he had a natural talent for learning and and eloquence beyond his years. When he was of age, he attended the University of Caille on a full scholarship. Graduating at the top of his class with a degree in Marketing, he entered the Federation’s corporate world in a blaze, founding several small companies and turning them into instant successes. Some of the corporations folded shortly after Aillon left them, but a few still remain as part of Quafe Enterprise’s conglomeration. Three years ago, Aillon became the youngest project lead in the history of the Quafe Corporation at the age of 31.


ヨシフ・ベロアの日記、YC112年4月30日より引用

ペリメの様子がますますマズくなっている。先月以来、やっと彼と話をすることができた。彼は私に怒っているに違いない。
ペリメには人々を助けるよういつも教えてきた。私はその教えを見失っているのだろうか?いいや、そんなはずがない。これまで以上に人々を助けている。この事業は人々に貢献するためだけにある。

それがペリメがこの会社を始めたがった理由だ。少なくとも建前はそうだった。私達は妻を、母を戦闘で失った。彼女と私は「和解しがたい不和」のために離婚したが、ペリメは彼女のことをとても愛していた。
だからこそ、彼女が宇宙船に乗りこみ、技術者として働き始めたことに酷いショックを受けた。彼女はほぼ1年間を宇宙航路のためだけに費やしたんだ。ある日、彼女が乗っていたソーラックスが沈められた。
インタキ星系の小惑星帯で4人の卵野郎に襲われて。それがヴェリネの最期だ。連中は脱出ポッドが離れる前に船を破壊しやがった。私達はソーラックスを沈めたカプセラに何度も連絡を取ろうとした。
せめてちゃんとした墓を作ってやりたいから、死体を見つけるのを手伝ってほしいと懇願さえした。何の返事も返ってこなかったさ。

その頃のペリメはやっと一人前の男になりかけていたところだったが、まだ子供っぽさも残していた。あの子は私が見たこともないような暗い怒りに燃えていたよ。
それから1ヶ月間、彼は行方知れずになってしまった。病院からの連絡でペリメが生きていることが分かったが、ひどく殴られて死にかけていた上、どこへ行っていたのかも話そうとしてくれない。
でもそんなことは問題じゃなかったんだ。彼が生きていてくれるだけで嬉しかった。その時だ。まさにその時、彼はこの仕事を私に提案してきた。
とても断ることはできなかったから、金のことも考えずに約束した。全てはペリメを安全に、私の近くにおいておくためだから。

From the journal of Yosif Veaulore, April 30, YC112:

Perime’s getting worse. I’ve barely spoken to him in the last month. He’s angry with me, he must be. To him, it was always about helping people. Am I losing sight of that? No, I can’t be. I’m helping more people than ever; progress does nothing but good to people.

That’s why Perime wanted me to start this company with him, or at least that was the front he put on. We had lost his mother to one of these engagements. She and I were divorced by that point – “irreconcilable differences” – but Perime loved her so much, and it broke his heart when she started working as an engineer for those big, new starships. She had only been working the space lanes for about a year when her ship was destroyed in a capsuleer engagement. Total destruction of the Thorax on which she was stationed. Four eggers caught the ship by surprise in an asteroid belt in Intaki. They tore the ship apart before all of the escape pods could get away. Verine didn’t make it out. We tried several times to reach the capsuleer in charge of that Thorax, pleading for him to help us recover her body so we could give it a proper burial. He never returned our messages.

Perime was barely a man by that point, but he still had a child’s temper. He went into his dark rage, the worst I’ve ever seen him. I lost contact with him for about a month. It was only when the hospital contacted me that I knew he was alive, though he was badly beaten, almost to the point of death. He never told me where he went, but that didn’t matter. I was just happy to know he was alive. That’s when he proposed the business to me. I couldn’t turn the boy down, so I promised to give it a shot, regardless of the cost. Anything to keep him safe and close.


ゲーア・アイヨンによる投資家向けスピーチからの抜粋:

「クァフェ+はニューエデンにおけるソフト・ドリンクの進化の象徴です。我々はこのクァフェ+を携え、清涼飲料水市場をレジャー製品から食卓の主役へ転換させたいと思います。
現在のクァフェ社は、消費者が渇きを癒やすため毎日のように我々の商品を求める『嗜好品』市場にいます。我が社はその次元を越えた『必需品』市場に立たねばなりません。
他の何物でもない、クァフェ+こそが目的である顧客を獲得しなくてはならないのです。しかしクァフェ+は物理的、心理的な依存性を必要としません。
クァフェ社はサーペンティスのような怪しげな組織ではないのです。むしろ、これは文化的必要性、社会的必要性、そして精神的必要性と言うべきでしょう。
クァフェ+は慣れ親しんだ存在の集大成であり、あらゆる文化にとって社会遺伝的に必要なものとなります。我々はこの製品が未来への進歩のために絶対に必要になるものだと考えています」

「親愛なる投資家の皆さん、私はここにクァフェ+マーケティング・キャンペーンを発表しましょう。題して『クァフェ+:より良い明日のための身近な味』。我々は年末にはキャンペーンを開始し、来年にはジェネシスで販売を開始します!」

An excerpt from a speech by Gheyr Aillon toinvestors:

“Quafe+ represents the evolution of soft drinks in New Eden. With Quafe+, we hope to turn our marketed beverages from leisure products to dietary staples. We’re in a ‘want’ market, where consumers want our product on an almost daily basis to quench their thirst. But we must expand past this point and turn our product into a ‘need’ market. We must have people needing Quafe+, demanding it for their very sake. This need does not have to be a physical dependency, mind. We’re not some seedy organization like the Serpentis. Rather, this is a cultural need, a social need, and a spiritual need. Quafe+ is the culmination of the familiar, a socio-genetic need for any culture. We envision this product as absolutely necessary for progress into the future.

“And for that, my dear investors, I reveal to you Quafe+’s marketing campaign. It’s entitled, ‘Quafe+: A Familiar Taste for a Better Tomorrow.’ We will begin our campaign at the end of this year and start selling the product in the Genesis region next year.”


ヨシフ・ベロアの日記、YC112年4月30日より引用

私達は利益を得たいとは思っていなかったが、よく残業する羽目になった。小さな事業を成長させるだけでは飽き足りないほど、ニューエデンにはあまりにも多くの宇宙船と破壊が満ちていた。
カプセラでさえ船を操縦するには乗組員を必要とする。そんな連中が馬鹿げた陣取り合戦を始めたり、お互いを叩きのめそうと大暴れし始めたら、たちまち私達の出番だ。
卵野郎は船を失おうがポッドを失おうが、どこかのクローニング施設で目を覚ますだけ。でも乗組員たちはそんな幸運には恵まれてない。
宇宙船が爆発した時…宇宙船はだいたい爆発するものだ…アンタが素早く脱出ポッドに乗りこんでなければ、宇宙空間に吐き出され、漂流し、忘れ去られ、一人ぼっちになる。そこへ私達がやって来る。

私と顧客は共感できた。私達は最愛の人を暗闇に失うということが、どういうことか知っているからだ。ヴェリネは葬式をあげられるほど幸運ではなかった。
だが他の人間は違うかもしれない。だから私達がサービスを提供する。危険な仕事だった…作業員の2割が死の行進で命を落とした…が、これで心の整理をつけられる人々がいるのだ。
利益を追求していなくとも、仕事の機会は多すぎるほど転がっていた。

死体を集め、記憶を呼び起こすことが仕事の全てだ。何年もかけて数百万の死体を回収した。死体の分類と親族への連絡にはベストを尽くしたし、技術もどんどん進化した。
DNAスキャナ、顔面再建シミュレータ、バイオマス再生器、そして失われた魂を識別するのを助ける生物学的回帰式溶媒。誰もが仕事料を払えるわけじゃなかったが…結局のところ、私達も仕事でやってるんだ。
それに、回収した死体の親族や家族を見つけられないことも多かった。そういう時は死体をバイオマスとして売却した。クァフェ社が私達に興味をもつようになったのもこの時だ。

From the journal of Yosif Veaulore, April 30, YC112

We never wanted to make a profit, but we did over time. There were just too many ships out there and too much destruction not to grow our business. Even though the capsuleers took control of the ship, they still needed a crew. And when they got into their territorial pissing matches, when those demigods started to destroy each other en masse, that’s when business started picking up. While the eggers could lose their ship and their pod and wake up in a cloning vat somewhere, their crew members were not so lucky. When that starship exploded – and it almost always exploded – if you didn’t get into your escape pod quick enough, you were lost in the black, forgotten, disgorged, alone. That’s where we came in.

We could empathize; we knew what it was like to lose a loved one to the dark void. Verine wasn’t lucky enough to have a funeral. But others could be, and we provided that service. It was dangerous work – we lost about 20% of our workers on the death marches – but it gave someone closure. We didn’t want to be profitable, but there was too much business to be had.

The business was all about collecting the dead, harvesting the forgotten. We collected millions of bodies over the years. We did our best to categorize them and contact the next of kin, and the technology grew quickly over the years. DNA scanners, facial reconstruction simulators, biomass regenerators, and biological recursion solvents aided in identifying the lost souls. But not everyone could pay our prices – we were still a business, after all. Most of the time, though, we either couldn’t find a next of kin or the family didn’t care about our recovery. That’s when we sold the bodies for biomass – human recycling at its nadir. And that’s when Quafe became interested in us.


YC112年4月14日、研究部長シミュエル・トゥーヴ博士と販売促進部長リスベス・ボリコンの間で交わされた議論の転写記録からの抜粋
社内通信網と監視装置より

トゥーヴ:新しい香味料への実験グループの反応はどうだい?

ボリコン:いくら飲んでも飲みたりないってとこですよ!ここ12時間の消費量から算定される製品需要は300%アップ。クァフェ+中毒と言ってもいい。こんな状況見たことない。あなたは錬金術を発見したようなものです、博士。

トゥーヴ:正直に言うと、必要な香味料を製造するのは驚くほど簡単だったんだよ。適正なバイオマスの供給源を見つけたら、あとは化学化合物をいじってやるだけの話だった。

ボリコン:どこからバイオマスを手に入れてるんです?というか、このバイオマスの何がそんなに特別なんですか?

トゥーヴ:クァフェ・エンタープライズから供給されている。ゲーア・アイヨンはピュアブラインドのある星系から採れるものだと言っていたね。ま、バイオマスはバイオマス、多くは詮索しないでおこう。ただでさえクァフェ+計画は予定より遅れているし、この香味料が見つからなければもっと遅れていたんだから。

ボリコン:ビラディレット社長はこのことをご存知で?

トゥーヴ:彼に進捗状況は報告しているが、あまり多くは知らせていない。ご老体はエンタープライズの経営に熱中してるから、わざわざ新商品のことで煩わせる必要はないだろう。

ボリコン:社長が気にするのは結果ばかりですな。率直に言わせてもらえば、この業界ではあまり良いことではないと思うんですが。社内ではクァフェ+の重要度は低いですが、会社全体に革命を起こす可能性を秘めていると私は考えています。そうなれば彼も気がついてくれることでしょう。

Excerpted transcript of meeting between Dr. Simuel Touvoux, Director of Research and Riesves Boricon, Marketing Manager. April 14, YC112. From internal communications network and surveillance unit.

TOUVOUX: How’re the focus groups responding to the new flavoring agents?

BORICON: They can’t get enough of it! Product demand within 12 hours of consumption is up 300%. It’s like they’re addicted to Quafe+. I’ve never seen anything like it. Your team has done wonders. This is practically alchemy you’ve discovered, doctor.

TOUVOUX: It was surprisingly simple to produce the requisite flavoring agents, to be completely honest. Once we found the proper source for biomass, it was a matter of fiddling with the chemical compounds.

BORICON: Where are you getting your biomass from? What’s so special about this biomass, anyway?

TOUVOUX: Quafe Enterprises is supplying it to us. Gheyr Aillon says that it’s specific to one solar system somewhere in Pureblind. I don’t ask too many questions: biomass is biomass, to be honest. Besides, we’re already behind schedule on this project already, and we would be even more behind if we didn’t find that flavoring agent.

BORICON: Is Viladillet aware of any of this?

TOUVOUX: We’re keeping him posted on progress, but not really giving him too many details. The old man’s too caught up in developing Enterprises to really care about the product even more.

BORICON: All he cares about is results, anyway. Frankly, that’s all that matters in this world. This product is rather low on the totem pole, but I see the potential for it to revolutionize the company. Maybe that will catch his attention.


ヨシフ・ベロアの日記、YC112年6月4日より引用

私はもう会社をコントロールできなくなっている。少なくとも、私が望むやり方ではない。会社を売り払った代償とはこういうものか。
日常業務には関与しているが、その方向性には口出しできない。背広組が全て取り仕切っている。もはや人々を助けるための仕事とは言えない。

奴らがバイオマスで何をやっているかすら分からなくなってしまった。アイヨンがその手の会話から私を閉めだしている。
ロスト・スターズ社の営業効率は今や青天井で、これまで以上に死体を集めてるってのに!(カプセラどものドンパチの後始末には役立っているとは思うが、それでも憂鬱な気分だ)
もう遺族と接する機会はなく、取引相手は再処理工場ばかりだ。畜生、SoEの人間とすら話ができないなんて。彼らは今でも私の客だが、まっすぐアイヨンの事務所に行ってしまう。
あの生意気な野郎…何でもかんでも操ろうとしやがる。アイツが馬鹿げたクァフェ+計画に集中して、私達を放っておいてくれたらいいんだ。

もっと悪いのはペリメと連絡がとれなくなっていることだ。無事であることを願う。

From the journal of Yosif Veaulore, June 4, YC112

I don’t have much control over my company anymore. At least, not the way I wanted. I guess that’s what I get for selling out. I’m still in charge of the business’s daily operations, but I have no control over its direction. The suits are in charge of that now. It’s not about helping people anymore.

I can’t even tell what they’re doing with the biomass anymore. Aillon keeps shutting me out of those conversations. Our operating efficiency has gone through the roof, and we’re collecting more bodies than ever! (It helps when there’s more capsuleers in the sky to blast one another into oblivion, but now I’m just being morbid.) I’ve been cut off from all of my business partners and all the recycling plants that we had deals with. Hell, I can’t even talk to the Sisters anymore. They’re still our customer, but they go straight through Aillon’s office at this point. That brash bastard – he’s trying to take too much control. He should stick to his stupid Quafe+ project and leave us be.

And to make matters worse, I can’t even get in contact with Perime. I hope he’s OK.


事件報告書
クァフェ・コーポレーション、バイオマス回収部門、ロスト・スターズ株式会社
バイオマス回収船「ユーロジー」
YC112年5月10日

YC112年5月10日未明、保管庫からバイオマスを盗んでいた従業員イーモン・デルビアを数名の乗組員が発見しました。
デルビアは未使用区画…ユーロジー号がクァフェ・コーポレーションに所有されるまでは調理室だった場所…で、20体以上の死体を冷凍室に隠していました。
当区画は権限を有する人間のみ進入できる場所であり、船の記録によると、デルビア以外の乗組員は最低でも4ヶ月間はこの区画に進入していません。

保安要員の調査によると、盗まれたバイオマスはCラボから持ち出された保存液とDNA清浄装置を用いて保管されていました。
どの死体も構造的完全性を維持しており、かつては女性でした。ほとんどは胴体部に若干の損傷と変色が認められますが、原因は不明です。死体の一部からはデルビアのDNAも検出されています。

無傷のバイオマスは貴重品と見なされ、詳細な点検記録が船内に残されています。しかしながら、デルビアは乗組員の中では数少ない船外作業員だったので、彼の集めたバイオマスは記録されていませんでした。
それが彼が検知されることなく死体を集め続けられた理由のようです。ユーロジー号はステーションに入り、船外作業部隊は解体されました。数週間以内にバイオマス修復ドローンが配備されます。

イーモン・デルビアはクァフェ保安部に拘束され、完全な身元調査が行われました。デルビアは素性を偽ってロスト・スターズ株式会社に勤務していました。
彼の本名はペリメ・ベロア、ロスト・スターズ社の社長ヨシフ・ベロアの子息であり、バイオマスの違法収集、脅迫および暴行、違法火器の所有について連邦内で指名手配されていた逃亡犯です。
居住区からはほとんど私物が見つかりませんでした。数枚の着替え、身元を偽装した複数のID認識票、インタキ人女性の絵、そして彼の寝台の下には、マンナーギャングの間で広く使われているフェルションというプラズマナイフも隠されていました。

回収されたバイオマスはクァフェ・コーポレーション商品の印象悪化を防ぐために処分しました。この問題は社内で処理しますので、社に対するベロアの犯行が連邦当局に通報されることはありません。

Incident Report

Lost Stars, Inc., a division of Quafe Corporation

Biomass Recovery ship, “Eulogy”

May 10th, YC112

In the early hours of May 10th, YC112, several crewmen aboard this vessel discovered an employee, Eamom Delviour, to be stealing biomass from the storage facility aboard the ship. Delviour was found in an unoccupied sector of the ship – formerly the ship’s galley, before the “Eulogy” was owned by Quafe Corporation – hiding more than 20 bodies in a storage freezer. This sector of the ship was restricted to authorized personnel only, though ship logs report that almost no crew member besides Delviour had entered the area in at least four months.

According to the ship’s security investigation, the stolen biomass was preserved with embalming liquids and DNA purifiers stolen from Lab C. Each preserved body maintained most of its structural integrity, and each body was formerly female. Most of the bodies contained some wounds and discoloration throughout the torso area, though the causes of these markings are unknown. Significant traces of Delviour’s DNA have been found on some of the bodies as well.

By ship protocol, intact biomass is considered a premium and as such is closely recorded. However, as Delviour was one of the few space walkers onboard, his biomass collection was never fully recorded, which explains how he managed to collect so many bodies undetected. The space walking regiment on board the “Eulogy” has been dismissed entirely and the ship is currently docked and will be fitted with biomass recovery drones within the next few weeks.

Eamom Delviour has been taken into custody by Quafe security, who have performed a complete background check. Delviour was operating as an employee of Lost Stars, Inc. under an assumed identity. His real name is Perime Veaulore, son of Lost Stars president Yosif Veaulore, and a wanted fugitive within the Federation for the crimes of unlawful harvesting of biomass, assault and battery, and a classified charge under the “Dead Rights Amendment.” Security personnel found very few possessions in his bunk area: a few changes of clothes, multiple IDs for other assumed identities, and a picture of an Intaki woman. There was also a felchon, a plasma knife commonly found among Mannar gangs, hidden beneath his bunk.

The recovered biomass has been destroyed to preserve the integrity of the corporation’s product identity. This matter will be dealt with internally, and no federal authority is to be notified of Veaulore’s crimes against the corporation.


内部向け覚書

送信者:「クァフェ+」計画総括責任者ゲーア・アイヨン
受信者:研究部長シミュエル・トゥーヴ博士、クァフェ・エンタープライズ社長マカール・セロー

トゥーヴ、セローへ

我々は香味料のためにバイオマス商品を増産してきた。ロスト・スターズ社の操業効率は200%近く上昇しているほどだ。
船団を強化して、回収作業の対象をミンマター宙域まで広げている。数ヶ月以内にバウンドレス・クリエーションから局地的バイオマス探索事業「豊かな収穫」を買収することも検討中だ。
もしあなた方が香味料の大量生産を実現できるなら、我々はクァフェ+発売時の需要を満たすだけのバイオマスを入手しなくてはならない。それはつまり、更なるバイオマス回収事業の拡大を意味する。
あなた方には最新の情報を提供していく。今のところ誰も香味料の材料について気にしていないが、最近は内部監査部がうるさいので注意してほしい。
だが、特に心配する必要はないだろう。我々はベロアを確保しているのだから。

アイヨン

INTERNAL MEMORANDUM

From: Gheyr Aillon, Project Lead – Quafe+
To: Dr. Simuel Touvoux, Director of Research, and Macal Theloux, President, Quafe Enterprises

Touvoux and Theloux,

We have increased our production of biomass for your flavoring agents. Efficiency within the Lost Stars operation is up nearly 200%. We have added more ships to our fleet and expanded our harvesting range to include Republic space. We are also looking to purchase the regional biomass retrieval service, Bountiful Harvests, from Boundless Creation within the next few months. With the increase in harvesting operations, we should acquire enough biomass to meet demand of Quafe+ upon launch, as long as your team can mass-produce the flavoring agent in time. I will keep you updated. So far, nobody is aware of the agent’s source, though Internal Affairs has been asking questions lately. I’m not worried,though: We kept Veaulore around for a reason.

Aillon


ヨシフ・ベロアの日記、YC112年6月30日より引用

私はお払い箱になり、分相応な地位を与えられた。重役会議から追い出されたと思ったら、今度は内部監査部からよく分からない理由で監視され、2ヶ月もペリメの声を聞いていない。
私は愛する人を失った人々を助けたかっただけなんだ。なんでこんなことになってしまったんだろう?

明日、セロー、アイヨンとの会議がある。背広組は私とロスト・スターズ社のことを快く思っていないようだ。私の何かそんなに気に入らないのか分からない。アイヨンさえ私の仕事を邪魔しようとしている!
連中の目的が何なのか、明日ではっきりするだろう。実際、あの下衆どもに刃向かう時がきたと思う。歩むべき道を踏み外していた。
会社を取り戻して、ロスト・スターズ社を本来の道に…ペリメと仕事を始めた時の、正しい道に戻さなければならない。そしてペリメと一緒に会社を経営する。
彼を正しい居場所へ連れ戻すんだ!クァフェ社だってペリメを庇った理由は理解するはずだ。ペリメがマズいことになれば連中だって困ったはずなんだから。
明日の会議が終わったら、もう一度ペリメに連絡を取ろう。

From the journal of Yosif Veaulore, June 30th, YC112

I sold out, and I’m getting exactly what I deserve. I haven’t talked to Perime in months, I’m getting blackballed from all executive meetings, and Internal Affairs is breathing down my neck for reasons I cannot understand. I just wanted to help people, to soothe them when they lost someone close to them. Why is this happening to me?

I have a meeting with Theloux and Aillon tomorrow. The suits don’t seem happy with me or how Lost Stars is operating. I don’t know why they’re blaming me; Aillon’s the one that’s stonewalling me! I’ll find out what he wants tomorrow. In fact, I think it’s time I stand up to that bastard. I’ve been out of the loop for too long. I need to stand firm, take charge, and steer Lost Stars back to the proper course, the righteous course – the course I started with Perime. Then I’ll take Perime out of hiding and put him back on the executive level with me. Back where he belongs! They’ll understand why I hid him; Quafe’s got the pull to get the charges against him dropped. I’ll try one more time to contact Perime after my meeting tomorrow.


YC112年5月30日、ペリメ・ベロアの尋問記録より抜粋

尋問官:なぜ死体を盗んだんだ?

ベロア:クァフェ社と同じ理由さ。俺は俺の需要を満たす必要があったから。

尋問官:合併してから盗みだした量は?

ベロア:クァフェ社が使ってる量に比べればちっぽけなもんだよ。あんた、会社があれで何をしてるか知ってるのか?

尋問官:我々はクァフェ社が何をしているかを話すためではなく、君がクァフェ社に対して何をしたかを話すためにここにいるんだ。教えてほしい。何体の死体を盗んだんだ?

ベロア:覚えてない。皆して集めてきたシロモノに夢中になってたから、盗むのは簡単だった。俺も段々とアイヨンみたいに欲張りになってきちゃってさぁ。

尋問官:大まかな数でいいんだ。

ベロア:たぶん数十体かな。衝動的に盗っちゃったんだ。ほら、俺ってあんまり健全な人間じゃないから。

尋問官:控えめな表現だな。

ベロア:でも、あんたのボスほどじゃないだろ。俺はちゃんと我慢できるんだ。一度ヤッたら、必ず死体は墓に埋めてたんだから。それなのに、あんた達ときたら…頭おかしいんじゃないのか。特にアイヨンの野郎は。

尋問官:自分が何を言っているのか理解できていないらしい。

ベロア:帳簿をたどってみな。集めたバイオマスがどこへ行くのか見張るんだ。そうすりゃ誰が本当の悪人か分かるよ。

Excerpt from the interrogation of Perime Veaulore. May 30th, YC112

OFFICER: Why were you stealing bodies?

VEAULORE: The same reason Quafe needs the bodies: I have to fulfill my needs.

OFFICER: How many have you stolen since the merger?

VEAULORE: A pittance compared to the amount Quafe has repurposed. Do you even know what they do with the biomass?

OFFICER: We’re not here to talk about what your company does. We’re here to talk about what you did to the company. Tell me: How many bodies have you stolen?

VEAULORE: I can’t even count at this point. Everybody’s heads are so far up their collective asses that it became too easy. I got greedy, just like Aillon.

OFFICER: Give me a rough estimate.

VEAULORE: A few dozen, maybe. I only stole them once I got the urges. I’m not healthy, you know.

OFFICER: That’s an understatement.

VEAULORE: Though I’m nowhere as perverted as your bosses. My sickness stopped at myself; I always gave the bodies a proper burial once I was done with them. But you guys; you’re abominations. Especially Aillon.

OFFICER: You don’t know what you’re talking about.

VEAULORE: Follow the paper trail. See where all this biomass goes once we collect it. Then you’ll see who the real criminals are.


送信者:ダシーヌ・オラート、内部監査部、クァフェ・コーポレーション
受信者:ポイア・ビラディレット、マカール・セロー、リスベス・ボリコン、シミュエル・トゥーヴ
件名:緊急-生産中止要請

重役諸氏、
保安要員から連絡を受け、我々はクァフェ+について、特に香味料を対象に調査を開始しました。
香味料はピュアブラインドのある植物由来だと説明されていましたが、独立した研究チームの分析で偽りだということが判明しました。

セロー氏の全面的な協力の下、香味料の生産に必要なバイオマスの本当の供給源を追及したところ、ある企業を特定しました。
クァフェ・エンタープライズの一部門であり、宇宙船からの死体回収に特化しているロスト・スターズ社です。
内部監査部はロスト・スターズ社の社長ヨシフ・ベロアを拘束しています。回収したバイオマスの分布について、改竄資料を提出したということにしておきました。
更に、ベロア氏とロスト・スターズ社から文書化された報告を受けていたトゥーヴ博士とボリコン氏に協力していただき、
ベロア氏がクァフェ・エンタープライズの他部門ならびにクァフェ・コーポレーションから完全に独立して行動していたこともはっきりしました。
また、我々はベロア氏の共犯者として、かつての共同経営者だった息子ペリメ・ベロアも拘束しています。
この男はクァフェ・エンタープライズがロスト・スターズ社を合併する前に犯罪を犯し、連邦当局から指名手配されています。

内部監査部は当社がクァフェ+の開発および生産を直ちに中止し、我々が調査を完了するまで計画を保留することを要請します。

From: Dasegne Oleart, InternalAffairs, Quafe Corpoartion
To: Poire Viladillet, Marcal Theloux, Riesves Boricon, Simuel Touvoux
Subject: Cease Production Immediately

Sirs,

After a lead from our security personnel, we have begun investigations into the production of Quafe+, particularly its flavoring agents. The source of these agents, originally described as coming from a particular plant in the Pureblind region, has been proven false by independent researchers. With the full cooperation of Mr. Theloux, we have investigated the true source of the biomass required to produce these flavoring agents: biomass harvested through Lost Stars, Inc., an entity within Quafe Enterprises that specializes in collecting human remains from starship engagements.

We have apprehended the company’s president, Yosif Veaulore, as we believe that he provided the corporation with falsified documents relating to the distribution of his company’s harvested biomass. With the help of Dr. Touvoux and Mr. Boricon, who have both provided the full documented reports from Mr. Veaulore and his company, we can state with complete certainty that Veaulore acted independently of any other entity within Quafe Enterprises and Quafe Corporation as a whole. We have also apprehended his accomplice, Perime Veaulore, his son and former business partner, who is wanted by federal authorities for crimes committed prior to the merger of Lost Stars, Inc. and Quafe Enterprises.

At the request of Internal Affairs, we ask that all development and production of Quafe+ be halted immediately until such time that we can conclude our investigation.


送信者:ポイア・ビラディレット
受信者:マカール・セロー
件名:(件名なし)

マカール、
ゲーア・アイヨンは一体どこにいる?ウチの経理部はクァフェ+計画への投資額について、よく話しあいたいと思っとるようだぞ。
ここ1週間は出勤していないな。奴を見つけて私のオフィスに引きずってきてほしい。なるべく生きたままでな。
PV

From: Poire Viladillet
To: Marcal Theloux
Subject: (No subject)

Marcal,

Where is Gheyr Aillon? Our accounting department would like a word with him on his project’s investments. He has not reported to work in a week. I want him found and returned to my office – preferably alive.

PV

backstory/lost-stars.txt · 最終更新: 2020/11/10 13:51 (外部編集)