EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

backstory:tyma-raitaru

タイマ・ライタル

原文:Chronicle:Tyma Raitaru

Copyright © CCP 1997-2017
原文はCCPに著作権があります

missile.jpg


タイマ・ライタルの名前は、永遠にフリーランス研究者という言葉に結び付けられるでしょう。 カルダリ生まれのライタルは、今日のEVE世界中のはぐれ科学者や学者の間で一般的になっている職業の先駆者となりました - 知識遊牧民、彼らの仕事を最も高い入札者に売る職業です。

The name of Tyma Raitaru will forever be associated with the term freelance research. Raitaru, a Caldari by birth, pioneered what has today become a popular profession among rogue scientists and scholars around the world of EVE - that of the knowledge nomad, selling his work to the highest bidder.

ライタルの経歴は、イシュコネ傘下の会社の研究開発部に始まります。 彼はイシュコネが彼の仕事や発明を取り上げ、作者には少しの報酬しか与えないという現実にだんだん失望していきました。 彼は結局そこを去り、彼だけが運営する彼自身の研究所を立ち上げました。 そこで彼は数年間奮闘しましたが、常に財務破綻の瀬戸際でした。
彼が、最も実用的な発明-それは兵器だった-に焦点を移したことが、彼を飛躍させました。 40年前、ライタルはアキレスミサイルの設計図を一般市場で売りに出しました。 アキレスミサイルは当時実用化されていたミサイルの中で最も優れており、あらゆる国家・勢力がそれを欲しました。 アキレスミサイルには革命的な新技術が導入されていたわけではなく、その代わり多くの安定した概念と設計の組み合わせで、素晴らしい信頼性と強力さを安い価格で実現していました。 ライタルはアキレスの設計において、研究者の革新的な手法と、職人の実用的な発想を結合させました。
それ以来、既存の技術と製品を結合させたより良い製品を発明する時、ライタルの足跡に倣ったものが最も成功しています。 今日のフリーランス研究者のほとんどは、主に武器と艦船装備の分野で働いており、頻繁に宇宙ステーションや孤独な研究施設で活動しています。

Raitaru began his career working in the R&D department at a company owned by the Ishukone Corporation. He became increasingly frustrated about the fact that Ishukone took all his work and inventions and made them their own, giving scant credit to the creator. In the end he left and set up his own laboratory under his sole control. There he struggled for some years, constantly on the brink of financial ruin. It was only when he turned his focus toward the most practical of all inventions - that of weaponry - that his career really took off. Forty years ago Raitaru offered the blueprints for the Achilles missile for sale on the open market. The Achilles missile was at that time the best missile available and every empire and every faction wanted it. The Achilles missile didn’t employ any revolutionary new technology, but instead it combined many solid concepts and designs to make it extremely reliable and powerful for a small price. In the design of Achilles Raitaru combined the innovative approach of the researcher with the practical mindset of the craftsman. Ever since, those that have followed in Raitaru’s footsteps have been most successful when they take existing technologies and products and combine them to invent some superior product. Most of today’s freelance researchers work predominantly in the fields of weapons and ship equipment, and they frequently operate out of space stations or lone research outposts.


後に、アップウェル・コンソーシアムによって開発された工業用建造物に、彼の名前が冠せられることになります。

backstory/tyma-raitaru.txt · 最終更新: 2020/11/10 13:51 (外部編集)