EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

backstory:inferno

インフェルノ

翻訳:Walter Islands
原文:LoreWiki:Inferno_(Chronicle)1)

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

inferno_chronicle_picture.jpg


朝遅く、アキ・ルーザウアーはいつものように彼の研究所へ到着した。 一晩中たっぷりと寝ていたはずなのに、彼は疲れを感じた。 周囲を取り囲む機械のおかげで自分が小さくなったように感じながら、彼は古い推進装置の間を縫うように進んでいく。 それは3年前に強襲型フリゲートのために開発を始めた装置で、実に有望な研究計画だったのだが、結局何にもならなかった。 そんな代物の中に1人で立っていると、賑やかな研究所というよりは墓場にいるような気分になる。 彼の成果は信頼できる結果を示したことがなく、今や返済の見込みのない借金を飲みこんで成長を続けるブラックホールに直面していた。

Aki Luisauir arrived at his laboratory late this morning, like most mornings. Even though he had slept throughout the night, he felt tired. Dwarfed by the surrounding machinery, he threaded his way between old propulsion system prototypes meant for assault frigates, research that had been very promising three years ago but had come to no fruition, leaving him pretty much alone in what now felt like a tomb rather than a bustling laboratory. His work had seen no credible result, and he now faced an ever-growing black hole of debt he saw no chance of ever paying back.

「あなたが自分勝手だって言ってるわけじゃないの」 彼が昼休みをとっていると、妻から地上へ降りるようホロ電話がかかってきた。 キアは軌道上での暮らしが嫌いで、研究所まで上がってくることも滅多にない。 そのため、アキは月末になると降下艇に乗り、妻、そして一人息子のリアスと一緒に過ごすために地上へ降りる生活を続けていた。

“It's not that you're selfish,” his wife said, during his lunch break holocall down to the planet surface. Kia hated life in orbit, and hardly ever came up to the research station. Aki would take the dropship down at the end of every month to spend time with her and their only son, Rias.

「でも、大きな問題を解決する前には付き物なのよね」 彼は彼女が続けて言った独り言を今ではすっかり覚えてしまっていた。 彼女は軽い調子で付け加えた。 「あなたは工科大学で何年過ごしたのかしら? 時々、私はあなたが何年かかっても全ての講義と学位をとろうとしてるんじゃないかと思うことがあったわ」
アキの心は漂流し始めた。 彼は自分が双曲型微分方程式について考えていることに気がついた。 これを空間的な微細歪曲へ完全に適用できれば、革命的な推進装置が完成するはずなのだ。 何の進展も見られない日々が続いているにもかかわらず、彼は答えがすぐそこにあるように感じていた。 そう、2年前のようにだ。そう思い続けて2年が経ったのだ。 彼女の言う通り、彼は専門的な科学者に欠けている俯瞰的な視点を得ようとして、様々な分野から様々な方法を試してきた。 それなのに、時間が経つにつれて展望は曇っていく一方だった。 もっと一点に集中しなければならない。アキは自分自身に言い聞かせた。

“But it's always been about that big breakthrough,” she continued, launching into a monologue he knew almost verbatim by now. “How many years did you spend at that engineering university? Sometimes I think you tried to take every possible class and degree there is, no matter how long it took,” she added in a light tone. Aki's mind started to drift. He found himself thinking of hyperbolic differential equations, how he'd never fully been able to apply them to spatial microdistortion. It was a problem that could revolutionize propulsion if solved. Despite the continued lack of progress he felt so close to the answer, as close as he had felt two years ago. But still, he'd been just as close two years ago. She was right; he'd gone to a great number of different courses on different topics, believing it would give him a bird's-eye perspective that more specialized scientists lacked. Still, as time went by, that view had become increasingly cloudy. I just have to focus better, he told himself.

「なんとか言ってよ」 彼女の言葉でアキの思考の流れが止められた。 「ごめん、ちょっと考え事をしていたんだ」 彼女は一瞬黙りこんだ。 「地上に降りて話しましょうよ。休憩をとらなきゃ。家に帰ってきて」 アキは無人の研究室を見回して呟いた。 「仕事を続けないと」 「降りてきて。明日ね」 彼女は電話を切った。

“You're not speaking,” she said, breaking his train of thought. “Sorry, my mind was elsewhere.” She was silent for a moment. “Why don't you come down planetside and we'll talk. Take a break. Come home.” Aki glanced around the unmanned research lab. “My work has to go on,” he muttered. “Come down. I'll see you tomorrow.” She disconnected.

アキは彼女が何を言いたいか分かっていた。 彼女は研究を諦めるよう自分を説得するつもりだろう。 研究を諦め、地元の軍学校で准教授の職を得て、数学を教えるようにと。 数字への敬意も、その美しさを理解する感覚も持ち合わせていない連中に数学を教えるのか。 あの兵隊達は武器を渡され、どこか遠い地獄のような世界へ死ぬために送られたいと思っている。 連中が必要としているのは数学ではなく、ただ数字を弄んだという証明書だけだ。 妻は自分の知性に腹を立て、自分が研究を成し遂げる瞬間を恐れているのではないかと彼は密かに疑っていた。 そうなれば、彼女の文句や不機嫌な失望は間違いだったと証明されるからだ。

He knew what this was about. She was going to persuade him to give up. To abandon his research, to take an associate professor position at the local military college and teach math to people who had no respect for it and no sense of its beauty. Grunts that simply needed the certification so they could be issued a weapon and shipped off to some remote hellhole world to die. He suspected that deep down, his wife resented his intellect and feared the moment he would make his discovery, since that would prove her wrong after years of criticsm and sullen disappointment.

大学教授だって? かつてのアキは大学教授を支持者としていた。 まだ学生だった頃から、彼は連邦における新たな応用機械技術の中でも最も有望な研究計画を進めていた。 卒業する際は巨大な宇宙機器製造企業が買収合戦を繰り広げ、アキの異才を奪いあい、発見の最前線にある研究開発部門に配置しようとしたものだ。 デュボーレ研究所と契約した時には、自分の人生がホロリールにある成功物語の丸写しのように感じさえした。 時代を代表する輝かしい才能の持ち主が、学校では理論でしか扱うことのできなかった高度な研究と技術へアクセスすることを許されたのだ。 しかし、どういうわけか、数年を費やした画期的な瞬間…できることなら深夜がいい…は決して訪れなかった。 まるで夢の中で何も聞こえなくなりながら、皆と話をしようとしているかのようだった。 最初、デュボーレ社はアキと一緒に成果を待ちつづけ、研究を後押しするための助手や支援を惜しみなく提供した。 人的資源はもちろんのこと、必要とあらば違法な神経系ブースターさえ手に入れられた。 だが、最後は何もかも無くなった。 デュボーレ社がアキとの契約を打ち切ると、彼には革新的な技術を完成させる能力はないと喧伝されたため、1人で研究を進めるより他なくなった。 そこで、巨額の融資を受けて自分のための研究所を設立し、研究を続行した。それが3年前のことだ。

A college professor? He used to have college professors as fans. When he'd still been a student, his early research had been some of the most promising new applied astromechanical science in the Federation. When he'd finally graduated, a bidding war had been waged between the largest engineering and aerospatial corporations, fighting to snatch that supertalent and place their research and development divisions securely at the forefront of discovery. When he'd been hired by Duvolle Laboratories he'd felt as if his life was copied straight out of a holoreel: mixing with the most brilliant minds of his time, granted access to the kind of highly classified research and technology he'd only theorized about while at school. But somehow, after all those years spent preparing for the breakthrough moment – all the hopes, the late nights – it never came. Like being suddenly mute in a dream and trying to communicate with people. It became harder and harder for him to come up with anything worthwhile. The corporation was patient with him at first, providing tutors and all manner of assistance. Human resources even offered illegal neurological boosters. Nothing. After they cancelled his contract, news got out about his inability to innovate, so he had no other choice but to go it alone. He'd taken out a massive loan and funded his research himself. That had been three years ago.

アキが溜息をつくと、彼の中の何かが結論をもたらした。 今まで結論について考えないよう自分を戒めてきたが、抗うのが徐々に難しくなり、今この瞬間、遂に最後の一線を越えてしまった。 彼女が正しい。この研究は何も生み出せないまま終わる。 僕は連邦を代表する偉大な科学者なんかじゃないんだ。 未来の教科書は僕の発見に関する項目を載せたりしないし、学生達が僕の苦しく辛い研究生活について学ぶこともない。 絶対に起こるわけがない。 アキは密かにそんな未来を心に描いていた。 大統領が彼の発見を祝うために招待状を送ってくれる日を待っていた。 名誉ある肩書を背負う日を待っていた。途切れなく仕事が依頼される日を待っていた。莫大な収入を得られる日を待っていた。

He sighed. Something inside him began to give. He'd never allowed himself to think it before, but it had been getting harder and harder to resist, and at this moment the dam finally broke. She is right. This is going nowhere. Perhaps I'm not the greatest mind in the Federation. Perhaps I have to accept the fact that future textbooks will not have a chapter on my discoveries, where students will have to learn about my great dark era before I struck gold. Perhaps that's never going to happen. Secretly, he had believed all these things. He had been waiting for that invitation from the President to celebrate his discovery. His honorary titles. His endless pile of money. His well-earned prize.

そんな日は来ないのだ。

Perhaps it would never come.


降下艇は大気圏へ突入し、激しく機体を震わせた。 エコノミークラスは窮屈な上に、高級クラスのような姿勢制御装置を備えていない。 乗客をこんな目に遭わせるのは高級クラスのために金を払うよう迫るためではないかとアキは思った。 宇宙旅行だってここまで不快ではない。

The dropship shook violently as they crossed into the atmosphere. In addition to being cramped, Economy class lacked the gyrosmoothing equipment of the more expensive classes. They make you feel every nasty twist and rumble, just to incentivize you to pay for upper class, he thought. Like space travel isn't uncomfortable enough.

キアは彼を出迎えるために宇宙港まで来ていた。 彼女はリアスも連れてきていたが、彼は学校に行っているはずなので珍しいことだった。もうすぐ10歳になるリアスは実際の歳より年上に見える。 アキは研究を諦め、研究所を閉鎖するという決心をまだ伝えていないというのに、キアは奇妙に幸せそうな様子だった。 彼女は家に帰るまでずっとお喋りを止めようとしなかった。アキにとっては無意味な話題だ。 彼の心は何かがおかしいという違和感にとらわれていた。

Kia was at the spaceport to greet him. She had brought Rias as well, which was unusual since he should have been at school. Though he was almost ten years old, Rias looked older. Kia seemed strangely happy, considering Aki hadn't even told her he was giving up and shutting down the lab. She chatted the whole way home; about nothing, it seemed to him. Something is not right, he thought.

34階層にあるアキ達のアパートはじめじめしていて汚い感じがした。 地上から34階層まで至る間に空気は新鮮ではなくなり、工場のような臭いがしみついてくる。 アキは研究が報われれば地上に素敵な家を買うとキアに約束していた。小さなアパートを飾っている酷使され気味のホロ窓ではなく、本物の窓がある家をだ。 その約束から何年も経った今、いまだ彼らは彼女が「穴ぐら」と呼ぶ場所に住んでいた。

Their apartment at sublevel 34 felt damp and dirty. The air belowground was thick and had an industrial smell to it. Aki had promised Kia that when his research paid off they'd have a nice place aboveground, one with actual windows instead of the oversaturated holoframes that now adorned their small apartment. Years later, they still lived in what she referred to as “the hole.”

だが、換気扇のうるさい騒音も、室内灯の冷たい光も、今日の彼女を苛つかせてはいないようだ。 家に着いてアキが荷物を広げ始めると、彼女は前置きなしに切り出した。 「あなた、アバガー・ザラシアを覚えてる? 先週リアスを科学博物館へ連れていったとき、彼にばったり会ったの」 アキは動きを止めた。アバガー。古い級友。 「ああ、覚えてるよ。彼は…」 彼は咳払いをした。 「彼はクレオドロンで働いてるんだったかな?」 「昔はね」 そう答えたキアの声には、明らかに興奮が入り混じってきていた。 「今はデュボーレに勤めているんですって。立派よね」 「へえ? 結構なことだね」 「そう、それに私たちにとっても意味がある。私はあなたがどんな状態なのか話したの。ほら、彼があなたのこと尋ねてきたのよ。 あの立派な研究はどうなりましたかって。昔の彼があなたにどれだけ憧れてたか話してくれたわ」 「それで?」 「あの人達は新しい研究を進めてるそうなの。私達の助けになるかもしれない研究。 ちょっと変わったものらしくて、あなたに会って話がしたいそうよ」

The loud fan noise and cold light didn't seem to annoy her that much today, though. Shortly after they'd arrived home and Aki had begun to unpack, she got straight to the point. “Honey, do you remember Avagher Xarasier? I ran into him while taking Rias to the science museum last week.” Aki paused. Avagher. His old classmate. “Yes, he-” He cleared his throat. “Wasn't he with CreoDron?” “Not anymore,” said Kia, an note of excitement coming into her voice. “He's with Duvolle now. Doing great.” “Oh? That's good for him.” “Well, not just for him. I spoke to him about your situation. He was asking about you, you know. About how promising your research had been. He talked about how he idolized you back then.” “And?” “They have a new program. Something that might help us. It's pretty radical. He wants to meet and talk about it.”

アキは小さなカードを手渡された。 研磨プラスチックの表面はぼんやり光る文字でデュボーレ研究所と書かれていて、社章の隣では完璧に手入れされたアバガーの顔が彼を見上げて笑っている。 その顔は最後にアバガーを見た時からさほど変わっていなかった。 彼は微笑みかけているキアを見つめ、それからベッドの周りで遊んでいるリアスに目をやった。 アキは彼女に尋ねた。 「仕事ってことかい?」 キアは答えた。 「私にもよく分からない。新しくて、社外の人には話せない研究みたいなの。世界を変えてしまうかもしれない技術だって言ってたわ」

She handed him a small card with the words DUVOLLE LABORATORIES glowing dimly off the polished plastic. From beside the logo, Avagher's perfectly groomed face grinned up at him. It hadn't changed much from the last time he'd seen him. Aki looked up at Kia, who was smiling at him, then down at their son, who was playing by the side of the bed. “Is it a job?” he asked her. “I don't know. It… it would be strange working for him.” “I don't know that much about it,” she replied. “It's something new, something they can't talk about to people outside the company. Something that will change the world, he said.”

世界を変える。アキは何度その言葉を聞いてきただろう。いいさ。世界を変えてやろうじゃないか。

Change the world. How often Aki had heard that phrase. Sure. Let's change the world, he thought.

「明日、会いに行くよ」 アキは言った。 「今日は3人で一緒に過ごしたいんだ。博物館にでも行くかい?」 彼は自分が同じくらいの歳で影響を受けたように、息子の精神を刺激し、リアスが数学と科学へ辿りつく道を照らすために時間を使わなければならないと感じていた。

“I'll go see him tomorrow,” he said. “But for now I'd just really like to spend the rest of the day with you two. Maybe go to the museum?” Aki felt he should use the time to vitalize his son's mind, to light his way down the path of math and science just like he himself had been inspired at that tender age.

「博物館には先週行ったばかりだって話したじゃない」 キアが言った。 「そこでアバガーに会ったんだから」 「ああ、そうだった。ええと、じゃあ、ちょっと野暮用を済ませてくるよ」

“We were just at the museum last week, you know,” she said. “That's where we met Avagher.” “Oh. Right. Well, perhaps I'll just do some work, then.”

アキは小さな仕事部屋へ引き上げ、自分の端末に色々と入力し始めた。 彼は好奇心というより一種の習慣として、推進装置の試作品の回路図を持ってきていた。 描画された模型図を単に回転させたり、制御コードを読み直したり、それは過去数ヶ月間の間に1000回とは言わずとも数百回は繰り返してきた作業だった。 そこに何か手を加えたりはしないし、新しい情報を得たりもしないが、重要なのは忙しく思えるということだ。 そして、更に重要なのは忙しそうに見えるということ。 キアは外の音が入ってこないよう扉を閉め、アキをそっとしておいた。 フリクア星系第5惑星、ルマス市、34階層、工業用空調機の単調な唸り声だけが響く小さな部屋で。

Retreating into his small office, Aki began hammering at his terminal. He brought up the schematics for the propulsion prototype, more out of habit than curiosity. He'd gone over them hundreds if not thousands of times in the past months, simply spinning the articulated rendering of the model, reviewing the controller code, not really changing anything, not learning anything new, but it made him feel busy – and, more importantly, made him look busy. Kia shut the door, blocking the sound from outside, leaving Aki alone in the monotonous hum of the industrial air conditioning unit servicing his little room, on sublevel 34, in the city of Rumas on the planet Fricoure V.


アバガー・ザラシアは自分のオフィスへアキを招き入れた。 彼の顔は今日も完璧に手入れされていて、肌は継ぎ目を欠いた人工物のよう、アキの腕をとった手も柔らかかった。 「待たせてしまって申し訳ありません。この数週間ときたら物事がタキオン粒子のような速さで進んでいるものですから」 アバガーは名刺に記されていたものと同じ、溢れだすような笑みを浮かべた。 「ワームホール宙域からやってくる素晴らしい品々のおかげで、次から次へと問題が起きるんですよ」 アキは突然アバガーの目に飛びこんできた思わぬ助けのように思われているらしかった。彼は身震いを抑えた。

Avagher Xarasier welcomed Aki into his office. His face was still perfectly groomed, his skin seemed artificially void of any discontinuities and his hand felt soft as Aki grabbed it. “Sorry to keep you waiting. Things have been going at tachyon speed for the past few weeks.” He grinned the same radiating smirk that had been so prominently displayed on his card. “With all of this magnificent stuff coming out of W-space, we're having problems keeping up.” As he regarded Aki, a beneficent warmth came into his eyes. Aki suppressed a shudder.

「ワームホール宙域?」 アキはカプセラがそこへ赴き、古代種族の遺棄されたステーションから古い部品を集めていることは知っていたが、ここ最近は新しい情報を耳にした覚えがなかった。 「すまない、僕は情報が手に入る場所にいなかったんだ。デュボーレとの契約はかなり前に切れてたから、そういう情報へアクセスする権限も…」

“Wormhole space?” Aki asked. He knew that capsuleers had been going in there for a while now, scavenging old parts from the derelict space stations of ancient races, but to the best of his knowledge nothing new had emerged from those areas for a while. “You have to excuse me. I haven't been in the loop. My contract with Duvolle expired some time ago and I don't have clearance…”

「何も聞いていないのですか!?」 アバガーは普段よりも相当に興奮しているようだった。 彼は突然動きを止めた。 「情報非開示契約にサインは済ませましたよね?」

“You haven't heard!?” Avagher seemed very excited, more than his usual self. Suddenly he paused. “You did sign the non-disclosure contract, didn't you?” he asked.

「ああ、まあ、そうだね」 アキは答えた。 「本当はすべてにサインが終わってるわけじゃないんだ。でも身体と財産に対するアクセス権の項目はサインしたと思う。馬鹿に注意事項が多かった」

“Yes, on my way in,” replied Aki. “A number of contracts, actually. I've probably signed away access rights to my body and worldly belongings. Lot of fine print.”

「よろしい、それなら問題ないんですよ!」 アバガーは続けた。 「いいですか、カプセラは古いタロカン船の残骸から色々なものを見つけてきました。 我々も中身は全部見てしまったと思っていたんですが、実際にはドローンが送りこまれていただけだったんです。 これまた厄介な場所でしてね! 動力が生きてたり、放射能汚染されてたり、帯電しててドローンが丸焼けにされてしまう残骸もあるんですよ。 そこで、カプセラも面白味のあるものは無いということにしておいて、放射線量の高い残骸は避けていました」

“Okay, we're good then!” continued Avagher. “You see, they found something inside these old Talocan wrecks. We thought we'd seen it all, but up until now they'd only send droids in there. These are pretty nasty places! They're still powered, and parts of them have so much radiation and static that the droids simply get toasted. People assumed they weren't that interesting, just black spots of radiation that they learned to avoid.”

「しかし最近、探検家が残骸の中に踏み入り始めました。 なぜかと尋ねられたら自殺願望に駆られたのだろうとしか言えませんが、とにかく彼らは妙なものを見つけたんです。 それは我々が今まで見てきた品より、はるかに高度な技術が使用されていました。 ジョヴ人ではないでしょう。しかし近い何かだと賭けてもいい。 タロカン人は空間を操作して、その内部にある種の量子コンピュータを構築することが可能だったようなのです。 我々の研究室はカプセラから回収品を購入し、サンプルを24時間ぶっ通しで逆行分析してきました」 アバガーは熱狂のこもった目でアキを見つめながら、彼の言葉を待った。

“But recently, some explorers started to go in there. Death wish, if you ask me, but they actually found something remarkable. Technology aeons beyond anything we've seen. It's not Jovian, but I'll wager it's close. It seems as if this race was able to fold space and construct some type of quantum computer within the folds. Our lab has been working 24/7 to reverse-engineer the samples we've managed to purchase off these salvagers who've been returning from W-space.” He waited, watching Aki intently.

「その新技術を僕に見せたいってことだね?」 アキは喜んだ。 これこそ彼がいつも夢見ていたものだった。一足早く未来を体験し、世界を導く人間の1人になるのだ。

“You want me to take a look at this new technology?” Aki was elated. This was what he'd always dreamed of. Getting a taste of the future, being part of taking the world into it.

「いや、そういう訳でもないんですよ」 アバガーは言った。 「今は外部の研究チームが分析に当たっています。 我々のチームは理論研究を進めてきましたが、昨日の夜、彼らは応用科学を担当することになりました。 何が出来上がるか想像してみてくださいよ!」

“Not quite,” said Avagher. “No, we have a great exospatial team working on that right now. Used to be our theory team, but overnight they became an applied science team. Imagine that!”

アキは数秒間黙りこんだ。そしてゆっくりと息を吐いてから言った。 「じゃあ僕に何をさせたいんだい? どうしてここに連れてきたんだ?」 アバガーは窓の外へ視線を向け、広大な街並みの向こうに浮かぶ、フリクアの冷たい青い太陽を見た。 そしてアキの方へと向き直り、数分前とは打って変わった深刻そうな表情で話し始めた。

Aki was silent for a few seconds, breathing measuredly. “So what is it you want me to do? Why did you bring me in?” Avagher looked out the window a moment, watching as the cold blue sun of Fricoure set behind the sprawling cityscape. Presently he turned to Aki, looked at him with a graver expression than before, and began speaking.

「自分の考えがほとんど実現できないであろうことが心配ではありませんか? 今のままでは画期的な発明は不可能です。栄光の瞬間は訪れません。 あなたの10年間の教育と実験が、1個の完全な特異点として収束する瞬間です。 もし素晴らしい成果が得られれば、今後数十年はあなたの名前にスポットライトが当たるでしょうに」

“Do you ever worry that you will never be able to make the most of your mind? That you will never have that breakthrough, that moment of brilliance when your decades of education and experimentation converge in one perfect singularity and out comes an idea so powerful that it will shine a light on your name for decades to come?”

アキは面食らった。 「ええと」 何か言おうとしたが、言葉を続けるのをためらってしまった。 「僕は研究の初期段階にいてだね…」

Aki was taken aback. “Well,” he said, then hesitated. “I am still early in my research…”

「違いますね。そんなことはありません」 アバガーは言った。 「あなたは遅れをとっているんです。素晴らしい発想や発明の大半は、研究者たちが20代、遅くても30代初めには世に出ていたんですよ。 30代を過ぎてから大きな数学的発見を成し遂げた人間の名前を1つでも挙げることが出来ますか?」

“Actually, no,” said Avagher, “you are quite late. Most brilliant ideas and inventions are made when people are in their twenties or early thirties. Of all the great mathematical discoveries of our time, can you name even one which was discovered by someone older than thirty?”

「僕は35だよ」 アキは言った。 「まだ相当な量の実験記録が残ってるし、初期理論に基づいた研究計画もある。 まさか30代を過ぎた人間は科学の役に立たないなんて言うつもりかい?」

“I'm thirty-five,” said Aki. “I still have a large backlog of experiments and research planned, based on my early theories. I think you can't just dismiss anyone over thirty as useless to science.”

「そういうことが言いたいんじゃないんです!」 アバガーはアキに歩み寄り、彼の肩に手を置いた。 「良い大学教授になれとか、まあまあの論文を書けとか、そんなことを言っているんじゃないんです。 誰かの発見からちょっとした矛盾を見つけたり、誰も気にしない論文集を出版しろという話でもありません。 確かに、あなたは90まで生きても科学者と呼んでもらえるでしょうが、そんなのが真の科学者の生涯だと言えますか。 言えないでしょう。真の科学者たらんとする男女は、発見が完全に結晶化する瞬間のために生きるのです。 その至福の瞬間を迎えれば、あなたにもはっきりと分かるはず。あなたが科学において不滅の存在となる瞬間を迎えれば。 この一瞬以外はただの傲慢に過ぎず、真の研究者が気にするべきものではないのです」

“That's not my point!” Avagher approached Aki and placed a hand on his shoulder. “This is not about being a good college professor, writing witty essays, finding minor inconsistencies in someone else's research or publishing papers no-one cares about. Sure, you can live to the age of ninety and still be called a scientist, but that's not really what a true scientist is after. No, what any man or woman committed to science is truly after is that perfect crystalline moment of discovery. That moment of bliss when it all becomes clear to you. The moment that makes you immortal in science. Everything else is just hubris, and therefore irrelevant.”

アキは思った。埒が明かないな。 「だから、なぜ僕をここに連れてきたのか教えてくれないか? 僕は何も成し遂げられない、大学で無駄に過ごしすぎた男だと言うためかい? まったく、そんなの君から言われるまでもなく分かっていたことだ」 「そうじゃないんです、アキさん。私はその瞬間を実現するための機会をあなたに提供したいんです。 どこか遠い場所、漠然とした未来ではなく、今ここで。アキさん、我々はちょっとしたものを用意してあります。 それはあなたの研究から成果を引き出すもの、それも1時間も経たずに実現してみせるものです」

Aki felt this was going nowhere. “Why did you bring me here? To tell me I'm never going to get anywhere and that I spent too much time in school? To be honest, I can get that information somewhere else.” “No, Aki, I want to give you the opportunity to have this happen to you. Not in some distant and nebulous future, but here and now. We have something, Aki. It's something that came out of those excursions, and it's something that can make this happen in less than an hour.”

「何を言ってるんだ! あらゆる知識は費やした時間から生まれ、共に成熟し、密接に繋がっている。 それを1時間で獲得してみせるだって? 不可能だよ」 「そうでもないんですよ。さあ、どういう話なのか理解してもらいましょう、アキさん。 これはハンガーのコンテナにうず高く積まれているものではありません。 我々の手にあるのは数ナノグラムのIN-06という物質。とても値が張りますよ、デュボーレにとってさえ」 「薬品なのか? なぜ合成してみないんだい?」 「どういった性質を持っているのか完全に把握できていないのです。 今の時点で分かっている部分は氷山の一角でしかないと考えています。後は全くの謎ですよ。 複製や合成を試しても普通の化学物質のように反応してくれないもので」 「自分で試したことは?」 アキは疑うように問いかけた。 「残念ながら私には必要な素養が備わっていません」 アバガーは答えた。 「大学にいた頃、私は連邦認知能力試験で131/131をとりました。 アキさんが200/0.5をとったことは誰でも知っています。過去20年間の連邦の全教育施設で最高得点だったんですよね?」 アキはやや取り乱しながら頷いた。

“Nonsense! All knowledge accrued over a lifetime, boiled together, connected and yielding results in an hour? That's impossible.” “Not quite. Now, you have to understand, Aki, this is not something we have piled up in cargo containers in some hangar. We've only come across a few nanograms of the IN-06 substance, and those were pretty expensive, even for Duvolle.” “It's a drug? Why don't you synthesize it?” “We don't understand it fully. We believe we're only seeing the tip of the iceberg here. The rest of the material has been folded. It doesn't respond to duplication or synthesis like regular chemicals do.” “Have you tried it yourself?” said Aki, incredulous. “I'm afraid I don't quite have what it takes,” Avagher replied. “I scored 131/131 on the Federation Cognitive scale when I was at the university, and everyone knows you scored over 200/0.5. Highest score in two decades across all of the Federation's educational facilities, wasn't it?” Aki nodded distractedly.

「あなたは異分野間で広範な研究を行ってきました」 アバガーは話を続けた。 「工学、数学、化学。あなたはいずれの分野でも重大な発見をしていませんが、この際それは問題ではありません。 我々はIN-06を使用するなら素晴らしい頭脳の持ち主に、それも各種の必要な情報を全て備えた人間に使用しなければならないと思っています」

“You have studied extensively across different fields,” continued Avagher. “Engineering, math, chemistry. It's actually quite remarkable you haven't made any significant discoveries yet, but that's not the issue. We feel that if we are to use the IN-06 we have, it has to be on a brilliant mind, one that's already primed with all the information required.”

アキは黙ったまま口をすぼめた。 「どこかに落とし穴があるんだろうね」 彼はそう言うと、椅子に寄りかかって腕を組み、片足の足首を反対側の膝の上に乗せた。 「君たちの薬を使ったとしよう。 すると、僕は凄いアイデアが閃いて、それを端末に打ちこんだら無事に家に帰れるっていうのかい? 何か僕に言っていないことがあるだろう」

Aki pursed his lips in silent thought for a second. “There has to be a catch,” he said. He leaned back in his chair, lay one ankle over the opposite knee and crossed his arms. “Let's say I take this drug of yours. Do I just get some great ideas, type them into a terminal and go home? There's something you're not telling me, here.”

「そう、正直に言うとですね」 アバガーは答えた。 「あなたの言う通り落とし穴があるんですよ。 何らかの合成物を内包しているようなのですが、その内部の仕組みが分からないのです。 我々の少ない情報から言えるのは、この物質は2分未満で脳全体に均等に行き渡るということくらいですね。 それから脳は超接続状態に入ります。脳全体のシナプスが接続され、組織の至る所に高速道路や近道が張り巡らされた状態です。 指数関数的とまではいきませんが、接続の規模はそれに近い勢いで1時間ほどかけて大きくなります。 前回の被験者は実験が続いている間は完全に意識がはっきりしていて、研究チームの証明と理解が簡単になるよう、考えを詳しく説明できました。 しかし、投与から60分もすると、拡大する接続が脳を飽和状態に追いこみ始めます。意識もほとんど同時に曖昧な状態となります。 脳は限定的な方法で機能を続けていましたが…我々は脳スキャンで確認しました…もはや意思疎通を図ることはできませんでした。 被験者は一種の精神病にかかってしまうようです。過接続と過熱の結果だと思われます。 実験後、脳を冷却して適切な薬物治療を施すと、彼らはとても快適そうな落ち着いた様子を見せていました」

“Well, I'm going to be honest with you,” said the other man. “Yes, there is a catch. Since the compound is folded, its inner workings are not known to us. What we do know is that despite the very small dose, the substance manages to distribute itself evenly throughout the brain in less than two minutes. It then goes into hyperconnection mode, creating connections between synapses across the brain, like superhighways or shortcuts across the fabric. It does this for an hour to a progressively greater degree, not quite exponentially but not far from it. The subjects we've worked with before were fully coherent during this period, and were able to elaborate their ideas clearly so that they were readily understood by the team that went on to prove them. However, after only sixty minutes of exposure the connections start to saturate the mind. It's around that time that they become incoherent. The mind continues to function in some limited way – we can see that from the brain scans – but as of yet we haven't been able to communicate with them beyond that point. They seem to go into some sort of psychosis, which may be a result of the overconnection and overheating. After we cool the brain and provide the proper medication, they relax and seem quite comfortable.”

「君は彼らを緊張病患者にしたってわけか? 素晴らしいね、どこにサインすればいいんだい?」 アキは古い級友をあからさまに軽蔑した目つきで見つめた。 「僕がデュボーレ研究所の地下で涎をたらす植物人間になりたがってるとでも思うのか?」

“You've turned them catatonic? That's great, where do I sign?” said Aki, staring at his old classmate with undisguised contempt. “Why would I ever want to become a drooling vegetable in some Duvolle Labs basement?”

「1つ大切なことを忘れているんじゃないですか」 昔の彼がよくやっていたように、アバガーは指を上げた。 「我々は既に3人の被験者にこれを試しました。3人とも素晴らしい成果を生み出しましたよ。 カニー・モトロを覚えていますか? 彼は20分もかからずキースラー積分問題を解いてしまったんです。 この成果はカプセラが操る船のシールドに対電磁気防御を施すための副周波数として使われ始めています。 ニューエデン中の研究者が何十年もかけて解こうとしていた問題だったのに」

I think you are forgetting one big factor,“ said Avagher, lifting a finger briefly as he did so. “Those three people we've done this with already. Each and every one has come up with something amazing. Remember Kanih Motoro? He solved the Kiesler integral problem in less than twenty minutes. It's already being put to use in sub-frequency EM shielding for capsuleer-controlled ships. And Kanih is not you, Aki. Just think about what you could discover. All these things people have been trying to crack for decades.”

アキは椅子から立ち上がってドアへ向けて歩きだした。 「結構だ。 IN-06の効果が君たちにとって驚くべきものだったのは認めるが、科学的発見のために生涯すべてを投げ出したいとは思わない。 僕にはちゃんとした人生があるんだ。妻と息子だっている」

Aki stood up and walked towards the door. “No, thanks. I'm sure this IN-06 works wonders for you guys, but I'm not at a point where I want to give up the rest of my life just to make a scientific discovery. I have a life. A wife and son.”

「インフェルノ」 アバガーは答えた。 「何だって?」

“Inferno,” Avagher replied. “What?”

「研究チームにはインフェルノと呼ばれています。IN-06のことですよ。 あなたは妻と息子がいると言った。まさにその通り。 彼女は幸せですか? 彼女はあなたを誇りに思っていますか? あなたの息子は? 彼に未来はありますか? 彼はあなたが受けたような教育は受けられないでしょうね。軍学校へ入学できればまだ幸運ですよ。 しかしあなたがこの実験に参加してくれれば、キアは家計について何の心配もせずに残りの人生を送ることができるんです。 上層部はあなたが参加するという幸運に対して、どういう結果になろうとも高額な報酬を支払うと約束しています。 あなたの借金なんて報酬の額からすれば端金です。 アキさん、よく考えてください。チャンスなんですよ。 素晴らしい頭脳を持ち、素晴らしい教育を受け、そして今、素晴らしい機会がやって来たんです。 残りの人生すべてを無為に過ごすつもりですか? 遺産を残しましょう。奥さんと息子さんに未来を与えてあげましょう。 それこそがあなたの本当の望みではないのですか?」

“It's called Inferno by the lab team. The IN-06. And yes, you do have a wife and a son. Is she happy? Is she proud of you? And the kid? Does he have a future? He's not going to have your education. You'll be lucky to have him signed up to the military college. But if you go along with this, Kia won't have a financial worry for the rest of her life. The suits are offering a fortune for your participation, regardless of the results. You'd pay off your debts with a fraction of the sum. Think about it, Aki. This is your chance. You were given this unique mind, this education, this rare opportunity. Are you going to waste it on the rest of your life? You could ensure your legacy here. Provide a future for your wife and kid. Isn't that what you really want?”

アキは答えなかった。 彼が執務室を出てドアを荒っぽく閉めると、アバガーの不自然なほど美人な秘書が不安そうな視線を上げた。

Aki didn't answer. He walked out and slammed the door behind him, raising an alarmed look from Avagher's unnaturally attractive secretary.


「要するに、彼は僕に薬を飲ませたがってたんだ。 僕は1時間だけハイになったあと、残りの人生を捨てて、デュボーレの金で作られた豪華な病院で涎をたらす毎日を送る。 そのかわり君が輸送船から溢れるほどの金を貰う。 彼がこんな提案をしようと思う神経を持ってるのが信じられないよ! 君が彼に会ったとき、彼は何か言ってたかい?」

“So you see, he wants me to take their drug, have my moment of bliss and in return you get freighterloads of money while I drool away the rest of my days in a Duvolle-sponsored luxury clinic. I can't believe he had the nerve to even suggest it! Did he tell you about this when he said he wanted to meet me?”

「もちろん何も言われなかったわ」 キアは答えた。 「こんな提案をすること自体が馬鹿げてるわね。たった1回の発見のために人生すべてを無駄にしてしまうなんて?」

“Of course not,” Kia answered. “It's ludicrous to even offer something like this. Is a single discovery worth your entire life?”

居間のディスプレイにはくだらないホロリールが映っていたが、2人ともそちらは見ていなかった。 どのみち、重ねて表示される広告のおかげでどういう話なのかを追うことさえ難しいのだった。

A trashy holoreel was playing on the living room display, but neither of them was really watching. Besides, it was hard to even see what was going on in the actual story with all of the overlaid advertising.

「君の言う通りだ!」 アキはパチンと手を叩き、話を続けようとした。 しかしキアは席を立ち、宿題を手伝うためにリアスの部屋へ行ってしまった。 アキはしばらく台所で静かにしていたが、何もすることがないので仕事部屋に戻って端末を起動し、またも回路図を眺める作業に取りかかった。 彼はいつものように模型図を回転し始めたものの、脳裏をちらつくのは気取り屋の手入れしすぎた顔、かつての友人の図々しい言葉ばかりだった。 お前達の空想じみた薬なんて必要ないんだ。僕はもう少し時間が必要なだけなんだ。 彼が熱流動シミュレーションを実行すると、プロトタイプの関節型ホログラムが花びらのように展開していった。 アキは数えきれないほどシミュレーションを実行してきたが、結果は常に同じで変わることがなかった。 最初はコード、次に回路図、そしてシミュレーション。彼の行動は儀式か何かのようだ。

“Exactly!” Aki snapped. He meant to go on, but before he could Kia stood up and went into Rias's room to help him with his homework. Aki sat silently in the kitchen for a while, then retired to his office, fired up the terminal and looked at the schematics yet again. He started to spin the model as usual but found it hard to focus, his mind always going back to the audacity of that overgroomed, pompous former friend of his. I don't need your fancy drugs. I just need a little more time, he thought. The articulated hologram of the prototype unfolded like the petals of a flower as he ran a quick thermal flow simulation. He'd run this simulation countless times before, though, and the results were the same as they'd always been. Aki sat there for a while, going through first the code, then the schematics, then the simulations, as if performing some kind of ritual.

キアがドアを開けた。 「今ちょっと手が放せないんだ」 アキは言った。 「少し待っててくれないかな」

Kia opened the door. “I'm working,” he said. “Just give me a minute.”

「お仕事なら後でいいじゃない」 彼女はそう言って、アキを端末から引き離した。 彼はなおも端末から離れようとしたがらなかったが、キアにキスされて、彼女がほとんど何も着ていないことに気がついた。 「ずっと待ってたんだから」

“The work will be there later,” she said, pulling him away from the terminal. It wasn't until she kissed him that he noticed she was barely wearing anything. “I've been waiting a while for this,” she said.


アキは輸入煙草の火がキアの顔をぼんやり照らし、滑らかな裸体が美味そうに煙草を呑むのを見つめていた。 ずいぶんご無沙汰だった。 研究、借金、研究所から離れている時間…そんな心配事に煩わされて、キアとの間にまったく単純で充実したものがあることを忘れていた。

Aki watched the dim glow from Kia's imported cigarette illuminate her face and smooth naked torso as she took a deep drag. It had been too long. Between all his worries – the research, the money, his time away in orbit –he'd forgotten how perfectly simple and fulfilling it could be with Kia.

「彼は本当に植物人間にしてしまいたいなんて言ったの? あなたが思っているような存在に?」 キアは笑ってベッドシーツを引き上げた。 「まあ、もう少し複雑な話には違いないね。どこまで話していいのか分からないんだ。色んな契約にサインさせられたから」 「私はあなたの妻なのよ。別に話したって構いやしないわ。マスコミに知らせたり、企業秘密を売るつもりもないし。 教えて、彼はなんて言ったの?」 「ええと、デュボーレはインフェルノという名前の合成物を手に入れたんだ。ワームホール宙域からね。 古代種族の遺物らしくて、彼らもほんの少しだけしか持っていない。 ただ、これを与えられた人間は、以前は存在していなかった接続網が脳内に形成されるんだ」 「大脳アクセラレーターみたいなものなの?」 「いいや」 「じゃあ、ブースター?」 「そこまで酷いものじゃないよ。たぶん本当に凄いものなんだ。 本当は言っちゃいけないんだろうけど…彼らはこれをカニー・モトロに与えたんだ」 「モトロ? あなたの昔の助手の?」 「そのモトロだよ。アバガーは彼がキースラー積分問題を解いたと言っていた。簡単にね」 「あなたと一緒に働いてた時は、モトロは何も解決できなかったのに」 キアは何かをじっくりと考えているようだった。

“Did he really say he wanted to turn you into a vegetable just to get your ideas?” Kia laughed and pulled the bedsheets up. “Well, it's more complex than that. I'm not sure what I'm allowed to say. They had me sign all these contracts.” “I'm your wife. You can tell me. It's not like I'm going to run off to the press or sell industrial secrets. Tell me, what did he say?” “Well. There's a compound called Inferno. It's from wormhole space. From an ancient race. They have minute quantities of it. And if they give it to people, their brains form connections they wouldn't have formed before.” “Like a cerebral accelerator?” “No.” “Like boosters?” “Nothing so crass. This is the real deal, apparently. I probably shouldn't be saying this, but… they gave it to Kanih Motoro.” “Motoro? Your old research assistant?” “Yeah. Avagher said he solved the Kiesler integral problem. Just like that.” “Motoro couldn't solve anything when you were working together,” Kia mused.

「彼は研究よりも助成金申請の書類を書くほうに時間をかけるタイプじゃなかったかしら? 一生懸命働く人ではあったけど、すごく頭が良い人には思えなかったわ」 「うん、彼の認知能力試験の点数は150/10か、その辺りだったと思う。」 「あなたの点数は200以上だったわ、アキ」 「そうだね」 「ま、彼が無事に輸送船から溢れるほどの報酬を受け取ったことを祈るわ」 彼女は笑いながら煙草の最後の一口をくゆらせた。 「彼はちゃんと受け取ったさ。もし僕が実験に参加すれば、一部だけでも借金を全額返済できる」 「全額を…」 キアは咳きこみ、煙草の煙を吸いこんで一層激しく咳きこんだ。 「からかってるのね。彼らはあなたの頭の中にあるもののためにそんな額を払うっていうの?」 彼女は真面目な顔つきになった。 「つまり、リアスはこれからの生活に何の心配もなくなるってこと」 「でも僕は植物人間になる」

“Didn't he just spend all his research time filling out forms for grants? He always struck me as someone who just worked hard rather than someone with a brilliant mind.” “Yeah, he scored 150/10 on the scale, I think. Something like that.” “And you scored over two hundred, Aki.” “Yeah, I did.” “Well, I hope he got a freighterload of money for it,” she said, laughing, as she took one last puff of the cigarette. “Actually, he did. So would I. Even just a part of it would pay off all our debts.” “All our…” Kia coughed, triggering a deeper cough which sent smoke puffing through her nose. “You're kidding me. They'd pay that much for what's in your head?” She became very serious. “It would mean Rias would never have to worry about anything in his life.” “Yes, but I'd be a vegetable.”

「そう、そういう事なのよね」 キアはしばし黙りこんだが、遂に口を開いた。 「モトロがキースラー積分を解いた?」 「そうだよ。モトロが解いた。あの子が何十年間も解決不可能だとされてきた問題を解いたんだ。 僕も2学期かけて解こうとしてみたけど、どうやっても答えは出なかった」 「私はあなたがどんな選択をしても責めないわ」 キアは低い声で言って、アキの目を見つめた。 「あなたが研究を何より大事に思ってるのは知ってる。家族よりも。 昔は腹を立てたりしたけど、あなたの考えと付き合って生きていくことを学んだし、あなたの考えが変わらないことも知ってる」 彼女は視線を落として言葉を切った。 そして、彼女は優しい声で繰り返した。 「あなたを責めたりしないわ」

“Yes. Absolutely.” Kia sat still for a moment. “Motoro solved the Kiesler integral?” she finally asked. “He did. That kid solved a problem that's been used as the definition of an unsolvable problem for decades. I mean, I tried factoring that for two whole semesters and never got anywhere.” “I wouldn't judge you if you chose to do this,” said Kia in a low voice. She looked Aki in the eyes. “I know you value your research over everything else. Even family. I've resented it at times, but I've learned to live with it and I know that you won't change.” She looked down and was silent for a moment. “I wouldn't judge you,” she repeated then, softly.

アキは彼女が間違っていると言うべきだと感じた。彼にとってキアは研究よりも大切だと。 しかし、それは事実ではなかったし、嘘をついて彼女の気分を良くしたところで仕方がないとも思った。 ただ、彼女が自分の考えを受けて入れてくれていると知って、何年も感じてきた罪悪感が少しだけ薄れた。 月の間に家族と過ごすのは1日か2日、それ以外はずっと軌道上で過ごすという暮らしを選ぶのは辛かったのだ。

Aki felt he should say that she was wrong, that she was more important than his research, but it wasn't true and he felt no point in lying to her now to make her feel better. Knowing of her acceptance eased some of the guilt he'd felt over the years; all those times he'd chosen an assignment in orbit over a day or two with the family.

「僕は何の発見も成し遂げずに死んでしまうかもしれない」 アキは言った。 「暴走する清掃ドロイドに衝突されたり、スナックを喉につまらせたりして。 毎日のように移民が持ちこんでくる病気を貰うかもしれないし、真夜中に空気供給システムが故障しないとも限らない。 どれも、いつ起こってもおかしくないことだね」

“I could die without ever discovering anything,” said Aki. “I could get hit by a runaway cleaning droid tomorrow, or choke on a snack. I could catch one of those viruses that the immigrants bring down every day, or the power could go out in the air supply in the middle of the night. These things happen.”

キアの目の隅から涙が流れ始めた。 「私達はなんでこんな話をしてるの…あなたにこんな事してほしくない…あなたを失いたくない」

Tears had begun to form at the corners of Kia's eyes. “I can't believe we're discussing this. I don't want you to do this. I don't want to lose you.”

アキは思考の果てに決意が見えてきたように感じた。 その決意はますます明確なものになってきていた。キアがアバガーと出会ったのは偶然ではない。運命だ。 数学的公理や普遍定数のように純粋な、正しい何かがそこにあったのだ。 僕はモトロより賢い。僕の発見はモトロが見つけ出したものより驚くべきものとなる。 僕の頭脳は十分な知識を蓄え、準備を終えている。 これが僕の運命だったんだ。

Aki felt a decision begin to come into view on the horizon of his mind. This was becoming more and more clear to him. Kia meeting Avagher hadn't been a coincidence. It was fate. There was something right about it, something pure, like a mathematical axiom or a universal constant. He was smarter than Motoro. His discovery would outshine anything that kid could ever have come up with. His mind was primed and ready. This was destiny.

彼はキアと一緒に少しだけ涙を流したが、彼自身の運命に悲しみを覚えたからではなく、彼女が泣いていたからだった。 彼の心は興奮で明るく照らされていた。 僕の発見はどんな結果を招くだろう?

Still he wept a little with Kia, but more because she was weeping rather than out of any sadness he felt himself. His mind was illumined with excitement. What will my discovery be?


一見すると、デュボーレ社の研究室は高価な教室のように見えた。 1台の机の上にきちんと積み重ねられた紙束と、様々な色のペンが置いてある。 他に3台の最新式端末が整然と配置されていて、周囲は電子ホワイトボードで囲まれている。 そして机の前には何列かの座席。 アバガーはアキの隣に座り、実験の手順を説明した。

At first glance, the Duvolle-owned lab looked like an expensive classroom. A desk, a neat stack of paper and pens of all different colors. Three state-of-the-art terminals were neatly arranged on the desk, above which loomed multiple digital whiteboards. In front of the desk there were several rows of seats. Avagher, seated next to Aki, was explaining how things would proceed.

「実験自体はとても簡単です。あなたはリラックスして、楽にしていて下さい。 数人が近くで記録を取り、もしかしたら詳細について質問してくるかもしれません。 重要なのは話し続けることです。 これまでの被験者は自分自身の思考に圧倒され、何が起きているのか我々に伝えるのを忘れることがありました。 そうなっては、せっかくの成果も実用的とは言い難くなってしまいますよね? ここだけの出来事になっては意味がないのです!」 アバガーは人差し指でアキの頭をつっついた。 アキは微笑んだが、別にユーモアを感じたわけでもなかった。

“It's quite simple. You just relax and make yourself comfortable. There'll be a few people in here taking notes, perhaps asking some questions about specifics. It's very important you keep talking. We've seen people get so overwhelmed with their thoughts that they forget to tell us what's going on, and that's hardly practical, is it? It's not worth much if it's just happening in here!” Avagher tapped his index finger on Aki's head. Aki smiled, though he wasn't really seeing the humor.

ホワイトボードの横にあるドアが開くと、隣の部屋で待機していた大勢の研究者が続々と入ってきた。 部屋の中は100人もの研究者でいっぱいになってしまったかのようだ。 あちらの研究者はモニターに向かって背を曲げ、アキの身体に取り付けられた微視的センサーが読み取った生物学的数値を確認していた。 こちらの研究者はシミュレーションを実行し、未だ完成していないアキの研究結果について話し合っていた。 アバガーはアキが室内の様子を凝視している様子を見ながら、ドアへと歩いていってそれを閉めた。

A door opened on the side of one of the whiteboards, revealing the full research crew in a large adjoining room. Inside were what seemed like a hundred people, some hunched over screens showing biological readouts of the various microscopic sensors attached to Aki's body, others running simulations and studying various pieces of his preexisting research. Seeing that Aki was staring into the room, Avagher walked to the door and closed it.

「彼らについては何も考えないでいてくれるのが一番良いんですよ。彼らは全員があなたのことを考えていますがね。 さあ、リラックスして未知の世界を楽しんでください!」 アキはこれから起きることに興奮していたが、アバガーの人工的な白々しい笑みは視界から消えてほしかった。

“Best not think too much about them, even though each and every one of them is thinking about you. Just relax and enjoy the ride!” Though Aki was excited about what would happen, he couldn't wait for Avagher's artificially white smile to be out of his sight.

「さあ、始めよう」 アキは言った。

“Let's do this,” he said.


医療チームがアキを椅子に座らせると、再び隣の部屋へ通じるドアが開いた。 今回彼らが押してきたのは磨かれたように白い機械、おそらく最先端の医療機器だった。 それは大きな楕円形の穴がついていて、アキの頭が快適に入るようになっている。 機械が発する各種サーボモーターの無邪気な音は、頭蓋骨をかなりキツく固定してマイクロメートルの精度で安定させるという本当の機能を隠していた。

The medical team sat Aki down in his chair. Again, the door into the room next to them opened. This time they wheeled out a polished white contraption that looked like a state-of-the-art medical instrument. It had a large oval hole, into which Aki's head slid comfortably. The innocent smooth hum of various servo motors obscured the fact that his cranium was being rather forcefully clamped and held steady with micrometer precision.

姿の見えない誰かの声が言う。 「後頭部に針で刺したような痛みと、頭蓋骨の内部に異物感を感じると思います。 予定された実験手順ですのでパニックを起こさないでください」 針で刺すよりは痛かった。 アキが見ているモニターには、鋭い針が自分の頭蓋骨を通りぬけ、大脳皮質でインフェルノと名付けられた貴重な化学物質を分泌する光景が映っていた。 頭蓋骨の内部でヒリヒリするような痛みが大きくなっていったが、彼はこれが挿入姿勢だと分かっていたので、我慢して身を固くしていた。 痛みに代わって痒みが広がり始めると、針は彼の脳から引き抜かれていく。 機械は最後に注意深く彼の頭を解放し、部屋の外へと押されていった。 「合成物の効き目が出るまで、目の前の出来事以外の何かに集中するのが良いでしょう」 技術者は言った。 「子供時代とか、何か単純なことを考えるようにして下さい」

A disembodied voice said, “You are going to feel a pinprick in the back of your head, and a strange sensation inside your skull. This is normal, so no need to panic.” It was more than a pinprick. As he watched on the monitor, the sharp needle drove through his skull, penetrating deep into the cerebral cortex, where it began secreting the valuable chemical named Inferno. Aki could sense a tingling itch growing within his skull but he held tight, knowing this was just the insertion phase. As the itch spread out, the needle was subtracted. Finally, the carefully polished contraption let go of his head and he was wheeled out again. “It can be good to focus on something other than what's happening, just while the compound takes effect,” said the technician. “Try to think about something simple, like your childhood.”

技術者の顔は奇妙なくらいはっきり見えた。 目は血走って鋭く、肌は毛穴だらけで、数分前に比べると細かな点が気になってしょうがない。 見回せば部屋全体がくっきりとしている。 あらゆる物体が鮮明で、微細な部分まで見てとることができ、色合いも鮮やかに思えた。 今まで見てきた景色が画質の悪い低品質なホロリールのように思えるほどだった。 頭の中もすっきりと冴え渡っている。 いつも思考を邪魔する自己不信、後悔、不満、心配、そういった雑音は綺麗さっぱり消えていた。 今はただ、何かを待っている静かな空白だけがあった。

The technician's face was strangely clear, his bloodshot eyes piercing, his skin more porous and detailed than it had appeared minutes ago. Looking around, Aki saw the room itself was clearer, too, as if previously he had been watching a muddied low-quality holoreel whereas now he was seeing things in full definition, all razor-sharp detail and vivid colors. There was also something remarkably lucid about his state of mind. The usual haze of self-doubt, regret, frustration and worry had vanished; in its place there was now a quiet waiting void.

僕の子供時代か。 アキがそう考えた瞬間、彼の脳裏では子供時代の光景が驚異的な速度で瞬いていた。 初めて海で泳ぎ、自分を包む冷たい海水に衝撃を受けたこと。 たった3歳で母親と4次元キヴォールを遊び、8手も打たずに全てのピースを並べて彼女を驚かせたこと。 才能豊かな子供を研究する施設で色々なテストを受け、7歳にして軍事用高性能端末の使用を許されたこと。 10歳の卒業パーティで連邦中に放送されるインタビューを受けて興奮したこと。 粒子加速器の講義で18歳のキアに一目惚れしたが、12歳だった彼は無視されてしまったこと。 彼女に気付いてもらうまで何年もかかった。

My childhood, he thought. As he let his mind wander down that path, images flashed before him at tremendous speed. His first swim in the ocean and the shock of the cold water enveloping him. Playing four-dimensional Quivolle with his mother at only three years of age, and seeing her surprise when he sorted all the pieces in less than eight moves. He remembered extensive tests at the institute for gifted children, being allowed to sequence on a military-grade workstation when he was seven. His graduation party at ten, how excited he was to give an interview that was broadcast across the Federation. Seeing Kia for the first time when she was eighteen, in particle collider class. How she ignored him since he was still just twelve at the time. It would be years until she noticed him.

「大丈夫なようですね。いつもより物を思い出しやすいでしょう?」 技術者はアキの様子を近くから眺めた。 「では、今度は我々の関心により近いものに集中してみますか。例えば、推進装置とか?」

“Okay. Are you remembering things better than usual?” The technician watched Aki closely. “Perhaps focus on something more relevant to our interests now, like propulsion?”

その言葉が技術者の口から放たれた直後、パターン、コンセプト、そして理論が、一気にアキの脳内で溢れ始めた。 1個の単語が爆発し、彼の意識全域へと拡散していったかのようだった。 あらゆる公式、標準的な応用熱力学の方程式、空間理論、学生時代にどうにか扱ってみようとした曖昧な超臨界エネルギー拡散理論さえも明確に思い出すことができた。 何かが彼の脳内で形作られていく。一見無関係な事実の間に糸が織られ、明瞭だが複雑で細かいパターンが出来上がっていく。 視覚的なものではない…この理解は視覚などとは比べられない…彼は完全無欠の発見の結晶が脳内に現れるのを感じた。 アキは宇宙の構造と作用を理解したような気がした。それはとても明快な存在になっていた。

As soon as the word left his lips, patterns, concepts and theory began flooding into Aki's mind, as if the single word had let off an explosion that now expanded throughout his entire field of consciousness. He vividly remembered every formula and equation of standard applied thermodynamics and spatial theory, even the loosely formed ideas about supercritical energy diffusion he'd started playing around with during the undergraduate years. Shapes started to emerge in his mind; articulate, complex, detailed patterns which wove threads between seemingly unrelated facts, fitting everything together in one infinite tapestry of truth. It wasn't very visual – the understanding was deeper than that – but he felt as if a perfect crystal was forming in his mind. He felt he understood the fabric of the universe and how it behaved. It was so clear now.

「アキさん、思考の内容を話してもらわなければなりません。推進装置について考えているんですか?」 「ああ、そうだ! なぜうまくいかなかったかはっきりと分かった。 僕は超微弱抵抗を計算に入れていなかったんだ。ほら、ほとんどの場合はまったく影響しないじゃないか。 宇宙の膨張や暗黒物質の分布を考慮するなんて銀河の衝突をシミュレートする時くらいだろう。 全然大したものじゃないから数値化されていなかった」

“You're going to have to talk to us, sir. Are you thinking about propulsion?” “Oh, yes! I am. It's so clear, why it was going nowhere. I wasn't accounting for the ultraweak forces. You see, in most instances they are completely irrelevant. You only factor them in when simulating the collision of galaxies, the expansion of the universe or the distribution of dark matter. They are so insignificant that they don't count.”

アキは自分が意味不明なことを言っていると分かっていたが、気にしなかった。 技術者はそんな彼の姿をじっと見つめていた。 「家の見取り図を想像してみてくれ。君は曲面ではなく2次元平面に座っている。ほら、惑星の曲面だよ。 でも家が惑星地表の半分もある大きさだったら、法則を変えて考えなきゃならない。 別種の計算式を使いたまえ。単純な近似値では駄目なんだ」

He was aware that he was babbling, but he didn't care. The technicians stared at him. “It's like if you had a map of a house: you'd pretend it sits on a two-dimensional plane rather than on a curved surface, you know, the surface of a planet. But if the house covers half the planet, the rules change. You have to use different math. You can't use simple approximations anymore.”

アキは話しながらホワイトボードに書きまくっていたが、手を止め、1歩下がって見直すまで、そこに書かれている方程式が未知のものだと気がつかなかった。 彼は誰でも知っている、十分に研究され尽くした内容を用いて説明しているとばかり思っていた。 だが、ホワイトボードで淡く光っている数式は誰も見たことのない内容だ。 アキは周囲を見回すと、部屋の中の全員が熱心かつ静かに彼の数式へ視線を注ぎ、 端末へ新たな方程式を入力して、シミュレーションと解析プロトコルを実行していた。 良い気分だ。 遂にアキ・ルーザウアーは彼が生まれた目的に辿りついたのだ。 本当に良い気分だ。 彼は話しつづけた。

Aki had been writing on the whiteboard while talking and it wasn't until he paused and took a step back that he realized the equations he'd been writing down were not old or known. He felt as if he'd been explaining something that everyone knew, something well studied and explored. Yet, on the whiteboard, softly glowing, stood something no one had articulated before. He looked around, saw how everyone in the room was studying his notes intently, silently, inserting new equations into their terminals, running simulations and analysis protocols. This felt good. Finally, Aki Luisauir was doing what he had been born to do. It felt right. He kept talking.


40分後、室内の空気は不快に重く、暑くなっていた。 アキは何度か解説を中断して調子を整えた。 些細に感じられる問題を省略したかったが、実際には彼が展開する理論を解説するための公理の柱となる内容だ。 なぜ彼らには理解できないのか、アキは研究者たちに穏やかな不満を感じた。 彼は頭に温度を感じ始めていて、ほとんど熱っぽいくらいだったが、取るに足らない物理的な不快感は無視した。 「あと20分ほどです。もうすぐインフェルノが彼を焼いてしまいます」 モニターの数値を監視していた研修生はアキが聞いていないかのように話したが、実際彼には聞こえていなかった。 アキは研究チームへの解説で忙しかったのだ。

Forty minutes later, the air in the room felt uncomfortably thick and warm. Aki had been interrupted a few times, asked to pace himself. His mind was going so fast that it was tempting to skip out on topics he felt were trivial, but that were in fact the pillars of the axioms needed to understand what he was going on about. He felt a mild frustration with the lack of intellect in the room, how they just couldn't seem to catch up. His head was starting to feel hot, almost feverish, but he ignored the inconsequential discomfort of his physical form. “Roughly twenty minutes to totality. Inferno is going to toast him soon.” The intern watching the bioreadout spoke as if Aki wasn't listening, and he was right. Aki was busy explaining to the team.

「そして単に亜原子粒子の発振を調整してやれば、それらは同相となり、特異的な共鳴が発生する正確な瞬間に均等な力を加えられるようになる。 これにより相当な大きさの物質をジャンプさせることが可能となり、例えば巡洋艦なら、大量のエネルギーを費やさずとも100km先まで飛ばせるだろう。 これは超小型のジャンプドライブ、言うなればマイクロジャンプドライブだ。 製造するのに多額の費用が必要となるかもしれないが、必要な技術は既に存在している」

“And by simply tuning the oscillations of the sub-atomic particles so that they are in phase, and applying the force evenly at the precise moment of resonance singularity, you could in fact jump a fairly large body, like a cruiser-class starship, around 100 kilometers without significant energy cost. A kind of micro-jump drive. It might be expensive to build, but all the technology needed exists today.”

アキは必死に自分の頭をこすった。 顔を流れ落ちる汗が目に入って痛かったし、シャツはぐしょ濡れになっていた。 考えを説明するために文章や単語を整理しようとしたが、もう思考速度を落とすことも難しい。言葉にするのは時間がかかりすぎる。 言葉では半分も説明していないのに、思考の流れは次の言葉に向かって突っ走って行ってしまうのだ。 自分の声、自分の口、そして頭の回転の遅い聴衆、何もかもが邪魔だった。 彼は1台の端末に飛びつくと、すべてを口頭で説明するのを止めてキーを叩こうとした。 周囲の人間が彼の言わんとすることを理解できなかった時のため、彼は瞬く間にマイクロジャンプドライブの制御コードの概論を示してみせた。 それでも彼の手の素早さには限度があったし、端末の応答速度も遅く感じられた。

Aki was rubbing his head frantically. Sweat was running down his face and stinging his eyes, and his shirt was quite drenched. He was finding it difficult to slow down, to form sentences and words to explain his thoughts. It took too much time. By the time he was halfway through a sentence, usually the train of thought had turned toward something new. His voice, his mouth, and other people's slow minds were all major bottlenecks. He sat down at one of the terminals and tried hammering away rather than explaining everything verbally. He quickly outlined the control code for the micro-jump drive, in case the people around him didn't get what he'd been talking about. Still, his hands could only move so fast, and the terminal felt unresponsive.

「ねえ、ちょっと落ち着いて、リラックスして我々の調子に合わせてくれませんか!」 アバガーが微笑みながら言った。 突然アキの思考は数学や工学、空間の歪み、或いはそれに類する科学的問題から離れていった。 不意に、彼の脳内はアバガーについての考えで満たされた。 彼に出会ったのは幼稚園の実験室。2人で一緒にうろつき回り、先生をからかって遊んだ。 軍事用MTACをハッキングし、プログラムを書き換えてそこら中を走り回らせ、100トンの機体と機械の手足で体操させた日も覚えている。 そうだ、彼がキアに紹介してくれた日のことも覚えている。 僕は彼女に話しかけたかったけれど、そうするだけの勇気がなかった。 アバガーはこういう事だけはいつも得意だった。いつも自信を持っていたんだ。 僕には理由が分からなかった。 彼はそんなに賢くないのに…それでも幾つかの賞を取ったけど…自分には何でもできると思っていて、あの迷惑な笑顔で世界と対面していた。 アキは古い友人を対象に精神分析を行っている自分に気がついたが、今はそんなことに向けるべき関心も時間もないはずだった。

Hey, take it easy friend, just relax and work at our pace!” Avagher said, smiling. Suddenly Aki's focus wasn't on math, engineering, spatial distortion or any of these topics. Unbidden thoughts of Avagher filled his mind. He remembered meeting Avagher in the kindergarten lab. They'd hung out together, made fun of the teachers. Aki remembered how they'd hacked into and reprogrammed military-grade MTACs at the base to run around and do gymnastics with their hundred-ton hulls, their mechanized arms and legs. He remembered how Avagher had introduced Kia to him. He'd wanted to talk to her for so long, but never had the drive to simply do it. Avagher had always been better like that. More confident. Aki couldn't understand why. While Avagher was less smart – and certainly won fewer awards – he always thought he could do everything, and faced the world with that annoying smile. Aki found his mind performing a deep psychoanalysis of his old friend, something he had no interest in or time for right now.

突然すべてが繋がった。 2ヶ月前にホロスクリーンで見たニュースの内容。 アキは軌道上で仕事をしているはずなのに、惑星で起きた出来事についての無意味なニュースばかり読んでいた。 違法ブースターを輸送した疑いで5名を逮捕。 士官学校でヒュエロモント事件の記念式典。 数年にわたって入館者数が減少していた科学博物館が閉館。 科学博物館が閉館。 キアはリアスを連れていった科学博物館でアバガーに会ったと言った。 更なる事実が嫌がらせのように浮かんでくる。 ウチのアパートのホロ窓。彼女が買うには高すぎる家具だ。 彼女はいつ取り付けたんだろう? ある日突然あそこにあったんだ。 あれはデュボーレ研究所の社章が付いていた。 アキの脳裏を今まで想像もしていなかった考えがよぎっていた。

Suddenly, something clicked into place. A news blurb, seen on a holoscreen two months ago. Aki had been in orbit, supposed to be doing work but instead finding himself scanning pointless news items about what was happening planetside. Five people arrested on suspicion of transporting illegal boosters. Memorial service on the Hueromont Incident at the military academy. Science museum finally closed after years of dwindling attendance. Science museum closed. She said she met him at the science museum with their son. More facts started to emerge, like little pinpricks. The holoframes in their apartment. Quite expensive devices for her to buy. When had she installed them? One day they had just been… there. They had Duvolle Laboratories markings. He'd never even thought about that before.

その考えを追求するにつれて、彼は何が起きたのかを理解し始めた。 10歳のアバガーの姿が目の前に浮かぶ。もう何十年も思い出していない姿だ。

As he began digging into it, it began to dawn on him. An image of Avagher, ten years old, flashed before his eyes. He hadn't thought of this in decades.

そして、彼の息子リアス。黒いだらしない髪。丸い顔。丸い見慣れた顔。

And his son, Rias. His dark scruffy hair. His round face. His round, familiar, face.

アキは自分の頭が燃えているのかと思った。 自分が端末の前に座っているのだと気がついたが、立とうとしても足が言うことを聞かなかった。 アバガーに向かって吠えようとしたが、もう口も動かなかった。 そして、彼は突然気がついた。最後の貴重な10分間をアバガー、キア、リアスについて考えるのに使ってしまったのだ。 これが僕の発見なのか? 僕の最期だっていうのか? 研究チームはアキが解説した理論の見直しに移っているようだった。 既に記録装置は切られ、研究者たちは実験結果について静かに議論を交わしている。 アキは辛うじて手だけを動かすことができた。 彼はターミナルに手を伸ばすと、マイクロジャンプドライブのコードの入力を続けた。

Aki's head felt as if it was burning. Finding himself still sitting in front of the terminal, he tried to stand but found that his feet weren't really responding. He was going to scream at Avagher , but he couldn't move his mouth. He suddenly realized he'd spent the last precious ten minutes thinking about Avagher, Kia and Rias. Was this it? Was this the end? The research team seemed to be focusing on reviewing what Aki had already covered; some of the recording equipment had been turned off as they quietly discussed the findings. His hands could still move. He reached for the terminal and continued working on the micro jump drive code.

「まだ動いてるぞ!」 誰かが言って、研究員たちの注意がアキに引き戻された。 技術者は氷嚢を持ってきて、アキの頭に乗せた。 アバガーは言った。 「もう動いてるとは言えないだろう。既に燃え尽きているんだからな」

“He's still going!” someone said, and their attention was on him again. The technician arrived with a pack of ice that he placed on Aki's head. Avagher commented: “That's not really going to work, you know. He's burned out already.”

アキは主安定化シーケンスのためのファームウェアコードを数行打ちこんだ。 キーを押すために永遠の時間が必要で、頭の中では灼熱の溶岩が煮えたぎっているようだった。

Aki entered a few lines into firmware code for the main stabilization sequence. It took him forever to type, and he felt as if hot lava was boiling inside his head.

「まだ意味のある内容になっているか?」 アバガーは研究員の1人に尋ねた。

“Is it still valid?” Avagher asked one of the researchers.

「そのように思われます。しかし絶対とは言い切れません。 収率を改善するのが目的のようですが、ここに書かれているコード自体、彼以外の人間には正確な機能が分からないのです。 そして、彼はそれを解説できるような状態にありません。すっかり焼け焦げてしまっているようですね」

“Sure. I'm not positive on what exactly it does, though. It seems to improve the yield, but like with most of this stuff, no-one really knows how it works except for him, and I don't think he's in a condition to tell us. He's pretty much toasted.”

アキは最後の行の入力を終えて椅子から崩れ落ちた。 周囲を取り囲んだ医療要員は彼の生命徴候を確認すると、部屋の外へと搬出していった。 彼はその光景を見ることもなければ、聞くこともなかった。 焼けるように熱い永遠の闇、その後に続く悪夢へと既に滑り落ちていたのだ。 そこはインフェルノ、炎熱に焼かれる地獄だった。

Aki finished the last line, then collapsed into his chair. The medical crew surrounded him, took vital signs and wheeled him away. He didn't hear them or see them. He was already sliding into the scalding perpetual darkness and ensuing nightmare that was Inferno totality.


キアとアバガーが一緒の時間を作るのは久しぶりのことだった。 アバガーはデュボーレ社内でこれまで以上に責任ある地位に昇り、CEOになるための経験を積んでいるともっぱらの評判だ。 キアは彼女自身の研究を再開し、空いた時間で経営している小さな製薬会社で成功を収めた。 アバガーは少数の乗組員とオプックス・ラグジュアリー・ヨットを貸しきって、キアの一生の夢だった天文現象鑑賞の旅に連れ出していた。 彼の仕事はまったく順調だったので、彼女のために時間を作るようにしていたし、彼女もそれで幸せだった。

It had been a long time since Kia and Avagher had taken time off together. He was being given more responsibility than ever at Duvolle, and some said that he was being groomed for CEO. Kia had taken up her own research again, and was successfully running a small pharmaceutical company in her spare time. Avagher had chartered an Opux luxury yacht with a small crew and was taking her to see all of the astronomical phenomena she had only dreamt of witnessing all her life. With all his work and continuing success at the company, he still had time for her, and that made her happy.

「恒星のすぐ近くでフレアを見たくない?」 アバガーは尋ねた。 「この船は君が想像する1番ひどいフレアでも耐えるように作られてるんだぜ」 彼はキアの返事を待たず、恒星に近い軌道を取るよう乗組員に指示した。 それはかなり小さな赤い恒星で、そのリージョンで最も壮大なものというわけではなかったが、好奇心をそそる程度の面白味はあった。 ヨットが恒星近くにワープアウトすると眩しい光に圧倒されたが、展望デッキの窓は慎重に光量を調整した。

“Do you want to see the flaring on the solar limb?” asked Avagher . “The ship is fitted to withstand the most violent flares you can think of.” Not waiting for a reply, he instructed the crew to take them on a close orbit of the sun. It was a fairly small red sun, not the most majestic in the region but possessing a curious intensity that made it interesting nonetheless. They warped closer and were quickly flooded with brilliant light, carefully filtered and balanced by the observation deck windows.

「お客様、本船があなたの発明の1つを実際に搭載していると聞いてお喜びいただけるでしょうか。 我々は最近ザラシア型マイクロジャンプドライブを手に入れました。 よろしければ、お客様と奥様の前で実演させていただきたいと思いますが?」 船長は新しい推進装置の開発者その人を船に迎えることができて、とても喜んでいた。

“Sir, you might be happy to hear that we actually have one of your inventions fitted onto this very ship. We recently acquired a Xarasier Micro Jump Drive. Perhaps you and the madam would like a demonstration?” The captain was quite thrilled to have the actual creator of this new device as his passenger.

「どこへ向けてジャンプするんだ?」 アバガーは尋ねた。 「ここには俺たちと恒星以外に何もないようだが」 「100km前方ではいかがでしょうか」 船長は目に笑みをたたえながら答えた。 「あくまで余興ということで」 「余興か、そいつはいい! 1つやってみよう!」 アバガーはキアのまわりに腕を回して快活に叫んだ。

“Where would we jump to?” asked Avagher. “There's nothing here but us and the sun.” “A 100 kilometers forward,” replied the captain with a smile in his eyes. “Just for fun, really.” “Sure, let's give it a try!” Avagher shouted jauntily as he put his arm around Kia.

船長はドライブを起動した。 ドライブの回路の奥深くでメインループが取り込みを開始する。 回路が正確な座標を算出すると、膨大なコードの一部が本来の仕様にない走査をかけ、船を借りた人間の名前を確認した。 そこにアバガー・ザラシアの名を見つけた瞬間、更にサブルーチンが開始された。 ドライブは船の位置、ジャンプ投射座標、付近の惑星の配置、そして最寄りの恒星の絶対位置を導き出した。

The captain initiated the drive. Deep within its circuitry, the main loop started to spool up. As it calculated the correct coordinates, a small clause in its code ran an undocumented check, reviewing the passenger charter. As it detected the name Avagher Xarasier, a subroutine within it was initiated. It calculated the ship's position, projected jump coordinates, locations of nearby planets and the absolute position of the nearest sun.

外からはすべてが完璧に機能しているようにしか見えなかった。 アバガーは初めてマイクロジャンプを船内で体験するので、少し興奮している。 床からは稼働するエンジンの穏やかな振動が伝わってきた。

From the outside, everything seemed to function perfectly. Avagher was somewhat excited, since he'd never been inside a ship doing a microjump before. The engine continued to spool up and a mild vibration could be felt from the floor.

ヨットは突然ジャンプした。しかし、行き先は100km前方ではない。もっとずっと先の場所だった。

Suddenly, the ship jumped. It didn't go 100 kilometers though. It went further than that.

次の瞬間、恒星の輝ける表層から数百km下方に小さな客船が現れた。 凶暴な熱がヨットと乗組員、そして2人の乗客を溶解させ、恒星の燃料に供するにはマイクロ秒単位の時間しかかからなかった。 刺激によって恒星表面から小さなフレアが起こり、それによって起きたアーク放電プラズマは、崩壊する直前に恒星表面を飛び回る他のプラズマと合流していった。

In an instant, a few hundred kilometers deep below the glowing surface of the sun, a small cruise ship materialized. It took microseconds for the violent forces fuelling the sun to consume and entirely dissolve the ship, its crew and its two passengers. The disturbance caused a small solar flare to shoot up from the photosphere of the sun, the plasma arcing brilliantly for a few moments before collapsing again and merging with the twirling plasma on the solar surface.

1)
EVElopediaにも同じ内容が記載されていた
backstory/inferno.txt · 最終更新: 2018/01/18 02:31 by bartlett