EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

trash:test-serverテストサーバー導入方法

テストサーバー接続方法

ランチャーのアップデートにより、Sisi接続用のクライアントを用意する必要がなくなったためここに転記。

テストサーバー(Sisi)用クライアント導入方法

テストサーバーに接続するためには、通常のゲームプレイで使用しているTQ用クライアントとは別のクライアントを用意する必要があります。
公式でテストサーバー用クライアントのインストーラを配布していますが、何故かこれをインストールしてもTQにつながってしまいます1)

そのため、通常のTQ用クライアントを複製、または別にインストールしたものを改変してテストサーバー用クライアントにする方法が一般的です。
手順としては以下のとおり。

Windowsの場合(複製する方法)

  1. 適当な場所に新しくフォルダを作る。
  2. 「C:\Program Files\CCP2)」にある「EVE」フォルダの中身を全てコピーし、新しく作ったフォルダに貼り付ける。
  3. 貼り付け先にある、拡張子が「.patch」または「.download」のファイルを削除する。
  4. 貼り付け先の「eve.exe」ファイルのショートカットを作成する。
  5. 新しく作ったショートカットのプロパティを開き、「リンク先」の末尾に「 /server:Singularity」(半角スペースを忘れずに)を追加する。

こうして作ったショートカットを起動すればSisi接続用のランチャーが起動し、Sisi用のパッチを自動でダウンロード・適用したあと、Sisiに接続できるようになります。

また、binフォルダ内の「exefile.exe」のショートカットを作成し、リンク先の末尾に「 /server:Singularity」を追加すれば、ランチャーを介さずクライアントを直接起動できます。


1)
少なくとも、筆者がWindows用のをインストールしたらそうなった。
もし配布クライアントで問題なくテストサーバーに接続できた方がいらっしゃれば、ゲーム内チャンネル「ONI-I」に連絡お願いします。
2)
デフォルトのインストール先
trash/test-serverテストサーバー導入方法.txt · 最終更新: 2020/07/22 23:39 (外部編集)