EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

technic:mwd-trick

MWDトリック

IDSやBSなど機動性が低くワープインするまでが遅い艦を、素早くワープインさせるテクニック。
MWDを装備できないフレイター/JFでは使えないが、それ以外の艦では非常に有効な移動補助手段になる。
狭義には、クロークを用いた応用テクニックの方を指す。

手順

「MWDトリック」の名前の通り、MWDを装備しておくことが前提。

  1. ワープしたい方向にアライン(軸合わせ)。
  2. MWDを起動。
  3. 1サイクル終わる前にMWDを停止。
  4. ワープボタンを押す。
  5. MWDのサイクル終了と同時にワープインが始まる。

原理

ワープが始まるための条件は、

  1. 艦首がワープ方向に向いている(より正確に言えば、進行方向から誤差5度の範囲に目的地がある)
  2. 現在速度が最高速度の3/4以上出ている

この2つ。
静止状態から目的地にアラインすれば、1つ目の条件はすぐに満たされる。問題は2つ目のほう。大きい艦は最高速が低いだけではなく、最高速に達するまでも長いのである。

MWDを起動した場合、最高速度が+500%、つまり6倍になる。加速力もMWDがオフのときより当然良くなっている。
MWDを起動したままでは最高速が上がっているためワープインするまでが長いが、MWDを切るとサイクル終了時に最高速が元に戻る。しかし現在速度は維持されたままなので、大抵の場合はこの時点で最高速度の3/4以上という条件を満たせる。(MWD起動時に最高速の1/8以上出ていれば、MWDオフ時に3/4以上になる

MWDの代わりにABでも同じようなことができるが、最高速も加速性もMWDほどではないため1サイクルで3/4以上まで加速できず、2あるいは3サイクル必要になる場合が多い。

応用

これにクロークを組み合わせると、ゲート前で捕まることを防ぐことができる。これを「擬似クロークワープ」とも言う。
Covert Ops Clorking Device IIによるクロークワープ1)程ではないものの、安全性は比較的高い。
基本的に、ローセクなどのバブルがないゲートキャンプをIDSなどで突破するために使う。

  • 必要な装備
    • Improved Cloaking Device II (改良型遮蔽装置II)
    • MWD(※ABは不可)
  1. ゲートをジャンプしてクローク状態になる。
  2. 目的地にアラインする。(ジャンプ後のクロークが切れる)
  3. 即座にクローク&MWDを起動。
  4. MWDのサイクルが終わる直前にクロークを解除。(なおMWDはクロークの影響で1サイクルで自動的に止まる)
  5. ワープボタンを押す。


(※4分15秒から実践シーン)

うまく行けばスムーズにワープイン出来る。ぶっつけでやると失敗しやすいので事前の練習が不可欠。

クローク中にMODは起動できないが、MOD起動中にクロークに入ってもサイクルは途中で止まらず、そのサイクル中は機能を維持し続ける(一部例外あり)というシステム上の特性を利用している。

1)
クロークしながらワープするあれ
technic/mwd-trick.txt · 最終更新: 2016/12/03 17:40 by bartlett