EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

technic:kill-rights

キルライト

キルライト(kill Rights:殺害許可)とは、犯罪行為を行ったプレイヤーに対する報復のためのシステムです。
Criminal相当の行為を受けた場合1)、その行為を行ったプレイヤーに対するキルライトが付与されます。
キルライトはアイテムではなく、プレイヤーに対して与えられる権利です。自分が権利を持つキルライトと、自分が対象になるキルライトはキャラクターシートから確認できます。

自分が保有しているキルライトの一覧

キルライトが行使されると、そのキャラクターにSuspectフラグが立ちます。これにより、場所を問わずどこでも誰でも自由に先制攻撃が可能になります。なお、キルライトを行使するためにはそのキャラクターを視界内に捉えている必要があります。

また、自分が権利を持っているキルライトは、他人に販売することが出来ます。
キルライトの販売はキルライト一覧から行う
販売する際の値段を設定できます
全カプセラに対して20Mで販売している際の表示 販売対象は自コープメンバー・自アライアンスメンバー・全カプセラ・特定のキャラ・コープ・アライアンスの範囲で指定でき、また値段を設定できます。

キルライトの販売対象になっているプレイヤーが、キルライト自体の対象になっているプレイヤーを視界内に捉えていれば、指定された金額を支払うことでキルライトを代行して行使することが出来ます。
キルライトが販売されているキャラクターはOVによって簡単に判別でき、選択ウィンドウの右上にキルライト起動アイコンが表示されるこの場合、キルライトを実行する際には原権利者に対して876Mを払うことになる

これは自分に対するキルライトでも同じことが言えます。誰かの卵を焼くなどして一度キルライトが発生したら、ハイセクにおいて常に攻撃を受ける可能性が出てくるということになります。

キルライトには30日の期限があり、この期限を過ぎるとキルライトは消失します。また、キルライトが行使されている状態でキルライト対象が撃墜されると、報復完遂ということでキルライトが消失します2)
低額で全カプセラへキルライトが販売されている場合、Altキャラでキルライトを買い取り、安い船を撃沈させてキルライトを消化するという手法がよく使われます。

1)
それによって撃墜されたか否かを問わない
2)
ただしRookieShipのキルではキルライト完遂とはなりません
technic/kill-rights.txt · 最終更新: 2018/09/22 16:58 by bartlett