EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

EVE Online Japan Wiki

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

technic:backup

EVEの各種設定の移行・バックアップ方法

新しいPCを買ってEVEをインストールした。そうしたら当然ながらウィンドウ配置やチャットチャンネル設定は初期状態のまま。そういった設定を一からやりなおすのは至極めんどくさい・・・・・
そういう時のための解説です。

なお、ここで解説するのはWindows版のやり方になります。
Macを使用している方は、ご了承下さい。

また、なぜか知らないけどウィンドウ位置とかオーバービューの設定が全部初期化されてる、といった場合の復旧の参考になるかもしれません。

手順

C:\Users\{Username}\AppData\Local\CCP\EVE

※{Username}はWindowsのログインIDです。

上記のフォルダ内に、設定内容データが保存されています。
「AppData」は通常だと隠しフォルダに設定されているため、隠しファイルも全て表示されるようにしておきましょう。
見れるようにしておくと何かと便利なので、隠しフォルダ設定を解除しておくのをおすすめします。

このフォルダの中には

c_program_files_(x86)_ccp_sharedcache_tq_tranquility
c_program_files_(x86)_ccp_sharedcache_sisi_singularity

のように、

(EVEのインストール場所)_(接続サーバー)

といった名前のフォルダがあります。通常使うサーバーはtranquilityになります。
その中に「cache」というフォルダと「settings_(プロファイル名)」というフォルダがあります。「settings」の方が、プロファイルごとの設定データが保存されているフォルダです。この中に、アカウント毎の設定データも内蔵されています。
このフォルダをコピーして、どこかに保存しておきましょう。

設定が初期化されてしまっている場合、何らかの原因によってこの保存場所が新しく生成されている可能性があります。
この場合は、本来の設定が保存されている(と思われる)もののみを残し、それ以外を削除、残した方の名前を正しく書き換えてやれば良いです。

「cache」の方は、メールの記録や各種ロゴなどのキャッシュデータが保存されています。
こちらは削除してもゲームに問題はありません。

新しいPCにEVEをインストールした場合、一度クライアントを起動して上記のデータの保存場所を生成しましょう。
そして、先ほどコピーした「settings」フォルダを同じ位置に貼り付け、あるいは置き換えします。これで設定移行は完了です。

technic/backup.txt · 最終更新: 2017/01/16 00:13 by bartlett