EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

backstory:the-jovian-wet-grave

ジョヴの水墓

転載元:EVEonlineJP Wiki
原文:Shortstory:The Jovian wet grave

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります


以下のショート・ストーリーは、70年以上前にジョヴ人とカルダリ人が出会った少し後の物語であり、両人種の最初期の駆け引きを描写するものである。


ヒラキー・ピルコタン大尉は、カルダリ巡洋艦オカリオニ内の自室で、髭を剃ったばかりの顔が映った、スチール製の鏡を眺めていた。完璧だ。何週間かぶりに、この若い大尉は、忘れかけていた腹の底から沸き立つような興奮を覚えていた。 ピルコタンの父はガレンテ連邦との戦争を戦っており、そのスリルに富んだ戦いと武勇伝の数々は、当時10代だったピルコタンの心に刻み込まれていた。しかし戦争も15年以上前に終わり、ピルコタンが海軍に仕官してから今までの何年もの間、特筆すべきことなどはほとんど何も起こらなかった。清掃、演習、就寝…まるでそれだけが海軍生活の全てであるかのようだった。 だがここに来て、ほんの二ヶ月足らず前、ある新しい種族がカルダリにコンタクトしてきたのだ。ピルコタンはこの人種についてあまりよく知らなかったが、最も人間の起源に近い者達だろうという話は聞いていた。初めのコンタクトからほどなくして、オカリオニは新種族が姿を現した国境地帯への配置を命じられた。そして今、数日間のカルダリ宙域での平穏無事な航海を経て、艦は目的地に近づきつつあった - 新種族が乗船する艦とのランデブー地点である。

Lieutenant Hirakii Pirkotan looked at his freshly shaven face in the steel mirror in his cabin aboard the Caldari cruiser Okarioni. Immaculate. For the first time in weeks the young lieutenant had the almost forgotten feeling of excitement in the pit of his stomach. Pirkotan's father had fought in the war against the Gallentean Federation and his thrilling tales of battles and bravery had made their mark on the teenage mind of Pirkotan. But the war had been over for 15 years, and in all the years that Pirkotan had spent in the navy, hardly anything noteworthy had ever occurred. Scrubbing, drilling, sleeping - that seemed the be-all and end-all of navy life. But then, less than two months ago, a new race had made contact with the Caldari. Pirkotan knew little about the race, except that they were most likely of human origins. Shortly after the first contact, the Okarioni had been ordered to the frontier where the new race had introduced itself. And now, after days of uneventful cruising through Caldari space, the ship was nearing its destination - a rendezvous with a ship belonging to the new race.

ピルコタンはジャケットを念入りに整えてから居室を出た。ブリッジへと向かいながら、その心は再び、この異例なミッションへと向けられていった。あまりにも多くの気がかりや答えのない問いを抱え、ピルコタンの心中は穏やかではいられなかった。 なぜオカリオニはここに来る前に、イシュコネ社が所有する高セキュリティの軍用港で2週間停泊するよう命じられたのだろうか?そして、あのおかしなデバイスがカーゴホールドBに収容・封印されたものは一体何なのだろう?この機密ぶり、副長であるこの自分にさえ、何が起こっているかを知らせないのはなぜなのだろうか? ピルコタンはこの状況に不満もあり、クルーの多くも同じように感じていることは分かっていたが、不満を漏らすほど愚かではなかった。このような不安な心を抱えながら、ピルコタンはブリッジに到着した。

Pirkotan straightened his jacket for the umpteenth time and left his cabin. While walking towards the bridge his mind once again turned to this unorthodox mission. There were too many loose ends and unanswered questions for Pirkotan's comfort. Why had the Okarioni been ordered to berth on a high-security military shipyard belonging to the Ishukone corporation for two weeks before coming here? And what strange devices had been installed and then sealed in Cargo Hold B? Why this secrecy, preventing even him, the second-in-command, from knowing what was going on? Pirkotan was not happy with the situation and while he was aware that many of the crew members felt the same way, he knew better than to complain. With these troubled thoughts on his mind, Pirkotan reached the bridge.

「我々は彼らに、あらゆる種類の情報を提供する予定だ。社会問題・・・

オーリエ艦長はブリッジの司令官席に座り、会合地点への最後の航路変更を監督していた。ピルコタンは、艦長席の左やや後方にある自分の席に腰を下ろした。
「それで、状況はどうなっておりますか、艦長」彼は尋ねた。
「約20分以内にランデブーを開始する」オーリエは答えた。艦長とその部下はしばらくの間、沈黙のまま座っていた。やがて、オーリエは口を開いた。
「ランデブー間近になったから、君にミッションについて詳しく説明できる」ピルコタンは耳をそばだてた。ようやく自分たちがここに派遣された理由が分かるのだ。艦長はたっぷり1分ほど押し黙ってから、再び口を開いた。
「我々がコンタクトした種族は、自分たちをジョヴと呼んでいる。私はそれ以外に知っているのは、最高司令部から聞かされた、彼らが高度に発達した種族であるようだ、ということだけだ。我々がここへ来たのは情報交換のためだ。彼らジョヴ人は情報の収集を人生最大の目標をしているらしく、そのためなら十分な対価を支払ってくれるようだ」オーリエは含み笑いをして続けた。
「我々は彼らに、あらゆる種類の情報を提供する予定だ。社会問題、歴史、航路図、軍事機密までいくらか渡す」オーリエは最後の一言で目に見えて不機嫌になった。
「だが上は、それだけの価値のあるものを代わりに手に入れられると思っているようだ…」艦長は言いよどんだ。
「代わりに何が手に入るというのですか?」ピルコタンは尋ねた。
「私にもよくわからんよ、大尉殿。はっきりとはわからないんだ。何でも艦を操縦するか交信するかするデバイスらしい。私が知っているのはそれだけだ」

Captain Ouriye was seated in the command chair on the bridge, overseeing the last course-changes to the meeting point. Pirkotan sat himself down in his own chair to the left and a little bit behind the command chair.
“So what's the situation, sir?” he asked.
“We should rendezvous in about 20 minutes,” Ouriye responded. The captain and his sub-ordinate sat in silence for a minute. Finally, Ouriye spoke:
“Now that we're about to rendezvous I can fill you in on our mission.” Pirkotan’s ears perked up; at last he'd know why they were being sent here. The captain sat silent for a full minute before he spoke again.
“This race we've made contact with calls itself Jove. I know nothing more of them, except that the high command informs me that they seem highly advanced. The reason for us being here is to exchange information. It seems these Jovians regard the acquisition of information to be their highest goal in life and are willing to pay handsomely for it,” Ouriye chuckled, then continued:
“We're giving them all kinds of information: data on social issues, historical facts, navigational charts, even some military secrets,” captain Ouriye was visibly upset by this last statement.
“But our superiors feel that what we're getting in exchange is worth it…” the captain trailed off.
“What are we getting in exchange?” Pirkotan asks.
“I'm not sure, lieutenant, I'm not sure. It's some sort of a device for controlling or communicating with your ship, that's all I know.”

ピルコタンは考え深げに座り、首の後ろを掻いていた。手術の痕がまだ痛むのだ。イシュコネステーションでの滞在中、オーリエはピルコタンに脊髄と小脳へのインプラントの埋め込みを勧めたのだ。確実に出世することができると言って。

Pirkotan sat thoughtfully, scratching the back of his neck. It was still sore after the operation. While berthed on the Ishukone station Ouriye had encouraged Pirkotan to have neural implants inserted into his spinal cord and cerebellum, saying that it would definitely further his career.

「艦長、我々が彼らに渡すものとは、カーゴホールドBに積んであるもののことでしょうか?」ピルコタンは艦長に尋ねた。
「いや、あれは、あー…デバイスだ。ジョヴ人から代わりに手に入れることになっている」オーリエは答えた。
「何ですって?これから手に入れるものが既に艦内にあるというのですか?理解できません、艦長」
「手に入れたのは一部なのだ。あらゆる重要部品、たとえば認識パターンの復号器のようなものが欠けている。これから会うジョヴ人たちが、その重要部品を持ってきて、その動作を見せてくれることになっている」オーリエは言った。

“Sir, these things we're giving them, are they in Cargo Hold B?” Pirkotan asked the captain.
“No, that, uh… device, is what we're getting in exchange from the Jovians.” Ouriye answered.
“What? We already have what we're getting here on this ship? I don't understand, sir.” Pirkotan said puzzled.
“We've got a part of it. All the vital bits, such as the cognitive pattern decoders, are missing. The Jovians we're about to meet will bring those missing bits and show us how everything works.” Ouriye said.

ピルコタンはしばらく考え込んで言った。「私が分からないのは、艦長、なぜ我々が直接にジョヴ人達と引き合わされることになったのかです」
「どういう意味かね」オーリエは聞いた。
「その、このような初期段階におけるジョヴ人との関係というのは、軍人ではなく外交官が、専任で当たるべきであると思うのです、艦長。なぜ我々に討議を担当する外交官が割り当てられなかったのか…」
「我々はカルダリ国の公式な代表としてここにいるわけではないのだ。我々の任務は、イシュコネ社のCEOであるラト・モモリヨタ氏から直々に命じられたものなのだ。このミッション、この取引は、厳密にはイシュコネ社のビジネスにあたる。上は、我々の独力でミッションを完遂できると確信している」オーリエは説明した。
「上、というのは、イシュコネ社の上層部のことを言っているのですか、艦長?」
「そう、その通りだよ、大尉殿」オーリエは答えた。「だがだからと言って、このミッションの重要性や意味が薄れるようなことはないぞ」

Pirkotan pondered for a while. “What I don't understand, sir, is why we were sent on our own to meet these Jovians.”
“What do you mean?” inquired Ouriye?
“Well, I'd think that at this early stage in our relationship with the Jovians that diplomats, not soldiers, would deal solely with them, sir. I wonder why we weren't assigned a diplomat to handle the discussions…“
“We're not here as official representatives of the Caldari State. Our orders come directly from Rato Momoriyota, CEO of the Ishukone corporation. This mission, this trade, is strictly the business of the Ishukone corporation. Our superiors have every confidence in us to complete this mission on our own.” Ouriye explained.
“By our superiors, you mean the heads of the Ishukone corporation, sir?”
“Yes, that's correct, lieutenant.” Ouriye replied. “But that doesn't make this mission any less important or meaningful.”

今や、落ち合う相手の艦はレーダー上にはっきりと映し出されていた。
「彼らの艦は思ったほど大きくありませんね」ピルコタンは艦を観察して言った。確かに、その艦はオカリオニの半分ほどの大きさしかなく、平均的なカルダリのフリゲートよりやや大きいほどでしかなかった。艦はややつや消しの入った金属光沢の緑、茶、灰色を組み合わせた色使いであった。かなり奇妙な外見をしており、建造されたというよりは、成長したか、彫刻したかのような見かけであった。
通信士が二人に向かって合図した。「ジョヴの艦からメッセージを受信しました」通信士は言った。「こちらに来るとのことです」
「わかった」オーリエは言った。「大尉殿、任務はわかっていようね」
「はい、艦長」ピルコタンは答えてブリッジを後にした。シャトルベイへ、4人の海兵を連れて行く。「謹んで振る舞え」ピルコタンは言った。「今回護衛する相手は貴賓客である。お前たち一人一人が今、カルダリ連合の大使となるのだ。」 (あるいはイシュコネ社の。まあいずれにせよ同じことだが) ピルコタンは思った。

By now, the vessel they were to meet was clearly visible on the radar.
“Their ship doesn't seem all that big,” Pirkotan observed. Indeed, the vessel was only half as big as the Okarioni, only slightly bigger than an average Caldari frigate. The ship was a combination of rather dull-looking shiny-metal green, brown and gray. It had a most peculiar shape, almost like it had been grown or carved, instead of built.
The communication officer waved them over. “We're receiving a message from the Jovian vessel,” the officer said. “It says they're coming over.”
“All right,” Ouriye said, “Lieutenant, you know your duty.”
“Yes, captain,” Pirkotan answered and exited the bridge. He went to the shuttle bay, bringing four marines with him. “Behave yourself, men,” Pirkotan said, “These are distinguished guests we're to escort, each and every one of you is now an ambassador for the Caldari State.” 'Or the Ishukone corporation, at any rate.' Pirkotan thought.


ジョヴの艦と同じ色使いのシャトルが、シャトルベイにドックインしてきた。3人の小さな人間がシャトルから出てきた。3人ともが上質の材料で作られた、明るい茶色と灰色のチュニックのような制服を着ていた。確かに人間であるにもかかわらず、その風貌は実に奇妙に見えた。肌は薄く灰色がかった黄色をしており、ほとんど透明で、静脈がはっきりと見て取れた。頭は異常に大きく、その一方で体は細く貧弱に見えた。
ピルコタンはその姿を見て不安を抑えきれなかった。3人の人間はピルコタンの方へ歩き出し、うち一人が進み出て、ピルコタンに近づいた。「ご機嫌よう、カルダリの将校殿。私はジョヴのアーヌで、こちらは助手のイェドとイーラスです」ジョヴ人は完璧なカルダリ語を操っており、ほとんど訛りは感じられず、その動きと仕草はなめらかで優雅であった。ピルコタンは、このジョヴ人たちがどこでこのような良質のカルダリ語を学んだのだろうと訝った。

A shuttle, in the same colors as the Jovian ship, was docking in the bay. Three small men exited the shuttle. Each of them wore a tunic-like uniform of fine materials, light-brown and gray in color. Although they were definitely human, they looked very strange: their skin was pale grayish yellow, almost transparent, with veins clearly discernible. The heads seemed abnormally big, but otherwise their bodies were thin and feeble-looking. Pirkotan couldn't help the uneasiness he felt by looking at them. The three men walked towards Pirkotan and one of them, walking in front of the others addressed Pirkotan. “Greetings, Caldari officer. I'm Anu of Jove and these are my aides Yed and Elas,” the Jovian spoke in perfect Caldanese, with almost no detectible accent, his movements and gestures were lithe and graceful. Pirkotan wondered where the Jovian had learned such good Caldanese.

確かに人間であるにもかかわらず、その風貌は実に奇妙に見えた。

ピルコタンは、知らず知らずそのジョヴ人の薄黄色の瞳を見つめていたことに気付き、しどろもどろになりながら返答した。「ええ、ああ…オカリオニにようこそいらっしゃいました。ええ…私はヒラキー・ピルコタン大尉です。どうぞこちらへ」
ピルコタンはジョヴ人の探るような視線から自分の目を引きはがし、きびすを返してメインデッキへ歩き始めた。ジョヴ人たちは後に続き、ピルコタンは、彼らが互いに、完全に母音だけからなる奇妙な言語で言葉を交わしているのを聞いた。

Pirkotan caught himself staring into the pale yellow eyes of the Jovian and stuttered his answer. “Yes, uh… welcome aboard the Okarioni, sir. Um… I'm lieutenant Hirakii Pirkotan. Please follow me.” Pirkotan tore his eyes away from the probing gaze of the Jovian, turned on his heels and started walking towards the main deck. The Jovians followed and Pirkotan heard them chattering among themselves in a strange language that seemed to consist entirely of vowels.

ブリッジに戻ると、ピルコタンは艦長とジョヴ人たちを引き合わせた。オーリエは、くつろいでジョヴ人たちと会話しているように見え、緊張して居心地悪げなピルコタンとは違うようであった。しかし艦長と共にこのジョヴ人たちと雑談をしているうちに、ピルコタンは初めてようやく、この3人を外宇宙のエイリアンではなく、人間として見ることができるようになった。ジョヴ人たちは艦長のジョークに律儀にも笑うことさえしており、人類であればどこでも見られる社会的なエチケットを完全に理解していることを示していた。すぐに、会話は本題へと進み、ジョヴ人たちは受け取ることになっている品物を求めた。

Back on the bridge, Pirkotan introduced the captain and the Jovians. Ouriye seemed perfectly at ease conversing with the Jovians, unlike Pirkotan, who was nervous and uncomfortable. But while the Jovians were making small talk with the captain, Pirkotan for the first time managed to see them as humans and not some outer space aliens. They even laughed dutifully at the captain's jokes, showing their full understanding of the social etiquette found everywhere among humans. Soon, the conversation turned to the matters at hand and the Jovians asked to see the items they were to receive.

「ピルコタン大尉、私の居室から例の箱を持ってきてくれ」オーリエはピルコタンに、セキュリティーキーを渡しながら命じた。「ブリッジに持ってくるんだ」
「了解しました、艦長」ピルコタンは答え、身振りで4人の海兵に後へ続くよう促した。ブリッジを出る時に、ジョヴ人の一人がこう尋ねるのが聞こえた。「用意はできていますか、艦長?」そしてオーリエは答えた「彼に必要な程度には」ピルコタンは一瞬ためらったが、歩みを再開した。漏れ聞こえた言葉について考えながら。「私のことを言っているのだろうか?」

“Lieutenant Pirkotan, bring the crate in my personal quarters.” Ouriye ordered Pirkotan, handing him a security key. “Bring it here to the bridge.”
“Yes, sir.” Pirkotan answered, motioning the four marines to follow him. As he was leaving the bridge he heard one of the Jovians ask: “Has he been prepared, captain?” and Ouriye replied: “As much as he needs to be.” Pirkotan hesitated for a moment, but then continued, contemplating what he'd overheard. 'Were they talking about me?' he thought.

箱は思ったほど大きい物ではなく、長さ1メートル、高さと幅がそれぞれ50センチといったところだったが、驚くほど重かった。ピルコタンはセキュリティ拘束具を解除し、4人の海兵が苦労の末ブリッジに運び込んだ。ピルコタンはオーリエにセキュリティキーを返却し、艦長はパーソナル・コードを箱に入力した。ロックは大きなシューという音を立てて外れ、オーリエは下がって、ジョヴ人たちが箱に近づけるようにした。
アーヌは箱を開けて品物を引き出し、助手に手渡し始めた。助手は品物をリストと見比べ、印を付けていた。ジョヴ人たちは全ての品物を確認して満足すると、次にそれらを注意深く調査し始めた。その仕事は信じられない速さで、データディスクと情報クリップを手のひらサイズのコンピューターに挿入し、内容を数秒ほどスキャンすると、それを放り出して次に移るのだった。ホログラムリールを起動すると早送りで再生し、画面から放たれるチラチラした光がブリッジじゅうに投げかけられ、カルダリ人たちの頭をくらくらさせるのだった。
数分の後、ジョヴ人たちは突然調査作業を止め、互いに興奮した様子で話し始めた。今見たものについて満足したことは明らかであった。

The crate was not all that big, maybe one meter in length and half a meter in height and breadth, but it was surprisingly heavy. Pirkotan unlocked the security bindings and the four marines struggled with it to the bridge. Pirkotan handed Ouriye back the security key and the captain used his personal code on the crate. The lock snapped open with a loud hiss and Ouriye stepped back, allowing the Jovians access to the crate.
Anu opened the crate and started pulling items out of it and handing them to his assistants, who compared them to a list they had, marking things off. Once the Jovians were satisfied that everything was as it should be they began studying the items carefully. They worked incredibly fast, inserting data disks and info clips into their palm computers, scanning the contents for a few seconds, then throwing it away for another. They fired up hologram reels and fast forwarded through them, casting flickering lights around the bridge and made the heads of the Caldari spin in confusion. After a few minutes the Jovians suddenly stopped all at once and began chattering excitedly to each other. It was obvious that they were satisfied with what they had seen.

ホログラムリールを起動すると早送りで再生し、画面から放たれるチラチラした光がブリッジじゅうに投げかけられ、カルダリ人たちの頭をくらくらさせるのだった。

「この箱の中身には確かに取引通りの物が入っていますね。我々のシャトルの方へ運んでください」アーヌはオーリエに言った。
「まず、私たちの取引したものが全て揃っているか確認しましょう」オーリエは顔をしかめ、「私たち」を強調して答えた。
ピルコタンはアーヌが一瞬返答にためらったことに気づいた。「もちろんです、艦長。取引は取引ですから。すべては計画通りに。ねえ?」
「ええ」オーリエは答え、ピルコタンを一瞥して言った。「すべては計画通りに」

“This crate contains what we bargained for. Please take it to our shuttle.” Anu said to Ouriye.
“First, let's make sure everything we bargained for is in order.” Ouriye replied wryly, emphasizing 'we'.
Pirkotan noticed a momentary hesitation in Anu before he answered: “Of course, captain. A deal is a deal. Everything according to the plan, eh?”
“Yes,” Ouriye answered, glancing at Pirkotan, “according to the plan.”


カーゴホールドBの扉は溶接されていて、こじあけるのに数分を要した。ピルコタンは、心が引き締まるのを感じたが、それは興奮だけでなく、同時に恐怖によってでもあった。自分はあらゆる状況において完璧な知識を持ち、完璧な主導権を握ることができるという自負心があった。だが今や、まるで闇の中に取り残されたような、未知への恐怖があった。
かつて士官学校である教官が言っていたことが思い出された。「常に不測の事態に備えよ。そうすればあらゆる驚きも楽しめるものになる」とはいえ、この言葉は今の彼にはほとんど何の支えにもならなかった。

The doors to Cargo Hold B had been welded shut and it took few minutes to cut them open. Pirkotan felt his gut tighten in excitement, but also dread. He'd always prided himself in having full knowledge of every situation, full control. Now that he was left more or less in the dark, he feared the unknown. Pirkotan remembered a saying of one of his teachers in officer training: 'Always expect the unexpected. Then all surprises will be pleasant ones.' Somehow, this did not comfort him all that much at the moment.

カーゴホールドBの中は寒く薄暗かった。部屋の中央には、黒い金属製の、高さ4から5メートルほどの物体があった。たくさんのパイプとワイヤーが、カーゴホールドの壁とそれの間を結んでいた。明らかにジョヴ人がデザインしたものだ - あのジョヴの艦やシャトルのような、奇妙に彫刻されたような形をしているのだ。ジョヴ人たちはその物体に歩み寄り、ざっとした調査を行った。

The inside of Cargo Hold B was cold and darkly lit. In the middle of the floor was a black metal object, about four or five meters tall. Numerous pipes and wires linked it with the walls of the cargo hold. The object was obviously of Jovian design; it had the same oddly carved shape as the Jovian ship and shuttle. The Jovians walked up to the object and made a quick inspection of it.

「これはカプセルです」アーヌはカルダリ人たちに言った。「艦を操縦するのに使います。これがあれば、この艦ほどの大きさでしたら、少しばかりの乗組員だけで扱えますし、もっと小さな、あなたがたのフリゲートほどのものでしたら、一人で扱えるようになります」
「どうやってそんなことができるのですか」オーリエは尋ねた。その声は明らかに訝しげであった - もう一人のカルダリ人がアーヌの言葉を聞いたときの驚きぶりほどではなかったが。
「操縦者が - お好みでしたら艦長でもかまいませんが - カプセルの中に入ります。カプセルを通して、操縦者の神経が艦のあらゆるパーツに接続されます。カプセルはひとつの巨大なコンピューターとなり、艦長はそのコアとなって、全てをコントロールするのです」アーヌは答えた。
「けれど、一人の人間が艦全体を操縦するなどということができるのですか?」オーリエはさらに問い詰めた。
「ありがとう、艦長。本題はそれです。申し上げたように、艦長は高度に発達したコンピューターの中央装置となります。これにより、データへのアクセスと評価を極限まで高速に行うことができるようになります。通常なら5人や10人が必要な作業を一人で簡単に処理できるようになるのです。さらに、指揮官としてもより有能になれます。周辺環境への理解力と知覚力が向上しますし、退屈な乗組員の管理問題に煩わされることもなく、しばしば起きているコミュニケーション不全は過去のものになります」アーヌはそう締めくくり、目の前で考え込んでいるカルダリ人たちの顔を見渡した。

“This is a capsule,” Anu said to the Caldari. “It is used to control a ship. With it a ship a big as this one can be controlled with only a handful of crew and smaller ships, like your frigates, can even be controlled by a single person.”
“How is this possible?” Ouriye asked. He was obviously skeptical, even if he didn't seem as surprised by what Anu said as the other Caldari.
“The controller, captain if you like, of the ship is stationed inside the capsule. Through it, he's neural rigged to all parts of the ship. The capsule is like one gigantic computer, with the captain at the core, controlling everything.” Any answered.
“But how can a single man control a whole ship?” Ouriye pressed.
“Thank you, captain, I was coming to that. As I said, the captain acts as the central unit in a highly advanced computer. This role allows him to access and evaluate data at extreme pace. He can easily handle the jobs it takes 5 or 10 people to do normally. It also makes him a better commander, he has better understanding and awareness of his environment and he's not boggled down by tedious crew management issues and frequent communication breakdowns are now history.” Anu finished, looking over the faces of the thoughtful Caldari standing before him.

「それで、この技術の欠点は?」ピルコタンは尋ねた。「何にでも欠点はあるものです」
「今回には当てはまりませんね、大尉殿」アーヌは答えた。「このカプセルは艦の操縦性を向上させながら、乗組員の数を減らすものです。ご存じのとおり、艦の維持費の中で最も大きいのが乗組員の訓練費ですから、維持費はこれで大幅に減ることになります。我々ジョヴ人は数は多くありませんが、このカプセルのお陰でたいへん強大な艦隊を所持しています」
「では、カプセルの操縦者は?誰にでも操縦は可能なのですか?」オーリエはさらに問いかけた。傍目からも、このカプセルについてできる限りの情報を集めようと躍起になっているのは間違いなかった。
「誰でも、というわけにはいきません」アーヌは答えた。「操縦者は必要な神経インプラントを持っていなければなりません」ピルコタンは、首の後ろにある新しく埋め込まれたインプラントを指でいじった。ぞっとするような現実感が心の中に湧き上がってきた。
「しかしこの巨大な構造物は何ですか?操縦者を単に椅子に固定して神経接続するだけではいけないのですか?」オーリエは尋ねた。
「カプセル用の神経索具は、あなた方がご存じのものよりはるかに複雑で高度なものなのですよ、艦長殿。使用者は、効率的にカプセルを使用するために、完全な活動停止状態におかれなければなりません。カプセルの中は液体で満たされていて、艦長はこの中に浮かびます。この液体は外部からのあらゆる干渉を遮断し、艦長に保護と栄養素を提供します」 ジョヴ人助手の一人がカプセルのホログラム・ブループリントを開き、アーヌはそれを使いながらカプセルの建造方法を説明した。「また、カプセルは非常に強固な装甲を持っており、艦長にさらなる防護を提供します。我々ジョヴ人は、生命の不必要な浪費を好みません」ピルコタンには、アーヌがこの最後の一文を並ならぬ熱意を持って述べたように思えた。

“So what is the downside?” Pirkotan asked. “There is always a downside.” “Not in this case, lieutenant,” Anu replied. “The capsule offers greater control to ships, yet fewer crew members. As you know one of the biggest costs in maintaining a ship is training the crew, this cost is now much reduced. We Jovians are not numerous, yet we can field a very formidable fleet because of capsules.”
“So what about this capsule controller? Can anybody control this thing?” Ouriye probed, obviously eager to garner as much knowledge as he could about these capsules.
“Not anybody, no,” Any answered. “The controller must have the required neural implants.”
Pirkotan fingered the newly planted implants at the back of his neck; a grim realization dawning in his mind.
“But why this huge structure? Couldn't the controller simply be strapped into a neural chair?” Ouriye inquired.
“The neural riggings for the capsule are much more elaborate and advanced than those you know, captain; they require the user to be in complete stasis for efficient usage. The capsule is filled with a fluid, in which the captain floats. This fluid filters out all external interferences, as well as protecting and nourishing the captain.” One of the Jovian aides had now opened a hologram blueprint of the capsule and Anu used it while explaining how it was built. “Also, the capsule has extremely strong armor, giving even more protection to the captain. We Jovians do not like unnecessary squandering of lives.” Pirkotan thought Anu said this last sentence with an unusual fervor.

「それで、これを動くようにできますか?」オーリエは尋ねた。自分の好奇心を満足させ、いまや実際に動くのを見たがっているのは明らかだった。
「ええ、あなた方のエンジニアが私たちの指示に正しく従って、カプセルを組み立てて艦への接続を行ってくれるのならば」
「つまり、このカプセルが艦の操縦権を握るということですね?」オーリエは不安そうに尋ねた。
「はい、ですが解除は簡単にできます。今回はただのデモンストレーションが目的ですから」アーヌは答えた。

“So, can you make it work?” Ouriye asked, he had obviously satisfied his curiosity about this thing and now wanted to see it in action.
“Yes, as long as your engineers followed our instructions correctly when building the capsule and connecting it to the ship.”
“You mean, this capsule will take control of the ship?” Ouriye asked anxiously.
“Yes, but we can override it easily. This is only for demonstration purposes.” Anu answered.

ジョヴ人たちは、カプセルにある様々なコントロールパネルをいじりまわし始めた。ひとつひとつ、カプセルのシステムが息を吹き返し、光が明滅を始め、低いハム音を発し始めた。最後に、アーヌはカルダリ人たちに向き直って言った。「カプセルは使用可能になりました。テスト準備完了です」
ジョヴ人たちとオーリエ艦長の目がピルコタンへと向いた。ピルコタンは、まるで檻にとらえられたネズミのような心持ちがした。今や、オーリエが神経インプラントを勧めたのは友情からでないことを悟った。彼が巧妙にこの状況へとピルコタンを陥れたせいで、今や拒否することは不可能な状態にあるとわかった。だが、この不誠実ぶりは一体何のためだろう?なぜ単にインプラントを埋め込むよう命令しなかったのだろうか?

The Jovians started fiddling with various control panels on the capsule. One by one, the systems in the capsule came to life, lights started blinking and a low humming noise emanated from it. Finally, Anu turned to the Caldari: “The capsule is now operational. It is ready for testing.”
The eyes of the Jovians and captain Ouriye turned to Pirkotan. He felt like a mouse trapped in a cage. He knew now that Ouriye's suggestion about the neural implants hadn't been based on friendship; he'd been cunningly manipulated into this position and he knew it was impossible to refuse now. But why this duplicity? Why hadn't they simply ordered him to take the implants?

「私が、あー…私にこれに入れと仰るのですか、艦長?」ピルコタンはどもり、自分の疑いが間違いであればいいがという絶望的な望みを持ちながら言った。
「そうだ、ピルコタン大尉。君はカプセルの試験を行う最初のカルダリ人となる栄誉を得た」オーリエは答えた。「名誉なことではないかね?」
「あー、はい。はい、艦長。大変名誉に思います」ピルコタンは小声で答えた。ジョヴ人の助手が二人、後ろに立った。ピルコタンは前に歩き始めたが、まるで体が勝手に動いているかのようであった。アーヌの前に立つと、アーヌは手を首の後ろに置いた。アーヌは神経インプラントを手探りで探すと、ピルコタンの顔をじっとのぞき込んだ。ピルコタンは目を合わせることもできなかった。
「しっかりと立っていてください」アーヌは言った。「接続しないといけませんからね」ピルコタンは呆然として声も出ず、まして動くなど思いもよらなかった。ジョヴ人の一人が、たくさんの電子管ソケットのついた堅いゴムのキャップを頭の上から通し、目と耳を覆った。もう一人は、チューブを鼻孔に挿入した。最後に、神経プラグが接続されたのが感じられた。「準備できました」声が聞こえた。手によって誘導されるのを感じた直後、彼は持ち上げられ、液体に飲み込まれた。沈んでいる!

“I, uh… you want me to go into that thing, sir?” Pirkotan stammered, hoping against hope that his suspicions were false.
“Yes, lieutenant Pirkotan. You have the honor of being the first Caldari to test a capsule.” Ouriye answered. “Don't you feel honored?”
“Ah, yes. Yes, sir. I'm deeply honored,” Pirkotan whispered. The two Jovian aides were now standing beside him. Pirkotan started walking forward, as if his body was moving of its own accord. He was now standing before Anu, who placed his hands on the back of his neck. Anu explored the neural implants with his fingers and stared intently into Pirkotan's face. Pirkotan couldn't make himself meet the gaze.
“Please stand absolutely still,” Anu said to him. “We need to hook you up.” Pirkotan was too numb to answer, let alone move. One of the Jovians placed a tight rubber cap with lots of tube sockets over his head, covering his eyes and ears. Another Jovian inserted tubes into his nostrils. Finally, he felt his neural jacks being plugged. “He is ready,” a voice said. Pirkotan felt hands lead him, he was lifted and he felt liquid engulf him. He was sinking!

遠い昔、事故で生きたまま埋葬されてしまった人々の話を以前読んだ。今まさに、その人々が味わったであろう気分となっていた。このカプセルが、これこそが、水の墓として、彼を埋葬しようとしているかのようであった。(これで終わりなのだろうか?)

だがそれでも、鼻を通して呼吸することはできた。何も見えないし、何も聞こえない。ピルコタンが感じられるのは、その周りにある、冷たく、ねっとりとした液体だけだった。今やカプセルの中にいるのだ!ピルコタンはゆっくりと、手をカプセルの内面にそって這わせた。手触りはとてもなめらかで、継ぎ目や割れ目、コントローラーやボタンといったものがまったく見つからない。カプセルはきっちりと閉じられ、中から開けられそうな方法は見つからない。 ピルコタンは普段から閉所恐怖症というわけではなかったが、今となってはパニックが湧き上がってくるのを感じ、叫び、走り出したい気持ちだった。だが、そのどちらも叶わなかった。濃い液体が素早い動きを封じているし、口を開いたところで、そこはすぐさま奇妙な味のする青い液体に満たされてしまうのだ。再び呼吸するためには、それを飲み下さなければならなかった。 一旦は気を落ち着けようとしたものの、永遠とも思えるほど長い間何も起こらなかったことに、再び絶望的な気分になった。遠い昔、事故で生きたまま埋葬されてしまった人々の話を以前読んだ。今まさに、その人々が味わったであろう気分となっていた。このカプセルが、これこそが、水の墓として、彼を埋葬しようとしているかのようであった。(これで終わりなのだろうか?) ピルコタンは思った。(機械に異常があったせいで、私を外に出せなくなっているんじゃないか!?)

But he could still breath through his nose. He couldn't see and he couldn't hear. All he felt was this cold, sticky fluid all around him. He was inside the capsule! Pirkotan slowly ran his hands over the inner surface of the capsule. It was very smooth and Pirkotan found no seams or cracks, or any controls or buttons for that matter. The capsule was tightly closed and no discernible way to open it from the inside. Pirkotan was not normally claustrophobic, but now he felt panic rise within him and he wanted to scream and run. But he could do neither; the thick fluid hindered all fast movements and when Pirkotan opened his mouth it was instantly filled with the strange-tasting bluish liquid. Pirkotan was forced to swallow it so he could breath again. Pirkotan tried to calm himself down, but when nothing happened for what seemed like eternity he once again despaired. He had read about people being accidentally buried alive in olden times and now he felt like they must have; this capsule, this thing, felt like a wet grave, burying him. 'Is this the end?' Pirkotan thought. 'Maybe the machine has malfunctioned, maybe they can't get me out!'

その時、突然に、明るい光が視界を満たし、吹き荒れる風のような音が耳を満たした。数秒の後には光は薄れ、視界が戻ってきたが、全てが死んだように静かになっていた。そしてその光景を前にして、ピルコタンは内蔵が裏返る思いがした。彼は今や、オカリオニを外から見ているのだ!まるで艦から100メートルほど離れて浮かんでいるようだった。
「聞こえますか?」声が聞こえた。アーヌだった。ピルコタンは反射的に喋ろうとしたが、その口は再び例の液体で満たされ、首を絞められたようなうめき声が出ただけだった。(もしもし?) 彼は思った。
「もしもし、ピルコタン大尉」アーヌは言った。「聞こえていますよ。このデモンストレーション・カプセルのコミュニケーション・リンクは自動的に開いています。普通はあなたが自由に開閉できますがね。今、あなたの進捗を監視しているところです。艦は見えますか?」
「はい」ピルコタンは、思考するだけでこれに返答した。「はい。艦が見えます。でも、誰の目を通して見ているのですか?」
「あなたはその艦を、カメラ・ドローンを通して見ているのです。移動しようと思ってみてください。右へ動こうとしてみてください。どうなるか見てみましょう」

Then, all of a sudden, a bright light filled his eyes and a sound like rushing wind filled his ears. After few seconds the light dimmed down and Pirkotan was able to see, but everything became deadly quiet. And what he saw made his stomach somersault. He was looking at the Okarioni from the outside! It was as if he was floating in space maybe 100 meters from the ship.
“Can you hear me?” a voice said. It was Anu. Pirkotan tried instinctively to speak, but his mouth was again filled with the fluid and only a strangled croak emerged. 'Hello?' he thought.
“Hello, lieutenant Pirkotan,” Anu said. “We can hear you. The communication link in this demonstration capsule is automatically open, normally you control whether it's open or closed. We are monitoring your progress. Can you see the ship?”
“Yes,” Pirkotan replied, simply by thinking about it. “Yes, I can see the ship. But whose eyes am I seeing through?”
“You're viewing the ship through a camera drone. Think about moving. Try to move to the right. See what happens.”

ピルコタンはそう思考し、カメラが思い通りに動くことが分かって嬉しくなった。艦に沿って移動し、カメラを周回させ、ズームイン・ズームアウトさせる。全て思っただけで動くのだ。ピルコタンは、どれだけカメラを動かしても、艦が視界の中央に固定されていることに気がついた。 この新しい感覚に慣れていくにつれて、周囲の様子が随分よく分かるようになってきた。実際に意識を集中させると、オカリオニを、自分と艦が一体であるかのように感じることができた。エンジンが胃の中で駆動し、電極が肌の上で跳ね、乗組員が体の中でうごめいているように感じられた。実に心が浮き立つような感覚だった。

Pirkotan thought about this and was delighted to find the camera move according to his wishes. He swooped alongside the ship, spinning the camera in circles and zooming it out, all with a mere thought. Pirkotan noticed that no matter how he turned the camera, the ship always stayed in the middle of his vision. As he got more accustomed to this new sensation he could feel his surroundings much better. In fact, if he concentrated he could feel Okarioni, like he and the ship were one; he felt the engines purr in his belly, he felt the electrodes bounce on his skin, he felt the crew crawl around inside him. The feeling was exhilarating.

しばらくして、再びアーヌの声がした。「とてもうまくやっていますね。では、音声合成機を起動させましょう」
「音声合成機?どういう意味ですか?」ピルコタンは思った。
「ご存じの通り、宇宙では音はしませんが、カプセルを開発する過程で、誰もが自分の五感を可能な限り使いたいと思っていることが分かりましたので、音を追加することにしたのです。コンピューターが三次元音響を合成することで、例えば戦闘などで認識力を向上させることもできるわけです」
数秒の後、ピルコタンは音響合成機が起動する音を聞いた。推進システムの低いハム音と、軌道修正用スラスターの断続的な噴射音が聞こえてきた。アーヌの声が再び言った。「では、音響システムのテストに入りましょう」

After a while Anu's voice came back: “You're doing very well. Now we are going to activate the audio synthesizers.”
“Audio synthesizers? What do you mean?” Pirkotan thought.
“As you know there is no sound in space, but when we were developing the capsules we found that people wanted to use as many of their senses as possible, thus we added the sound. By letting a computer create three dimensional sound we also add to the awareness you have while in battles, for instance.”
Several seconds later Pirkotan could hear the audio synthesizers kick in; he could hear the low humming noise of the propulsion system and the sudden hissing sound of course-correctional thrusters. Anu came back on: “Now we'll test the audio system.”

突然、一発のミサイルがミサイルベイから発射された。ミサイルは艦から堂々と飛び立ち、ピルコタンの視界の右側へ消えていった。ピルコタンはカメラを回転させ、ミサイルが艦から飛び離れていく様を見送った。次に、鋭い緑と黄色の光がジョヴの艦から、大きなパチパチという音を伴って放射された。その一条の光はミサイルを直撃し、ミサイルは爆発した。 ピルコタンはその爆発音をはっきりと聞き、カメラをジョヴ艦の方へ向けても、まだかすかに爆発の残響が聞こえた。再び、アーヌは話し始めた「うまくいきましたね。では、最後のテストです。推進システムを一度切って、もう一度入れ直してください。艦のコントロールメニューを出して、それを使ってください」

Suddenly a missile was launched from one of the missile bays. It flew majestically out from the ship and disappeared to the right of Pirkotan's vision. Pirkotan turned the camera and watched it fly away from the ship. Then a stab of green and yellow light came from the Jovian vessel, accompanied by a loud crackling noise. The weapon burst hit the missile and it exploded. Pirkotan heard the explosion clearly and when he turned the camera to the Jovian vessel he could still hear the explosion's residue in the background. Once again, Anu spoke: “That went very well. Now for the final test. I want you to shut down the propulsion system, and then turn it back on. You must open the ship control menu and use that.

ピルコタンは推進システムのことを考えた。何も起こらない。そこで艦の操縦のことを考えた。すると、目の前に艦の映像と重なって、メニューが現れた。意識でメニューの一覧をなぞり、推進システムのシャットダウン命令を見つけた。命令を実行すると、メニューは消えた。すると、推進器の白熱が薄れ、続いていたハム音がゆっくりと消えていった。次にもういちど先ほどの手続きを繰り返し、推進システムを再起動させた。

Pirkotan thought about the propulsion system. Nothing happened. Then he thought about controlling the ship. And then, before him and overlaying the ship, a menu appeared. Pirkotan navigated himself through the menu with his mind and found the shut down action for the propulsion system. He activated the action and the menu disappeared. Pirkotan now saw the propulsion glow fade out and the constant humming slowly died out. Pirkotan now repeated the process, turning the propulsion system back on.

「お見事です、ピルコタン大尉」またアーヌの声がした。「これでテストは終了です。完璧に遂行されましたね」
現れた時と同じく唐突に、ピルコタンの目の前の映像は消え失せ、闇が彼を飲み込んだ。何度か目を瞬かせたが、オカリオニの姿は彼の神経にまだ留まっていたものの、ゆっくりと薄れていった。凄まじい速度で落ちていくような感覚に襲われ、それに反応する間もなく、彼は意識を失った。

“Well done, lieutenant Pirkotan,” came Anu's voice. “You have concluded the testing. Your performance was faultless.”
As suddenly as it had appeared the vision before Pirkotan's eyes disappeared and darkness engulfed him. He blinked his eyes several times, the vision of Okarioni still embedded in his nerves, but slowly fading away. Pirkotan then felt as if he was falling at a great speed, but before he could react he passed out.


ピルコタンはゆっくりと深い眠りから目覚めた。目を開き、目の前にある、鈍い灰色の壁を見つめた。辺りを見渡そうとしたが、それができないことに気づいた。奇妙な混乱に襲われていた。後ろにいる誰かが、低い声で話しているのが聞こえた。艦長と、ジョヴ人のアーヌだということがピルコタンにも分かった。口を開いて、目覚めていることを知らせようとしたが、何も起きなかった。突如、背後の話し声が脳裏に焼き付いた。

Pirkotan awoke slowly like from a deep sleep. His eyes were open and he was staring at a dull gray wall. He tried to look around, but found that he couldn't. He felt strangely disoriented. From somewhere behind him he heard low voices speaking. He recognized the voice of his captain and that of Anu of Jove. He tried to speak, to let them know he was awake, but nothing happened. Suddenly the chatter in the background registered in his mind:

「彼を調べました。あらゆる症状がこれに合致しています」アーヌは言っていた。「このあなたがたがマインドロックと呼んでいるこれは、永久的なものなのですか?」オーリエ艦長は言った。「恐らくは。綿密に研究しましたが、治療法は見つかりませんでした。こう言っては何ですが、お気の毒です」

「彼を調べました。あらゆる症状がこれに合致しています」アーヌは言っていた。
「このあなたがたがマインドロックと呼んでいるこれは、永久的なものなのですか?」オーリエ艦長は言った。
「恐らくは。綿密に研究しましたが、治療法は見つかりませんでした。こう言っては何ですが、お気の毒です」
「しかしそもそも、どうやってこれを予防すればいいのですか?つまり、これはどうしても起こってしまうものなのですか?」艦長は尋ねた。
「特定の状況下では、その通りです。これを防ぐには、数年間の集中訓練が必要です。それだけの時間をかけることは、あなた方の上層部が容認しないでしょう。それに、あなたは最初からこうなることが分かっていたでしょう。今になって苦情を言う理由はないはずです」
「ええ、ええ。分かっていました」オーリエはため息をついた。「隠していたことは認めます。しかし、他にどうしろと言うんですか。厳命があったのですから」
「分かっていますよ」アーヌは答えた。「大尉殿は立派に務めを果たされました。誇りに思って良いですよ」
「思っていますよ」オーリエは答えた。

“I have examined him, I'm afraid the symptoms all point towards it.” Anu was saying.
“This mind-lock as you call it, is it permanent?” captain Ouriye asked.
“I'm afraid so. We have studied it thoroughly and found no cure. It's a shame, if I may say so.”
“But how do you prevent it in the first place? I mean, was this bound to happen?” the captain enquired.
“Under the circumstances, yes. The only way to prevent this is with intense training for many years. That timeframe was unacceptable to your superiors. Besides, you knew what was going to happen all along. You have no grounds for complaints now.”
“I know, I know,” Ouriye sighed. “I had my reservations, but what could I do? I was under strict orders.”
“I understand,” Anu replied. “The lieutenant performed admirably. You can be proud of him.” “I am,” Ouriye answered.

沈黙。(何が起きているんだ?) ピルコタンは思った。(私のことを話しているのだろう。マインドロックとは何だ?) そこで、艦長と二人のジョヴ人が目の前に現れた。三人は彼の顔を、見開いた目をのぞき込んだ。(おい!) ピルコタンは心の中で叫んだ。(助けてくれ!)

Silence. 'What is going on?' Pirkotan thought. 'They must be talking about me. What mind-lock?' Then the captain and two of the Jovians appeared before him. They looked at his face, into his open eyes. 'Hey!' Pirkotan screamed in his mind. 'Help me!'

「とても安らかな様子で横たわっていますが。意識はあるのでしょうか?」艦長は尋ねた。
「誰に分かるでしょう?意識はあるかもしれませんし、ないかもしれません」アーヌは答えて言った。
「彼を失うのは悲しいことだ。有能な士官だった。そして良き友だった」オーリエは言った。「この功績に対して武勲章が送られるだろうから、両親へ送ってやろう。父上は大変誇りに思うだろう」
「まさしくその通りですね」アーヌは言った。「ところで、我々が適切な…処置を、彼のためにとれますが、もしよろしければ」
「申し出には感謝いたしますが、結構です」オーリエは答えた。「彼の面倒を見られるとてもよい施設があります。何不自由なくやっていけると思いますよ」

“He looks so peaceful, lying there. Is he conscious?' asked the captain.
“Who knows? Maybe, maybe not,” came Anu's reply.
“It's sad to loose him, he was an efficient officer. And a valued friend,” Ouriye said. “He will receive the Medal of Valor for this, it will be sent to his parents. His father will be so proud.”
“And rightly so,” Anu said. “Anyway, we have certain… treatments that can be beneficial to him, if you're interested…?”
“I thank you for your offer, but it is unnecessary,” Ouriye replied. “We have very good institutions that can take care of him. He will be well provided for.”

ピルコタンは声にならない呪いの言葉を叫んだ。運命は閉ざされた。カルダリ国の大事のために、巨大な機械の中のゴミのように犠牲にされたのだ。 濁とした眠りに落ち込んでいく直前、艦長の袖にはめ込まれた、カルダリ海軍の標語が目に入った。<全ては公益のために>まさにぴったりの言葉だ - 残りの人生を自分の心の中に縛られて過ごす人間には。

Pirkotan screamed a silent curse. His fate was sealed. He had been sacrificed for the greater good of the Caldari State, like a clog in a great big machine. Just before he passed into a murky slumber, Pirkotan read the motto of the Caldari Navy embedded on the captain's sleeve: 'All For the Good of Many.' Much good it would do him, stuck in his own mind for the rest of his life.

backstory/the-jovian-wet-grave.txt · 最終更新: 2019/06/08 08:27 by bartlett