EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

backstory:silphy

シルフィ

転載元:EVEonlineJP Wiki
原文:Chronicle:Silphy

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

intaki.jpg


500年前、インタキの人々は母星上で素朴な生活を営んでいた。彼らにとって空は、工業化以前の技術によってゆっくりと解き明かしていく神秘であった。そんな時ガレンテ人が現れ、瞬く間にインタキ人を現代文明の中に放り込んでしまった。始めは困惑していたインタキ人は素早く順応し、1世紀の間に、経験豊かな宇宙飛行士やガレンテ政体内での活動的な議員などを輩出した。彼らはすぐに、腕利きの交渉人や賢いビジネスマンとしての才能に秀でた公正なヒューマニストとしての評価を確立し、ガレンテ人の生活様式に完璧に適応していった。

Five hundred years ago the Intaki people lived a simple life on their home planet. For them the sky was a mystery they were only slowly unfolding with their pre-industrial technology. Then the Gallenteans arrived and swept them into the modern age in one swift stroke. The Intakis, initially overwhelmed, adapted quickly and within a century they had seasoned space travelers and active members of the Gallente governing body. They soon established their reputation as fair-minded humanists that excelled as deft negotiators and clever businessmen, fitting perfectly into the Gallentean way of life.

カルダリの連邦脱退に引き続く社会的混乱はインタキ人に深く衝撃を与え、多くの者が同情し、カルダリを支援するものさえいた。連邦の厄介な官僚主義による束縛が、カルダリ人と同様にインタキ人の上にも重くのしかかっていたからである。当然ながらガレンテ人は、若い連邦の完全な崩壊を防ぐため、これらの要素に厳しく対応せざるをえなかった。

The social uproar following the Caldari departure from the Federation touched the Intakis deeply and many of them sympathized and even supported the Caldari - the yoke of the cumbersome Federation bureaucracy lay as heavily on the Intakis as the Caldari. Understandably the Gallenteans were forced to deal harshly with these elements to prevent a complete fragmentation of the young Federation.

いくつかの小規模な暴動を別にすれば、連邦は速やかにインタキ人を鎮圧した。政権の安定にとって最大級の脅威になると見なされたものたちは、逮捕され追放された。そのうちのいくらかはカルダリ側についたが、追放者の大半、総勢およそ5000名ほどは、連邦宙域外縁の広大な未踏地域へ向かった。そこで彼らは、壮大な宇宙ステーションという形で、新たな家を自身で作り上げた。連邦によっていかなる惑星や衛星への植民も禁じられていたからである。

Apart from a few minor uprisings the Federation quickly subdued the Intakis. Those deemed the biggest threat to the stability of the regime were arrested and exiled. Some of these went over to the Caldari side, but the majority of the exiles, some five thousand in total, went out into the great unknown at the outskirts of Federation space. There they built themselves new homes in the form of sprawling space stations - the Federation barring them from colonizing any planets or moons.

やがて追放者たちはより組織化され、アステロイドの採掘やブラックマーケットでの取引によって力を蓄えていくにつれて、緩やかに結びついた組織を形成し、これをインタキシンジケートと名付けた。このシンジケートはいかなる意味でも政治的なものではない - 構成員のステーションは各々完全な自治権を享受している - が、経済的な情報を共有し、安全保障上の問題にあたっては互いに助け合っている。

In time as the exiles became more organized and their power increased through asteroid mining and black market trading they formed a loosely connected organization and termed it the Intaki syndicate. The syndicate is not political in any sense - each member station enjoys complete autonomy - but they share economical information and help each other in security matters.

インタキシンジケートの領有宙域は、その種族、政治的信条、法的地位に関わらず、誰にでも開かれている。シンジケートは決して富裕でも強大でもないが、帝国支配宙域の辺縁部において重要な機能を果たしている。何もとがめられることなくあらゆる物を売買できる、あらゆる人にとっての避難所としての役割を果たしているのである。連邦はいまだ「約束の地」ではあったが、シンジケートは様々な理由で連邦に受け入れられない残りの移民たちを受け入れることで、ゆっくりとその規模と重要性を増していった。

The territories of the Intaki syndicate are open to everyone, no matter their race, political creed or legal stature. The syndicate is not vastly wealthy or powerful, but they serve an important function on the fringe of empire space - acting as the safe havens for anyone and everyone where everything can be bought and sold, no questions asked. While the Federation was still the Promised Land the syndicate territories received the residual immigrants that weren’t allowed into the Federation for one reason or another, thus slowly growing in size and importance.

シンジケートのステーションにはそれぞれ、そのステーションとその周辺に完全な権力を有する独自の支配者が存在する。これらの支配者たちは、はるか昔にそのステーションの建設に貢献した者またはその子孫である。かつてのシンジケートの非公式なリーダーは、ポイトットステーションの支配者ドーン・アン・ディアベルであった。カリスマ的で情熱的なリーダーである彼は、追放劇の後に蔓延した混乱の中に秩序を打ち立て、シンジケートの礎を築いた人物であった。著名なインタキ人の多くと同様にアン・ディアベルはアルビノであり、このことが、彼の権威に自らの意志を押し通すために必要な力を与えた。

Each syndicate station has its own governor who has complete authority over their station and its surroundings. These governors are those that were instrumental in constructing the station all those years ago, or their descendants. The unofficial leader of the syndicate in years past was the governor of Poitot station, Dorn en Diabel. A charismatic and passionate leader he installed order in the chaos that reigned after the exile and set the foundation of the syndicate. Like so many prominent Intakis en Diabel was an albino, which lent his authority the strength needed to push his will through.

10年前、アン・ディアベルは奇妙な事故により死亡した - つまり、彼の精神をクローンに転送することに失敗したのである。彼の長男が、ポイトットステーションの支配人として父の地位を継いだ。しかし、争乱の兆しが見え始めていた。シンジケート内でのアン・ディアベル家のライバルが、クーデターを狙って勢力を伸ばしてきたのである。父のような抜け目ない権謀術数の能力を持たない若きゲーア・アン・ディアベルには明らかに手に負えない問題であり、またポイトットにいる同様に弱い弟たちも、必要な手助けを行う能力を持っていなかった。

A decade ago en Diabel died in a freak accident, meaning his mind couldn’t be transferred to his clone. His eldest son inherited his father’s position as station manager of Poitot station. But trouble was brewing on the horizon. Syndicate rivals of the en Diabel family were gathering strength for a coup. Not possessing his father’s shrewd political mind young Gare en Diabel was clearly out of his league and his equally weak siblings on Poitot were incapable of lending the kind of assistance needed.

しかし、ドーン・アン・ディアベルの子供で、ポイトットにおらず、5年以上も帰っていない者が一人いた。彼の末子で、彼との激しい口論の末にシスターズオブイブに送られた、シルフィ・アン・ディアベルである。ドーン・アン・ディアベルの子供達の中で、彼女だけが彼の機知と情熱を受け継いでおり、加えて母のひどい短気も受け継いでいた。当初は罰だったシスター送りだったが、父の鉄の意志から自由になり、彼女の生きたいように生きられるようになった事で、彼女の情熱を育んでいった。そして彼女は、影響力のあるシスターにして、悪名高きサーペンティスの首領V.サルバドール・サーパティの妹のサンティモナ・サーパティと友情を結んだ。シルフィのシスターでの成功は間近だったが、彼女は家族からの必死の連絡を聞き、ポイトットに戻ることを決めた。

But one child of Dorn en Diabel was not on Poitot, nor had been for more than five years. Silphy en Diabel, his youngest, had been sent off to the Sisters of EVE after one heated row too many with her father. Alone among Dorn en Diabel’s offspring Silphy had inherited her father’s wits and passion, as well as her mother’s fiery temper. Her stay with the Sisters, initially intended as a punishment, grew into enthusiasm for Silphy - for the first time she was free of her father’s iron will and free to live as she liked. She struck a friendship with Santimona Sarpati - an influential Sister that also happened to be sister to the notorious V. Salvador Sarpati, head of the Serpentis Corporation. But just as Silphy’s career with the Sisters seemed poised for rapid take off, she decided to heed the desperate calls of her family and head back home to Poitot.

そこでシルフィは素早く状況を判断し、父のような狡猾で残忍な手段によって、主導権を握った。まず、彼女はステーションの憲章を改正し、住民による選挙で終身制の統治者を決めるようにした。彼女らの敵はこれを弱体化の表れと見なしていたので、反対する者はおらず、1週間後に彼らのうちの一人が統治者に選出されたことで、この見方は裏付けられた。しかしその後、シルフィは計画を次の段階に移行させた。彼女はステーションに入ってくる全ての食料供給船を襲撃する手筈を密かに整えていて、これによってポイトットステーションは少しずつ飢餓状態に陥っていった。当然ながら、怒れる住民の非難は新しい統治者に向けられた。シルフィはシスターズオブイブの力を利用して、アン・ディアベル家の船(もちろん襲われることはなかった)による食料供給を行った。こうしてシルフィは人々の英雄となり、統治者はオフィスを追い出された後の選挙ではシルフィが圧倒的な勝利を収めた。彼女の敵達の名声は打ち砕かれ、彼女がポイトットの揺るぎない指導者となるまで、計画的に彼らを破産させていった。これと同時に、アン・ディアベル家の当主としての立場も固めていった。彼女は兄達を外に送り、与える資金を厳しく管理することで彼女に依存するようにした。そして彼女は自らをポイトットの最高指導者であると宣言し、束の間の民主政治は消えて失せた。

Once there Silphy quickly assessed the situation and then in one swift stroke as cunning and brutal as any her father had deceived, she seized the initiative. First, she altered the station charter so that from now on the populace would elect the governor for life, this went unopposed as the family’s enemies thought this a sign of weakness - their view confirmed a week later when one of their own was elected governor. But then Silphy put the next step of her plan into motion: she secretly arranged for attacks on all inbound food supply ships, thus slowly putting Poitot station in a state of starvation. Naturally, the enraged populace blamed the new governor. Silphy, using her Sisters of EVE influence, then had emergency food supplies brought in on vessels of the en Diabel family (which were of course left alone). Thus Silphy made herself champion of the people and when the governor was driven out of office Silphy won the next elections by a landslide. Having shattered the reputation of her enemies she started systematically ruining them financially until she was the undisputed leader of Poitot station. At the same time Silphy strengthened her position as the head of the en Diabel family - she sent her brothers abroad and kept a strict control of their monetary allowance to keep them dependant on her. She has also slowly asserted herself as supreme leader on Poitot station, the brief influence of the populace soon to fade to nothing.

シルフィ・アン・ディアベルが統治者となって数年後、指導者無きインタキシンジケートの非公式な指導者、という父の地位を取り戻した。連邦内外のブラックマーケットの支配についてサーペンティスと協力したことが明るみに出た事で、彼女とシスターズオブイブとのつながりは失われている。とはいえ、彼女の力が真に試されたことはない。かつて彼女の親友であり盟友であったサンティモナ・サーパティは彼女と袂を分かち、兄に対して「サーパティ王」と呼ぶように、彼と同じく下の者から搾取し、そして軽蔑し、それを彼と互いに称え合う彼女を嘲って、今ではシルフィを指して「シンジケートのシルフィ女王」と呼んでいる。

In the years since Silphy en Diabel became governess she has regained her fathers prominence as the unofficial leader of the leaderless Intaki syndicate. Her power has never been seriously tested, although she lost her connections with the Sisters of EVE once it was discovered that she’d collaborated with the Serpentis Corporation in her bid for black market dominance in and around the Federation. Santimona Sarpati, once her good and trusted friend and ally, has turned her back on her and just as she calls her brother King Sarpati she now mockingly calls Silphy Queen Silphy of the syndicate, stating that they compliment each other perfectly in their exploitation and contempt of their fellow humans.

backstory/silphy.txt · 最終更新: 2019/05/18 20:38 by bartlett