EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

backstory:sansha_s-nation

Sansha's Nation

翻訳:Walter Islands
原文:EVE Fiction:Sansha's Nation

Sansha's Nation


サンシャ国はステイン・リージョンを領する無法国家である。 100年以上前、サンシャ・クヴァケイが洗脳奴隷からの搾取と少数のサイバネ化エリートによるユートピア社会を創りだそうと目論み、この国を建国した。 YC37年、少数の残党を残して、サンシャ国(もはや国と呼ぶのは当人達だけだったが)はCONCORD率いる5大国の攻撃で滅び去った。 しかし、YC105年に出現した残党は徐々に国力を回復し、YC112年には大国領への侵略を開始するまでになった。

A much-feared rogue state that occupies the Stain region, Sansha's Nation was founded over a hundred years ago by Sansha Kuvakei. Sansha wished to create a utopian society based around the exploitation of brainwashed slave labor and a small, cybernetically enhanced elite. Nation, as it is called by its citizens, was destroyed by a CONCORD-led coalition of the empires in YC 37, leaving only remnants behind. However, the survivors managed to band together and reemerged in YC105, gradually restoring its power and growing until launching a series of invasions into empire space in YC112.


歴史

建国

サンシャ国の形成はYC5年、CONCORDが設立されて間もない頃、カルダリ産業界の大物サンシャ・クヴァケイによって開始された。 彼の一族はガレンテ・カルダリ戦争を通じて兵器製造業で財を成し、クヴァケイは多くの資産を受け継いだ。 クヴァケイは各国による辺境宙域の植民地化を好機だと考え、ニューエデン中の小地域を購入し、その中には後にステインとして知られることになるリージョンの中心地も含まれていた。

Sansha's Nation began forming in 5 YC, shortly after the establishment of CONCORD, by a Caldari industrial mogul named Sansha Kuvakei. Kuvakei had inherited much of his fortune, his family having grown wealthy during the Gallente-Caldari War through arms manufacturing. He saw the unfettered colonization of space by the empires as a grand opportunity and purchased several pockets of space across New Eden, including a core group in the region that would later be known as Stain.

これらの小地域において、クヴァケイは大国から独立した軍備計画を進め、彼自身の小さな軍隊を作り上げた。 加えて、知的エリートによって統制された国家というユートピア思想による教化も行われた。 彼の国で行われた採掘と商取引も大きな名声を獲得し、クヴァケイは瞬く間に支持者を獲得していった。 やがて、彼の国は外部の人間から「サンシャ国」と呼ばれるようになり、星間政治の最前線に立つこととなった。

Within these pockets, Sansha began his own armaments programs independent of the empires, building up a small army of his own. Along with the military buildup, Sansha preached several utopian ideas, such as his dream of a nation ruled by the intellectual elite. He quickly gained followers, while the mining and trading done within his empire brought him wide prestige. Sansha's Nation, as it was being called by outsiders, came to the forefront of galactic politics.

サンシャ国に対する賞賛はクヴァケイの壮大かつ誇大妄想じみた理想を煽りたて、クヴァケイは更に奇妙なアイデアを模索し始めた。 世界は、彼と、彼によって選ばれ、あらゆる労役から解放された知的エリートによって支配されれば、より良い場所になると信じこんだのである。 彼は完全に忠実な兵士と労働者の創造に取り掛かったが、ドローンには創造性と適応性が足りないことに気がついた。 これに対するクヴァケイの解決法は、ジョヴのカプセラ技術と既存の脳髄インプラントを組み合わせ、進んで命令に従う奴隷を作り出すというものだった。 彼はこの技術を完成させるための実験を必要としていた。

The praise only fueled Kuvakei's delusions of grandeur and megalomania, leading him to begin exploring ever stranger ideas. Believing that the world would be better off under his rule, with his chosen elite free of all burdens, he sought to create a loyal army of workers and soldiers. However, he realized that drones would lack creativity and adaptability. His solution was to join Jove capsuleer technology with existing brain implants to create willing slaves. Before he could perfect this technology, however, he needed test subjects.

当初、クヴァケイはアマー帝国から提供されたミンマター奴隷を実験台に用いた。 帝国の目的は新しい奴隷の管理方法を開発することだったが、実際にクヴァケイが作り出したのは、彼のあらゆる命令に従う、ゾンビじみた完全に忠実な軍隊だった。 彼はこの「トゥルー・スレイヴ」を労働者として用いるだけでなく、国軍を組織するための兵士としても用いた。

Initially, Kuvakei experimented on Minmatar slaves obtained from the Amarr Empire, which provided them with the belief that new methods of slave control were being developed. In reality, Kuvakei was turning them into an utterly loyal army of zombie-like people who obeyed his every command. Not only were these True Slaves, as he dubbed them, used for menial labors, they also were guards and soldiers, composing the entirety of the Nation's naval forces.

トゥルー・スレイヴの軍隊を支える科学者、哲学者、その他の知識人は、サンシャ国の「トゥルー・シチズン」となった。 サンシャ・クヴァケイの凶行がひた隠しにされる一方で、彼らは自国を称える言葉を広め、サンシャ国に更に多くの支持者をもたらした。 結果、サンシャ国の影響力は複数のリージョンに及ぶようになり、大国にも匹敵する国力を誇るようになった。

With his army of True Slaves providing for their every need, the scientists, philosophers, and other intellectuals became the Nation's True Citizens. While some were left unaware of the true extent of Sansha's crimes, they nonetheless spread the good word of Nation, bringing more followers into the realm. Soon, the Nation spanned several regions, rivaling each of the empires in might.

没落

YC37年、サンシャ国の実態が世界中に明らかになった。 CONCORDはクヴァケイを告訴し、サンシャ国に降伏を迫ったが、彼は全ての要求を拒否した。 クヴァケイはいつかは秘密が明らかになると考え、既に報復に対抗するための準備を整えていたのである。 だが、彼は報復の激しさまでは予想していなかった。

In YC 37, the truth of Sansha's Nation was revealed to the world at large. CONCORD called for Sansha to surrender himself and face the charges, but Kuvakei refused. He knew that eventually his secret would be let out and had prepared for a violent reprisal. However, he had not anticipated the ferocity of the opposition against him.

ジョヴ帝国はこの件に関わろうとしない。 アマー帝国はサンシャ国の側に付くか、悪くても中立を貫くだろう。 クヴァケイはそう考えていたが、現実には5大国はサンシャ国と戦うための連合軍を結成した。 連合軍はサンシャ国の領内を掃討し、国軍を壊滅させ、インフラも破壊した。

All five empires, including the Jove, whom he had expected to stay uninvolved, and the Amarr, whom he had anticipating siding with him or, at worse, remaining neutral, banded together to form a coalition against the Nation. The coalition of empires swept into his realm, smashed his fleets, and destroyed his infrastructure.

サンシャ・クヴァケイ自身も戦闘で死亡したと報告されており、ガレンテ連邦はクヴァケイのDNAと外観が合致する死体を回収している。 こうして、かつて隆盛を誇ったサンシャ国に残されたのは、散り散りになった残党、破壊されたステーションと植民地、そして船の残骸だけとなったのだった。

Sansha himself was reportedly killed in the fighting; the Gallente Federation retrieved a body which matched Sansha's DNA and appearance. All that was left of his once mighty Nation were scattered survivors, ruined stations and settlements, and wrecked ships.

再建

数十年かけて、サンシャ国の残党はゆっくりと集結していった。 僅かに生き残っていた国軍の司令官は、当て所無く彷徨っていたトゥルー・スレイヴをサンシャ国の古い約束の地へと連れて行った。 そこに慎重に隠されたステーションは猛攻撃を免れており、サンシャ国の新拠点として役立った。

Over the next several decades, the remnants of the Nation slowly gathered together. A few of the Nation's commanders had survived. They pulled together the aimless True Slaves into the heart of Sansha's old promised land. A smattering of carefully hidden stations had been spared the onslaught; these served as the new base of Sansha's Nation.

司令官達は廃墟からのサンシャ国再建に着手した。 新たな船、新たなステーションを建造し、密かに新たな国民を募った。 幽霊会社や傭兵を通じて、トゥルー・スレイヴとなる人間を調達していった。 各国の注目を集めないよう、事は慎重に進められた。

The commanders slowly began the process of rebuilding the Nation from the scraps. They built new ships, fresh stations, and secretively recruited new members. Operating through shell corporations, go-betweens, and mercenaries, they procured new subjects for the True Slave conversion. It was slow going at first, because they wished to avoid attracting the attention of the still-hostile empires.

再出現

YC105年、サンシャ国は再びニューエデン社会の前に姿を現した。 カプセラの探索が彼らの活動を妨害し、潜伏し続けることが困難になったのだ。 だが、この時点でサンシャ国は国家を維持できるだけの力を取り戻しており、5大国の協力関係は綻びつつあった。

Sansha's Nation returned to the cluster-wide stage in YC105. The Nation had regained enough of its strength at this point to survive, while the politics that had brought the four empires together were slowly crumbling. Additionally, exploration by capsuleers disrupted their operations, forcing them to emerge from hiding.

サンシャ国はニューエデン全域に部隊を派遣し始めたが、中でも国境を接するアマー帝国への侵攻に集中した。 YC108年初頭、彼らはエンジェルカルテルに対しても襲撃を始め、海賊組織の領土を巡る戦いに突入した。 その活動の規模は拡大し、ステイン以外のリージョンにも探査船が送り込まれ、間もなく「サンシャ国の話者」として知られる人物から最後通牒が発された。 しかし、以降のサンシャ国の行動は再び沈静化し、大国間紛争による死者を回収する等、独特な手法への回帰が見られた。

The Nation began sending ships on raids across the cluster, though they focused on their nearest neighbors, the Amarr Empire. In early YC108, they began to make raids against the Angel Cartel, igniting a brief territorial war between the pirate factions. They soon began expanding further, sending probe ships across Stain and neighboring regions. Soon after, a person identifying itself as Sansha's Speaker released an ultimatum to the Cartel and cluster at large. Soon after, however, the Nation went silent again, apparently returning to its own ways such as picking among dead bodies following the Empyrean War.

復活

これらの行動は焦点の定まっていないもので、多くの人間はトゥルー・スレイヴが数十年前の命令に従って動いているだけだと考えた。 それは間違いだった。 YC112年5月、サンシャ国は完全な復活を遂げた。 ニューエデン全域の幾つかの星系がサンシャ国軍の奇襲を受けたのだ。 サンシャ国はワームホールを制御して侵攻に用いたものと思われ、第一波はナイアルジャ、タマ、バール、カメラ星系を襲った。 この攻撃はカプセラによって撃退されたものの、当該星系の住民約20万人が拉致された。

As these actions appeared unfocused and undirected, many concluded the True Slaves simply continued to act on decades-old orders. However, in May of YC 112, the Nation reawakened fully. Several solar systems across New Eden were suddenly assaulted by massive Sansha's Nation forces. The initial assaults came in the systems of Niarja, Tama, Balle, and Kamela, with Nation forces pouring through unstable wormholes seemingly under control of the Nation. In these initial assaults, approximately 200,000 people were abducted before capsuleers managed to drive off the invaders.

サンシャ国軍による侵攻は週と月を重ねるごとに激しくなっていった。 何より衝撃だったのは、サンシャ国の建国者にして指導者、サンシャ・クヴァケイを名乗る男が現れたことである。 サンシャ・クヴァケイ本人なのか怪しむ声もあったが、一般にはクヴァケイがサンシャ国を率いるために何らかの方法で生き返ったのだと信じられた。 カプセラのプローブがジョヴ領におけるサンシャ国軍の活動を確認すると、ニューエデン社会の緊張は一挙に高まった。 また、不気味なことには、サンシャ国の侵攻を受けた惑星では殆ど抵抗や戦闘が確認できず、まるで人々が喜んで付いて行ったかのような跡が残されていた。

These incursions escalated over the following weeks and months. More shockingly, an individual naming himself Master Kuvakei emerged, speaking on behalf of the Nation. While some expressed skepticism that this was Sansha Kuvakei himself, others believed that Sansha had been somehow resurrected to lead the Nation again. When capsuleer probes later returned images of the Nation controlling portions of Jove space, tensions rose across the cluster. Conversely, people across the cluster began showing support to the Nation. Disturbingly, there was little sign of resistance or fighting on planets attacked by the Nation, with evidence pointing to people peacefully allowing themselves to be rounded up.

サンシャ国軍の侵攻は数ヶ月にわたって続いた。 カプセラによる反撃にもかかわらず、多くの星系、特に低セキュリティ宙域では、攻撃による荒廃と過疎化が進んだ。 サンシャ・クヴァケイが本人であることも確認されたが、どうやって生き延びたのかという謎は残った。 12月、サンシャ国軍は行動方針を転換した。 彼らは惑星上の住民を襲撃するより、星群単位でカプセラの活動を妨害することに重点を置き始めた。 カプセラによる反撃が功を奏した結果のように思われたが、十分な数のトゥルー・スレイヴを補充できたので、単に惑星を襲撃する必要が無くなったのだと考える者もいた。

Nation attacks continued for several months. Despite capsuleer resistance, many systems, particularly those in low-security areas, were devastated and completely depopulated by the assaults. Master Kuvakei was finally confirmed as Sansha Kuvakei himself, though the truth of his survival has been left a mystery. However, in December, the attacks changed focus. Rather than assaulting planetary populations directly, the Nation began to disrupt capsuleer activities across constellations. This change in tactics was seemingly in response to the capsuleer resistance, though some believe the earlier raids had replenished the Nation's True Slave populations sufficiently to make continued slave raids less necessary.


政府

サンシャ国は独裁体制をとる全体主義国家であり、ただサンシャ・クヴァケイによってのみ統治されている。 彼はトゥルー・スレイヴの指揮権を完全に掌握しており、気まぐれにサンシャ国軍を動かしている。 トゥルー・スレイヴはインプラントを介して液体ルータに接続されており、何時でも、何処からでも、クヴァケイはあらゆるトゥルー・スレイヴに命令を下すことが出来る。

Sansha's Nation is a totalitarian dictatorship, ruled solely by Sansha Kuvakei. He holds complete command over the legions of True Slaves, directing them to whatever whims he holds at the moment. The True Slaves are instructed through implants connected by a fluid router system, allowing Sansha to issue orders to any True Slave at any time, no matter his or their location.

とはいえ、クヴァケイがどれほど強く望もうとも、全ての個体の行動を細部まで制御できるわけではない。 そこで、彼は高い信頼を置いているトゥルー・シチズンに局地的な指揮権を委ねている。 例えばヴィザン・アンコニン、ヘルム・ソラン、市民アスター、市民アースンといった面々である。 これらの司令官にはサンシャ国の理想像を追求するための広範な裁量権が与えられているが、彼らにもインプラントが取り付けられているので、 結局のところサンシャ・クヴァケイの意に反した行動はとれないようになっている。

However, Sansha does not have the faculties to control every individual detail of his Nation, no matter how much he might wish he was able to. Instead, he delegates local control to a number of highly trusted, loyal True Citizens such as Vizan Ankonin, Chelm Soran, Citizen Astur, and Citizen Arson. These commanders are given carte blanche to act as they see fit to advance Sansha's vision. However, because they too are fitted with Slave Implants, they are prevented from acting against Sansha's will in any way.


外交と軍事

サンシャ国はほとんどのニューエデンの主権国家に対して敵対的な姿勢をとっている。 CONCORDを組織している国家はもとより、その他の組織に対する侵略行為は現在でも続いている。 過去にはエンジェルカルテルとの紛争の火蓋を切り、現在ではサーペンティス社とも敵対している。

Sansha's Nation takes a hostile stance toward most sovereign powers in New Eden. It currently continues to make incursions against the space of all members of the CONCORD Assembly, as well as several non-aligned organizations as well. It has come into open conflict with the Angel Cartel in the past and remains hostile toward them and the Serpentis.

アマー帝国およびカルダリ連合に対する憎悪や、類似した理念から、ブラッドレイダー盟約とガリスタス海賊団には不安定な休戦状態を維持している。 この3つの組織は互いに攻撃することを控え、相手の行動から利益を引き出すような真似もしていない。 一緒になって動くことも滅多にないが、サンシャ国はこの友好組織からもメンバーを引き抜いているようである。

The Blood Raiders and Guristas maintain an uneasy truce with Sansha's Nation, born more out of a mutual hatred of the Amarr Empire and Caldari State than any similarity in ideals. The three groups refrain from attacking each other or preventing the interests of the others from being achieved. They rarely work together and the Nation has been known to poach members from its allies.

サンシャ国はトゥルー・スレイヴが操る艦船によって守られている。 サンシャ艦は瞬時に識別できる独特なデザインをしており、背骨のようなアンテナ、暗いドーム型の窓を備えている。 これらは強力なシールド、装甲、レーザーで武装した最先端設計の艦船であり、大国の技術力を上回っていることも多い。

Sansha's is defended by legions of True Slave crewed and piloted ships. Its vessels are instantly recognizable for their unusual designs, featuring spine-like antennas and dark, domed windows. They possess powerful shields, armor, and laser technology, being on the cutting-edge of design and in many cases surpassing the technology of the empires.

サンシャ国は自在に人工ワームホールを作り出す方法を発見しているため、素早くニューエデン全域に展開し、星群全体を封鎖することができる。 大国はこの技術を再現できておらず、サンシャ国に戦略的な優位性を与えている。

The Nation has recently discovered a method of creating artificial wormholes at a whim, enabling them to quickly strike across the cluster and lock down entire constellations. This technology has not been replicated by the empires, giving the Nation logistical superiority over its many enemies.

サンシャ国は大国領それ自体を侵攻目標としてきたが、近年はカプセラを標的とした侵攻を繰り返している。 中にはサンシャ国への忠誠を誓うカプセラもおり、クヴァケイは彼らを歓迎し、受け入れている。

Most recently, Sansha's Nation has been targeting capsuleers with their incursions, though it continues to make attacks of opportunity against empire targets. Some capsuleers have declared their loyalty to the Nation; recently the Nation has been openly welcoming and recruiting them.


経済

サンシャ国は伝統的な経済学者に理解されそうな経済は有していない。 国民の大半がいかなる形でも金を必要としないトゥルー・スレイヴであるため、貨幣は存在しないのである。 トゥルー・シチズンは何でも望むものを与えられ、それはトゥルー・スレイヴによって生産されるか、サンシャ国の敵を襲撃した際に接収される。

Sansha's Nation does not have an economy as would be understood by traditional economist. As the majority of its population are True Slaves who do not require money in any form, it has no currency. True Citizens are given anything they desire, either produced by the True Slaves or captured during raids on its enemies.

サンシャ国は必要な資材の大部分をトゥルー・スレイヴの労働を通じて作り出す。 その他、食糧生産に特化した植民地や、原材料を産出する専業ステーションと鉱業植民地も有している。 国内にはトゥルー・シチズン向け高級品を生産するための工場さえある。

The Nation produces the majority of its material needs internally through labor of the True Slaves. It has several colonized worlds dedicated to food production, while utilizing stations and mining colonies to produce raw materials and transform them into new ships and stations. The Nation even has several small factories to produce luxury goods for its True Citizens.

サンシャ国では積極的な貿易事業は一切見られないが、時たまブラッドレイダー盟約やガリスタス海賊団と物品の取引が交わされることがある。

It does not actively trade with any party, though it does occasionally exchange resources to a limited degree with the Guristas and Blood Raiders.


人口統計

サンシャ国の人口の大部分はトゥルー・スレイヴで構成されている。 少なくとも99%、おそらく更に高い比率をトゥルー・スレイヴが占める。 スレイヴ・インプラントによる制御から解放されているのは、科学者、研究者、哲学者、医者、芸術家、その他の知識人といった僅かなトゥルー・シチズンのみだ。 最近では軍関係者のトゥルー・シチズンも多く見受けられ、おそらくサンシャ国軍を強化する目的があるのではないかと言われている。 国民の民族的出自は比較的多様であり、ニューエデン全体の人口統計に近い。

The majority of the Nation's population is composed of True Slaves. At least 99% of its population are True Slaves, with some estimates putting it even higher. Only a small number of Sansha's Nation are free from the control of the Slave Implants. These individuals, known as True Citizens, are mostly scientists, researchers, philosophers, doctors, artists, and other intelligentsia. Recently, more military experts have emerged as True Citizens, in an effort to strengthen the might of the Nation's navy. Ethnically, the Nation is relatively diverse, closely matching the demographics of the cluster at large.

トゥルー・スレイヴ

国民の大半はトゥルー・スレイヴとして知られている。 彼らはサンシャ国の各種機能を担っており、下級労働者から海軍を構成する兵員まで様々である。 ほとんどのトゥルー・スレイヴは拉致されスレイヴ・インプラントを装着された人々だが、このインプラントは高度なサイバネティック制御システムの賜物であり、サンシャ・クヴァケイと彼の忠実な司令官の命令を滞りなく遂行させることができる。

The bulk of people in the Nation are known as True Slaves. These True Slaves fill a variety of functions, from custodial and other menial labors to serving as the primary navy of the Nation. These True Slaves come primarily from abducted populations, which are then fitted with Slave Implants. These implants are highly advanced cybernetic control systems that completely subvert the will of those implanted to that of Sansha Kuvakei and his loyal commanders.

しばしばトゥルー・スレイヴは自分自身の意思を持たない「考え無し」だと評される。 だが、実際には各個体のサンシャ国および任務に対する愛情に応じて、人格と自由がある程度許容されるようになっている。 特に自らサンシャ国を訪れて降伏を申し出た場合、インプラント装着後も以前と同じように振る舞い、人格を高度に維持することが出来る。 同様に、サンシャ国軍の司令官達は創造性と意思決定能力を維持することが許されているため、急速に変化する戦況へ容易に対応できるようになっている。

True Slaves have no will of their own and are often described as “mindless” by outsiders. However, individuals can show varying degrees of personality and freedom, depending on their personal predilections toward to the Nation and task. Scouts, which approach settlements and offer surrender terms, often appear much as they did before being fitted with implants and retain a high degree of individuality. Similarly, the commanders of Sansha fleets are allowed to retain their creativity and decision-making skills, so as to more easily react to the rapidly changing conditions of a battlefield.

トゥルー・スレイヴの大半は集団意識的に編成されており、絶えずサンシャ国の中央司令部と通信が行われている。 この方式はダイレクト・フィードと呼ばれていて、トゥルー・スレイヴの経験は全て送信され、後方で解析される。 言うまでもないことだが、トゥルー・スレイヴに命令を送信することも出来る。

Most True Slaves are kept in a form of hive-mind which constantly feeds data between Sansha's central command and the individual slaves. This is referred to as a direct feed, as everything the True Slave experiences is sent back for analysis. Additionally, instructions can be broadcast to the True Slaves, which they are compelled to follow.

一旦装着されてしまったスレイヴ・インプラントを取り除くのは恐ろしく困難である。 個体によってまちまちだが、一定時間が経過すると、心理的回復の望めない不可逆的な方法で人格が破壊されてしまう。 サンシャ・クヴァケイに仕えるという意味でも、自殺という意味でも、トゥルー・スレイヴの唯一の望みは死であって、それが彼らを解放する唯一の手段なのだ。

It is incredibly difficult to remove Slave Implants once they have been installed. After a certain time has passed, which differs from person to person, a True Slave's individuality has been broken in such a way that psychological recovery from the process is irreversible. These True Slaves desire only death, either in service of Sansha or suicidally, should they be freed from their bonds.

トゥルー・シチズン

トゥルー・シチズンは自ら進んでサンシャ国に参加し、個性と人格を保持することを許されている人間である。 ただし、彼らの多くは改良型スレイヴ・インプラントを装着しており、トゥルー・スレイヴが囚われているものと同じ集団意識に接続されている。 このインプラントの主な目的は、装着者の能力を高め、市民の間で一層の協力と理解を促進するという点にある。

True Citizens is the term for those individuals who have joined Sansha's Nation willingly and are allowed to retain their individuality and personalities. However, many have been fitted with modified Slave Implants, which link them to the same hive mind the True Slaves are beholden to. The primary purpose of these implants is to boost the users' mental faculties and facilitate greater cooperation and understanding between citizens.

一般的に、トゥルー・シチズンは科学者、研究者、哲学者、そしてサンシャ国のユートピア思想に共感している知識人である。 彼らはサンシャ国の技術力を向上させ、最終目標に到達するために協力しあっている。 また、サンシャ国軍で最も信頼されている司令官達もトゥルー・シチズンである。 彼ら自身もサンシャ・クヴァケイに従属しているものの、トゥルー・シチズンにはトゥルー・スレイヴの指揮権が与えられている。

True Citizens are typically scientists, researchers, philosophers, and other intellectuals who have bought into Sansha's utopian vision. They work together to improve the Nation's technology and advance its goals. Additionally, Sansha's most trusted battlefield commanders are True Citizens. These individuals are given control over True Slaves, though always subordinately to Sansha himself.

ごく稀に、特定のトゥルー・シチズンのサンシャ国に対する統合を強化するため、クヴァケイはインプラントを通じて彼らを制御することがある。 それでも尚、トゥルー・シチズンが不実な考えや反抗を試みた場合、インプラントが彼らを統制する。 これは精神的なダメージを与えるため、人格と創造性を失わせがちな処置である。 そうなれば彼らはサンシャ国にとって価値ある市民ではなくなり、トゥルー・スレイヴへと降格させられることになる。

Rarely, Sansha targets specific members of society for integration into the Nation, exerting additional control over them through the Slave Implants. Finally, if a True Citizen has disloyal thoughts or attempts to act against the Nation's interests, the implants they are fitted with can be used to bring them back into line. Often, this results in psychological damage and a loss of individuality and creativity to the potential defector. Depending on the citizen's worth to the Nation, this can end with them converted fully to a True Slave.


技術

サンシャ国は高い技術力を誇っており、幾つかの分野では大国を、事によるとジョヴ帝国にすら優越しているかもしれない。 過去にジョヴ領へ侵攻してステーションを占領したことがあるので、サンシャ国がジョヴ技術にアクセスしたことがあるのは確かだ。 彼らが最も秀でている技術分野は艦船の設計、重力操作、インプラント技術である。

Sansha's Nation is technologically advanced, matching and in some cases surpassing every empire save perhaps the Jove. Even then, the Nation may have access to Jove technology, as they have been captured occupying stations in Jove space. Its areas of most advancement are ship design, gravitational manipulation, and implant technology.

艦船

サンシャ艦は滑らかで、球根状の形状に棘が突起しており、その異種族的な外見で知られている。 襲撃型戦艦の武装システムと似た高度なレーザー技術も保有していて、あらゆるクラスのサンシャ艦がこれを利用している。 効率的なエネルギー中和機能、強力なシールドと装甲修復力、大出力のアフターバーナーとマイクロワープドライブ、そして優れた電子戦能力が近年のサンシャ艦の特徴と言える。

Sansha's ships are well known for their alien designs, with smooth, bulbous shapes and protruding spines. They possess advanced laser technology, similar in design and function to the weapon systems of Marauders, though all Sansha ship classes utilize it. It's most recent ships have displayed highly efficient energy neutralizers, powerful shields and armor repair capabilities, effective afterburner and microwarp drives, and extensive electronic warfare capabilities.

サンシャ国は幾つかの基本的な船体設計を採用しているが、それを基に豊富な派生型を開発している。 有名なのはサキュバス級、ファンタズム級、ナイトメア級、レヴェナント級である。 これらの艦船のブループリントはカプセラが既に入手しているが、今なお少なくとも1機のフリゲートの正式名称と設計が不明のままだ。

The Nation utilizes several basic hull designs, though they have great internal variations. The four most well known are known as the Succubus, Phantasm, Nightmare, and Revenant. Blueprints for these designs have fallen into capsuleer hands. However, at least one other style of frigate has been seen, though its name and design has not been disseminated outside the Nation.

ワームホール

サンシャ国は既に人工ワームホールを生成する方法を発見しており、任意に操ることが出来るものと考えられている。 このワームホールを通過できるのはサンシャ艦のみだが、通常のワームホール同様に質量による負荷で崩壊してしまう。 ワームホールを生成し、利用者を制限する方法はサンシャ国の独自技術であるため、彼らは大きな戦略的優位性を獲得している。

The Nation has also discovered a method of creating artificial wormholes, seemingly at will. These wormholes allow only Sansha ships to pass through, though they can be disrupted by continued gravimetric jamming. The method the Nation uses to create and restrict these wormholes is unknown by the rest of the cluster, giving them a huge logistical advantage.

スレイヴ・インプラント

サンシャ国の全ての奴隷はスレイヴ・インプラントで制御されている。 これはカプセラが能力を強化するために使用しているものより遥かに広範かつ高度な品だが、装着者の意思を無力化してしまう。 彼らの制御装置には様々なタイプがあり、制御が容易だと思われる人間向けの神経系インプラントから、 ちょっとした反抗の意思まで抑圧する、侵襲性の大型「スレイヴ・ヘルメット」まで豊富に揃っている。

All slaves in Sansha's Nation are controlled with Slave Implants. Far more extensive and advanced than the implants capsuleers use to augment their mental acuity, Slave Implants completely subvert the will of those implanted. They can take a variety of forms, ranging from simple neural implants for those considered easy to control, all the way to bulky and invasive “slave helmets” that suppress even the smallest contrary thoughts.

この種のヘルメットとは違って、スレイヴ・インプラントは奴隷の高次元機能を無力化するものではない。 トゥルー・スレイヴは個体に応じた問題解決能力と創造性を発揮し、彼らの敵を慄かせることができる。 命令に反抗できるほどの自由ではないが、命令を遂行するために多様な方法を採ることができるほどの自由である。 信頼に値する忠実な奴隷には比較的高い自律性が認められ、僅かながら奴隷化される以前の人格を示す。

Unlike devices such as transcranial microcontrollers, Slave Implants do not eliminate the ability of the slaves to function on higher levels. True Slaves are capable of utilizing varying degrees of problem solving and creative abilities, often surprising those they are opposing. While a True Slave will never be capable of breaking a command, they are capable of acting in a variety of ways to follow those commands. More trustworthy and loyal slaves are given increasing amounts of autonomy, with some barely appearing different from how they did prior to their transformation.

トゥルー・シチズンでさえスレイヴ・インプラントを装着されているが、装着者の意思を挫くためではなく、能力の強化を目的に設計された特別なものである。 これらの幾つかは能力強化を図りたいカプセラの手に落ちた。 現時点では、これらのインプラントはサンシャ国の命令に感応する気配を見せておらず、拘束具として機能するには別の重要な装置が必要なようだ。

Even True Citizens are fitted with a form of Slave Implant, though these are primarily designed to enhance the user's abilities rather than subvert their will. Some of these devices have fallen into the hands of capsuleers, who use them to augment their captaining abilities. As yet, these implants do not appear to link the users to Sansha's will, making it seem likely that another vital component is necessary to complete the shackles.

backstory/sansha_s-nation.txt · 最終更新: 2019/02/01 19:31 by bartlett