EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

backstory:old-man-star

オールドマン・スター

転載元:ONI Industry
原文:Chronicle:Old man star

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります

oldman.jpg


Gallente連邦領内、ペカノエッテ環状線からパトリー宙域に向かう航路を取る者たちは、かつてオーペリア星系と呼ばれていた――白く、冷たく、住民のいない、ちいさな太陽系――を中継点として使う。人々はいまやオーペリアという名前ではなく、誰もが知る通称でこの太陽系を呼ぶ。すなわち、「オールドマン・スター」である。

Those traveling within the Gallente Federation from the Peccanouette Circle to the Patrie Perimeter can make a shortcut midway through by traversing Ouperia - a cold and uninhabited white dwarf system. Few now remember the name Ouperia - most people only know it by what it is commonly called, Old Man Star.

星間ジャンプドライブは比較的新しい技術だ。この技術が発明される以前、帝国が領土を広げる手段は、遠方の太陽系に船を送りスターゲートを建設するほかになかった。太陽系から太陽系へと移動する建造船は、いちばん速いもので光の速度の30%ほどで航行した。10光年離れた太陽系にたどり着くまで33年ほどかかる速度だ。航海のあいだ、建造船の乗員たちは低温カプセルに入り仮死状態となる。そして目的地に近づくと目覚める、というしくみであった。

Interstellar jump drive technology is fairly new. Until it came along, the only way for the empires to expand their territory was to send a ship to a solar system to build a stargate. The fastest versions of these construction ships managed a speed of ca. 30% of the speed of light. At this speed a system 10 light-years away could be reached in 33 years, or there about. The crew of the construction ships was put into cryogenic stasis for the duration of the trip, only to be revived once the destination was neared.

星間ジャンプドライブ技術が確立された後には、こういった建造船にもジャンプドライブが搭載されることになり、何十年にもわたる旅はもはや過去のものとなった。しかしながら、古い建造船はジャンプドライブを搭載するための新しい技術に適しているわけではなかっ た。ジャンプドライブの誤作動によって引き起こされた様々な事故のうわさは、人々の間で絶えず交わされていた。「オールドマン」ダリューの建造船にまつわるこの話も、そんな話のひとつである。

Later, after jump drive technology became available, several of these ships were retrofitted with jump drives. This meant that decades-long trips were a thing of the past. However, none of these older models had been built to handle the sort of technology found in these jump drives, and this meant that stories of fateful malfunctions circulated frequently. One such story was that of Old Man Darieux’s construction ship.

YC11年、ガレンテとカルダリのあいだで続いていた戦争が終わりに近づいたころ、あるガレンテの建造船が、荒廃した太陽系、オーペリアに向けて出発した。同太陽系のアステロイドベルトを確保し資源を確保するというのがおもな目的だったが、ペカノエッテ環状線とパトリー宙域を結ぶ交易経路の確保も長期的な計画に組み込まれていた。建造船はビロア星系から出発し、12光年の旅に出た。到着までの時間はほんの数分と計上された。乗員は五人で、何百人もの人手が必要だった昔とは大違いだった。この頃、スターゲートを実際に建造していたのは戦争のために開発されたドローンやロボットの大群で、乗員たちはそのオペレーターや技術者として配備されていた。

In YC 11, when the Gallente-Caldari War was near its end, a Gallentean construction ship set out for the desolate system then known as Ouperia. There was little monetary gain to be had from the system’s middling asteroid fields, but a stargate there would serve as a link between the Peccanouette Circle and the Patrie Perimeter, which made it a good long-term trade prospect. The construction ship departed from Villore system, some 12 light years distant. Estimated travel time was only a few minutes. The crew consisted of five people, a huge reduction from the old days when dozens of crewmen were needed – with the technological advances made over the course of the war, swarms of drones and robots were by that point responsible for most of the actual construction, with the crew acting mostly as operators and technicians.

建造船が出発してすぐ、惨事が船を襲った。ジャンプ航路の計算に不一致が起こり、目的地から数光年も離れた辺境のアステロイドベルトの中ほどへと船はジャンプした。巨大なアステロイドが船に衝突し、乗員のうち四名が死亡した。しかしその中で、たったひとり生き残った者がいた。彼の名はセル・ダリュー。建造船のドローンオペレーターだった。

Shortly after the construction ship set out, disaster befell it. A miscalculation in the drive made the jump misfire, sending the ship several light years off course and planting it in the middle of an asteroid belt. Seconds later, a large asteroid hit the ship full force. The impact killed four of the ship’s crew, but the fifth survived. His name was Ceul Darieux and he was the ship’s drone operator.

そのころいまだ戦争の火中にあったガレンテ当局は、コンコードを立会人としてカルダリとの和平交渉に手一杯だった。当局は、オーペリアのような短期的にはあまり重要でない星系に向かったせいぜい数百万ISKの船を捜索するよりも、計画を棚上げにすることを選んだ。建造船のジャンプドライブの誤作動はステーションに送信されたログから見ても明らかだったうえに、船のビーコンは破壊され音声通信にも応答はなかった。建造船は事故により沈没したものとして処理された。

Back home the authorities, still embroiled in the war, were facing great internal debate as they pondered CONCORD-mediated peace talks with the Caldari. Finding little incentive to lose another multi-million ISK ship on a system with no greater short-term value than Ouperia, they opted to shelve the project. Since the vessel’s calculation error was evident to the station personnel who’d sent it off, and because its subspace beacon and comms arrays had been damaged in the impact, the ship was believed destroyed and written off.

ダリューにとってすぐに解決しなければならなかった問題は、食料の確保だった。スペースと重量を抑えるために建造船に食料は積み込まれていなかったが、食用の植物の球根と、それを栽培するための温室は装備されていた。しかしながら、太陽の光と熱がなければ球根は育たず、太陽から遠く離れた深宇宙においてそれらは役立たずだった。水や酸素も不足していた。船の状態はひどいものだった。衝突したアステロイドベルトは船に深い傷をつけ、ほとんどの主要なシステムは機能停止していた。カーゴの中はとくにひどかった――破壊されたさまざまな装備品と、アステロイドのかけらが、宙にふわふわと浮かんでいた。

Darieux’s immediate problem was how to feed himself – to save space and weight no food was carried on the ship, but the greenhouse bulbs from the ship’s earlier incarnation were still equipped to grow edible plants. This, however, required the proximity of a sun to provide the essential light and heat - in short, the greenhouse bulbs and the plant seeds were useless in deep space. Water was an equally pressing problem, as was the shortage of oxygen. The state of the ship did not make things any easier - the asteroid had ripped a huge gash into the side of the ship and destroyed many of the ship’s vital systems. The cargo hold was hit especially hard - debris of destroyed equipment and pieces of the asteroid cluttered the small space.

ダリューは自分の持つ技術者としての能力を、問題の解決にあてた。彼はまず燃料ベイに手を付けた。燃料タンクには、目的地に近づいたときの減速用の動力として使われるはずだった液体水素と液体酸素が入っていた。可燃性の液体で満たされたタンクに手を付けるのはとんでもなく危険だったが、ダリューは注意深く、慎重に仕事を続け、ついには水と酸素を供給する反応炉を作りあげた。つぎに彼は船のなかに散らばっていたガラスや鉄板を溶接し、遠く離れた星々からの光を集めるプレートを作った。そして彼は、温室のシステムを船の循環システムと連結し、球根を育てはじめた。そしてすぐに、ひとりの人間を養える程度の酸素と水と食料が供給できるようになった。つまり、ダリューはたったひとりで環境システムを作り上げたのである。

Darieux put his engineering skills to good use to solve these problems. He began by tampering with the fuel tanks. The fuel tanks, filled with liquid hydrogen and liquid oxygen, served the propulsion system once the ship had to be slowed down once near the destination system. Fiddling with the fuel tanks was extremely dangerous, as the ingredients were highly flammable, but with patience and caution Darieux managed to get a controlled reaction out of the fuel, which gave him both water and oxygen. Then he welded together every piece of glass and metal plate he could muster in the ship to gather and store what little light he could from distant stars. This was sufficient for him to start food production in one greenhouse bulb - by linking the bulb into the ship’s septic tank fertilizers for the plants were secured. The result was enough food for one man and later enough oxygen production as well. In other words, Darieux managed to create his own little ecological system.

船のなかで生きていくための手段を確立したあと、ダリューは船の航行するコースを元に戻さなければならなかった。アステロイドとの衝突が船の進行方向をずらしてしまったために、このままではオーペリア星系に近づいたとしても、星系から数億キロも離れたところを横切るはめになる。エンジンは修復不可能なほどに破損していた――船はコントロール不可能なまま、宇宙の彼方へと永遠に進みつづける運命にあった。時間が経てば経つほど、船を元の航路に戻すことは難しくなる。すぐにも解決しなくてはならない問題だった。そこでダリューは、時間をかけて新しいエンジンを作ったりはせずに、もっと明快な手段を取った。船にはいくらかの戦闘用ミサイルが搭載されていた。ダリューはミサイルを発射し、操作して、自分の船のいちばん装甲の厚いところに命中させた。注意深い計算と、爆発半径の調整によって、船はもとの航路に戻りはじめた。ほんの少しのあいだ、ダリューは、何度か同じことを繰りかえして、航路を逆向きに戻ることを考えた。しかしそうするために十分な量のミサイルはなかったし、あったとしても、傷ついた船体が持ちこたえられるとは思えなかった。

Once Darieux had stabilized the conditions on the ship and provided for himself he next had to adjust the course of the ship. The impact had slightly altered the ship’s course and in the vastness of space it meant the ship would bypass the Ouperia system by billions of kilometers. The propulsion system had been damaged beyond repair - the ship was out of control and heading into deep space for eternity. The more time spent on a solution the further adrift the ship would be, so a quick resolution was required. Instead of spending valuable time trying to build a new propulsion system Darieux opted for a more ingenious solution: The ship was equipped with a token force of combat missiles. Darieux fired the missiles and turned them around to explode against the strongest points of the ship’s armor. By carefully calculating the impact points and controlling the size of the explosion Darieux managed to correctly align the ship to its original course. Darieux briefly contemplated trying to turn the ship completely around, but quickly realized that he neither had enough missiles for this, nor would the hull withstand such a brute way of turning around even if he had them.

そして、長く単調な旅が始まった。現在の速度では、オーペリア星系にたどり着くまでは何十年もかかる計算だった。ダリューはカーゴのなかにあったスクラップをあさり、すてきなロボットをいくつも作り上げた。船と衝突したアステロイドには、偶然にも、非常に希少な鉱石であるメガサイトが多く含まれていたことに、彼はあとになって気づいた。この鉱石には、ロボット工学やドローン開発に重要な役割を果たす物質が含まれていた。無重力下での長期的な実験は、ダリューにとってすばらしい開発の機会となり、資源や工具が限られていたにもかかわらず、この長い長い旅のあいだに彼の手によって作られたものは、じつに独創的で、素晴らしいものばかりだった。

Now the dullest part of the journey began, as the ship was still decades from Ouperia system at its current speed. Darieux spent the time creating fantastic robots and designs using the scrap heap in the cargo hold. He discovered that the asteroid that hit the ship had been very rich with the super rare mineral megacyte - which has unique qualities that make it extremely valuable in advanced robotics and drone manufacturing. Having to live and work in zero gravity year in, year out gave Darieux a distinctive insight into hi-tech assembly and despite the limited resources and tools at his disposal, what he created during those long long years has never since been surpassed in originality or brilliance.

隕石の衝突やミサイルの衝撃による減速のために、スケジュールから44年遅れで、船はオーペリア星系に入った。ダリューはこの時のために、数年間をかけて、船をさらに減速するための機構を開発していた。彼のおもな手段は、惑星の重力を利用するものだった。エンジンの制御系が壊れていたにもかかわらず、ダリューは生き残っていたエンジンに直接配線し、残り少ない燃料で点火した。彼は惑星のあいだをジグザグに航行し、自らの手で作り上げたシールドで船を被い、時には大気圏を掠めながら、重力を利用して減速していった。この型破りな方法で、ダリューは船を星系に引き留めたのである。

At long last the ship entered the Ouperia system, 44 years behind schedule due to the decreased speed caused by the impact and subsequent missile explosions. Over the years Darieux had invented several techniques for slowing the ship down, just for this occasion. His main method was to use the stellar bodies in the system to help him slow down. Even if the propulsion system itself was still out of order Darieux managed to get some of the directional thrusters to work, feeding them with the last drops of fuel. Now he began to zigzag between the system’s planets, using the gravity to his advantage to stop the ship and even going so far as to enter the atmosphere at one point (protecting the ship with a handcrafted shield). Through these unorthodox methods Darieux managed to stop the ship from shooting out into deep space again.

このときすでに、ダリューは老人だった。無重力での生活は、彼の身体を衰えさせていた。しかし彼の意志はいまだ強く、諦めることを知らなかった。彼はいま、目標地点にたどり着いたのだ。しかしそれでも、この遠いオーペリア星系にあっては、どのような救助も期待できなかった。彼の運命は彼自身の手中にあった。彼がすべきことは、たった一人でスターゲートを建造することだった。

By this time Darieux was an old man, his gaunt body in a bad state due to too much time in zero gravity. Yet his spirit was still strong and he was unwilling to give up now that he’d managed to reach his destination. Satisfying though it was to be in the Ouperia system his situation was still dire as the prospects for any kind of rescue were absolutely none at all. His fate lay entirely in his own hands and the only option was to try to construct the stargate all by himself.

船に積み込まれていたスターゲートを建設するために必要な資材は、どれも使い物にならなかった。ダリューはまったく新しい方法で仕事を始めた。彼は革新的なドローンを製作し、ロボットの工場を作り上げた。彼は共鳴節点にほど近い、白い恒星とその小さな茶色い衛星のあいだにある、巨大なアステロイドを仕事場に決めた。そのアステロイドに、ダリューは小さな工場と、自分の住処を作った。彼はそこで、自ら製作したロボットの仲間たちとともに、五年の月日をかけ、たった一人でスターゲートを建設した。全宇宙でも数えるほどしかないような、偉業であった。ダリューはこのとき80歳に達していた――髪は白くなり、顔には皺が寄り、両手は震えていた。

All the equipment needed to construct the stargate was long since destroyed or altered beyond recognition. Darieux was forced to start from scratch devising and building innovative drones and robot factories. He centered his activity around a large asteroid that was conveniently close to the resonance point between the white main star and its tiny brown companion. There, on that asteroid, Darieux constructed a small assembly factory as well as his home and for five years he labored along with his robot friends to complete, single-handedly, a stargate. A feat that maybe a handful in the whole universe could pull off, Darieux performed at the age of 80 – white-haired, wrinkled face, shaky hands and all.

つぎはぎだらけの建造船がスターゲートを抜けて現れたその瞬間の、ビロア星系のスターゲート管制官たちの驚きを想像してみてほしい――それは失敗に終わったと思われていた作戦の、思いがけない勝利の凱旋だった。ダリューは世間の脚光を浴び、その後に、彼は自らの会社――クレオドロン社――を立ち上げ、半世紀にも渡った航海のあいだに製作されたブループリントを販売した。しかしほんの数年で、彼は鬼籍に入った。やせ衰え、弱っていた彼の肉体は、クローニングには耐えられなかった。しかし彼の遺産は、今日にも受け継がれている――クレオドロンはNew Eden最大のドローン製造会社としてその名を馳せ、創設者の意志はドローン産業のあいだにいまも受け継がれている。 そして彼の偉業に敬意を表すために、人々はオーペリア星系をオールドマン・スターと呼ぶようになったのだ。

Imagine the surprise of the stargate controllers in the Villore system when a patched up construction ship limped through their stargate - the triumphant remains of a mission long since considered dead and lost. Darieux reveled in the media limelight for a while before launching his own company, CreoDron, centered on the blueprints created in an incredible voyage lasting almost half a century. He died a few years later, his frail body and failing internal organs too badly damaged for cloning. But his legacy remains strong to this day - CreoDron is the biggest drone manufacturing company in the universe of New Eden and the innovations of its founder still drive the drone industry. Renaming the Ouperia system the Old Man Star is the least an appreciative world can do.

backstory/old-man-star.txt · 最終更新: 2020/05/11 23:31 by bartlett