EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

backstory:minmatar

ミンマター

転載元:EVEonlineJP Wiki
原文:Backstory:Minmatar

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります


ミンマター人はタフで生真面目な、強い意志を持った独立心の強い人々である。彼らの故郷である惑星マターは自然の楽園だったが、何世紀にも及ぶ自然破壊がその美しさを著しく損ねてしまった。

A tough, no-nonsense race, the Minmatars are a determined and independent people. Their home planet of Matar is a natural paradise, although centuries of abuse have taken much from its beauty.

アマー人は自分のミンマター人奴隷に心を制御するサイバーインプラントを使うのが好きです。

ミンマターにとって人生で最も大事なことは独立独歩の精神だと考えている。親族や家族は社会において重要な役割を果たしてはいるものの、彼ら自身は自らが属しているクランや部族によって互いを識別することを好む。クランには何人所属しても構わないが、その規模はメンバーによる主な活動内容によって決定される。ほとんどの人々は一つの活動分野を専門としている。惑星に住んでいる人々は農業や工業に従事し、EVE世界を旅する者は商取引だったり海賊行為だったりといった活動に専念する、という具合だ。

For the Minmatars, the most important thing in life is to be able to take care of yourself on your own, and although kin and family play an important role in their society, they prefer identifying themselves by the clan or tribe to which they belong. A clan can have any number of people in it, and its size is largely dictated by the main activity of its members. Most specialize in one area of activity. While those who live on a planet can focus on agricultural or industrial activity, others who travel around the world of EVE concentrate on trading, pirating, and suchlike.

遠い過去にはクラン間の戦争が絶えなかったが、今ではミンマター人たちは団結の重要性を知り、クランはそれぞれの地域的・思想的な独自性を維持しながらも、他の種族に対しては一個のまとまった種族として振る舞っている

In the distant past the clans constantly warred against each other. Since then, however, Minmatars have learned that cooperation is more important, and although the clans still try to maintain their regional and ideological identities, they act as a single unit towards other races.

Minmatar Rebellion中のミンマター兵士。

ミンマター人の歴史は衰退と流浪の繰り返しであった。かつて彼らは後にも先にも見られない優れた機械技術によって栄えた帝国を築き上げていたのだが、その後数世紀に渡って他種族に隷属し艱難辛苦を味わうことを許してしまった。こんにちでは彼らのほとんどが自由を取り戻したが、隷属のもたらしたものは種族の離散であった。

The fortunes of the Minmatars have ebbed and flowed continuously. At one time they had a flourishing empire with a level of mechanical excellence never before or since seen anywhere. Later, however, they had to endure centuries of enslavement, toiling and dying for the benefit of foreign masters. Today most of them have regained their freedom, but the legacy of their enslavement has been the diaspora of the race.

ミンマター人はEVE世界における最大多数の種族だが、その膨大な数はいくつもの国に分散している。ミンマター共和国は公式な国家なのだが、全ミンマター人のうちの4分の1しか所属していない。ほとんど3分の1にも達しようかというミンマター人が巨大なアマー帝国に奴隷化されており、5分の1が(ガレンテ人とアマー人の関係を持続的な緊張状態に維持する強力な政治連合を形成しながら)ガレンテ連邦に住んでいる。残りのミンマター人は正式な組織には属さず、世界中で自由民として生きている。多くは移動労働者として星系から星系へと仕事を探しながら渡り歩いている。また、かなりの人数が海賊や密輸業者、違法品取り扱い業者などとして法の影の側で生計を立てており、EVE世界の巨大犯罪組織の多くがミンマター人によって運営されている。

The Minmatars are the most numerous of all the races in the world of EVE, but their vast numbers are divided into many factions. While the Minmatar Republic is the official state, only a quarter of all Minmatars are part of it. The largest proportion, almost a third, are enslaved within the huge Amarr Empire, while a fifth resides within the Gallente Federation, creating a powerful political bloc which keeps relations between the Gallenteans and the Amarrians in a constant state of tension. The remainder, who are not part of any formal organization, live as freemen throughout the world. Many are itinerant labourers, roaming from one system to another in search for work. A fair number make their living on the darker side of the law, acting as pirates, smugglers and peddlers in all kinds of illegal goods, and many of the larger criminal groups in the world of EVE are run by Minmatars.

backstory/minmatar.txt · 最終更新: 2020/11/10 13:51 (外部編集)