EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

backstory:gallente

文書の過去の版を表示しています。


ガレンテ

転載元:EVEonlineJP Wiki
原文:Backstory:Gallente

Copyright © CCP 1997-2009
原文はCCPに著作権があります


ガレンテ人。自分本位で干渉好きな連中、偉そうでうんざりする奴ら、または力強いリベラリストで自由世界の守護者。あなたが彼らを好いていようが嫌っていようが、彼らを無視することはできない。ガレンテ連邦に対しては誰でも一家言持っているものだが、それはテーブルのどちら側についているかによって内容は異なる。多くの者にとっては夢が現実になる約束の地。くじら座タウ星のフランス人の子孫であるガレンテ人は、彼らの長い歴史上の多数の挫折にも拘わらず、未だ自由意志と人権を強く信じている。

The Gallenteans. Self-righteous, meddling, pompous and tiresome, or virile liberalists and defenders of the free world. Love them or hate them, you simply can't ignore them. Everybody has an opinion on the Gallente Federation, it all depends from which side of the table you view them. For many, it is the Promised Land, where any dream can become a reality. Descendants of Tau Ceti Frenchmen, the Gallenteans remain strong believers in free will and human rights, despite numerous setbacks in their long history.

「ケイルのクリスタル通りを一度目にしたら、もう見るべきものは存在しない」と言われている。確かにその眺めは壮大なものだが、ガレンテ全体であなたがまだ見ていないものがあるとしたら、それはガレンテ連邦そのものだ。ガレンテを縦横に旅をして、トゥルーのサンスパイラルに驚愕し、熱帯のインタキのアカト連山に登り、ソーヴィコーのメンドレダンサーに感動する。どこへ行こうと、また同じ場所をもう一度訪れたとしても、そこであなたは新しい感動に出会うことだろう。ガレンテ社会は絶えず移り変わり、精力的で活気があり、発展し続けている。

It has been said that, once you have seen the Crystal Boulevard in Caille you've seen it all. True, the view is spectacular, but if there's one thing you can never see in its entirety, that is the Gallente Federation. You may travel its length and breadth, marvel at the Sunspiral on Troux, climb the Akat Mountains on tropical Intaki or thrill to the Mendre dancers on Sovicou. Wherever you go, you will always see something new and exciting, even when you visit the same place again. Gallente society is in a constant state of flux, vigorous, vibrant and progressive.

上院議員は、連邦上院のいくつかの問題について議論します。

一方でいくつかの少数の町は対照的に荒涼としている。世界屈指の大富豪の多くは贅沢品の飽くなき需要を作り出すガレンテ人たちだが、同時に貧民層の数も数百万にのぼる。マーケット主導型の自由主義経済と個人主義的な自由の下では、誰にでも頂点に上り詰めるチャンスを与えると同時に社会の最下層に転落するのもまた自由なのである。

Few societies display such stark contrasts. Many of the wealthiest people in the world are Gallenteans, creating a constant demand for luxury goods. At the same time, the ranks of the poor number millions, because while the liberal market-driven economy and individual freedom may allow everybody the chance to advance to the top, they make it just as easy to plummet to the very bottom of the social ladder.

EVE世界において、ガレンテ人はエンターテイメントの王者であり、低予算のポルノ映画から手の込んだステージショウまで、貪欲な一般大衆にあらゆるものを大量に提供している。ガレンテには最高に精巧で贅沢なスペースヨットがあり、最高に豪華なホテルがどっさりある。あなたの精神や肉体が欲するものは何でも、ガレンテ人が大量に持っていると思っていい。

In the world of EVE, the Gallentean are the kings of entertainment, mass-producing everything from cheap porn-flicks to elaborate stage-shows for an ever-hungry public. They boast the most elaborate luxury space yachts, and the most glittering hotel reservoirs. Anything your mind or body could ever crave, the Gallenteans have plenty of it.

ガレンテ人は自分たちの連邦内にひきこもっているわけではない。彼らにとっての国民を表す境界は定まっておらず、政治的・思想的理由から故郷を追われたり、あるいは単純に平和や成功を求めて自分の故国を去ったEVE世界の他種族全てを包含している。それに加えてインタキとマンナーという二種族の人類がいる。そのどちらもガレンテ人が国を拡大していく過程で出会った人々である。インタキとマンナーのどちらも、ガレンテ人が出会ったときにはとても原始的な文明レベルに留まっていたのだが、ガレンテ人の庇護と指導を受けてからはどちらの種族も繁栄し、いまや立派な連邦の一員になっている。

The Gallenteans are not alone in their Federation, whose boundaries are home to pockets of residents, varying in size and representing all the other races of EVE, most of whom left their own empires due to political or ideological differences, or simply in search of peace and prosperity. In addition to these there are two human races, the Intakis and the Mannars, both of whom the Gallenteans found while exploring and expanding their empire. Both were at a very primitive level when the Gallenteans found them, but since coming under the protection and guidance of the Gallenteans, both races have flourished and are today a full-fledged members of the Federation.

カルダリは当初は連邦の一部であったのだが、深く根ざした相違点と互いの敵対意識によって、ガレンテ人は彼らを排斥し独立に追いやった。一時の間この二国は争っていたが、どちらも戦勝を宣言するまでには至らず、最終的には平和が訪れた。

The Caldari were initially part of the Federation but deep-seated differences and mutual animosity between them and the Gallenteans drove them out to found their own empire. For a time, the two empires warred against each other, but as neither could gain sufficient advantage to claim victory, peace was settled in the end.

backstory/gallente.1505879818.txt.gz · 最終更新: 2017/09/20 12:56 (外部編集)