EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

EVE Onlineとは

新規プレイヤー向け

初心者向け

艦船システム

Drone

Module

Implant/Booster

建造物

EVEでできること

システム・小技等

用語集等

各種リンク集

編集者用

このWikiについて

backstory:aridia

Aridia

翻訳:Walter Islands
原文:LoreWiki:Aridia1)


アリディアはアマー帝国の貧しく未開なリージョンである。 西暦22200年代初頭に第51遠征隊によって探検されたアリディアは、リージョンの奥深くに存在するミシ星系に起源をもつニクンニ人の故郷だ。 今日、この地域はファウンテンとデルヴを結ぶ連絡路として、カプセラにとって重要な役目を担っている。

Aridia is an economically poor and undeveloped region in the Amarr Empire. It was first explored by the 51st Exploration Corps in the early 22200s. It is the home region of the Ni-Kunni people, who originate from the Mishi system deep within the region. Today, it serves as a somewhat important pipeline to capsuleers, as it links Fountain and Delve with empire space.


前史

数万年前、現代のニクンニ人の祖先達はミシ星系のミシ4を植民地化した。 古代の遺物や崩壊前の社会の痕跡は、当時ですらアリディアが開発の進んでいない孤立した場所だったことを示している。

Tens of thousands of years ago, the ancestors of the modern Ni-Kunni colonized the planet Mishi IV in the Mishi system. It appears even then, the region was isolated and poorly developed, as few ancient relics or other signs of pre-collapse societies have been uncovered.


アマー帝国の探検

リージョンの最初の近代的な探査は、第51遠征隊を派遣したアマー帝国によって行われた。 遠征隊は当リージョンの惑星、衛星、小惑星帯の価値を分析することを任務としていた。 ところが、当時の帝国にとって利用価値のある資源が比較的乏しいことが判明した。探検隊の隊長ソルマ・アキウンはアリディアが価値あるものを有していないと報告し、日誌に暗い展望を記している。

しかしながら、探検隊はニクンニ人を発見して、彼らの教化にとりかかった。この出来事は主要な人類居住地、特に同化する価値があるとみなされた人種との最初の遭遇としてアマー帝国史に刻まれた。 帝国はニクンニ人の大部分をミシ4で監視下に置きながらも、その一部を帝国中に行き渡らせたのである。

The first modern exploration of the region was conducted by the Amarr Empire, who sent the 51st Exploration Corps into the area. The Exploration Corps was tasked with assaying the planetary, satellite, and asteroid wealth in the area. However, the region proved to be relatively poor in resources the Empire made use of at the time. The commander of the expedition, Soruma Aquiun, reported that the region was devoid of anything of worth, and recorded a bleak outlook in his personal journals.

However, in time, the expedition uncovered the Ni-Kunni and set about Reclaiming them. This marked the first time in centuries the Amarr had encountered a major inhabited world, especially one with a race of people they deemed worthy of eventually bringing into the Empire's fold. The Empire spread the Ni-Kunni throughout the Empire, but kept a large number of them on Mishi IV itself, with an Amarr overseer.


植民地化

帝国はニクンニ人の居住地を植民地にふさわしい地域にすることに決めた。 とはいえ、こんな僻地に出向きたがるような上流階級はほとんどいなかったので、僅かな見返りと引きかえに危険を犯す貧乏貴族が植民地化を担った。 こんな状況でも多くの人間が空想上の富を追い求めたために、アリディアに対する関心は一時的な高まりを見せた。

だが、まもなく帝国がミンマターを発見し、これを征服した。帝国人の関心はアリディアよりも金になるミンマターへ移ってしまい、裕福な貴族は投資や物資を引き揚げ、形になり始めていた小さな植民地は放ったらかしにされた。

The Amarr decided the presence of one inhabited world made the region worthy of colonization. Few among the upper echelons of Empire society were willing to move to the worlds, however. Thus poor Holder houses and those willing to take high risks for little reward were the ones who began to officiate the region. Despite this, there was a brief burst of interest in the region, as many sought out theorized riches in the area.

However, soon after, the Empire discovered the Minmatar and conquered them. Interest in the Empire switched to those more lucrative regions where the Minmatar had settled. Wealthy Holders withdrew investments and supplies from Aridia and the small settlements that had begun to form in the region were left to their own devices.


現代

アリディアは帝国の他の地域に比べて、未発達で過疎な状態のままだ。おそらくそれが唯一のどうでもいい特徴だろう。 帝国にとっても、帝国の敵にとっても、経済的にも軍事的にも特に利益のない場所なのだ。ブラッドレイダーだけが閑散とした航路を巡回し、はぐれた船を狙い撃ちにしている。

アリディアにとって何より重要なのはミシ星系のニクンニ人である。 今なおミシ4は最も大きいニクンニ人の共同体であり、多くのニクンニ富裕層はアリディアを他のリージョンと同じ基準に近づけようと、個人的な聖戦とでも言うべき情熱を傾けている。 しかしアリディアは開発するに足る重要資源を欠いているため、一部のニクンニ人は現実的な計画ではないと考えているようだ。

アマー海軍はアリディアの警備任務に一個艦隊を割り当てるのが通例である。通常この艦隊は定期的に交代することになっており、名誉を得る機会の少ない危険な任務だと考えられている。 ただ、近年は何年間も第7艦隊が警備の任に当たってきた。海軍は一切の公式発表を行っていないが、ブリークランドでの失態に対する懲罰が続いているのだというのが衆目の一致するところだ。

アリディアはデルヴ-ファウンテン間の連絡路として利用するカプセラが多い。より人気のあるルートが存在するものの、このリージョンはガレンテ連邦、アマー帝国、クーニッド王国にも接続している。

Aridia remains underdeveloped and depopulated compared to the other regions in the Empire. It is notable perhaps only in its unnotability. It is a poor region, of little military or economic interest to the Empire or its enemies. The Blood Raiders patrol the vacant space lanes, picking off those stragglers they can catch.

It is primarily of importance because of the Ni-Kunni presence in Mishi. Mishi IV remains the largest concentration of Ni-Kunni in the cluster and many wealthy Ni-Kunni have made it a personal crusade to bring the region up to the standards of the rest of the Empire. Few others have met their enthusiasm, as the region remains mostly devoid of important resources for the Empires to exploit.

The Amarr Navy traditionally assigns one fleet to patrol the region. Typically, this fleet rotates out regularly, as the assignment is considered dangerous with little chance for glory. Recently, however, the region has been patrolled by the 7th Fleet for several years. The Navy has not made any official announcement as to its reasoning, though many consider it continued punishment from its failures in the Bleak Lands.

Aridia has received more traffic from capsuleers, who use the region as a gateway to Delve and Fountain. It also connects the Gallente Federation, Amarr Empire, and Khanid Kingdom, though there remain more popular routes to travel between them.

1)
EVElopediaにも同じ内容が記載されていた
backstory/aridia.txt · 最終更新: 2020/11/10 13:51 (外部編集)