EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


update

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
update [2018/10/10 23:01]
bartlett [2018/10/09(YC120.10)]
update [2019/04/17 22:26] (現在)
bartlett [2019/03/12(YC.121.3)]
ライン 4: ライン 4:
 [[http://​updates.eveonline.com/​|CCPによるアップデート告知]]\\ [[http://​updates.eveonline.com/​|CCPによるアップデート告知]]\\
 [[http://​community.eveonline.com/​news/​patch-notes/​|公式パッチノート]] [[http://​community.eveonline.com/​news/​patch-notes/​|公式パッチノート]]
 +
 +===== 2019/​04/​09(YC.121.4) =====
 +  * Industrial Coreによるシールドブーストボーナスが+120/​140%から+60/​75%に減少、Mining Foreman Burstの効果ボーナスが+25/​30%から+30/​36%に増加
 +  * P.A.N.I.C.モジュールの基本作動時間が5分から4分に短縮
 +  * リモートリペア・送電に対する新たな減衰機構が追加
 +  * Network Sensor Array起動中はワープができなくなる。
 +  * 高角砲のダメージ倍率が半分になり、RTLの発射間隔が倍になる。
 +  * Siege Module起動中は高角砲のダメージ倍率が倍になり、RTLの発射間隔が半分になる。
 +  * Medium Beam Laserの最適射程距離が一律で10%増加
 +  * 艦船のバランス調整
 +    * HarbingerのPG増加
 +    * Abaddonのダメージボーナスが+5%/​Lvから+7.5%/​Lvに増加
 +    * CycloneのCPU増加
 +    * Caracal Navy Issueのドローン帯域/​ベイ容積が0/​0から25/​25に増加
 +    * CoraxのPG増加
 +    * Vexor Navy Issueのドローン速度ボーナス削除、シグネチャ半径増加
 +    * GilaのドローンHPボーナス低下
 +    * Feroxの最高速度低下、質量増加、慣性修正乗数増加(加速性低下)、シグネチャ半径増加
 +  * Excavator Mining Droneの採掘量低下、Excavator Ice Harvesting Droneの採掘間隔延長、これらのドローンの体積増加、Rorqualのドローンベイ容積増加
 +  * Light Fighterの主兵装とミサイル攻撃の爆発半径拡大、爆発速度低下
 +  * Long Range Attackerの主兵装の爆発半径拡大、爆発速度低下
 +  * __ハイセクにおいて、戦争に参加中でカプセラログオフタイマーもしくは限定交戦タイマーが作動しているプレイヤーに対して、戦争に参加していないプレイヤーがリモートリペア・送電・センサーブースト等の遠隔支援を行った場合、犯罪者フラグが作動しCONCORDの処罰対象になる。__
 +    * これはセーフティで抑制できる。
 +  * ハイセクにおいて、戦争に参加中でカプセラログオフタイマーもしくは限定交戦タイマーが作動しているプレイヤーは、中立のプレイヤーのCommand Burstの対象にならない。
 +  * SaisioシステムにKatia Saeの偉業を記念したモニュメントが建造された。
 +  * Yulai IXの名称が、CCP GuardにちなみYulai IX[Kjarval]に変更された
 +
 +===== 2019/​03/​12(YC.121.3) =====
 +  * レベル4及び5のエージェントミッションはオメガアカウントでのみ受注できるようになる。
 +  * Nullアノマリーのリスポーン間隔が調整された。今後も微調整されていく予定である。
 +  * すべてのコアスキルをキャラクターシートから直接購入できるようになる。ただし価格はマーケット価格の30%増しとなる。
 +  * 損傷したモジュールを修復する際に、修理完了までのカウントダウンタイマーが表示されるようになる。
 +  * コープ間戦争終結24時間前の告知から終結までの間で、攻撃側と防御側双方が戦争継続可能な状態であった場合、どちらかが相手側に宣戦することで新しい戦争が即時開戦するようになる。この場合、開戦前の24時間の猶予期間はない。
 +
 +===== 2019/​02/​12(YC.121.2) =====
 +  * サイノシュラルフイールドがオーバービューフィルタ上で他のビーコンと区別されるようになり、12月アップデートで追加済みの"​Cynosural Field"​カテゴリで表示を制御できるようになる。
 +  * 相互宣戦状態の戦争において90日間キルが発生しなかった場合、その戦争が終結するようになる。
 +  * ドローンアシストはオングリッドのフリートメンバーに対してのみ可能になる。
 +
 +===== 2019/​01/​15(YC.121.1) =====
 +  * T3CLへのシップスキャンでサブシステムが表示されるようになった。
 +  * ハイセクにおいて、犯罪者タイマー作動中かつ乗船中の場合にドックインできなくなった。
 +  * キルメールの攻撃者欄に含まれるストラクチャにコーポレーション名だけでなくアライアンス名まで表示されるようになった。
 +  * Drone Tuner系インプラントの効果がFighterに適用されなくなった。
 +  * Interdicterはテザー中でもバブルを射出できるようになり、また、バブルを射出した場合はそれが消失するまでそのInterdictorはテザーされなくなる。
 +
 +===== 2018/​12/​11(YC120.12) =====
 +  * Abyssal Deadspace内でのジャンプ機構の改善
 +  * **Mutadaptive Remote Armor Repairer 追加**
 +    * 下記の新Triglavian艦にのみ装備可能
 +  * **__Triglavian Logi CL追加__**
 +    * [[:​ship:​cruiser:​rodiva|Rodiva]]
 +    * [[:​ship:​cruiser:​zarmazd|Zarmazd]]
 +  * 惑星上で時折オーロラが現れるようになる。
 +  * オーバービューのフィルタ項目に"​Future home of cyno field"​(サイノフィールド発生源)が追加された。
 +    * 12月現在このグループに該当するものはないが、2月のアップデートからはサイノビーコンがこのグループに該当するようになり、他のビーコンと区別できるようになる。
 +  * 初期チュートリアルの改善
 +  * **__全てのコーポレーション及びアライアンスは、稼働している建造物を1基以上保有していなければ宣戦布告及び援軍としての参加を行えず、また稼働している建造物を1つも保有していないコーポレーション及びアライアンスは宣戦布告の対象にできない。__**
 +    * この「建造物」にはアップウェルストラクチャの他、POS、税関、領有権建造物が含まれる。
 +    * 布告側・被布告側いずれかが建造物を全て失った場合、最後の建造物が失われてから24時間後に戦争が終結する。宣戦布告から戦闘開始までの24時間の待機時間の間にどちらかが全ての建造物を失った場合、待機時間終了から24時間後に戦争が終結する。ただし相互宣戦の場合はいずれか、もしくは両方が全ての建造物を失ったとしても戦争は終結しない。
 +    * アライアンスに所属するコーポレーションのうちいずれかが建造物を保有していれば、そのアライアンスは建造物を保有しているとみなされる。また、建造物の設置場所は問われない。
 +
 +===== 2018/​11/​13(Onslaught) =====
 +  * **__Upwell Navigation Structure の追加__**
 +    * Pharolux Cyno Beacon
 +    * Tenebrex Cyno Jammer
 +    * Ansiblex Jump Gate
 +  * **Triglavian艦及び対応スキルの追加**
 +    * DD Kikimora
 +    * BC Drekavac
 +    * Precursor艦のスキルツリーが4大国のそれと同様のFG>​DD>​CL>​BC>​BSの順になった
 +  * **Abyssal Deadspace Co-op の導入**
 +    * 同一のフィラメント3本を使用して、フリートメンバー複数人で進入できるマーカーを設置できる。
 +    * 進入できるのはフリゲートのみで、3人まで進入可能。総報酬は通常の約3倍。
 +  * **Abyssal Proving Conduit(Abyssal PvP)の導入**
 +    * 巡洋艦単独でTier3以上のAbyssalサイトをクリアした際に、最終層でAbyssal Proving Conduitが出現することがある。
 +    * ここから新しいエリアに進入できる。このエリアには別サイトからもプレイヤーが進入してくる可能性がある。
 +    * 進入したのが1人だけだった場合、もしくは片方がもう片方のプレイヤーを撃沈した場合、Tier5相当の追加の報酬(と相手の残骸)を獲得できる。
 +  * 新たなMutaplasmidが追加
 +    * Magnetic Field Stabilizer
 +    * Gyrostabilizer
 +    * Heat Sink
 +    * Ballistic Control System
 +    * Entropic Radiation Sink
 +  * Upwell Structure 攻略フローの調整
 +    * ローパワー時のシールド/​アーマーHPの減少幅が大きくなった代わりに、シールドとアーマーの両方を全損させてリインフォース突入するようになった
 +  * Activity Tracker の導入
 +    * いわゆる実績(Achievement)
 +  * ECM関係の調整
 +    * ECMの基本強度が10%増加、射程が20%延長
 +    * ECM艦のシグネチャ半径が縮小、PG容量が増加
 +  * FAXの弱体化
 +    * キャピタルRRモジュールのサイクル時間増加
 +    * Capital Emergency Hull Energizer の強度低下、有効時間短縮
 +    * Capital ASB が1隻1基限定に(FAX以外にも適用される)
 +    * FAXのキャパシタ関係強化ボーナス削除
 +  * I-Hubアップグレードの維持費の増加
 +  * Info Panel に Search Bar が追加
 +  * スターゲートのグラフィックが変化
  
 ===== 2018/​10/​09(YC120.10) ===== ===== 2018/​10/​09(YC120.10) =====
update.1539180060.txt.gz · 最終更新: 2018/10/10 23:01 by bartlett