EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


technic:resistance-calculation

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
technic:resistance-calculation [2020/07/22 23:39]
127.0.0.1 外部編集
technic:resistance-calculation [2020/08/04 11:44] (現在)
bartlett
行 19: 行 19:
 船の初期状態のレジスタンスは国籍と艦種により決まっており([[#基本レジスタンス|後記]])、それをベースにボーナスやMOD等で引き上げていくことになります。 船の初期状態のレジスタンスは国籍と艦種により決まっており([[#基本レジスタンス|後記]])、それをベースにボーナスやMOD等で引き上げていくことになります。
  
-例えば、シールドのThermレジスタンス+55%という効果を持つMOD、Thermic Dissipation Field II(サーミック放散フィールドII)を1つ装備するとします。\\ +例えば、シールドのThermレジスタンス+44%という効果を持つMOD、Thermal Shield Hardener IIを1つ装備するとします。\\ 
-通常のシールドThermレジスタンスは20%なので、それを装備することで20%+55%=75%になる、**__と思うかもしれませんがそうではありません。__**+通常のシールドThermレジスタンスは20%なので、それを装備することで20%+44%=64%になる、**__と思うかもしれませんがそうではありません。__**
  
 基本的にMOD等の「◯◯レジスタンス+◯◯%」というのは、純粋な加算ではなく「**その属性のダメージを__更に__◯◯%減らす**」という意味になります。\\ 基本的にMOD等の「◯◯レジスタンス+◯◯%」というのは、純粋な加算ではなく「**その属性のダメージを__更に__◯◯%減らす**」という意味になります。\\
-上の例で言えば、Therm属性ダメージはまず元々のレジスタンスにより20%減らされ、本来の80%(0.8倍)のダメージになります。Thermic Dissipation Fieldを装備・使用することで、ダメージはそこから更に55%減ります。これはつまり45%(0.45倍)になるということであり、計算式で表すと\\ +上の例で言えば、Therm属性ダメージはまず元々のレジスタンスにより20%減らされ、本来の80%(0.8倍)のダメージになります。Thermal Shield Hardener IIを装備・使用することで、ダメージはそこから更に44%減ります。これはつまり56%(0.56倍)になるということであり、計算式で表すと\\ 
-<code>(1-0.2)*(1-0.55)=0.36</code> +<code>(1-0.2)*(1-0.44)=0.448</code> 
-となります。つまり、この状態ではTherm属性のダメージは元々の36%しか受けない、ということになります。\\ +となります。つまり、この状態ではTherm属性のダメージは元々の44.8%しか受けない、ということになります。\\ 
-__元々のダメージの36%しか受けないということはつまり、**最終的に64%のダメージが減らされた**ということになります__。なので、この時のシールドThermレジスタンス表示は**64%**になります。+__元々のダメージの44.8%しか受けないということはつまり、**最終的に55.2%のダメージが減らされた**ということになります__。なので、この時のシールドThermレジスタンス表示は**55.2%**になります。
  
 **まとめると、MOD/ボーナス等のレジスタンス上昇効果を「1-(レジスタンス値/100)」の形に直し、それらを乗算すれば「ダメージが何倍になるか」がわかります。\\ **まとめると、MOD/ボーナス等のレジスタンス上昇効果を「1-(レジスタンス値/100)」の形に直し、それらを乗算すれば「ダメージが何倍になるか」がわかります。\\
行 46: 行 46:
 ^ シップボーナス | +20%(+4%*5) | ^ シップボーナス | +20%(+4%*5) |
 ^ Damage Control II | +12.5% | ^ Damage Control II | +12.5% |
-Adaptive Invulnerabillity Field II | +30% | +Multispectrum Shield Hardener II | +26% | 
-Adaptive Invulnerabillity Field II | +30% | +Multispectrum Shield Hardener II | +26% | 
-Thermic Dissipation Field II | +55% |+Thermal Shield Hardener II | +44% |
 MOD以外の修正とDamage Controlはスタッキングペナルティの対象にならないこと、スタッキングペナルティは効果の高い順に適用されていくことにより、各MODは以下の様な補正を受けます。 MOD以外の修正とDamage Controlはスタッキングペナルティの対象にならないこと、スタッキングペナルティは効果の高い順に適用されていくことにより、各MODは以下の様な補正を受けます。
 ^ ボーナス/MOD ^ Therm ^ スタッキングペナルティ補正 ^ 補正後の数値 ^ ^ ボーナス/MOD ^ Therm ^ スタッキングペナルティ補正 ^ 補正後の数値 ^
行 54: 行 54:
 ^ シップボーナス | +20% | 補正なし | +20% | ^ シップボーナス | +20% | 補正なし | +20% |
 ^ Damage Control II | +12.5% | 補正なし | +12.5% | ^ Damage Control II | +12.5% | 補正なし | +12.5% |
-Thermic Dissipation Field II | +55% | 100% | +55% | +Thermal Shield Hardener II | +44% | 100% | +44% | 
-Adaptive Invulnerabillity Field II | +30% | 86.9%  | **+26.1%** | +Multispectrum Shield Hardener II | +26% | 86.9%  | **+22.6%** | 
-Adaptive Invulnerabillity Field II | +30% | 57.1%  | **+17.1%** |+Multispectrum Shield Hardener II | +26% | 57.1%  | **+14.8%** |
 それぞれの被ダメージに対する倍率を出し、掛けあわせていきます。 それぞれの被ダメージに対する倍率を出し、掛けあわせていきます。
 ^ ボーナス/MOD ^ Therm ^ SP補正 ^ 補正後 ^ ダメージへの倍率 ^ 上との乗算 ^ ^ ボーナス/MOD ^ Therm ^ SP補正 ^ 補正後 ^ ダメージへの倍率 ^ 上との乗算 ^
行 62: 行 62:
 ^ シップボーナス | +20% | なし | +20% | 0.8 | 0.64 | ^ シップボーナス | +20% | なし | +20% | 0.8 | 0.64 |
 ^ Damage Control II | +12.5% | なし | +12.5% | 0.875 | 0.56 | ^ Damage Control II | +12.5% | なし | +12.5% | 0.875 | 0.56 |
-Thermic Dissipation Field II | +55% | 100% | +55% | 0.45 | 0.252 +Thermal Shield Hardener II | +44% | 100% | +44% | 0.56 | 0.314 
-Adaptive Invulnerabillity Field II | +30% | 86.9%  | +26.1% | 0.739 | 0.186 +Multispectrum Shield Hardener II | +26% | 86.9%  | +22.6% | 0.774 | 0.243 
-Adaptive Invulnerabillity Field II | +30% | 57.1%  | +17.1% | 0.829 | 0.154 +Multispectrum Shield Hardener II | +26% | 57.1%  | +14.8% | 0.852 | 0.207 
-^ 最終的なレジスタンス数値 |  1 - 0.154 = 0.846 |||^ 84.6% |+^ 最終的なレジスタンス数値 |  1 - 0.207 = 0.793 |||^ 79.3% |
  
 上の計算はあくまで一例ですが、アーマーのレジスタンスでも同じ手順で計算できます。\\ 上の計算はあくまで一例ですが、アーマーのレジスタンスでも同じ手順で計算できます。\\
行 113: 行 113:
 基本的に、シールドはEM/Thermに弱く、アーマーはKin/Expに弱いという傾向があります。\\ 基本的に、シールドはEM/Thermに弱く、アーマーはKin/Expに弱いという傾向があります。\\
 また、海賊仕様の船のレジスタンスも上の表に準じます。 また、海賊仕様の船のレジスタンスも上の表に準じます。
 +
 +==== T2 Resistance ====
  
 Tech2/3艦船は上記の値をベースに、2つの属性への耐性が引き上げられています。(いわゆる「**T2レジスタンス**」) Tech2/3艦船は上記の値をベースに、2つの属性への耐性が引き上げられています。(いわゆる「**T2レジスタンス**」)
technic/resistance-calculation.1595428740.txt.gz · 最終更新: 2020/07/22 23:39 by 127.0.0.1