EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


structure:pharolux-cyno-beacon

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

structure:pharolux-cyno-beacon [2018/11/27 00:28] (現在)
bartlett 作成
ライン 1: ライン 1:
 +====== Pharolux Cyno Beacon ======
 +[[https://​imageserver.eveonline.com/​Render/​35840_512.png|{{https://​imageserver.eveonline.com/​Render/​35840_512.png?​512&​recache|Pharolux Cyno Beacon}}]]\\
 +ファロルクス サイノビーコン。\\
 +FLEX Structureの一つで、[[:​technic:​jump-drive|ジャンプドライブ]]用のサイノビーコンを常に展開することができる施設。1システム内に1基のみしか設置できない。
  
 +
 +FLEX Structureであるため、自衛用の武装等を装備することはできない。設置時に自動で組み込まれる専用サービスモジュールの「Standup Cynosural Generator」が唯一の装備可能モジュールとなる。\\
 +これをオンラインにするとサイノビーコンが点火するが、オンライン化するためにはシステム内のI-Hubに[[:​pvp:​nullsec-war#​i-hubアップグレード|Cynosural Navigation]]アップグレードがインストールされている必要がある。\\
 +また、[[:​structure:​tenebrex-cyno-jammer|Tenebrex Cyno Jammer]]がシステム内でオンラインになっていると、Cynosural Generatorをオンライン化できず、またオンラインだったものもオフライン化する。\\
 +燃料は各種燃料ブロックのみを必要とし、Liquid Ozoneは必要としない。
 +
 +旧来のPOS設置型のサイノビーコンと違い、このサイノシュラルフィールドに対してジャンプ/​ブリッジできるのは[[:​structure:​mechanism#​profile|アクセスリストとプロファイル]]で許可されている対象のみである。\\
 +また、POSのような防衛用装備は持たないが、設置条件が「他のアップウェルストラクチャから200km離隔すること」なので、Citadel等の射程範囲内に設置しその装備火器によってこれを防衛することはできる。
structure/pharolux-cyno-beacon.txt · 最終更新: 2018/11/27 00:28 by bartlett