EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


ship:frigate:tormentor

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
ship:frigate:tormentor [2018/06/17 02:28]
shu oisibb
ship:frigate:tormentor [2018/09/07 01:32] (現在)
shu oisibb
ライン 1: ライン 1:
 ====== Tormentor ====== ====== Tormentor ======
 [[https://​imageserver.eveonline.com/​Render/​591_512.png|{{https://​imageserver.eveonline.com/​Render/​591_512.png?​512&​recache|Tormentor}}]]\\ [[https://​imageserver.eveonline.com/​Render/​591_512.png|{{https://​imageserver.eveonline.com/​Render/​591_512.png?​512&​recache|Tormentor}}]]\\
-トーメンター。Amarrの戦闘型T1フリゲートで、とりわけ攻撃面に優れた船。\\ +トーメンター。Amarrの戦闘型T1フリゲート。\\ 
-Energy Turretの特性上、シールドタンク艦に対して驚異的な攻撃性能を誇ってお、特に、Beam Laserを装備すれば、7000m台からDPS200オーバーの高ダメージを叩き出す事が出来る。\\ +とりわけ攻撃面に優れた船であり、Beam Laserを装備すれば、7000m台からDPS200オーバーの高EMダメージを叩き出す事が出来る。\\ 
-一方、Pulse Laserを装備した場合、弾薬を替えながら戦う事でスクラムレンジ内で射程距離に融通が利くようになるものの、全体的にDPSは抑え目になる。\\+また、ドローンを2機展開する事が出来る上に、予備機も含めて計4機のドローンを搭載出来るようになっており、単なるサイドアームとしては侮れないドローン運用性能も持っている。\\ 
 +一方、Pulse Laserを装備した場合、弾薬を替えながら戦う事でスクラムレンジ内で射程距離において、ある程度融通が利くようになるものの、全体的にDPSは抑え目になる。\\
  
-また、ローンを2機展開する事出来上に予備機も含めて計4機のドローン搭載出来るようっており、単なるサイアームとしては侮れな性能持っている。\\+また、ロースロット4つあ事から性能走・攻・守のいずれも割り振れる拡張性も持っており、スタンダーFitこそ確立しているものの、ScramオミットしたDual WEB仕様の攻撃特化型や、WEBをオミットしたDual Tank仕様の防御特化型、軽量FG並みにスピードを上げたミドルカイト仕様等、個人オリジナルの実用的な亜種Fitもくつか存在する。\\
  
-元々の速こそ若干遅はあるもの、上記の恵まれた攻撃性能と元々の防御から非常に優れたトータルバランスを持船であり、実戦においては単艦運用・フリート運用どちらにおいても、大いに活躍のチャンスがある。\\+元々の速こそ若干遅いが最低レベルというわけでもなく、Overdrive Injector System II 等を使えば、一般的な攻撃型フリゲートよりも同等以上スピードを手に入れる事が出来る。\\ 
 +タンク性能も平均ラインは概ねクリアしており、上記の恵まれた攻撃力も含めて、非常に優れたトータルバランスを持った船であると言える。\\
  
-さらにロスロットが4つあ事から性能を攻・防・速のずれも割り振れる拡張性ておタンダドFitこそ確立しているものScramをオミットしたDual WEB仕様の攻撃特化型、WEBをオミットしたDual Tank仕様防御特化型、軽量FG並みスピード上げミドルカイト仕様等個人オリジナル実用的亜種Fitも存在する。\\+ただし、キャパシタを消費するモジュルを多用す関係上Neutには弱他、万が一、長期戦なると最後の最後でキャパシタ切を起こす事があ。\\ 
 +、この船のDPSであれば勝負はほぼ短期決戦となる為、しキルを整え、モジュルを管理していれば、そこまで問題にな事はないかしれない。\\ 
 +問題な、Dual WEB仕様の自分より足速い船を相手してレンジ完全に掌握され場合でこうなると本来高いDPSを活かせいまま、ほぼ一方的に撃沈される可能性がある。\\
  
-ただし、キャパシタを消費するモジュールを多く積む為、Neutには弱い他、長期戦になると最後最後でキャパシタ切れを起こす事がある。\\ +上記り弱点はある、それを補えだけのポテンシャルを持った船であり、プレイヤーからの評価の高いT1フリゲートである。
-また、Dual WEB仕様の船や自分よ足の速い船を相手にするのも苦手である。\\ +
- +
-最も、こういった弱点はタレット艦全般に対して言えるものでり、むしろ高いダメージレートで割とレンジを選ばずに積極的に打撃戦を臨め上にタンク力もそれなりにあという、T1FG内でもトップクラスのポテンシャルを持った船である。\\+
  
  
ライン 53: ライン 54:
 同クラス艦との1on1や少数戦に対応したスタンダードFit。\\ 同クラス艦との1on1や少数戦に対応したスタンダードFit。\\
 スクラムレンジ内での撃ち合いを想定し、6500~7000m台の一定距離を保持して引き撃ちして、Beam Laserの高ダメージを叩き込む事が基本戦術になる。\\ スクラムレンジ内での撃ち合いを想定し、6500~7000m台の一定距離を保持して引き撃ちして、Beam Laserの高ダメージを叩き込む事が基本戦術になる。\\
-Pulse Laserを搭載して5000m以内で撃ち合うのも良いが、Neutに対して脆弱になる他、DPSも下がる事に注意したい。\\+Pulse Laserを搭載して5000m以内で撃ち合うのも良いが、ニュートに対して脆弱になる他、DPSも下がる事に注意したい。\\
 なお、Adaptive Nano Plating IIを搭載して防御力を上げても良いが、当fitでは、速度面での優位性を確保する為にOverdrive Injector System IIを搭載している。\\ なお、Adaptive Nano Plating IIを搭載して防御力を上げても良いが、当fitでは、速度面での優位性を確保する為にOverdrive Injector System IIを搭載している。\\
-こうする事で、元々の速度で勝るBreacher等の船に対しても一定の速度アドバンテージを持ち、角速度が付きづらくなる位置を維持出来るようになる為、より火力を活かしやすくなる。\\+こうする事で、元々の速度で勝る Breacher等の船に対しても一定の速度アドバンテージを持ち、角速度が付きづらくなる位置を維持出来るようになる為、より火力を活かしやすくなる。\\
  
  
ship/frigate/tormentor.1529170117.txt.gz · 最終更新: 2018/06/17 02:28 by shu oisibb