EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


ship:frigate:incursus

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

ship:frigate:incursus [2020/03/13 22:11]
ship:frigate:incursus [2020/08/21 03:55] (現在)
行 1: 行 1:
 +====== Incursus ======
 +[[https://imageserver.eveonline.com/Render/59_512.png|{{https://imageserver.eveonline.com/Render/594_512.png?512&recache|Incursus}}]]\\
 +インカーサス。T1FG内でトップクラスの防御力を誇る、Gallenteのタレット艦。\\
 +Armor Repairerの回復量が増大するボーナスを持っている為、アクティブアーマータンクの適性に優れており、少数フリートのタックラー用として運用される事も多い。\\
 +特に、Armor Repairerを2つ搭載したDual Rep仕様が有名で、こちらについてはWEBをオミットする事になるものの、ある程度の攻撃であればキャパシタが続く限りタンクし続ける事が出来るという強みを持つ。\\
 +
 +上記のボーナスに加えハルHPが多い事からSAARを絡めたハルタンクに仕上げたFitも多く、こちらは速度を犠牲にする事なく1回の戦闘に十分な防御力を得る事が出来る。\\
 +
 +また、船の速度もそこそこ速く、ロースロットも4つある事から、速度UP系モジュールを組み込んでスピードを底上げするといった事も有効である。\\
 +加えて、地味ながらドローンを1機展開出来るので、Blasterを使用すればDPS200を超えることも可能。\\
 +
 +このようにトータルバランスに優れた性能である事から、カタログスペック上では単艦運用にも向いているように見えるものの、実際のところBlasterでは射程があまりにも短く、RailgunではDPSが低いという適性武装そのものの弱点を抱えており、この辺りをどう克服するかが始終命題となる。\\
 +
 +さらに、タレット艦の宿命として、Dual WEB Fitの船や、あまりに足の速い船を相手にした場合は対応が利かず、攻撃も防御もキャパシタを使用する関係上、Neutを持った船を相手にするのも苦手であり、クリティカルヒットが続くとあっという間に機能停止に追い込まれる。\\
 +
 +戦う相手は多少選ぶ事にはなるが、それでも本来は手堅い強さを持った船である為、侮ってはいけない。\\
 +
 +^ スキルボーナス | __Gallente Frigate__ :\\ ・ Armor Repairer の回復量 +7.5%/Lv\\ ・ Small Hybrid Turret のダメージ +5%/Lv |
 +\\
 +
 +
 +===== Fit例 =====
 +
 +==== Solo PvP Fit ====
 +
 +  [Incursus, *Solo PvP Incursus]
 +  Damage Control II
 +  Magnetic Field Stabilizer II
 +  Multispectrum Coating II 
 +  Small Ancillary Armor Repairer
 +  
 +  1MN Afterburner II
 +  Stasis Webifier II
 +  Faint Epsilon Scoped Warp Scrambler
 +  
 +  Light Neutron Blaster II
 +  Light Neutron Blaster II
 +  Light Neutron Blaster II
 +  
 +  Small Processor Overclocking Unit I
 +  Small Transverse Bulkhead I
 +  Small Transverse Bulkhead I
 +  
 +  
 +  
 +  Hobgoblin II x1
 +  
 +  Caldari Navy Antimatter Charge S x480
 +  Nanite Repair Paste x24
 +  Null S x320
 +
 +対フリゲート 1v1 戦闘用 Fit。\\
 +2000m以内での至近距離での戦闘を想定しており、Blasterの高い火力とArmor Repairerによる高タンク性能を両立している。\\
 +なお、当Fitでは防御力を高める為に Multispectrum Coating II を装備しているが、Overdrive Injector System II 等を使用して速度に性能を割り振るのも有効である。
 +ただし、相手が自分より足の速い近距離カイト型の場合や、Neutを持っている場合などは手も足も出ないため、戦う相手は慎重に選ぶ必要があるだろう。
 +\\
 +
 +
 +==== Dual Tank Fit ====
 +
 +  [Incursus, Dual Tank Incursus]
 +  Damage Control II
 +  Multispectrum Energized Membrane II
 +  Small Armor Repairer II
 +  Small Armor Repairer II
 +  
 +  Faint Epsilon Scoped Warp Scrambler
 +  Small F-RX Compact Capacitor Booster
 +  1MN Afterburner II
 +  
 +  Light Electron Blaster II
 +  Light Electron Blaster II
 +  Light Electron Blaster II
 +  
 +  Small Auxiliary Nano Pump I
 +  Small Auxiliary Nano Pump I
 +  Small Auxiliary Nano Pump I
 +  
 +  
 +  
 +  Hobgoblin II x1
 +  
 +  Null S x1200
 +  Caldari Navy Antimatter Charge S x1800
 +  Nanite Repair Paste x32
 +
 +Small Armor Repairer IIを2つ搭載したfitで、特に防御力に関してはT1FG内トップクラスの性能を誇る。\\
 +並の火力で突破する事は難しく、200前後のDPSにも一定時間耐え得る他、状況によっては半永久的に敵の攻撃をタンクし続ける事も可能である。\\
 +反面、Neutに対してはあっけない程脆く、クリティカルヒットが続けば、攻撃も防御も止まり完全に行動不能に陥った挙句に撃沈する事になる。\\