EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


ship:cruiser:scythe

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
ship:cruiser:scythe [2015/12/05 22:40]
bartlett [Scythe]
ship:cruiser:scythe [2020/11/10 13:51] (現在)
行 1: 行 1:
 ====== Scythe ====== ====== Scythe ======
-{{http://image.eveonico.com/Render/631_512.png?512|}} +[[https://imageserver.eveonline.com/Render/631_512.png|{{https://imageserver.eveonline.com/Render/631_512.png?512&recache|Scythe}}]]\\
 サイス。MinmatarのT1Logi((一般的にLogiというと「味方を回復させること」を言い、艦種を指す場合だとT2の[[:ship:cruiser#Logistics Cruisers|Logistics Cruisers]]のことである場合がほとんど。そのため、その前身である[[:ship:cruiser#支援型|支援型CL]]はT1Logiと呼ぶことが多い))艦。\\ サイス。MinmatarのT1Logi((一般的にLogiというと「味方を回復させること」を言い、艦種を指す場合だとT2の[[:ship:cruiser#Logistics Cruisers|Logistics Cruisers]]のことである場合がほとんど。そのため、その前身である[[:ship:cruiser#支援型|支援型CL]]はT1Logiと呼ぶことが多い))艦。\\
 [[:ship:cruiser:exequror|Exequror]]と同様に、送電へのボーナスを持たず単独で完結しているLogi艦。こちらはシールドLogi用である。\\ [[:ship:cruiser:exequror|Exequror]]と同様に、送電へのボーナスを持たず単独で完結しているLogi艦。こちらはシールドLogi用である。\\
行 7: 行 6:
 また、[[:ship:cruiser:osprey|Osprey]]に比べて機動性が高く、ShieldNanoフリート((シールドタンクでNanofiber Internal Structure(ナノファイバー内部構造)を装備した艦で揃えた艦隊。機動性の高さを特徴とする。))などの高機動艦隊に追随することが容易であり、そのような機動力が必要とされる場面でよく採用される。 また、[[:ship:cruiser:osprey|Osprey]]に比べて機動性が高く、ShieldNanoフリート((シールドタンクでNanofiber Internal Structure(ナノファイバー内部構造)を装備した艦で揃えた艦隊。機動性の高さを特徴とする。))などの高機動艦隊に追随することが容易であり、そのような機動力が必要とされる場面でよく採用される。
  
-^ スキルボーナス | __Minmatar Cruiser__ :\\ ・ Shield Transporter の Capacitor 消費 -5%/Lv\\ ・ Shield Transporter の 回復量 +12.5%/Lv | +^ スキルボーナス | __Minmatar Cruiser__ :\\ ・ Shield Transporter のキャパシタ消費 -5%/Lv\\ ・ Shield Transporter の回復量 +12.5%/Lv | 
-^ 固定ボーナス | ・ Shield Transporter の Optimal Range と Falloff +430%\\ ・ Logistic Drone の 回復量 +100% |+^ 固定ボーナス | ・ Shield Transporter の最適射程距離精度低下範囲 +430%\\ ・ Logistic Drone の回復量 +100% |
  
 ===== Fit例 ===== ===== Fit例 =====
  
-  [Scythe, Standard+  [Scythe, Scythe fit
-  Power Diagnostic System II +  
-  Capacitor Power Relay II+
   Capacitor Power Relay II   Capacitor Power Relay II
   Capacitor Power Relay II   Capacitor Power Relay II
 +  Mark I Compact Capacitor Power Relay
 +  Mark I Compact Capacitor Power Relay
   Damage Control II   Damage Control II
      
-  50MN Cold-Gas Enduring Microwarpdrive+  50MN Quad LiF Restrained Microwarpdrive
   Large Shield Extender II   Large Shield Extender II
-  Adaptive Invulnerability Field II +  Multispectrum Shield Hardener II 
-  EM Ward Field II +  Sensor Booster II, Scan Resolution Script 
-  Conjunctive Ladar ECCM Scanning Array I+  EM Shield Amplifier II
      
-  Medium S95a Remote Shield Booster +  Medium Murky Compact Remote Shield Booster 
-  Medium S95a Remote Shield Booster +  Medium Murky Compact Remote Shield Booster 
-  Medium S95a Remote Shield Booster+  Medium Murky Compact Remote Shield Booster
      
   Medium Capacitor Control Circuit I   Medium Capacitor Control Circuit I
行 33: 行 33:
   Medium Processor Overclocking Unit I   Medium Processor Overclocking Unit I
      
-  Warrior II x5+   
 +  Light Shield Maintenance Bot I x5
   Light Armor Maintenance Bot I x4   Light Armor Maintenance Bot I x4
 +
  
 一般的なFit。\\ 一般的なFit。\\
 Logi艦は常に安定してリペアできることが最も重要であり、キャパシタ性能を重視したFitとなっている。 Logi艦は常に安定してリペアできることが最も重要であり、キャパシタ性能を重視したFitとなっている。
ship/cruiser/scythe.1449322858.txt.gz · 最終更新: 2015/12/05 22:40 (外部編集)