EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


module:fitting

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
module:fitting [2016/03/27 11:18]
bartlett [トラッキング強化]
module:fitting [2020/07/22 23:39] (現在)
行 27: 行 27:
 詳しい解説は[[:module:fitting:tank|船の防御の組み方]]にて。\\ 詳しい解説は[[:module:fitting:tank|船の防御の組み方]]にて。\\
 以下で簡単に解説します。 以下で簡単に解説します。
-^ シールドタンク ^ アクティブシールドタンク | シールドのHPを自力で回復し続ける方式。\\ シールドブースターがキャパシタを大量に消費するものの、起動してすぐHPを回復するので適宜ON/OFFして運用する。\\ 瞬間的な高火力にはなかなか耐えられないためPvPには使いにくい。ただしASB((Ancillary Shield Booster(補助シールドブースター)。連続使用に制限はあるが船のキャパシタを消費しない。))はPvPでよく使われる。 | +^ シールドタンク\\ {{https://imageserver.eveonline.com/Type/578_64.png?64|Shield Hardener}} ^ アクティブシールドタンク\\ {{https://imageserver.eveonline.com/Type/20703_64.png?64|Shield Booster}} | シールドのHPを自力で回復し続ける方式。\\ シールドブースターがキャパシタを大量に消費するものの、起動してすぐHPを回復するので適宜ON/OFFして運用する。\\ 瞬間的な高火力にはなかなか耐えられないためPvPには使いにくい。ただしASB((Ancillary Shield Booster(補助シールドブースター)。連続使用に制限はあるが船のキャパシタを消費しない。))はPvPでよく使われる。 | 
-^ ::: ^ シールドバッファタンク | シールドのHPを高め、こちらのHPが無くなる前に相手を倒そうという方式。\\ 基本的にPvPで使われる方式だが、ロジ(ロジスティクス。いわゆるヒーラー)がいるならばPvEでも有効。\\ シグネチャ半径が大きくなるという欠点もある。 | +^ ::: ^ シールドバッファタンク\\ {{https://imageserver.eveonline.com/Type/3839_64.png?64|Shield Extender}} | シールドのHPを高め、こちらのHPが無くなる前に相手を倒そうという方式。\\ 基本的にPvPで使われる方式だが、ロジ(ロジスティクス。いわゆるヒーラー)がいるならばPvEでも有効。\\ シグネチャ半径が大きくなるという欠点もある。 | 
-^ ::: ^ パッシブシールドタンク | シールドバッファタンクの応用編。\\ 「キャパシタと同様、シールドも自然回復する」という特性をより特化させた方式。シールドHPを上げつつ、自然回復速度を早めるMODを使用する。\\ 強固ではあるが、スロットを多く使用するため攻撃性能などが低くなりがち。また、これに向いている艦は[[:ship:battlecruiser:drake|Drake]]など一部しかない。 | +^ ::: ^ パッシブシールドタンク\\ {{https://imageserver.eveonline.com/Type/2331_64.png?64|Shield Power Relay}} | シールドバッファタンクの応用編。\\ 「キャパシタと同様、シールドも自然回復する」という特性をより特化させた方式。シールドHPを上げつつ、自然回復速度を早めるMODを使用する。\\ 強固ではあるが、スロットを多く使用するため攻撃性能などが低くなりがち。また、これに向いている艦は[[:ship:battlecruiser:drake|Drake]]など一部しかない。 | 
-^ アーマータンク ^ アクティブアーマータンク | アーマーのHPを自力で回復し続ける方式。\\ 起動してから回復するまでのタイムラグが長いため、リペアラは常に回し続けるのが基本。\\ 基本はPvE向きだが、リペアラを複数搭載してPvPに用いることも多い。 | +^ アーマータンク\\ {{https://imageserver.eveonline.com/Type/11267_64.png?64|Energized Plating}} ^ アクティブアーマータンク\\ {{https://imageserver.eveonline.com/Type/20701_64.png?64|Armor Repairer}} | アーマーのHPを自力で回復し続ける方式。\\ 起動してから回復するまでのタイムラグが長いため、リペアラは常に回し続けるのが基本。\\ 基本はPvE向きだが、リペアラを複数搭載してPvPに用いることも多い。 | 
-^ ::: ^ アーマーバッファタンク | シールドバッファタンクと思想自体は同じ。\\ ただしこちらの場合、シグネチャ半径ではなく質量が増加するため速度と機動性が落ちる。 | +^ ::: ^ アーマーバッファタンク\\ {{https://imageserver.eveonline.com/Type/11279_64.png?64|Armor Plate}} | シールドバッファタンクと思想自体は同じ。\\ ただしこちらの場合、シグネチャ半径ではなく質量が増加するため速度と機動性が落ちる。 | 
-^ その他 ^ スピードタンク | 艦のスピードを上げることで敵のタレットの追跡速度(トラッキング)とミサイルの爆発速度を振り切る、あるいは敵の射程圏外を常に維持することで被ダメージを軽減しようという思想。\\ これ単体では割と脆弱なので、他の防御方式と併用するのが基本。アクティブタンクと相性が良い。 | +^ その他 ^ スピードタンク\\ {{https://imageserver.eveonline.com/Type/12066_64.png?64|Afterburner}} | 艦のスピードを上げることで敵のタレットの追跡速度(トラッキング)とミサイルの爆発速度を振り切る、あるいは敵の射程圏外を常に維持することで被ダメージを軽減しようという思想。\\ これ単体では割と脆弱なので、他の防御方式と併用するのが基本。アクティブタンクと相性が良い。 | 
-^ ::: ^ ハルタンク | 最終層防御であるストラクチャの防御を固める思想。\\ <del>それ用のMODもいくつか存在するが、一言で言ってしまえば非効率極まりない。CCPですらネタにするレベル。\\ ただ、そこにはロマンがあるらしい。</del>\\ ・・・と思われていたが、ハルバッファタンクは最高速が低下せずPGを消費しないという特性があり、PvPの選択肢として徐々に見直されてきている。\\ ハルリペアラだけは相変わらずゴミカス性能なので、ハルバッファにアーマーリペアラを組み合わせることが多い。 |+^ ::: ^ ハルタンク\\ {{https://imageserver.eveonline.com/Type/1333_64.png?64|Reinforced Bulkheads}} | 最終層防御であるストラクチャの防御を固める思想。\\ <del>それ用のMODもいくつか存在するが、一言で言ってしまえば非効率極まりない。CCPですらネタにするレベル。\\ ただ、そこにはロマンがあるらしい。</del>\\ ・・・だったが、ハルバッファタンクは最高速が低下せずPGを消費しないという特性に変わったため、PvPの選択肢として徐々に見直されてきている。\\ ハルリペアラだけは相変わらずゴミカス性能なので、ハルバッファにアーマーリペアラを組み合わせることが多い。 |
 ^ ::: ^ ノータンク | そもそも攻撃を受けることを想定していない場合は、防御にスロットを使わないこともある。[[:ship:frigate#Covert Ops|Covert Ops]]などがそう。\\ 輸送艦などは戦闘しないとは言っても、防御性能が低いと[[:pvp:Kamikaze|Kamikaze]]の対象となりやすい。シールドのバッファを強化しておこう。 | ^ ::: ^ ノータンク | そもそも攻撃を受けることを想定していない場合は、防御にスロットを使わないこともある。[[:ship:frigate#Covert Ops|Covert Ops]]などがそう。\\ 輸送艦などは戦闘しないとは言っても、防御性能が低いと[[:pvp:Kamikaze|Kamikaze]]の対象となりやすい。シールドのバッファを強化しておこう。 |
  
行 73: 行 73:
 つまり**レジスタンスが高いほど受けるダメージが減る**ということです。\\ つまり**レジスタンスが高いほど受けるダメージが減る**ということです。\\
 船の防御を考えるにあたってはそれが一番大事で、アクティブであろうとバッファであろうとレジスタンスを上げることは共通しています。\\ 船の防御を考えるにあたってはそれが一番大事で、アクティブであろうとバッファであろうとレジスタンスを上げることは共通しています。\\
-シールド防御なら「**Adaptive Invulnerability Field(適応攻撃耐性フィールド)**」、アーマーなら「**Energized Adaptive Nano Membrane(電磁加工ナノ対応装甲)**」をとりあえずは装備しておきましょう。\\+シールド防御なら「**Multispectrum Shield Hardener(適応攻撃耐性フィールド)**」、アーマーなら「**Energized Adaptive Nano Membrane(電磁加工ナノ対応装甲)**」をとりあえずは装備しておきましょう。\\
 これらは全属性のレジスタンスを同時に向上するもので、結構強力です。\\ これらは全属性のレジスタンスを同時に向上するもので、結構強力です。\\
 あとは特に低いレジスタンスを補ったり、PvEなら敵の攻撃属性に応じたレジスタンスを向上させたりしましょう。 あとは特に低いレジスタンスを補ったり、PvEなら敵の攻撃属性に応じたレジスタンスを向上させたりしましょう。
行 165: 行 165:
  
 ===== 備考 ===== ===== 備考 =====
-[[:technic:stacking-penalty|スタッキングペナルティ]]+[[:technic:stacking-penalty|スタッキングペナルティ]]\\ 
 +[[:technic:ship-resource-adjustment|CPU/PGを調整する方法一覧]]
module/fitting.1459045132.txt.gz · 最終更新: 2016/03/27 11:18 (外部編集)