EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


backstory:the-science-of-never-again

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

次のリビジョン
前のリビジョン
backstory:the-science-of-never-again [2020/05/09 11:58]
Senia Nordley 作成
backstory:the-science-of-never-again [2020/07/22 23:39] (現在)
行 42: 行 42:
 <WRAP group> <WRAP group>
 <WRAP half column> <WRAP half column>
-「……さん」女性の声が炎を通して、どこか上の方から聞こえた。少年の無邪気さを未来永劫失わせた光景、炎に飲み込まれた黒いシルエットから、遠く離れた場所からだった。上を向いた瞬間、地獄は消えた。周回軌道に乗っているのか、彼は自分が惑星カルダリプライムを見つめていることに気づいた。ルミネ星系(link)の深紅のビロードの垂れ幕の中にたたずむ、美しい真珠。少年は他の生き残りとともに、この惨劇をもたらした野蛮人の手から逃れた。少年たちはこの故郷の星を永久に去る前に、その姿を目に焼き付けた。+「……さん」女性の声が炎を通して、どこか上の方から聞こえた。少年の無邪気さを未来永劫失わせた光景、炎に飲み込まれた黒いシルエットから、遠く離れた場所からだった。上を向いた瞬間、地獄は消えた。周回軌道に乗っているのか、彼は自分が惑星カルダリプライムを見つめていることに気づいた。ルミネール星系の深紅のビロードの垂れ幕の中にたたずむ、美しい真珠。少年は他の生き残りとともに、この惨劇をもたらした野蛮人の手から逃れた。少年たちはこの故郷の星を永久に去る前に、その姿を目に焼き付けた。
 </WRAP> </WRAP>
  
行 142: 行 142:
 <WRAP group> <WRAP group>
 <WRAP half column> <WRAP half column>
-外交の失敗が戦争と両親の死を引き起こしたという考えは、傷ついたトレバーの心には到底受け入れられないものだった。政治的手段を軽視するべきではなかった、ただそれだけのことである。トレバーは代わりに、責任は、最も必要とされた分野において技術的優位を得られなかったことにある、と結論づけた。ガレンテの軍艦は長時間なんの妨害も受けずに、軌道上からカルダリプライムの都市を爆撃し続けた。当時惑星防衛はカルダリが技術的に優位であったはずなのに、実際は異なったのである。技術というのは受動的なもので、新しい技術は、更にその先を行くための競争を生み出す。カルダリは、先見の明に欠けていたために、大きな代償を支払うこととなった。トレバーの両親や、他の多くの犠牲者たちの結末を見れば、明白なことである。ガレンテは軌道爆撃を配備し、カルダリはそれに単座戦闘機で対抗した。ガレンテは戦闘機に対し、ドローンで対抗した。そして、ジョヴ人からもたらされたカプセル技術がなければ、カルダリはドローンに対抗する効果的な手段をひとつも得られていなかったのである。+外交の失敗が戦争と両親の死を引き起こしたという考えは、傷ついたトレバーの心には到底受け入れられないものだった。政治的手段を軽視するべきではなかった、ただそれだけのことである。トレバーは代わりに、責任は、最も必要とされた分野において技術的優位を得られなかったことにある、と結論づけた。ガレンテの軍艦は長時間なんの妨害も受けずに、軌道上からカルダリプライムの都市を爆撃し続けた。当時惑星防衛はカルダリが技術的に優位であったはずなのに、実際は異なったのである。技術というのは受動的なもので、新しい技術は、更にその先を行くための競争を生み出す。カルダリは、先見の明に欠けていたために、大きな代償を支払うこととなった。トレバーの両親や、他の多くの犠牲者たちの結末を見れば、明白なことである。ガレンテは軌道爆撃を配備し、カルダリはそれに単座戦闘機で対抗した。ガレンテは戦闘機に対し、ドローンで対抗した。そして、ジョヴ人からもたらされたカプセル技術がなければ、カルダリはドローンに対抗する効果的な手段をひとつも得られていなかったのである。
 </WRAP> </WRAP>
  
行 162: 行 162:
 <WRAP group> <WRAP group>
 <WRAP half column> <WRAP half column>
-トレバーの生活は二面的なものになった。伝道師であり、自警団員であり、片方の「良い」民族の味方となって、もう片方の死を計画していた。彼の復讐を阻む障害が二つあった。まず、ガレンテとカルダリの双方の科学技術、特に宇宙船の工学的な設計について、その強みと弱みの詳細な理解が必要であった。そして、パワーバランスを長い間カルダリ連合の側に傾かせておけるような、最先端の科学技術のブレイクスルーを必要とした。前者については、トレバーは既にすべてを理解していた。しかし、彼が追い求めてきた可能性が実現へと動き始めたのは、クリレラ研究所での発見の後である。希少な鉱物であるモルファイトと、その特異な化学的性質に関する発見であった。一方で、かの有名なクリレラ研究所は、カルダリがいかに包括的な技術に注力してこなかったすうんざりするような例の一つでもあった。+トレバーの生活は二面的なものになった。伝道師であり、自警団員であり、片方の「良い」民族の味方となって、もう片方の死を計画していた。彼の復讐を阻む障害が二つあった。まず、ガレンテとカルダリの双方の科学技術、特に宇宙船の工学的な設計について、その強みと弱みの詳細な理解が必要であった。そして、パワーバランスを長い間カルダリ連合の側に傾かせておけるような、最先端の科学技術のブレイクスルーを必要とした。前者については、トレバーは既にすべてを理解していた。しかし、彼が追い求めてきた可能性が実現へと動き始めたのは、クリレラ研究所での発見の後である。希少な鉱物であるモルファイトと、その特異な化学的性質に関する発見であった。一方で、かの有名なクリレラ研究所は、カルダリが独力では技術的限界を超えられなかったという事実うんざりするような例の一つでもあった。
 </WRAP> </WRAP>
  
行 172: 行 172:
 <WRAP group> <WRAP group>
 <WRAP half column> <WRAP half column>
-トレバーは目を開け、進捗を調べた。データシートには実験結果や、未完成な理論上の推定が書かれていた。何日も眠っていないために疲労がたまり、データシートを読んでいる間に寝てしまったのである。オルセッタは、トレバーが支援を依頼した企業から派遣された研究者の一人だった。オルセッタは、トレバーが雇っている他の研究者と同様に、彼の理論を検証するための膨大な量の実験と研究を行っていた。研究者たちは精力的に仕事に取り組んでおり、すばらしい科学者たちであったが、トレバーが課した仕事量をこなすには、彼の継続的な支援が不可欠であった。トレバーは、科学が本来順序立てて進められるもので、急がせることは不可能だと理解していた。にもかかわらず、彼の課す仕事は、特にガレンテ人の従業員に対しては非常に過酷なものだった。+トレバーは目を開け、進捗を調べた。データシートには実験結果や、未完成な理論上の推定が書かれていた。何日も眠っていないために疲労がたまり、データシートを読んでいる間に寝てしまったのである。オルセッタは、トレバーが支援を依頼した企業から派遣された研究者の一人だった。彼女は、トレバーが雇っている他の研究者と同様に、彼の理論を検証するための膨大な量の実験と研究を行っていた。研究者たちは精力的に仕事に取り組んでおり、すばらしい科学者たちであったが、トレバーが課した仕事量をこなすには、彼の継続的な支援が不可欠であった。トレバーは、科学が本来順序立てて進められるもので、急がせることは不可能だと理解していた。にもかかわらず、彼の課す仕事は、特にガレンテ人の従業員に対しては非常に過酷なものだった。
 </WRAP> </WRAP>
  
backstory/the-science-of-never-again.txt · 最終更新: 2020/07/22 23:39 (外部編集)