EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


backstory:the-sarpati-family

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

次のリビジョン
前のリビジョン
backstory:the-sarpati-family [2019/04/17 03:56]
bartlett 作成
backstory:the-sarpati-family [2019/04/18 01:45]
bartlett
ライン 11: ライン 11:
 <WRAP group> <WRAP group>
 <WRAP half column> <WRAP half column>
-かつては、すべての国が神経ブースターの未来に多くの期待を寄せていた。それが人類の進化の次なる一歩であると信じて。各帝国は、抱える課題を克服する素晴らしい物を作り出すことを夢見て独自にブースターの研究を開始した。その夢は、ある日崩れ落ちることとなった。健康被害を与えるという不幸な副作用を神経ブースターが持つことが発見されたことによって。+かつては、すべての国が神経ブースターの未来に多くの期待を寄せていた。それが人類の進化の次なる一歩であると信じて。各帝国は、抱える課題を克服する素晴らしい物を作り出すことを夢見て独自にブースターの研究を開始した。その夢は、ある日崩れ落ちることとなった。不幸な副作用を神経ブースターが持つことが発見されたことによって、熱狂は公衆衛生危機に一変した
 </​WRAP>​ </​WRAP>​
  
ライン 21: ライン 21:
 <WRAP group> <WRAP group>
 <WRAP half column> <WRAP half column>
-有能なガレンテ人研究者イギル・サーパティによって所有・運営されていたブースター研究所は、数少ない有名な研究所の一つであった。シンプルに「サーパティス」と名付けられたサーパティの研究所は、ブースター研究の契約をガレンテ連邦と結んでいた。深刻な副作用が見つかり、連邦がブースターを禁止したことで、契約は打ち切られ、彼の研究所はすぐに破産した。ブースター事業に携わっていた他のほとんど全ての会社も同様であった。数年後、イギル・サーパティは死に、研究所は閉鎖された。サーパティ家は忘れ去られた。一部は歴史名を残したが、大半は没落していった。+有能なガレンテ人研究者イギル・サーパティによって所有・運営されていたブースター研究所は、あまり有名研究所の一つであった。シンプルに「サーパティス」と名付けられたサーパティの研究所は、ブースター研究の契約をガレンテ連邦と結んでいた。深刻な副作用が見つかり、連邦がブースターを禁止したことで、契約は打ち切られ、彼の研究所はすぐに破産した。ブースター事業に携わっていた他のほとんど全ての会社も同様であった。数年後、イギル・サーパティは死に、研究所は閉鎖された。サーパティ家は忘れ去られ歴史上の数多の失敗の一つとして名を残すのみだった。
 </​WRAP>​ </​WRAP>​
  
ライン 31: ライン 31:
 <WRAP group> <WRAP group>
 <WRAP half column> <WRAP half column>
-イギルの死後、彼の養子のカルダリ人、ヴィルゲ・サルバドール・サーパティが当主となった。彼は父の失敗の影で育ち、それは彼に消えない傷を付けた。彼が自分自身の会社を立ち上げたとき、ファミリーネームの古い形式と、彼の父の会社の名前に因んで、それをサーペンティスと名付けた。サーパティ家に遺されていた資産は昔のブースターの製法だけだったが、ブースターは禁止されており、その製法に価値はなかった。V.サルバドール・サーパティ(彼はこう呼ばれることを好んだ)は、父のような製薬業を始めるのではなく、ハイテク研究開発に焦点を当てた。少しずつ、しかし着実に、彼の会社は力をつけていった。ガレンテ発祥の企業というのが建前上だったこと、そしてすぐに国際的存在になったこともあり、いかなる政府にも縛られないと考えるようになった。かつての出来事から、組織上層部との接触をカルダリ企業及びカルダリ当局にのみ許可するなど、サルバドールは徐々にガレンテヘ敵対的になっていった。+イギルの死後、彼の養子のカルダリ人、ヴァージ・サルバドール・サーパティが当主となった。彼は父の失敗の影で育ち、それは彼に消えない傷を付けた。彼が自分自身の会社を立ち上げたとき、ファミリーネームの古い形式と、彼の父の会社の名前に因んで、それをサーペンティスと名付けた。サーパティ家に遺されていた資産は昔のブースターの製法だけだったが、ブースターは禁止されており、その製法に価値はなかった。V.サルバドール・サーパティ(彼はこう呼ばれることを好んだ)は、父のような製薬業を始めるのではなく、ハイテク研究開発に焦点を当てた。少しずつ、しかし着実に、彼の会社は力をつけていった。ガレンテ発祥の企業というのが建前上だったこと、そしてすぐに国際的存在になったこともあり、いかなる政府にも縛られないと考えるようになった。かつての出来事から、組織上層部との接触をカルダリ企業及びカルダリ当局にのみ許可するなど、サルバドールは徐々にガレンテヘ敵対的になっていった。
 </​WRAP>​ </​WRAP>​
  
ライン 51: ライン 51:
 <WRAP group> <WRAP group>
 <WRAP half column> <WRAP half column>
-ステーションを海賊やアウトローに開放することは諸刃の剣だが、サーパティには自身を守るだけの機知があった。彼はエンジェルカルテルと取引し、彼らが全てのサーペンティスのステーションを保護する代わりに、見返りとしてステーション内交易から生じた利益の分け前と、サーペンティス社のあらゆる研究成果を得られるようにした。この取引は双方にとって利益があるものだった為、エンジェルはガーディアンエンジェル部門全体をサーペンティス領域の警護に当たらせ、サーパティ家は比類なき贅沢の中で暮らしている。DEDはこの状況に全く気づいていないわけではなく、いくつかのサーパティ家の施設に近づこうと何度も試みているが、成功には至っていない。+ステーションを海賊やアウトローに開放することは諸刃の剣だが、サーパティには自身を守るだけの機知があった。彼はエンジェルカルテルと取引し、彼らが全てのサーペンティスのステーションを保護する代わりに、見返りとしてステーション内交易から生じた利益の分け前と、サーペンティス社のあらゆる研究成果を得られるようにした。この取引は双方にとって利益があるものだった為、エンジェルはガーディアンエンジェル部門全体をサーペンティス領域の警護に当たらせ、サーパティ家は比類なき栄華の中で暮らしている。DEDはこの状況に全く気づいていないわけではなく、いくつかのサーパティ家の施設に近づこうと何度も試みているが、成功には至っていない。
 </​WRAP>​ </​WRAP>​
  
ライン 61: ライン 61:
 <WRAP group> <WRAP group>
 <WRAP half column> <WRAP half column>
-V.サルバドール・サーパティは、サーペンティス星系に少数の側近を集めて住まわせており、そこで彼らは外の世界の心配をすることなく怠惰に遊んで暮らしている。サーパティ自身は活動的人物だが、彼の無限の活力と野心彼の小さな帝国を管理していに時々発揮されるくらいだ。軽薄な側近は彼とともに暮らし、わがままな者は他の稼動しているサーペンティスのステーションに散らばっている。サーパティの養子家族の中で唯一人、彼の妹のサンティモナは、サーパティの裏社会との密接なつながりも、そのような怠惰なサーペンティスプライムでの生活も拒んだ。彼女は現在シスターズオブイブのメンバーで、機会があるたび「蛇の王とサーペンティスプライムの宮廷」と言って、彼女の兄とその生き方を嘲っている。+V.サルバドール・サーパティは、サーペンティス星系に少数の側近を集めて住まわせており、そこで彼らは外の世界の心配をすることなく怠惰に遊んで暮らしている。サーパティ自身もそのよう暮らしをしているが、彼の無限の活力と野心が、彼の小さな帝国を管理ために時々発揮される。軽薄な側近は彼とともに暮らし、わがままな者は他のサーペンティスのステーションに散らばって望むことをやっている。サーパティの養子家族の中で唯一人、彼の妹のサンティモナは、サーパティの裏社会との密接なつながりも、そのような怠惰なサーペンティスプライムでの生活も拒んだ。彼女は現在シスターズオブイブのメンバーで、機会があるたび「蛇の王とサーペンティスプライムの宮廷」と言って、彼女の兄とその生き方を嘲っている。
 </​WRAP>​ </​WRAP>​
  
backstory/the-sarpati-family.txt · 最終更新: 2019/04/18 01:45 by bartlett