EVE Online Japan Wiki

日本人プレイヤーのための、EVE OnlineのWiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


backstory:silphy

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

backstory:silphy [2019/04/18 16:20]
bartlett 作成
backstory:silphy [2019/05/18 20:38] (現在)
bartlett
ライン 62: ライン 62:
 <WRAP group> <WRAP group>
 <WRAP half column> <WRAP half column>
-シンジケートのステーションにはそれぞれ、そのステーションとその周辺に完全な権力を有する独自の支配者が存在する。これらの支配者たちは、はるか昔にそのステーションの建設に貢献した者またはその子孫である。かつてのシンジケートの非公式なリーダーは、ポイトットステーションの支配者ドーン・=ダイアベルであった。カリスマ的で情熱的なリーダーである彼は、追放劇の後に蔓延した混乱の中に秩序を打ち立て、シンジケートの礎を築いた人物であった。著名なインタキ人の多くと同様に=ダイアベルはアルビノであり、このことが、彼の権威に自らの意志を押し通すために必要な力を与えた。+シンジケートのステーションにはそれぞれ、そのステーションとその周辺に完全な権力を有する独自の支配者が存在する。これらの支配者たちは、はるか昔にそのステーションの建設に貢献した者またはその子孫である。かつてのシンジケートの非公式なリーダーは、ポイトットステーションの支配者ドーン・・ディアベルであった。カリスマ的で情熱的なリーダーである彼は、追放劇の後に蔓延した混乱の中に秩序を打ち立て、シンジケートの礎を築いた人物であった。著名なインタキ人の多くと同様に・ディアベルはアルビノであり、このことが、彼の権威に自らの意志を押し通すために必要な力を与えた。
 </​WRAP>​ </​WRAP>​
  
ライン 72: ライン 72:
 <WRAP group> <WRAP group>
 <WRAP half column> <WRAP half column>
-10年前、=ダイアベルは奇妙な事故により死亡した - つまり、彼の精神をクローンに転送することに失敗したのである。彼の長男が、ポイトットステーションの支配人として父の地位を継いだ。しかし、争乱の兆しが見え始めていた。シンジケート内での=ダイアベル家のライバルが、クーデターを狙って勢力を伸ばしてきたのである。父のような抜け目ない権謀術数の能力を持たない若きゲーア・=ダイアベルには明らかに手に負えない問題であり、またポイトットにいる同様に弱い弟たちも、必要な手助けを行う能力を持っていなかった。+10年前、・ディアベルは奇妙な事故により死亡した - つまり、彼の精神をクローンに転送することに失敗したのである。彼の長男が、ポイトットステーションの支配人として父の地位を継いだ。しかし、争乱の兆しが見え始めていた。シンジケート内での・ディアベル家のライバルが、クーデターを狙って勢力を伸ばしてきたのである。父のような抜け目ない権謀術数の能力を持たない若きゲーア・・ディアベルには明らかに手に負えない問題であり、またポイトットにいる同様に弱い弟たちも、必要な手助けを行う能力を持っていなかった。
 </​WRAP>​ </​WRAP>​
  
ライン 82: ライン 82:
 <WRAP group> <WRAP group>
 <WRAP half column> <WRAP half column>
-しかし、ドーン・=ダイアベルの子供で、ポイトットにおらず、5年以上も帰っていない者が一人いた。彼の末子で、彼との激しい口論の末にシスターズオブイブに送られた、シルフィ・=ダイアベルである。ドーン・=ダイアベルの子供達の中で、彼女だけが彼の機知と情熱を受け継いでおり、加えて母のひどい短気も受け継いでいた。当初は罰だったシスター送りだったが、父の鉄の意志から自由になり、彼女の生きたいように生きられるようになった事で、彼女の情熱を育んでいった。そして彼女は、影響力のあるシスターにして、悪名高きサーペンティスの首領V.サルバドール・サーパティの妹のサンティモナ・サーパティと友情を結んだ。シルフィのシスターでの成功は間近だったが、彼女は家族からの必死の連絡を聞き、ポイトットに戻ることを決めた。+しかし、ドーン・・ディアベルの子供で、ポイトットにおらず、5年以上も帰っていない者が一人いた。彼の末子で、彼との激しい口論の末にシスターズオブイブに送られた、シルフィ・・ディアベルである。ドーン・・ディアベルの子供達の中で、彼女だけが彼の機知と情熱を受け継いでおり、加えて母のひどい短気も受け継いでいた。当初は罰だったシスター送りだったが、父の鉄の意志から自由になり、彼女の生きたいように生きられるようになった事で、彼女の情熱を育んでいった。そして彼女は、影響力のあるシスターにして、悪名高きサーペンティスの首領V.サルバドール・サーパティの妹のサンティモナ・サーパティと友情を結んだ。シルフィのシスターでの成功は間近だったが、彼女は家族からの必死の連絡を聞き、ポイトットに戻ることを決めた。
 </​WRAP>​ </​WRAP>​
  
ライン 92: ライン 92:
 <WRAP group> <WRAP group>
 <WRAP half column> <WRAP half column>
-そこでシルフィは素早く状況を判断し、父のような狡猾で残忍な手段によって、主導権を握った。まず、彼女はステーションの憲章を改正し、住民による選挙で終身制の統治者を決めるようにした。彼女らの敵はこれを弱体化の表れと見なしていたので、反対する者はおらず、1週間後に彼らのうちの一人が統治者に選出されたことで、この見方は裏付けられた。しかしその後、シルフィは計画を次の段階に移行させた。彼女はステーションに入ってくる全ての食料供給船を襲撃する手筈を密かに整えていて、これによってポイトットステーションは少しずつ飢餓状態に陥っていった。当然ながら、怒れる住民の非難は新しい統治者に向けられた。シルフィはシスターズオブイブの力を利用して、=ダイアベル家の船(もちろん襲われることはなかった)による食料供給を行った。こうしてシルフィは人々の英雄となり、統治者はオフィスを追い出された後の選挙ではシルフィが圧倒的な勝利を収めた。彼女の敵達の名声は打ち砕かれ、彼女がポイトットの揺るぎない指導者となるまで、計画的に彼らを破産させていった。これと同時に、=ダイアベル家の当主としての立場も固めていった。彼女は兄達を外に送り、与える資金を厳しく管理することで彼女に依存するようにした。そして彼女は自らをポイトットの最高指導者であると宣言し、束の間の民主政治は消えて失せた。+そこでシルフィは素早く状況を判断し、父のような狡猾で残忍な手段によって、主導権を握った。まず、彼女はステーションの憲章を改正し、住民による選挙で終身制の統治者を決めるようにした。彼女らの敵はこれを弱体化の表れと見なしていたので、反対する者はおらず、1週間後に彼らのうちの一人が統治者に選出されたことで、この見方は裏付けられた。しかしその後、シルフィは計画を次の段階に移行させた。彼女はステーションに入ってくる全ての食料供給船を襲撃する手筈を密かに整えていて、これによってポイトットステーションは少しずつ飢餓状態に陥っていった。当然ながら、怒れる住民の非難は新しい統治者に向けられた。シルフィはシスターズオブイブの力を利用して、・ディアベル家の船(もちろん襲われることはなかった)による食料供給を行った。こうしてシルフィは人々の英雄となり、統治者はオフィスを追い出された後の選挙ではシルフィが圧倒的な勝利を収めた。彼女の敵達の名声は打ち砕かれ、彼女がポイトットの揺るぎない指導者となるまで、計画的に彼らを破産させていった。これと同時に、・ディアベル家の当主としての立場も固めていった。彼女は兄達を外に送り、与える資金を厳しく管理することで彼女に依存するようにした。そして彼女は自らをポイトットの最高指導者であると宣言し、束の間の民主政治は消えて失せた。
 </​WRAP>​ </​WRAP>​
  
ライン 102: ライン 102:
 <WRAP group> <WRAP group>
 <WRAP half column> <WRAP half column>
-シルフィ・=ダイアベルが統治者となって数年後、指導者無きインタキシンジケートの非公式な指導者、という父の地位を取り戻した。連邦内外のブラックマーケットの支配についてサーペンティスと協力したことが明るみに出た事で、彼女とシスターズオブイブとのつながりは失われている。とはいえ、彼女の力が真に試されたことはない。かつて彼女の親友であり盟友であったサンティモナ・サーパティは彼女と袂を分かち、兄に対して「サーパティ王」と呼ぶように、彼と同じく下の者から搾取し、そして軽蔑し、それを彼と互いに称え合う彼女を嘲って、今ではシルフィを指して「シンジケートのシルフィ女王」と呼んでいる。+シルフィ・・ディアベルが統治者となって数年後、指導者無きインタキシンジケートの非公式な指導者、という父の地位を取り戻した。連邦内外のブラックマーケットの支配についてサーペンティスと協力したことが明るみに出た事で、彼女とシスターズオブイブとのつながりは失われている。とはいえ、彼女の力が真に試されたことはない。かつて彼女の親友であり盟友であったサンティモナ・サーパティは彼女と袂を分かち、兄に対して「サーパティ王」と呼ぶように、彼と同じく下の者から搾取し、そして軽蔑し、それを彼と互いに称え合う彼女を嘲って、今ではシルフィを指して「シンジケートのシルフィ女王」と呼んでいる。
 </​WRAP>​ </​WRAP>​
  
backstory/silphy.1555572005.txt.gz · 最終更新: 2019/04/18 16:20 by bartlett